記事一覧

クリスマスローズの花が咲いた

今シーズン初めてクリスマスローズの花が咲いた。地植えのクリスマスローズも、鉢植えのクリスマスローズも大雪に埋もれてしまい、中には茎が折れた株もあったのだが26日に地植えの株の中のひと株に花が咲いていることに気づいた。地面から花の位置まで僅か12cmしかないため写真を撮る際には外にいる飼い犬モモの愛用ブランケットを地面に敷いてその上にSaas-Feeの風は腹這いになりカメラを構えて撮った。クリスマスローズの花を撮...

続きを読む

湯の山温泉で源泉かけ流しとランチを愉しむ 三重県菰野町

久しぶりに湯の山温泉の“希望荘”に行った。国道477号(通称 湯の山街道)を車で走っていると菰野町に入ったあたりから道路脇に寄せてある雪の量が多くなる。さらに進んで鈴鹿スカイラインへ通じる坂道を上り始めるとその量はもっと多くなってくる。(鈴鹿スカイラインは滋賀県甲賀市に至る 冬季はクローズ)除雪車があるのだろうか・・・これだけの雪を人力で脇に寄せられないのじゃないかな。道路の凍結個所を心配しながらゆっ...

続きを読む

丘陵から鈴鹿山脈・御在所岳を撮る

この日の朝は青空の広がる好い天気になって鈴鹿山脈がくっきりとその姿を見せていた。主峰・御在所岳の写真を撮ってみようと朝食を済ませてからカメラを持って南の丘に上がった。8時30分前後だったが気温は1℃カメラを持つ手の指先が痛くなる。御在所岳 1212m今ごろは山頂付近の霧氷がきれいになっていることだろう。御在所岳の霧氷(樹氷)についてはこちらで“御在所岳の樹氷 三重県菰野町”鈴鹿山脈鈴鹿山脈の端にある藤原岳(三...

続きを読む

大吟醸酒5本を肴の“あれこれ”にて呑む

昨年10月15日に届いた大吟醸酒一升瓶5本の開栓日11月05日 山形県米沢市 浜田“蔵仕込み 大吟醸”11月18日 長野県須坂市 遠藤酒造場“信濃屋甚兵衛 大吟醸”12月15日 新潟県阿賀野市 越つかの酒造“新潟地酒 大吟醸”12月28日 山口県下関市 下関酒造“関娘 大吟醸”12月30日 高知県安芸市 菊水酒造“辛口 大吟醸”(ラベルを左上から時計回りにの順)今となってはどの酒がどうであったのか覚えているわけでもなくここでは単に...

続きを読む

なんと、この時期にクジャクサボテンが咲いたよ~

霜あたりを避けて室内に取り込んでおいたクジャクサボテンに小さな蕾みがついたことに気づいたのは12月中旬のことだった。ええっ、こんな寒い時期に蕾みっ、どうしたの昨年(2016年)中には咲いていないからそれが今になって咲くということか・・・開花はいつになるだろうか・・・・年末年始に咲くと好いなと思っていたが蕾みの生長を見ていてそれは無理なことと判った。でも年が明けてからは日を追って蕾みが大きくなりそして更に...

続きを読む

アンスンエンシスにメジロがきた

梅の花が咲いている時期にメジロはやってくる。その時期を外れると、滅多に庭では姿を見かけないものだが思いがけなくも大雪が降った次の日にメジロがやって来た。庭に積もった雪を眺めていると視界を横切った小鳥がいる。梅の木にとまったようだ。この時期には梅には葉が無いのだがそばのアンスンエンシスの蔓が梅の幹や枝に絡みつき上へ上へと伸びてその葉が梅の木を隠しているので小鳥がとまっていても、よくよく見つめないと見...

続きを読む

雪がやんだ朝

ようやく雪のやんだ17日の朝は快晴になっていた。二階の窓を開けると夏には稲の育っていた田圃に、きれいな雪の造形が見られた隣近所の皆さんが住宅街路の雪搔きを始めたので知らん顔もできずスコップ(家庭菜園用)や塵取りを使って家の前の雪を切り取り通行を妨げないように道端(向かいの家の擁壁下)に運ぶ作業をした。雪掻き用のプラスチック製スコップを常備しておく必要があることが判った。家庭菜園用金属製スコップではそ...

続きを読む

こんなに雪が降るなんて・・・

初雪から一夜が明けたこの日も外は雪景色になっていてしかも前日よりも積雪量が多いように見える。そして雪はまだ降っている四日市の天気予報を確認すると9時には弱い雨 12時からは晴れだから、すぐに雪は降り止む・・・そう思っていたのだが・・・          居間から、玄関から、二階から・・・写真を撮るテレビのニュースで「積雪量は名古屋で2cm、四日市で7cm」と報じている。えっ、四日市のどこで観測して7cmSaas-F...

続きを読む

初雪・初積雪

目覚めて窓を開けると一面の雪景色この地域ではおそらく初雪になる思うがそれが初積雪になった。8時27分から29分まだ降り続いている。これじゃあどこへも出かけられないな。9時08分から09分は物干し竿の雪(撮影2017年01月15日 PENTAX MX-1)...

続きを読む

“男の料理教室”で習った“ベイクド・チーズケーキ”を作ってみる

昨年12月25日に開かれた“男の料理教室”では“ベイクド・チーズケーキ”を教わった。教室から4日後の30日になって自宅で復習したのだが上手く型から外せなくて不本意な出来上がりとなった。そこで1月13日に再チャレンジした。その二回目の復習の結果がこちら姿はなかなかのものだよねえ~フッフッフ味がまた素晴らしい~甘すぎず、酸っぱすぎず甘味と酸味とが絶妙のバランスを保っている。どこの高級ブランドスイーツ店舗の“ベイクド...

続きを読む

一番花が咲いたあ~ボケとヒメリュウキンカ

三株のボケのなかのひと株に一番花が咲いた。ボケ(木瓜)咲いている花はこのひとつのみ・・・別のひと株には小さな小さな蕾みがひとつあるがまだまだ先のことだろう、花開くのは・・・ヒメリュウキンカにも一番花が咲いた。ヒメリュウキンカ(姫立金花)こちらも、この花ひとつのみ・・・そのうちに庭のあちこちで黄色い花が咲き始める・・・ボケもヒメリュウキンカも例年に比べて一番花の開花が早いのか遅いのか・・・花日記をつ...

続きを読む

復刻米でつくった三重の酒“菰野乃大物” 三重県菰野町

昨年12月中旬のことになるのだがタイ料理店を探して菰野町の商店街を歩いていた。それはタウン情報誌で紹介されていた店だがその情報誌を処分してしまっているうえに店名もその場所も覚えていないから厄介だ。「載っていた地図では、このあたりのはずだけど・・・」たまたま見かけた酒店で場所を訊ねてみようと昔ながらという趣きのある店に入った。大将と女将さんがいたのでタイ料理店のことを訊ねる前にSaas-Feeの風「田光(たび...

続きを読む

懐かしの味~荒川線“ほのぼの都電サブレ”と宮島“杓子せんべい”

年末に帰省した次男一家から・・・“ほのぼの都電サブレ”“都電もなか”のことは知っているがこのサブレのことは知らなかった。“都電サブレ”の製造は荒川区の名月製菓“都電もなか”の製造は北区の明美製菓その名のとおり、ほのぼのとして、昔懐かしい味がする。“都電もなか”も“ほのぼの都電サブレ”と一緒に・・・“都電もなか”については以前にこちらで書いている。“都電荒川線の電車だ・・・“都電もなか””(撮影 2016年12月29日(木)...

続きを読む

富岡製糸場がモデルの“旧亀山製絲室山工場” 三重県四日市市

<“昔の建物が残る室山界隈を歩く その1 “神楽酒造” 三重県四日市市”からの続き><昔の建物が残る室山界隈を歩く その2>洋風の白い建物がSaas-Feeの風が日常的に車で走っている道沿いにある。先に訪ねた“神楽酒造”から歩いて数分のところだ。“旧亀山製絲室山工場”2014年に世界遺産に登録された“富岡製糸場”(竣工は明治5年)をモデルとし明治36年(1903年)に建築されたという。 正門の脇には“大正天皇聖躅(せいちょく)”...

続きを読む

アンスンエンシス(冬咲きクレマチス)が咲き始めている

年が明けてから庭のアンスンエンシスに花が咲いていることに気づいた。7年前に買った鉢植えのアンスンエンシスを、その2年後に地植えしたもの。地植えしてもなかなか花が咲かず、諦めかけていたのだが一昨年の2月にようやく植え付け後の初めての花が咲いた。昨年は11月中旬には蕾みをつけ12月26日には花が咲いていたから今年は10日ほど開花が遅かったということになる。昨年はトータルで200以上の花が咲いたので驚いた。アンスンエ...

続きを読む

夕焼けと月と宵の明星と・・・

明けましておめでとうございます今年もよろしくお願いしますすっかり出遅れてしまったなあ~大晦日の夜は駅前の海鮮料理店で旨い酒と魚介類を味わい帰宅してからはテレビも見ず、除夜の鐘を聴かずにひたすら次男と午前2時まで日本酒を呑んでいた入浴してから就寝し・・・何時ごろだろうか、起床したのは・・・世間では暖かい三が日になっていたがSaas-Feeの風の酉年の幕開けは寝正月の限りを尽くしたことになってしまった・・・し...

続きを読む

プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


マッターホルン
(撮影 2006年07月12日)

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

リンク