記事一覧

庭の花 酷暑の中でビオラが次々に咲いている~\(^o^)/

花期が2月ごろから5月ごろというのに庭のロベリアの鉢ではこの酷暑の中コボレダネから芽を出したビオラが咲いている。 この日は花が増えていた。 (2012.08.22) 右の花が先に咲いたビオラが咲いている~(^^♪ さあ~て、さてさて・・・夏のビオラのこれからは~~<その後・・・>三輪目が咲いた。でも先に咲いていた花は終わっていた。(中央下から左下に、倒れた花茎が見えている)(2012.08.26)この日には四輪になっていた。(2012...

続きを読む

しばらく休みます

  スイス アラリンホルン(Allalinhorn)   標高4027m (撮影 2006年7月11日(火)) Intermission...

続きを読む

【復刻版】スイス・ルツェルン湖畔ホテルの花

ルツェルン湖畔のホテル “ヴァルトシュテッターホフ”のテラス(湖に接している)では 静かなひと時を過ごす人たちが会話を楽しんでいました。 そのテラスと道路を挟んだホテル側に花壇があって 原色系に近い花々で賑わっていました。 山をハイキングしているときに見かける高山植物の色合いは 目立たずひっそりと咲いている風情でしたが こちらの花壇は派手な色彩で覆われていて 通る人の目を引き付けます。 この日(2008年7月11日...

続きを読む

庭の花 フウセンカズラ

ゴーヤがメインのグリーンカーテンに絡んでいるフウセンカズラ 径が3mmくらいの小花がたくさん咲いている。 (2012.08.23)花が終わるとフウセンのような袋状の実をつける。写真の右にフウセンになりつつある実が見える。花と実の大きさはこんなに異なる。 (2012.08.23) こんなに小さな花にも大きなアシナガバチがやってきて花をつかむと上手くバランスをとりながら花の蜜を吸っている。実が枯れて表面が茶色に変わってくる。 (2012...

続きを読む

庭の花 ハゼラン

育てているわけではない。 どこから来たのやら いつの間にか芽を出し花を咲かせていた。 今では庭のあちこちで見られるようになっている。 ハゼラン(爆蘭) スベリヒユ科 午後三時ころから花が開くので 別名に“サンジソウ”(三時草)がある。 “三時のあなた”とも呼ばれる。 花径は5mmくらい、草丈は20cmから30cm。 (2012.08.21) (2012.08.21) (2012.08.21) 朝はこのように萎んでいる。 (2012.08.22) 丸い玉のような形の蕾みが...

続きを読む

庭の花 ホソバテッポウユリ

ホソバテッポウユリ 細葉鉄砲百合 (2012.08.21) (2012.08.21)コボレダネから芽を出すようで庭の思いがけない場所に立ち上がり咲いている。三重県菰野町でたくさん咲いているので そのあたりではこの花を“菰野ユリ”と呼ぶと聞いた。タカサゴユリ(高砂百合)とテッポウユリ(鉄砲百合)との交雑種らしい。ユリはやはり白百合がベストだ~~...

続きを読む

庭の花 ビオラが咲いている~(^^♪

居間の軒下に幾つかの花の鉢植えがある。   昨日の朝、雨戸を開けるときに その中のひとつに花が咲いていることに気づいた。 その鉢にはロベリアが咲いていた(庭の花 ロベリア)のだが それは既に枯れてしまっていることは判っていた。 その枯れて茶色くなった長い茎や細い葉の間から ビオラが立ち上がって咲いているのだ。 へえ~こんな暑いのにビオラがねえ~~ビオラは冬から春の花と思っているので残暑厳しいこの時期に...

続きを読む

【復刻版】スイスの鉄道

国土が九州よりやや小さいくらいのスイスには 国鉄(SBB)と私鉄が網の目のように走っています。 氷河特急で知られるように車窓から見える景色が好いので 鉄道を使うことはスイスを旅するときの楽しみの一つになります。 今回のスイスでも何度か鉄道を使って移動をしました。 2008年7月9日(水)に魔境ピラトゥスに行ったとき ルツェエルン湖畔のホテルからブルンネン駅まで歩きました。 そこから電車に乗ってルツェルン駅へ行きま...

続きを読む

新横浜駅弁 生姜焼き重とメンチカツ

神奈川・相模原からの帰途 新横浜駅で購入した “生姜焼き重とメンチカツ” ここ数ヶ月は食したことの無い“生姜焼き” 外装表示を見て即決 例によって車内では広げず 帰宅してからビールの肴になったのだ。生姜焼きは生姜が効いていないと思った。 でも、まあまあ~ メンチカツに添付のソースがあったのだが うっかりしていてそれに気づかず使うことなく食べていた。生姜焼きもメンチカツも温かいものが旨いのだが 駅弁では贅沢を云え...

続きを読む

庭の花 ハイビスカス

咲き続けるハイビスカス この日、この株には珍しく4輪も開いたので 記念写真をパチリ (2012.08.07) 今シーズンのハイビスカスには 蕾みがたくさんついていたので 花で賑わうだろうなと思っていた。 まだまだ残っているよ~ 鉢を動かすときに蕾みのひとつを落としてしまった。 周りの木の枝に当てたようだ。 蕾みはちょっとしたことで落っこちるんだねえ と同じ株のハイビスカスについて これまでの記事  庭の花 ハイビスカ...

続きを読む

庭の花 イトバハルシャギク 糸葉春車菊

“イトバハルシャギク” キク科 “イトバ”は葉の形から“糸葉”なんだろうが (葉がスギナのように細い)“ハルシャ”ってなんだろう 調べてみると“ハルシャ”は“波斯”(はし)であって これは“ペルシャ”のことだそうな。 “糸葉波斯菊”原産地がペルシャ(イラン)かと思ったら実は北米であった。 結局、どうしてペルシャの名が付いているのか判らなかった “糸葉春車菊”とも書くらしい。 (2012.07.31) (2012.08.14) (2012.08.14)...

続きを読む

庭の花 月下美人が咲いた

8月8日(水)の朝のこと 神奈川に出かけるので家の戸締りをしているとき 居間の外側に置いてある鉢植えの月下美人に小さな花芽が付いてることに気づいた。 来週あたりには花が咲くだろうなと思いながら雨戸を閉めた。 ところが神奈川から戻ってきたときには あちらでのことが気にかかっていたためか すっかり月下美人のことを忘れてしまっていた。 8月14日(火)の夕刻になってふた鉢の月下美人に 大きな蕾みが鎌首を持ち上げてい...

続きを読む

【復刻版】山の貴公子 スイスカモシカ

スイス・アルプスをハイキングしている間 実物の“アルプスアイベックス”を見かける幸運には恵まれませんでしたが その像には何度か出会うことがありました。 “アルプスアイベックス”は“シュタインボック”とも呼ばれる山ヤギの一種で 体全体がヒトにとって薬効があるということから乱獲され 1800年代初頭には絶滅寸前のスイス・アルプスの動物になりました。 1900年代になってから保護されるようになり 現在では15000頭にまで増えて...

続きを読む

【復刻版】スイスの放牧馬や羊

スイスアルプスをハイキング中に見かける動物では牛に次いで多いのは馬でした。 この馬、おなかが大きいように見えます。 出産間近なのかもわかりません。   (2008.7.08 トリュプゼー 標高1802m) ティニューザのケーブル・カー乗り場の近くに 二頭の馬が寂しげに並んでいました。   (2008.7.04 ティニューザ 標高2182m) しばらく見ていると蹄鉄の取替えが始まりました。 西部劇映画のシーンでは時々見る光景です...

続きを読む

名古屋駅弁 “花ことば”と“ひつまぶし巻き”

神奈川県相模原市へ出かけた8月8日(水)のこと 名古屋駅でふたつの駅弁を買った。えっ、ふたつって 車内でのSaas-Feeの風用にひとつ 向かう先用にひとつ こういう意味合いであって 決してふたつの弁当を一度に Saas-Feeの風がたいらげようとしたわけではない 結局、車内では弁当を広げること無く ふたつともに向かう先まで持って行ってしまったのだが ひとつはこれ“花ことば” きれいな花模様の外装が目にとまり ろくに内容を確認...

続きを読む

日帰り温泉&昼食プランを楽しんできたあ~\(^o^)/蒲郡市西浦温泉

何ヶ月も前のことだがNTT docomoから貯まっているポイントの内の幾つかが 4月末(5月末だったかな)に失効するとの通知が来た。 へえ~ポイントがあったのかい どのようなものと交換できるのかなあ どうすれば好いのか判らなかったので近くのドコモショップで説明を受けた。 選択肢は幾つかあるが特に欲しいものが無いので 10000ポイントで交換できる“お手軽日帰り温泉&昼食プラン(ペア)”に決めた。 申し込んでから数日経っ...

続きを読む

【復刻版】スイス・アルプスのカラス アルペンドール

アルペンドール (Alpendohle) スイスの高山に上ると見かける黒い鳥でくちばしが黄色、足がオレンジ色で“キバシカラス”の名があるそうです。 (2008年7月9日(水))人懐っこくて、そばまでやってきます。 レストランのテラスで食事を摂っていると 「チョーダイ、チョーダイ」というように目の前をチョコチョコと歩き回ります。 (2008年7月9日(水))日本のカラスとは違って「ピーピー、ピーピー・・・」可愛い声で鳴き...

続きを読む

【復刻版】スイス・船の旅

今回は“スイス・船の旅” スイスには海が無いのにどうして船の旅なのか 大きな湖を渡る船・・・“湖船”に乗ったのですよ。2008年7月10日(木) この日はルツェルン湖周辺の三名峰の一つリギ山頂まで上がりハイキングをしました。 山頂では思いがけずジェット戦闘機編隊のアクロバット飛行を眺めることができました。 このことについては既に“スイス軍・戦闘機編隊出現す! リギ山にて”に アップしていますので、興味のあるかたは覗...

続きを読む

河内川橋梁跡と隧道跡 浜松市天竜区

“夢のかけ橋 浜松市天竜区”からの続き 道の駅“天竜相津 花桃の里”から“花桃散策コース”を歩き始めると中途半端な橋があった。 山側にはトンネルらしきものが見えるが閉鎖されているようだ。 この橋は写真に向かって左側が 右側より幾分か広い構造にしてあるように見える。 円筒形のものは貯水槽かなあ。 上がってみたらテーブルが並んでいる。 洒落た木の造りだ。トンネルはワインセラーとして利用されているらしい。いったい...

続きを読む

【復刻版】スイス・ルツェルン・ロイス河畔 その2

“スイス・ルツェルン・ロイス河畔 その1”からの続き 2008年7月9日(水) ルツェルン旧市街でカペル橋などを見たあとさて、これからどこを歩こうかとウロウロしていました。 ルツェルンで散策できる時間があるとは思っていなかったので ガイドブックも地図も持ってこなかったし ルツェルン旧市街の勉強もしていなかったし どこに何があるのか全く判っていなかったのです。 そんなとき向こうからcapucinoさんが歩いてこられました。...

続きを読む

プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


マッターホルン
(撮影 2006年07月12日)

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント

最新トラックバック

リンク