花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


大阪駅ー札幌駅間の寝台特急“トワイライトエクスプレス”のラストラン

上野駅ー札幌駅間の寝台特急“北斗星”のラストラン

北陸新幹線の開業

ここ数日は鉄道の話題がトップニュースになっている。

走行区間は違えど新旧交代という世の常が
一気に現れたようで鉄道ファンならずとも
身につまされ感慨深いものがあるだろう。

“北斗星”が無くなったことで
いわゆるブルートレインが全て姿を消したという。

Saas-Feeの風はブルートレインに乗車したことが無い。

長旅に出ないから、その必要性が無かった
特に乗りたいとは思わなかった
資金が無かった
遠方に行くときには飛行機を使った

その理由はそんなところだろうか。

でもブルートレインの写真は撮っていたのだ。


1982年(昭和57年)11月28日

子どもたちと一緒に氷川丸を見学することになった。

当時、小学4年の長男が
「私鉄・国鉄の列車の写真を撮ろうよ」というので
途中の乗り換え駅で見かけた列車の写真を撮りながら
氷川丸が繋留されている山下公園の最寄り駅である
根岸線・関内駅へ向かったのだった。

小田急線・本厚木駅と海老名駅
相鉄線・海老名駅
旧国鉄・横浜駅

横浜駅では九州の各地の始発駅から終着駅・東京に向かう
ブルートレインが次々に入線してきた。

当時のメモも時刻表も残っていないので
ブルートレインの横浜駅到着時刻は判らないが
8時半ごろから10時ごろまでの間だったような気がする。

ネガフィルムに収められている順が
列車の到着順のはずなので
それに従って並べると

富士 はやぶさ みずほ さくら

このようになる。

32年も前の撮影だし
保管状態も好いとは言えないから
プリントもネガも変色・褪色している。

ここではネガフィルムをスキャンした画像をアップしている。


“富士”
東京ー(日豊本線経由)ー西鹿児島

821128横浜駅の特急富士ヘッド


出て行く“富士”に
オートフォーカスが追尾しないのでピントが合っていない。

821128横浜駅の特急富士テール

東京ー西鹿児島を24時間26分かけて走ったというから
前日に東京を出た“富士”が西鹿児島の手前を走っている頃に
次の日の“富士”が東京を出るということになる。

走行距離 1574km

“富士”は国内最長距離列車であり最長時間列車だった。


〝はやぶさ”
東京ー(鹿児島本線経由)ー西鹿児島

821128横浜駅の特急はやぶさヘッド

カメラを持ったふたりの子ども(高校生と小学高学年生か)がいる。
その後は撮り鉄になったのか・・・。


821128横浜駅の特急はやぶさテール

走行距離は1493km “富士”に次いで長距離を走った。

走行時間 22時間


“みずほ”
東京ー熊本・長崎

821128横浜駅の特急みずほヘッド



821128横浜駅の特急みずほテール

鳥栖で熊本行きと長崎行きとに分割された。
東京・熊本 1294km 18時間23分
東京・長崎 1331km 19時間19分


“さくら”
東京ー長崎・佐世保

821128横浜駅の特急さくらテール

東京・長崎 1331km 19時間18分
東京・佐世保 1294km 18時間57分

ネガフィルムには“さくら”の先頭車両が入っていない。
撮れなかったようだ。

母の実家のあった長崎には子どものころから何度も行っていたので
乗車していなくとも“さくら”の名と
その前身である“さちかぜ”と“平和”の名は知っていた。
“さくら”に愛称変更後の1959年(昭和34年)からブルートレインになったという。


撮るだけじゃなくて
実際に乗っておけば好かったな。

寝台列車に乗ったのは45年くらい前
社用で仙台に行った時
上野から寝台急行“新星”に乗ったのみだ。


<文中の走行距離と走行時間について>
小学4年だった長男の作った鉄道写真アルバム内に於いて
写真説明に彼が記した数字をそのまま使っている。
国鉄特急関係各資料に公表されている数字と異なるかもわからない。

(撮影 1982年11月28日 ネガフィルムのスキャニングによる)

スポンサーサイト
ブルートレイン
懐かしいです。
45年も前の新婚旅行で利用しました。
四日市で挙げたのですが、京都で一泊して、翌日ブルートレインで、西鹿児島まで行きました。
乗った日が、仏滅で、その日のトレインは空いていました。
どの観光地にも、新婚客は、少なかったです。
[ 2015/03/17 07:35 ] [ 編集 ]
No title
四国にいると東京への出張は夜行の寝台でした。
朝東京について仕事の辛い、そして懐かしい思い出です。
[ 2015/03/17 07:52 ] [ 編集 ]
おはようございます
おっしゃる通り凄い人気で乗車券を買うのに
徹夜とかそれでも買えないそうで、
私は出張時何度か夜行寝台で目的地に向かいましたが
寝られなくて疲れました、良い思い出はありません(笑)
[ 2015/03/17 08:40 ] [ 編集 ]
おはようございます
貴重な写真の数々、けっこうな撮り鉄だったのですね
ヒューマンは、上野から青森まで寝台車で出張しました。駅に停車するたびに目が覚めましたね
[ 2015/03/17 08:55 ] [ 編集 ]
No title
ブルーとレインは小学校に上がる前、
名古屋から長崎へ行ったときに初めて乗りました。
3段式の寝台車でした。
小さいのに3階で寝たいとダダをこねたそうです(笑)
その後、10年ほど前にJRの特別企画で、旭川から上野まで
北斗星に乗りました☆
このときは2段式でゆったりと。
ぐっすり眠れました。
鉄チャンではありませんが、ブルートレインの旅は
ロマンがあっていいですね・・・また復活してほしいです。
30年以上前の横浜駅。オレンジとグリーンの東海道線や赤い京急が見えますね☆
[ 2015/03/17 09:27 ] [ 編集 ]
おはようございます♪
最近、鉄道の話題が多いですねぇ~(^^ゞ
古くからの列車が姿を消すと、そのニュースを見ただけで、
過去の記憶が、鮮明に蘇ってくるみたいですね(*^^*)
ベルさんは神戸在住の頃、物列車に乗った事位しか思い出がないわ(笑)
父親の仕事で、荷物と一緒に座席のない貨物車に乗るなんて、
今じゃ考えられませんよね(^_^;)
[ 2015/03/17 09:32 ] [ 編集 ]
こんにちは~
国鉄時代の列車も新旧交代の時代となり
ましたね。
夜行列車には乗った事は、ありませんが
小学校時代に「はやぶさ」を学校の行き
帰りのどちらかで見た記憶があります。
[ 2015/03/17 12:10 ] [ 編集 ]
No title
貴重なお写真、思い出と共に大切に
保存されていたのでしょうね。
鉄道の話題が多い最近ですが、無くなる報道を
見る度に乗車しておけば良かったとの後悔も有ります。
特にトワイライトエクスプレスは憧れでした。
富士、はやぶさ、みずほ、さくらなど懐かしく思います。
寝台車は、義父の葬儀に向かうために
乗車した思い出が有ります。
早朝の到着時の光景が思い出されます。
列車の旅はロマンがあり良いですね。
でも旅する時、移動時間の短い飛行機を選んで
しまいそうな気もします。
贅沢に、素敵な旅をしてみたいものです。
[ 2015/03/17 13:52 ] [ 編集 ]
ブルートレイン
寝台特急富士 懐かしいです。
頻繁に乗ったわけでもありませんが、
何度か経験があります。
大分を離れて名古屋の出るときは、寝台急行阿蘇でした。
まだブルートレインの呼称はなかったですね。
[ 2015/03/17 19:34 ] [ 編集 ]
No title
こんばんは (^o^)/
どれも懐かしいです。
「さくら」と「みずほ」は乗ったことがあります。
他に上野~青森間の「ゆうづる」と「あけぼの」に乗ったかな!
ブルートレインがすべて廃止され、新幹線と飛行機の時代に!
狭い日本、そんなに急いでどこへ行く?
[ 2015/03/17 22:15 ] [ 編集 ]
No title
34年前東京大阪間を寝台車で行きました。中学のころは神戸にいる両親のところに行くのもかえるのも8時間かけて急行列車でした。先日北海道に行くときは乗りたかったけれど8か月前に申し込んだのに取れませんでした。鉄道に興味あるわけではないけれど列車の旅は好きです。
[ 2015/03/17 22:17 ] [ 編集 ]
こんばんは
新入社員のころまだ新幹線が走っていなかったので
田舎に帰る時は寝台列車で14時間かけて帰って
いました そのため列車は好きになれませんよ
[ 2015/03/17 22:43 ] [ 編集 ]
おはようございます
いかちゃんはいかカノと一緒になってから、毎年、大阪~青森まで夜行寝台列車”日本海”でした。。。よかったのになぁ~~~
[ 2015/03/18 06:21 ] [ 編集 ]
No title
時代とともに古い?もには消えていく世相ですね。
昔昔、夜行列車は1度乗ったことが、眠れなくてこりごり(^o^)
以来乗ったことが無いです。
見るだけの物???
[ 2015/03/18 08:04 ] [ 編集 ]
No title
Saas-Feeの風さん、おはようございます♪
寝台列車は新婚旅行の帰りに宮崎ー大阪間のみ
(大阪―新横浜は新幹線)利用したことがあるだけです。
写真を撮っていなかったので、揺れて眠れなかったこと、
車体がブルーだったことぐらいしか覚えていません。
子供が生まれてからは車での移動が多く、
鉄道を利用することは殆どなくなりました。
九州方面だけでもこんなにたくさんのブルートレインが
走っていたのですから、日本全国には相当数の列車が
走っていたのでしょうね。
北斗星には一度乗ってみたいと思っていましたが、
実現せぬ間に廃止となってしまいました。
北陸新幹線が開通し、これからも北海道新幹線や
リニア中央新幹線が話題になっていますが、
ゆっくりとしたブルートレインの旅はロマンがあって良いですね。
[ 2015/03/18 10:02 ] [ 編集 ]
お早うございます
懐かしい写真がたくさん残っていましたね。
博多駅から東京へ始めて行ったのはS28年(急行阿蘇か霧島号)
受験のためでした。(電化は東京~浜松間)
就職できて九州へ帰るときは特急"あさかぜ"寝台車でした。
ブルートレインの呼び名は茨城に来て上野~青森間「ゆうづる」がありました。
懐かしい話題でエンドレスになりそうです。
[ 2015/03/18 10:47 ] [ 編集 ]
おはようございます
アルバムに収められた今では懐かしい列車の写真
大切な写真ですね、
数年前に函館~上野間を寝台特急を
楽しんで乗って見た事があります、
乗客も少なく下段でゆっくり寝られ
食堂車で朝食を食べて・・・
思えば二度とあの経験は出来ないって事ですね。
[ 2015/03/18 12:03 ] [ 編集 ]
No title
私も夜行には乗ったことはあまりありません。
強いて言えば、信州にスキーに行くのに名古屋で中央線
夜行に乗ったくらいです。でもブルートレインで
なくて・・・
撮り鉄でもなかったので、写真はありません。
新婚旅行に行った50年前、西鹿児島で下車したのに
乗物に関心がなく、撮らなかったのが残念です。

お子さんの影響でたくさんの写真があって今も
楽しめますね。
車時代に突入していて列車に乗ること自体が
稀でした。

ご親戚が長崎とは楽しい思い出もありますね。
[ 2015/03/18 16:29 ] [ 編集 ]
ブルートレインは懐かしい
工場が熊本にあったので、新入社員の頃の工場出張は、ブルートレインで行きました。
伊丹の定時後、大阪からブルートレインに乗って一路九州へ。
鳥栖でガチャンと繋ぎ変えて、朝に熊本駅着。睡眠不足状態で、駅の水道で洗顔して、タクシーで工場へ。
一日会議を終えると、またブルートレインで大阪へとんぼ返り。
若いから出来たものですが、今となれば懐かしいです。
その後は、飛行機が使えるようになり、熊本出張も楽になりました。
寝台車の二階は、夜中中揺すられて、熟睡なんて程遠かったですね。
それにしても、風さんは古き良き時代の写真を大事にお持ちなんですね。
[ 2015/03/18 16:59 ] [ 編集 ]
No title
S-Fの風さん、こんばんは。
懐かしいですね~若い頃の大阪や東京出張は寝台列車でした。
熟睡できなかったですね。(^o^)/
[ 2015/03/18 20:45 ] [ 編集 ]
Σ mcnjさんへ
仏滅の日は何事も避ける風潮だったのですね。
空いてて好かった。
西鹿児島までということは
富士かはやぶさだったのでしょうね。
[ 2015/03/18 21:29 ] [ 編集 ]
Σ 三面相さんへ
観光なら我慢すると翌日は楽しいことがありますが
社用なら我慢我慢で忍耐ですよね。
[ 2015/03/18 21:31 ] [ 編集 ]
Σ Imaipoさんへ
やはり社用ですね。
遊びに行くならなんとか我慢できますけどねえ。
辛い夜行寝台でしたね。
[ 2015/03/18 21:33 ] [ 編集 ]
Σ ヒューマンさんへ
東京駅や上野駅、大阪駅でも撮りました。
尤も、子どものアルバムに収めてあるのですけどね。
社用の寝台急行、皆さんご苦労されましたよね。
[ 2015/03/18 21:35 ] [ 編集 ]
Σ やっこさんへ
幼いころのブルートレインとは、好い思い出がありますね。
それに話題の北斗星にも乗っておられるなんて
羨ましい限りです。

撮り鉄ではありませんが30年くらい前に
大阪駅や東京駅、上野駅で列車を撮っています。
子どものアルバムに収めてあり、それが記念の物であり、
そして思い出の物になっています。
[ 2015/03/18 21:39 ] [ 編集 ]
Σ ベルさんへ
貨物列車に乗ったことがあるなんて
これは誰でもできるということではないし
真似できないことでしょう。
面白くて、好い思い出ではありませんか。
[ 2015/03/18 21:42 ] [ 編集 ]
Σ 蓮の花さんへ
はやぶさの走行する線路が近いところに住んでおられたのですね。
走るはやぶさを見たかったですよ。
Saas-Feeの風は駅で見ただけです。
[ 2015/03/18 21:44 ] [ 編集 ]
Σ すみれさんへ
列車の写真ばかりを収めたアルバムを長男が作りました。
今も大切に保管してあります。
表紙と裏表紙に列車の図柄を描いています。
長男を偲ぶ信濃ひとつです。

東海道新幹線がスピードアップされました。
終着に2分早まったとか。
そんなにまでして早く着く必要があるのかなあって思います。
遊びなら目的地へ早く着くよりも
ゆったりと旅自体を楽しみたいと思いますね。
[ 2015/03/18 21:50 ] [ 編集 ]
Σ 大連三世さんへ
そうそう、阿蘇・・・ありましたね。
霧島とか・・・地名が愛称になっていました。
懐かしいですよ。
[ 2015/03/18 21:51 ] [ 編集 ]
Σ 慕辺未行さんへ
たくさんのブルートレインを経験なさっていますね。
羨ましいです。
どれはひとつでも乗っておけば好かったなと悔やみますよ。
スピードアップした東海道新幹線・・・
社用では使わなくなったから言えることですが
もっとゆっくり走ってよ~安全運転で・・・
[ 2015/03/18 21:55 ] [ 編集 ]
Σ agewisdomさんへ
学生時代に東京から大阪まで戻るときには
寝台じゃない夜行急行を使いましたよ。
これは一度だけでした。
北海道から帰るときに乗り継ぎ時間がかなりあったので
東京タワーに上りました。
そのあとで東京駅に行って夜行に乗ったということです。
学生だから資金がなかった。
[ 2015/03/18 21:59 ] [ 編集 ]
Σ 熊取のおっちゃんへ
14時間とは・・・長すぎますね。
腰が痛くなりそうです。
[ 2015/03/18 22:00 ] [ 編集 ]
Σ いかちゃんへ
日本海は急行でしたよね。
いつごろからかなあ、特急に昇格した。
それまでは白鳥が特急だったと思います。
両者は並行して運行されていたのかな。。
[ 2015/03/18 22:03 ] [ 編集 ]
Σ hashiba511さんへ
やはり眠れなかったのですね。
皆さん、そのように仰いますから、
ずっと評判は悪かったのでしょう。
でも代替手段が限られているから
夜行寝台を使わざるを得なかったということでしょうかねえ。
[ 2015/03/18 22:06 ] [ 編集 ]
Σ hiroさんへ
hiroさん、こんばんは。
Saas-Feeの風も同じく九州への新婚旅行でした。
帰りは別府から海路を採って神戸港で下船しています。
何故かと云いますと実家が西宮だったからです。
神奈川に戻る前に寄ったのですね。
だからこれまでにブルートレインを利用できる
唯一の機会を逸していたということになります。

あとは本文中に書いた通りの理由で使わなかった、
使えなかったということですね。

ゆったりと旅の過程を楽しみたいですね。
単に目的地に早く着くということだけでなくて・・・。
[ 2015/03/18 22:13 ] [ 編集 ]
Σ Golfunさんへ
阿蘇や霧島の愛称が懐かしいですよ。
出雲もありましたね。
地名が愛称に使われることが多かったようですね。
飛行機が一般的じゃなかったから東京から九州まで行くには
寝台特急が使われたということでしょうね。
[ 2015/03/18 22:17 ] [ 編集 ]
Σ hohsi117さんへ
函館・上野間の寝台特急を経験なさったとは羨ましいことですよ。
ブルートレインの旅を満喫なさいましたね。
もう、あのようなゆったりと時が流れる中での旅をする機会が無くなりました。
残念です。
高料金の贅沢な列車がありますが、とても利用できません。
[ 2015/03/18 22:21 ] [ 編集 ]
Σ matsubaraさんへ
当時は写真を撮っておくという気持ちも無かったですよね。
ブルートレインがブームになってからのことではありませんかねえ。
線路わきでカメラを構えて・・・
そんな光景は蒸気機関車疾走という写真を撮る
そんなマニアが増えてからのような気がします。
その前は写真よりも音だったように思います。
Saas-Feeの風もSLのLPを数枚持っていますよ。
[ 2015/03/18 22:27 ] [ 編集 ]
Σ massanさんへ
やはりそのような経験をなさっていますね。
社用なら仕方なく辛い夜行で・・・ということでしょうか。
遊びに出かけるために使うなら、なんとか我慢できるでしょうがねえ。
飛行機が一般的じゃなかったから
熊本までは国鉄を使うしか方法が無かった。

昔からの写真類は整理してあるのですよ。
ただ湿気対策してなかったから保存状態がダメですね。
[ 2015/03/18 22:32 ] [ 編集 ]
Σ まっくんの館さんへ
やはりご経験がありましたね。
辛い夜行でガマンガマンのひと晩・・・
若かったからできたということでしょうか。
[ 2015/03/18 22:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


マッターホルン
(撮影 2006年07月12日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR