花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


““味処 くいしん坊”の“お刺身御膳” 宮城県多賀城市”からの続き>

旨い刺身を味わってから車で40分ちょっと・・・
松島を一望に見渡せることが出来るという
“大高森”展望台への登り口に着いた。

松島観光桟橋を発着する遊覧船によって
絶景松島をクルージングすることもできるが
夜のお楽しみまでに仙台市内に戻らねばならない。
だから端から遊覧船観光をする気は無いのだ。

YSの話では松島観光の初歩コースがクルージングで
いっそう楽しめる上級コースがこの“大高森”からの展望だそうだ。

141129松島大高森登り口

松島四大観のひとつ”と記されているから
他に3ヵ所の展望できる場所があるのだろう。

山頂まで1.2kmなのか0.7kmなのか・・・
掲示が2種類あるからねえ~
どっちが正しいのだろうか
とにかく登ってみる。

ところどころが急な山道となる。

先にはガスがかかっている。

雨で濡れた山道だから滑らないように歩を進める。

141129松島大高森途中

途中で上から下ってくる若いカップルに出会った。

「こんにちは」
「こんにちは」

「あとどれくらいかかりますか」
「すぐですよ」

「どうでした?」
「しばらくいましたが
ようやく見え始めたところです」

「そうですか、ありがとうございます」
「楽しんでください」

言葉を交わしながらすれ違う。


天気が悪いからねえ~
やはり視界は好くないか・・・


登り口の掲示通り15分ほど登って山頂に到達した。

仙台出身の土井晩翠の詩碑が建っている。
“雷神塔”とは何だろうか

141129松島大高森展望台

天気が好ければ
こんな光景を見ることができるであろうという掲示写真だ。

でもでも、この日はこんなにガスがかかっているのだ

141129松島大高森眺め

10分ほど様子を見ていたが
ガスが切れないので諦めて下山・・・。

では瑞巌寺側に行ってみようということで
鳴瀬奥松島ICから三陸自動車道に上がり
松島海岸ICで下りて瑞巌寺近くの駐車場へ

この間、およそ40分

海岸沿いの県道を走る方が短距離なのだが
道路渋滞が酷いであろうから三陸道を使ったほうが
時間的には速いだろうとのYSの話だった。


“松島観光桟橋”

天気が悪くても遊覧船の発着が頻繁だ。

141129松島観光船発着


“日本三景碑”

141129松島三景碑


“五大堂”

141129松島五大堂

初めて松島に来たのは1968年3月末のことであって
就職し実家を離れた翌日のことでもある。
前夜の夜行急行で大阪を発ち
上野で特急“ひばり”に乗り換えて仙台に着いた。

独り立ちした初日に会社の計らいで松島に来ていたのだ。
その時以来の、46年8ヶ月ぶりの松島には感慨深いものがある。

記憶に残っているところは“五大堂”と“瑞巌寺”


“五大堂”へは海に架かるふたつの赤い橋を通る。

左上右上左下の順

141129松島五大堂へ

“五大堂”は国の重要文化財に指定されており
現在の建物は伊達政宗が再建したのだそうだ。

“五大”の由来は慈覚大師が五大明王像(国の重文)を
安置したこと。

坂上田村麻呂が建立した毘沙門堂が原点と聞いた。


次に“瑞巌寺”へ向かう。

(撮影 2014年11月29日(土) OLYMPUS XZ-10

<続く>

ここまでの様子はこちらで

“大遠征から戻ったよ~(^^♪”

“マッサンのニッカを訪ねる 宮城県仙台市”

“定義の極楽山西方寺と油揚げ 宮城県仙台市”

“被災地を巡る 宮城県名取市、仙台市”

“多賀城政庁跡と多賀城碑と紅葉と 宮城県多賀城市”

““味処 くいしん坊”の“お刺身御膳” 宮城県多賀城市”

スポンサーサイト
おはようございます
松島 いいですね。
自然が作るまさに絶景です。
[ 2014/12/10 08:35 ] [ 編集 ]
松島
大高森へはいきませんでしたが、五大堂へは行きました。
遊覧船にも乗って、移動しましたが、良かったです。
瑞巌寺も、いいところですね。
[ 2014/12/10 09:40 ] [ 編集 ]
No title
霧で絶景を逃がしたようでちょっと心残りですね。
昨年ここに行きましたが当方も48年ぶりでした。
[ 2014/12/10 13:36 ] [ 編集 ]
こんにちは ♪
大昔の学生の頃
修学旅行で、松島に行った事があります!

只‥‥
今、覚えているのは絶景だった事だけ
[ 2014/12/10 14:14 ] [ 編集 ]
今日は
松島には両親と一緒に見物していました。
大きなお寺は瑞巌寺だったでしょう。
昔の写真を見ながら整理していますが
保存か破棄か難しいですね。

[ 2014/12/10 14:44 ] [ 編集 ]
今日は~
何処も行ったことのないところばかりで
見て読んで楽しんでいます。
松島もガスっていて残念でしたね。
[ 2014/12/10 14:46 ] [ 編集 ]
松島
松島の船での観光は経験ありますが
この展望台には行ったことがないです。
お天気が残念でしたね。
[ 2014/12/10 19:41 ] [ 編集 ]
No title
三月にブロ友さんのお宅へ行ったとき松島で、たくさんのかもめと遊んできました。孫たちには最高の思い出です。
[ 2014/12/10 22:15 ] [ 編集 ]
こんばんは~。
Saas-Feeの風さん こんばんは~。
じっくりと見られましたね、実際はもっと見たかった様子が伺えました。
筑前も松島に函館から埼玉に帰る途中、車で立ち寄りました。
あっという間で、ほとんど記憶に残っていません(笑)。
[ 2014/12/10 23:43 ] [ 編集 ]
Σ ヒューマンさんへ
晴れてくれればねえ~~(-_-;)
天気の好い日を狙って再チャレンジです~。
[ 2014/12/11 10:17 ] [ 編集 ]
Σ mcnjさんへ
遊覧船にも乗りたいですね。
次の機会を待ちますよ。
海の荒れない日でしょうね。
[ 2014/12/11 10:18 ] [ 編集 ]
Σ 三面相さんへ
ほお~~数年違いですが、ここもニアミスしてましたか~。
北海道では一日違いでしたけどね(^^♪
[ 2014/12/11 10:20 ] [ 編集 ]
Σ エゾモモンガさんへ
そちらからの修学旅行は仙台が主流だったのでしょうかね。
当時は青函連絡船かな。
Saas-Feeの風の学生時代に北海道旅行をしましたが
その時は青函連絡船でした。
[ 2014/12/11 10:22 ] [ 編集 ]
Σ Golfunさんへ
初めて松島を歩いたときにはカメラを持っていなかったので
写真がありません。
まさか会社が仙台観光させてくれるとは思いませんでしたからね。
撮っていたら当時と現在との風景の比較ができました。
[ 2014/12/11 10:25 ] [ 編集 ]
Σ ma_kunさんへ
遠征時の毎日の天候は好くなかったからねえ~(-_-;)
でも一週遅かったら大寒波に遭ってました。
[ 2014/12/11 10:27 ] [ 編集 ]
Σ 大連三世さんへ
一般的にはここまでは来ないでしょうね。
離れていますからね、瑞巌寺あたりから。

観光ツアーではなおさら来ないと思いますよ。

山道ですから、健脚が必要とまでは云いませんが、
或る程度は足に自信が無いとねえ~。
[ 2014/12/11 10:30 ] [ 編集 ]
Σ agewisdomさんへ
そうでしたね、ブログの写真で拝見していましたね。

この日はカモメを見かけませんでしたねえ~。
雨模様だったからかな。
[ 2014/12/11 10:32 ] [ 編集 ]
Σ 筑前の国良裕さんへ
ええっ、函館から車で埼玉までですか!?
それこそ大遠征ですね。
駆け足だとじっくりと鑑賞できないでしょう。
仙台に一泊するくらいの余裕が無いと無理ですよね。
[ 2014/12/11 10:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


マッターホルン
(撮影 2006年07月12日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR