花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


“青葉城址に伊達政宗の像はふたつあったっ(@_@) 宮城県仙台市”からの続き>

次に訪ねたところは伊達政宗公の墓所“瑞鳳殿”

両側を高い杉の木立に囲まれた
参道の長い石段を上がると“涅槃門”がある。

141130瑞鳳殿参道


“涅槃門”

141130瑞鳳殿涅槃門


“涅槃門”の脇を抜けて更に石段を上がる。

141130瑞鳳殿

きらびやかな装飾が眼に留まる。

“瑞鳳殿”から“涅槃門”を眺める。

141130瑞鳳殿から涅槃門を

“涅槃門”から“瑞鳳殿”を眺める。

“涅槃門”を出て左へ

道なりに歩くと二代藩主 伊達忠宗公の墓所
“感仙殿”への石段になる。

141130感仙殿


“感仙殿”

141130善応殿

左隣りに建つ三代藩主 伊達綱宗公の墓所“善応殿”

いずれも“瑞鳳殿”同様にきらびやかな装飾が施されており
あたりの紅葉と相俟って美しい情景になっている。

“涅槃門” “瑞鳳殿” “感仙殿” “善応殿” 
すべてが1945年(昭和20年)の空襲で焼失したが再建された。

“感仙殿”まわりの紅葉

141130感仙殿の紅葉


“瑞鳳寺” 山号は“正宗山”

1637年創建の臨済宗妙心寺派の寺院で
伊達忠宗公開基による伊達政宗公の菩提寺

141130瑞鳳寺

上段左は山門

中段左は高尾門
伊達騒動で隠居させられた綱宗公の側室の邸にあった門という。
“先代萩”で綱宗公が入れあげる遊女の高尾太夫に因むらしい。
境内には伊達騒動に出てくる伊達安芸、政岡たちの像もあるそうだ。

下段中央は忠宗公寄進の梵鐘

下段右は本堂

上段右は鐘楼で謂れがありそうだが
詳細を知らない。
大根を干している光景が面白くて写真を撮った。



瑞鳳殿の観覧券

141130瑞鳳殿観覧券

政宗公が仙台に居城を移した時に詠まれたという歌が
絵図に添えられている。

入そめて くにゆたかなる みぎりとや 千代とかぎらじ せんだいのまつ

「もともとこの地は千代(せんだい)と云われており
この歌で“千代”を後に続く“せんだい”にかけて
“永遠にあれ”との願いを込めている」ということが
券の裏面に記されている。

“瑞鳳殿” “感仙殿” “善応殿”共通の観覧券
おとな ひとり 550円

                    

2004年7月27日に“るーぷる仙台”を利用して観光スポットを廻った。

その時に“瑞鳳殿”は見たのだが
“感仙殿” “善応殿” “瑞鳳寺”には気付かずにいたようだ。

その時に撮っていた“るーぷる仙台”バスと
“瑞鳳殿”前のバス停標識

14-07-27るーぷる仙台

使っていた“るーぷる仙台”の一日乗車券

一日乗車券おもて


その日にはYS邸で夫妻にSaas-Feeの風は数年ぶりの再会
風の神は30年ぶりくらいの再会をしている。

                    

さて、そろそろ仙台を後にする時刻が迫ってきたということで
YSに車で仙台駅まで送ってもらう。

(撮影 2014年11月30日(日) OLYMPUS XZ-10

<続く>

ここまでの様子はこちらで

“大遠征から戻ったよ~(^^♪”

“マッサンのニッカを訪ねる 宮城県仙台市”

“定義の極楽山西方寺と油揚げ 宮城県仙台市”

“被災地を巡る 宮城県名取市、仙台市”

“多賀城政庁跡と多賀城碑と紅葉と 宮城県多賀城市”

““味処 くいしん坊”の“お刺身御膳” 宮城県多賀城市”

“あぁ~あ 松島の絶景は~~(+_+) 宮城県松島町”

“瑞巌寺、円通院の紅葉 宮城県松島町”

“懐かしい友人たちと旨い料理と酒と (^^)/ 宮城県仙台市定禅寺通”

“青葉城址に伊達政宗の像はふたつあったっ(@_@) 宮城県仙台市”

スポンサーサイト
伊達家産大の墓所
この墓所に入ったことがありません。
徳川家に劣らずきらびやかですね。
機会があれば行ってみたいです。
[ 2014/12/16 16:42 ] [ 編集 ]
こんにちは~。
Saas-Feeの風さん こんにちは~。
良い旅になりましたね。
なんとま~、きらびやかですねぇ、伊達男の名に恥じないですねぇ(笑)。
近くにいていかないのも、せっかく行ったも少しだけだと後で悔いが残りますね。
階段が凄いですね、引き返したくなります(笑)。
[ 2014/12/16 18:49 ] [ 編集 ]
こんばんは~
仙台といえば伊達政宗ですよね!!
あまり日本史に詳しくなくても(汗)知っているほど
人気の武将ですね。
瑞鳳殿・・・煌びやかですね!!
[ 2014/12/16 19:51 ] [ 編集 ]
今晩は
伊達家3代のそれぞれの門も墓所も本当に
きらびやかな装飾が施されていますね。
丁度紅葉が綺麗な時で、素敵な見物ができましたね。
[ 2014/12/16 20:24 ] [ 編集 ]
No title
色鮮やかですね。やっぱり紅葉の頃も行ってみたかったな。今はちょっとチャンスがなくなりましたので残念です。
[ 2014/12/16 21:59 ] [ 編集 ]
おはようございます
いかに伊達家が力を持っていたのか
よくわかりますね、門、本殿など
素晴らしい作りですね。
[ 2014/12/17 08:40 ] [ 編集 ]
おはようございます
いや~、立派な墓所ですね。
当時の伊達家の権勢の大きさがわかります
さすがです
[ 2014/12/17 09:35 ] [ 編集 ]
おはようございます♪
綺羅びやかなお寺を見てると、広島の耕三寺を思い出します。
西の日光と呼ばれてますが、色使いがよく似てます(^^♪
大根は、誰が干したのでしょうね(笑)
お漬物用ですかね(^^ゞ
今日は寒くて、最高気温が4℃とか・・・自宅待機でしょうね(笑)
[ 2014/12/17 10:06 ] [ 編集 ]
No title
ここの紅葉も墓所の建物も素晴らしいですね。
仙台をくまなく回られていて凄いです。
今日はものすごく寒いですが雪はないですか。
[ 2014/12/17 11:01 ] [ 編集 ]
今日は
伊達政宗公は東北の大大名に相応しい
綺麗なお墓所ですね。
日光の東照宮に劣らないきらびやかさを感じました。
紅葉が綺麗で良い時に行きましたね。
大河ドラマ「樅の木は残った」歌舞伎で「先代萩」を見ました。
[ 2014/12/17 14:31 ] [ 編集 ]
こんにちは
紅葉も負けそうな 煌びやか墓所ですね

大根の干してある場所が・・・あらまぁ~(笑)
[ 2014/12/17 15:51 ] [ 編集 ]
No title
Saas-Feeの風さん、こんにちは~♪
瑞鳳殿や感仙殿、初めて拝見しました。
仙台は2度行っていますが、一度も訪ねて
いないとは、残念なことをしました。
伊達家のきらびやかな墓所を拝見して、
源頼朝のお墓を思い出しました。
時代は違いますが、石の搭が数基だけ立つ、
質素な佇まいで、とても征夷大将軍まで
勤めた人のお墓とは思えないほどでした。
「伊達騒動」と言えば、山本周五郎の
「樅ノ木は残った」を思い出します。
私が初めて読んだ歴史小説でした。
[ 2014/12/17 16:37 ] [ 編集 ]
こんばんは~
伊達家の墓所はどれも華やかですね。
ちょうど紅葉の季節で一番良い時に
行かれたと思います。
[ 2014/12/17 23:15 ] [ 編集 ]
Σ 大連三世さんへ
さすがに大大名の墓所ですね。
煌びやかさには驚きました。
[ 2014/12/18 16:02 ] [ 編集 ]
Σ 筑前の国良裕さんへ
なるほど、伊達男・・・それをすっかり忘れておりました。
どちょらかというと気障な男の代名詞になっているようですけどね。
そんなことはないか(^^ゞ
[ 2014/12/18 16:05 ] [ 編集 ]
Σ IKUKOさんへ
NHK大河ドラマに”独眼竜政宗”がありましたね。
渡辺謙の若いころの主演作、今年は再放送されていましたよ。
[ 2014/12/18 16:08 ] [ 編集 ]
Σ ktempleさんへ
紅葉がきれいな時で好かったですよ。
華麗な墓所に相応しい色鮮やかな背景になりました。
[ 2014/12/18 16:10 ] [ 編集 ]
Σ agewisdomさんへ
宇都宮からですと近いのですがねえ。
以前にお出かでしたから勝手がお判りでしょう。
現在地からでも、また機会を作って
瑞鳳殿にお出かけになってください。
[ 2014/12/18 16:12 ] [ 編集 ]
Σ Imaipoさんへ
環境が好いですね。
青葉城のそばにあって、自然がいっぱいの墓所廻り・・・。
[ 2014/12/18 16:14 ] [ 編集 ]
Σ ヒューマンさんへ
大大名でしたからね。
華麗な墓所が相応しいですね。
[ 2014/12/18 16:15 ] [ 編集 ]
Σ ベルさんへ
西の日光ですか・・・広島の耕三寺・・・。
見たいですねえ、どのような煌びやかさの
お寺のでしょうかねえ。
由緒あるお寺なんでしょう。
あとで調べてみます。

今日は初雪、初積雪
車を出せず家に閉じこもってます~。
[ 2014/12/18 16:18 ] [ 編集 ]
Σ 三面相さんへ
三面相さんは仙台へは?
あちこちを旅しておられるからねえ。
まだなら、そのうちに足を伸ばしてください。

今日は雪で引きこもり状態になってます。
[ 2014/12/18 16:21 ] [ 編集 ]
Σ Golfunさんへ
日光には一度も行ったことが無いのですよ。
日光を見ずしてけっこうというな・・・
神奈川にいるときに行けばよかったですよ。
こちらからだとちょっと遠いです。
なんて言いながら水戸には何度も伺っていますけどね。

樅の木は残った・・・見ましたよ。
吉永小百合さんも出演してましたね。
歌舞伎の先代萩はかなり前にテレビで見たことがあります。
[ 2014/12/18 16:25 ] [ 編集 ]
Σ たんたかさんへ
由緒ある鐘楼で干し大根とは・・・
あ、由緒あるかどうかを確認してませんでした。
なんという罰当たりなってことになりませんかね(^^ゞ
[ 2014/12/18 16:27 ] [ 編集 ]
Σ hiroさんへ
源頼朝のお墓はどこにありましたっけ。
おそらく訪ねていないと思います。
鎌倉でしょうね。
鎌倉は何度も歩いていますが、記憶に残っていません。

仙台観光には本文に書いている“るーぷる仙台”が便利ですよ。
観光スポットを廻っていますから、停留所ごとに乗降すれば
主だったところを見ることができます。
ぜひお訪ねになってください。

NHKテレビで大河ドラマの“樅の木は残った”を見た後で
原作を読みました。
かなり前のことになりますねえ。
その時の、僅か一度だけですけど。
[ 2014/12/18 16:34 ] [ 編集 ]
Σ 蓮の花さんへ
華麗な墓所ですね。
紅葉が墓所を飾るように鮮やかになっている時期でした。
好い時に仙台を訪ねることができましたよ。
[ 2014/12/18 16:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


マッターホルン
(撮影 2006年07月12日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR