花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


150224澤の屋折り鶴

“根津の居酒屋“すみれ”で“大江戸オフ会2015”だあ~\(^o^)/”からの続き>

居酒屋“すみれ”で呑んだ後
青龍〇段さんとSさんのふたりは
買い物をすると云って何処かへ行ってしまい
Golfunさんと一緒に宿舎の“澤の屋”へ戻る。

21時10分 “澤の屋”の玄関

150224澤の屋玄関


門限は何時だったかな
門限を過ぎると鍵が掛けられて中に入ることができなくなるのだ。
いつだったか、青龍〇段さんは二次会に行ったため門限に間に合わず
“澤の屋”のどなたかに開けてもらったと云っていた。
遅くなることが判っている場合には予備のカギを借りることができるらしい。


さっそく風呂に入る。
海外からのお客さまが多いので
風呂の使い方を英語や中国語で記してある。

入るときには木札を“occupied 使用中”にし
出た後は裏返して“empty 空室”にしておく。

150224澤の屋風呂-1


風呂はひとり用(浴室・浴槽が狭い)と
二人用(まあまあの空間)のふたつがある。

Saas-Feeの風ひとりでふたり用に入った。

昨年だったか一昨年だったか
浴衣姿の欧米人らしいカップル(男女)が
ふたり用浴室に入るところを見かけた。

150224澤の屋風呂-2


浴室から庭が見える。


22時30分ごろ・・・

風呂から出て誰もいないロビーへ・・・。

観光地を紹介する英語表記が大多数のリーフレットが並ぶ。

150224澤の屋ロビー



翌朝のロビー

150225澤の屋ロビー


青龍〇段さんがインターネットを使っている。

150225青龍〇段さん

朝食を摂った後はロビーで雑談していたが
しばらくしてGolfunさんがチェックアウトし
ひと足先に“澤の屋を”出て行った。

9時半ごろになって
「そろそろ電車もラッシュアワーを過ぎたろうから・・・」
3人がチェックアウト

“澤の屋”はB&B (bed and breakfast)

Saas-Feeの風の支払額 5616円
内訳
ひとり部屋 (4.5畳) 5184円
朝食 トーストとハムエッグ 432円

<参考>
トーストのみ 216円
トーストと目玉焼き或いはスクランブルエッグ 324円
コーヒー、紅茶、緑茶 無料

150225チェックアウト

チェックアウトする青龍〇段さん

カウンターに置かれている表彰状

150225澤の屋表彰状

“口コミで選ぶ!“旅行者おすすめ””
“外国人に人気のホテルと旅館 2014 第2位”

果たして第一位はどこのホテル(旅館)だったのだろう


「また来年ですね」
女将の言葉に送られて“澤の屋”を後にする。

150225青龍〇段さんとSさん

背負う荷物は27kgくらいあるそうだ。
バーベキューセットが含まれているから重い。
これで山に登るのだから大変だ。


こちらは青龍〇段さん提供の写真

青龍〇段さん


ふたりは千葉に向かうとのこと
不忍通りに出たところでサヨナラし
Saas-Feeの風は根津神社へ向かう。

150225澤の屋電柱標識

看板の“信号右折”の信号とは
“根津神社入口”の信号のこと。

最上段写真は“澤の屋”の部屋で
客を迎えてくれる折り鶴

(撮影 2015年 02月24日(火) 25日(水) OLYMPUS XZ-10)

谷中のB&B“澤の屋”のホームページはこちら

“Welcome to RYOKAN SAWANOYA”

スポンサーサイト
No title
この旅館のことは良くテレビなどにも出ていますね。
行ったことがないのに行ったことがあるように親しみがありますよ。
[ 2015/03/13 07:45 ] [ 編集 ]
澤の屋
外国人には、日本情緒あふれる、旅館がいいのでしょうね。
都心で一人部屋、朝食付きで、五千円台なら安いものです。
[ 2015/03/13 08:20 ] [ 編集 ]
おはようございます
前日の晩に皆さんと楽しく過ごし
宿をめいめいに目的地へ
面白いですね、年に一度ですか
楽しそうですね。
[ 2015/03/13 08:46 ] [ 編集 ]
おはようございます
青龍さんは門限に間に合ったのでしょうかね
格安のお値段 おもてなしの心づかいもいいですね
[ 2015/03/13 09:12 ] [ 編集 ]
お早うございます
澤の屋にはもう迷うことなく行くことが出来るでしょう。
Golfunの枕の上にはピンクの千羽鶴がありました。
良いおもてなしですね。
来年もまた「すみれ」に行って、ここに泊まりましょう。
[ 2015/03/13 09:34 ] [ 編集 ]
山背古道を歩きました
昨日、城陽駅から山城多賀駅までの山背古道を歩きました。最初、2回に分けてと思っていましたが、年令のせいかどうも3回になりそうです。
[ 2015/03/13 10:44 ] [ 編集 ]
こんにちは
素敵なお宿なのに お安くて 最高ですね。
一度東京見物にと思っているのですが その時にために
ここをメモしておこうと思います(^_^)v
折鶴も 素敵!
[ 2015/03/13 11:50 ] [ 編集 ]
No title
お部屋に折鶴のお出迎え、
素敵ですね~ 
心のこもったおもてなしが窺えます。
外国人に人気のお宿、ご紹介を拝見して納得しています。
日本情緒あふれるお宿は、機会が有れば
宿泊してみたいです。都心の宿泊代としてはお安いですね。
27kgを背負って登山とは、凄い体力だなぁ~と吃驚です。
「大江戸オフ会」いろんな方々との交流は素晴らしく
楽しいひと時なのでしょうね。
 
[ 2015/03/13 12:14 ] [ 編集 ]
No title
Saas-Feeの風さん、こんにちは~♪
澤の屋さんは外人に人気があるとかで、
よくテレビで放送されていますね。
玄関、ロビー、お風呂、布団、和のおもてなしと
アットホームな雰囲気に魅力があるのでしょうか。
一度宿泊してみたい気もしますが、
東京だと遅くなっても自宅に戻れるので、
なかなか機会がありません。
山男のお二人さん、頭が見えないほどの
リュックをしょっていますね。
よほどタフでないと山には登れませんね。
来年の「大江戸オフ会」も楽しみですね。
[ 2015/03/13 14:32 ] [ 編集 ]
こんにちは~
毎年泊まっていらっしゃるんですね。
TVで見たことがあるお宿だと思います。
リピーターがいるということはいいお宿なんですね!!
[ 2015/03/13 15:26 ] [ 編集 ]
No title
確かに外国人が感じる日本らしさがいっぱいの旅の宿なんですね。でも日本人はこんな風流な暮らししていませんけどね。私たちにとってはなんかノスタルジックです。
[ 2015/03/13 23:33 ] [ 編集 ]
おはようございます♪
最近の外国の若い方は、日本風の旅館に憧れるみたいですね(^O^)
目的を持って旅してる人が多いです。
ベルさんはツアー旅専門だったけど、最近は個人手配の旅の良さが、
やっと分かって来た気がする(笑)
全て娘任せだけど、自由に旅行をカスタマイズ出来て、楽しいです(*^^*)
[ 2015/03/14 09:18 ] [ 編集 ]
外人客
人気の高い旅館なんだそうですね。
最近は外国の旅行者も日本人以上に
細かな情報を持てやってくるようで
日本通の人も多いとか。
いいことですね。
カプセルホテルも人気があるとか。
[ 2015/03/14 10:11 ] [ 編集 ]
No title
外人さんに人気がある旅館のようですね。
宿泊費もリーズナブルなんですね。
[ 2015/03/14 10:29 ] [ 編集 ]
No title
皆さん想像以上にお若いね。
シニアでなく青年?
[ 2015/03/14 16:21 ] [ 編集 ]
Σ 三面相さんへ
テレビで紹介されていましたか。
見たこと無いなあ~。
どんな内容だったのでしょう。
[ 2015/03/14 19:41 ] [ 編集 ]
Σ mcnjさんへ
B&Bなので料金は低くなければ、そう呼ばれませんね。
泊まるだけなので寝具がきっちりしているだけで構いませんね。
[ 2015/03/14 19:44 ] [ 編集 ]
Σ Imaipoさんへ
例年は皆で東京を散策しているのですが
今回は諸事情のために散会しました。
[ 2015/03/14 19:46 ] [ 編集 ]
Σ ヒューマンさんへ
この夜は間に合ったようです。
呑みに行ったわけでは無いのでね(^^♪
[ 2015/03/14 19:48 ] [ 編集 ]
Σ Golfunさんへ
好い加減、道を覚えたらどう~~って云われますね。
いったい何年通ってるの~~(^^ゞ
もう大丈夫でしょう。
また来年ですね。
[ 2015/03/14 19:51 ] [ 編集 ]
Σ 水谷一夫さんへ
先日、山背古道の記事のホームページを拝見しましたよ。
どうしてまた、山背古道を歩こうと思われたのでしょうかね。
古い石碑を求めてでしょうか。
無理なさらずにゆっくり踏破されると好いですね。、
次回はいつですか?
[ 2015/03/14 19:53 ] [ 編集 ]
Σ NANAさんへ
澤の屋のホームページをご覧になってくださいね。
豪華な内容を期待しないで・・・。
地下鉄の駅に近いですから便利ですよ。
[ 2015/03/14 19:55 ] [ 編集 ]
Σ すみれさんへ
折り鶴は海外のかたに人気があるでしょうね。
小さなもので、折り紙を知らない人は
どのようにして作るのだろうと思うことでしょう。
和室なので布団で寝ることになります。
ここを利用する欧米人は、或る程度和風の知識があるはずで
違和感なく和室を使っているのでしょうね。

27kgになるのは山でバーベキューをしたいとのことで
その道具一式を運んでいるからです。
それらが無ければ軽くなるはずですよ。
[ 2015/03/14 20:01 ] [ 編集 ]
Σ hiroさんへ
テレビで紹介されているとは聞いていますが
Saas-Feeの風は一度も見たことがありません。
どのような内容なのか、利用した経験があるので
番組を見たいですね。

わざわざ東京に泊まる必要はありませんよね。
帰宅できるのですからね。
Saas-Feeの風は西日暮里に泊まることができるのですが
オフ会で呑んだ夜は澤の屋を利用しています。

山男ふたりは凝り性なので山でバーベキューをしたいのですよ
道具一式を山へと運ぶのでいっそう荷物が重くなっています。
腰を傷めそうです。
真似できません。
[ 2015/03/14 20:08 ] [ 編集 ]
Σ IKUKOさんへ
テレビでご覧になっていましたか。
どんな内容だったのでしょうね、知りたいものです。
毎年、この時期に泊まっていますよ。
呑んだ翌日は東京の散策をしています。
[ 2015/03/14 20:10 ] [ 編集 ]
Σ agewisdomさんへ
若い欧米人が多く泊まっていますね。
今回は珍しく中国人家族がいました。
祖父母、父母、女の子ふたりの6人家族。
父は欧米人のようで英語と中国語で会話していましたね。
[ 2015/03/14 20:14 ] [ 編集 ]
Σ ベルさんへ
大きなリュックを背負った若い欧米人が多く泊まっています。
背中にひとつ、おなか側にひとつ。
両サイドの大きなリュックに挟まれた形で歩いている男女がいましたよ。
そういう旅をする人たちの宿舎になるのですね。
スーツ姿の宿泊客はおりません(^^ゞ
[ 2015/03/14 20:18 ] [ 編集 ]
Σ 大連三世さんへ
口コミ人気のナンバー2なのですねえ。
B&Bだから海外の若い人たちが気軽に
泊まることができるのでしょうね。
[ 2015/03/14 20:20 ] [ 編集 ]
Σ ma_kunさんへ
B&Bなので料金が安くなければ意味ないですね。
気軽に泊まれるからバックパッカーに人気があるのでしょう。
[ 2015/03/14 20:22 ] [ 編集 ]
Σ hashiba511さんへ
ハハハ、若いですよ~彼らはふたりは・・・。
関西オフ会では青龍〇段さんひとりで平均年齢を下げております。
皆とふた回り違いますよ、干支は・・・。
[ 2015/03/14 20:24 ] [ 編集 ]
こんばんは
私も「澤の屋」はテレビで見たことありますよ
外国人に人気の宿って・・・
[ 2015/03/14 22:29 ] [ 編集 ]
Σ たんたかさんへ
たんたかさんもご覧になっていましたか。
Saas-Feeの風は見ていないのですよ~(-_-;)
何度も泊まっている経験者(笑)なので
紹介内容を知りたいなあ~。
[ 2015/03/14 22:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


マッターホルン
(撮影 2006年07月12日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR