花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


“阿寒湖の朝”からの続き>

北海道二日目の朝

6時前にホテルを出てアイヌコタンを歩いた。

150427阿寒湖アイヌコタン-1


150427阿寒湖アイヌコタン-2

さすがに人影は無い。

日中ならアイヌのお土産物を求める観光客で賑わうのだろう。


6時30分にホテルのレストランがオープンするのを待ち構えて朝食を摂る。

朝食もバイキング・・・写真を撮っていない。

ただ、デザートコーナーにあった“阿寒シンプイ”

珍しかったので撮っておいた。


“阿寒シンプイ”

阿寒湖の“まりも”をイメージしてある。

150427阿寒シンプイ

“阿寒シンプイ”とはアイヌ語で

“阿寒大自然の生まれるところ”という意味だとか。

リンゴ味のゼリーで

“まりも”の形のゼリーはちょっと固めにしてある。



この日の最終目的地は知床半島のウトロなのだ。

行程表によるとウトロまでバスは450kmを走ることになっており

これは四日間の中で最長距離走行となる。


朝7時45分頃、阿寒湖温泉“鶴雅”を出発したバスは

1時間ほどで鶴居村に到着した。

このあたり、特別天然記念物・タンチョウ(丹頂)の棲息地なのだ。


途中のバスの中でTガイド嬢がしきりに説明していた。

「毎年、あのあたりで巣を作っているのですが

今日はいないようです・・・」(川岸の茂みを指差しながら)

「国内で見られるツルは大陸から渡ってきますが

唯一、タンチョウは国内棲息です」

タンチョウヅルではなくタンチョウです」

「“ツル”は付きません」


鶴居村 鶴見台

1504270851鶴居村鶴見台

タンチョウの給餌場なのだそうだ。

当然ながらタンチョウの近くまで寄ることはできない。


奥の建物(そこまでも近づけない)から女性が現れた。

その女性は“ツルばあさん”として親しまれている渡部トメさんだ。


彼女がツアー客と立ち話をしている様子をときどき見ながら

Saas-Feeの風はもっぱらタンチョウの写真を撮っていた。


写真にはタンチョウの眼がクッキリ写っておらず・・・

遠すぎて望遠レンズも届かない~~

せっかくの機会だったのに~~残念っ

1504270848-2.jpg



1504270854タンチョウ


スライドショーにてタンチョウの様子をしばし・・・



カーソルを画面に当てると左下にスピーカーマークが現れる。

そこをクリックするとBGMが流れるよ~


この後、バスで移動中にも

地面にいるところ、そして飛翔するところなど

タンチョウの姿を眺める機会があって

その度にバス内では小さな喚声があがる。


バスは釧路に向かって走る


(撮影 2015年4月27日(月)  上から四段目までOLYMPUS XZ-10

<続く>


ここまでの様子はこちらで

“スイス友とミステリーツアーへ・・・はじめに (^^♪”

“ミステリーツアーの向かう先は・・・やはり北海道だった”

“新千歳空港から阿寒湖温泉へ”

“阿寒湖の朝”

スポンサーサイト
タンチョウ
タンチョウは渡り鳥でないことは聞いておりましたが
タンチョウヅルではなくタンチョウなんですね。
まだタンチョウを見たことがありません。
[ 2015/05/12 17:32 ] [ 編集 ]
こんばんは
北海道にいたころはツルには関心がなかったので
タンチョウは見ていませんよ 残念! 知床は
羅臼岳や斜里岳に登りましたがヒグマが怖くて
笛を吹きながら登った事を思い出しますよ
[ 2015/05/12 20:07 ] [ 編集 ]
No title
優雅というより迫力のある鶴の舞ですね。これだけの広い羽根が飛び立つんだから、相当なものでしょうね。見てみたいなあ。脚も長くて恰好いいですね。
[ 2015/05/12 21:42 ] [ 編集 ]
No title
こんばんは (^o^)/
今を去ること30年以上前、冬にタンチョウを見に行ったことがあります。
他の季節でも列車の車窓やマイカーでドライブしていた時にも、偶然見かけたことがあります。
釧路湿原あたりには通年いるのですが、なかなか見られないので、こちらで久々にタンチョウに出会えて”ラッキー”でした (^_^)ニコッ!
[ 2015/05/12 22:42 ] [ 編集 ]
おはようございます
昨日は屋久島疲れと、二日酔いで一日中寝床でした
雨に苦戦しましたが、屋久島いいところですね・・・一週間ほど滞在して廻りたい。。。そんな気持ちになってます
旅行中、激励のコメありがとうございました!
[ 2015/05/13 05:54 ] [ 編集 ]
No title
Saas-Feeの風さん、おはようございます♪
アイヌコタン、懐かしいです。
阿寒湖ではここでお土産を買ったこと位しか覚えていません。

北海道はツアーでよく行きましたが、
釧路湿原だけ行っておらず、一度訪ねてみたいと思っていました。
タンチョウヅルは優雅で美しいですね。、
冬でないと無理と思っていましたが、タンチョウだったら
いつでも見ることができそうですね。
そのうち行ってみたいです。
キゾア、久々に拝見しました。グリーク「朝」の音楽に乗って
躍動感がある画像を拝見できました。
私は長いこと使っていないので、編集の仕方を忘れてしまいました。

[ 2015/05/13 06:32 ] [ 編集 ]
おはようございます
タンチョウを撮れてよかったですね
一度お目にかかりたいです
マリモ 昔お土産にもらった記憶が。おそらく本物ではないでしょうがね
[ 2015/05/13 09:04 ] [ 編集 ]
素敵な風景
Saas-Feeの風さん、こんにちは♪
阿寒周辺の、素晴らしい風景をありがとうございます!
雄大でエキゾチックで、この先の記事も楽しみです。
私の青春時代は、松山千春さんや、中島みゆきさんのオールナイトニッポンで過ごしましたよ^^
高校の送別会は、松山千春【旅立ち】で送られて泣きました~(笑
確かアルバムも持っていたような・・
だからといって、ファンということではなかったのですが(笑)ラジオは面白かったですよ。
阿寒湖は、原田康子【挽歌】の舞台で、ずっと憧れの地・・
今は、観光地化されているのかもしれませんが、それでも、風景はステキですね~~!
[ 2015/05/13 09:37 ] [ 編集 ]
おはようございます♪
まだ鳥に興味が無かった頃、この丹頂はテレビドラマで知りました。
西田敏行の『池中玄太80キロ』でしたね(^^ゞ
丹頂鶴ではなく、丹頂なんですね(笑)
ウィキでは丹頂鶴となってましたよ、訂正しなくては(゚m゚*)プッ
[ 2015/05/13 09:59 ] [ 編集 ]
タンチョウ
阿寒湖から、湿原沿いに、釧路へ降りて来たのですね。
数年前に、逆に、釧路から阿寒湖へ上る途中で、タンチョウを見ました。
飛んでいるところでしたが、優雅に舞っていました。
[ 2015/05/13 11:24 ] [ 編集 ]
imaipo
良いですねタンチョウなど見られて
良いツアーですね、
北海道は広い覚えてますがここでトイレを済ませてください
2時間バスは走り続けますとか途中トイレはありません
私はその時しっかり絞りましたよ(笑)おもらしはできませんからね、(笑)
[ 2015/05/13 13:29 ] [ 編集 ]
今日は
タンチョウは動物園で見た事があるだけです
こんな風に野生の姿を見たいものです。
[ 2015/05/13 14:42 ] [ 編集 ]
今日は
アイヌ独特の雰囲気が有って印象に残る旅ですね。
タンチョウはいつ見たか覚えていません。
ペール・ギュントのメロディーを聞きながら
北海道の旅を想像しています。
[ 2015/05/13 15:33 ] [ 編集 ]
こんにちは~。
タンチョウは北海道に行った時見ました。
釧路の方で見た気がします。
体が大きいのでかなり走りながら助走を付けないと飛べない様ですね(笑)。
[ 2015/05/13 16:02 ] [ 編集 ]
こんにちは ♪
鶴見台に行って来ましたかぁ~♪
あの場所は、背景が近くって‥‥
撮影はするには、難しい場所ですよね!

次回の記事も、楽しみにしてます♪
[ 2015/05/13 17:53 ] [ 編集 ]
No title
アイヌコタン、興味深いです。
お土産店だけでしょうか?生活も垣間見る
事が出来るのでしょうか?
タンチョウ、優雅で美しいですね~
羽根を広げて飛び交う姿、見たいものです。
きっとうっとりと見惚れてしまいそうです。

4月下旬の阿寒は、まだ凄い雪なのですね。
雪の壁に吃驚です。
雪の壁の中道、通ってみたいです。
[ 2015/05/13 17:54 ] [ 編集 ]
タンチョウのダンスが素晴らしい
ウトロまで450KM。かの有名な、熊が横断する高速道路のことですか?。
鳥を鮮明に撮るためには、400mm~600mmの望遠れんずズームがいりますね。
レンズの重みでくたびれそうな。
そこまで行かなくても、タンチョウのダンスを撮るだけで、充分でしょう。
釧路湿原のスケールの大きさを、今でも思い出します。
[ 2015/05/13 19:25 ] [ 編集 ]
おはようございます。
タンチョウは一年中見られるのですね。
何年か前に一度だけ冬の道東に行き見ました。
優雅な飛翔が印象的でした。
[ 2015/05/14 06:54 ] [ 編集 ]
丹頂
2014.10.8に岡山の丹頂の記事を書いています。
そこで一部違っていたので訂正しました。写真の
説明とかに丹頂鶴と書いていましたので・・・
この記事のおかげです。
また過去の記事も参考にさせて頂きましたので
門司駅のページにもコメントしました。
御礼申し上げます
[ 2015/05/14 08:12 ] [ 編集 ]
こんばんは
数十年前にお正月に夫の実家に帰省した時に
丹頂を見に行ったことあります
まだそれほど有名じゃなかったと思いますが
カメラは並んでましたね
[ 2015/05/14 22:44 ] [ 編集 ]
Σ 大連三世さんへ
かつてタンチョウは本州にもいたそうですが
現在は道東に400羽くらいが棲息するのみだそうです。
[ 2015/05/15 06:15 ] [ 編集 ]
Σ 熊取のおっちゃんへ
冬場の道東では給餌場にやってくるタンチョウが見られますよ。
そんな機会を作ってくださいね~(^^♪
[ 2015/05/15 06:17 ] [ 編集 ]
Σ agewisdomさんへ
日本最大の鳥ですからねえ。
頭の頂点が赤いから“丹頂”ですよね。
きれいな鳥でもあります。
[ 2015/05/15 06:22 ] [ 編集 ]
Σ 慕辺未行さんへ
バス走行中に何度も見かけることができて
それこそラッキーでしたよ。
特別天然記念物指定ですから
地元の皆さんが保護なさっていることでしょう。
給餌場のタンチョウ、数が多くて驚きました。
[ 2015/05/15 06:25 ] [ 編集 ]
Σ いかちゃんへ
おかえりなさい~~。
雨模様の写真が素晴らしかった。
行ってみたいけど、遠すぎます。
[ 2015/05/15 06:27 ] [ 編集 ]
Σ hiroさんへ
阿寒湖のコタンは規模が大きいそうですね。
早朝に散策した時、それほど広いとは思えませんでしたが
別の場所にも阿寒湖のコタンがあるのでしょうかね。

学生時代に旅したときには
白老のアイヌコタンが有名だったような記憶があります。
白老の場所も忘れていますが阿寒湖の近くなのか・・・。

タンチョウは冬場には給餌場にやってくるそうですよ。
真冬の北海道には行けそうにありませんけれど・・。
暖かくなると給餌場に来ないのでしょうかね。
自力で餌を探せるのかも・・・。

久しぶりにキゾアでスライドショーを作成してみました。
音楽をグリークにするかバッハにするかと
ちょっと迷いました。
[ 2015/05/15 06:35 ] [ 編集 ]
Σ ヒューマンさんへ
子どもの学習雑誌(学研の“〇〇年の学習”だったかな)の付録に
マリモがあり、ずっとグラスに入れて育てていましたよ。
いつだったか、清水の流れる小さな川(保護されている)に
放流しました。
[ 2015/05/15 06:39 ] [ 編集 ]
Σ マロニエのこみち・・・。さんへ
ご無沙汰しております。
2月末に根津に行った時、谷中や根津の街歩き資料をもらってきて
そのうちにマロニエのこみち・・・。さんに送るつもりでいたのですが
そのままになっています。
もう用が無くなっているかも・・・勝手にそのように思ってしまっているのですよ。

オールナイトニッポンのファンは多いですねえ。
あれが青春時代そのものだったというかたがたくさんおられますよね。

北海道シリーズ、なかなか前に進まなくて
いったい、いつになったら完結するのやら見通しが立ちません。
ときどき覗いてくださいね~。
[ 2015/05/15 06:46 ] [ 編集 ]
Σ ベルさんへ
手許の野鳥図鑑にも“タンチョウ”と表記されていますよ。
丹頂・・・昔はポマードで知ってました。
今も男性化粧品のブランドでありますよね。
丹頂製品だけでなく、ヘアトニックそのものを使わなくなったから
どんなブランドが残っているのか判らなくなっています。

あ、化粧品のはなしになってしまった(^_-)-☆
[ 2015/05/15 06:50 ] [ 編集 ]
Σ mcnjさんへ
バス走行中に何度もタンチョウを見かけましたよ。
遠すぎますけどね。

給餌場は、それよりもはるかに間近に見られましたが
写真撮影には遠すぎました。
[ 2015/05/15 06:53 ] [ 編集 ]
Σ imaipoさんへ
2時間も走ると辛い人が出てくるでしょうね。
だいたいは1時間半くらいでトイレ休憩になると思いますけどね。
[ 2015/05/15 06:55 ] [ 編集 ]
Σ hohsi117さんへ
長く動物園には行ってませんねえ。
水族館にもご無沙汰です。
子どもだけでなくおとなも楽しめますね。
タンチョウ・・動物園で見たことがあるかなあ。
すっかり忘れてしまってますよ(-_-;)
[ 2015/05/15 06:57 ] [ 編集 ]
Σ Golfunさんへ
同じです~。
タンチョウを最後に見たのは、いつ、どこで?
まったく覚えていませんね。
動物園で見るしか機会は無いはずですけどね。
[ 2015/05/15 06:59 ] [ 編集 ]
Σ 筑前の国良裕さんへ
道東に棲息するのみとのことですから
おそらく釧路近郊でご覧になったのでしょう。
昔は本州にもいたそうですよ。
[ 2015/05/15 07:01 ] [ 編集 ]
Σ エゾモモンガさんへ
さすがによくご存知ですね。
望遠レンズが短いので、いくら間近で見られても
遠すぎるタンチョウでしたよ。
長いレンズ、欲しいですが普通の旅には持ち運びに難ありでしょうね。
[ 2015/05/15 07:04 ] [ 編集 ]
Σ すみれさんへ
阿寒湖のアイヌコタンには夜と早朝に行ったため
人影を見ることは無かったのですよ。
店の構えばかりが目を惹いて・・・。
事前情報を仕入れておけば好かったと思いましたが
ミステリーツアー・・・どこを廻るのかをしらなかったのでねえ。
出発間際になって訪問先がわかるので下調べが不充分になりますね。

雪はたくさん残っていました。
でも気温が高くて暑いくらいの日が続きました。
旅の間、大阪のほうが気温が低いことが
テレビの天気コーナーで判りましたよ。
[ 2015/05/15 07:11 ] [ 編集 ]
Σ massanさんへ
自動車道にクマが現れるのですか。
怖いですねえ~。
衝突したら大変ですよ。
野生動物に注意を促す標識は、あちこちで見ましたよ。

500-600mm望遠レンズ・・・
ン十万円もするから買えませんよ~(>_<)
[ 2015/05/15 07:15 ] [ 編集 ]
Σ IKUKOさんへ
オオハクチョウは何度もご覧になっておられるでしょうね。
タンチョウとならんで国内最大の野鳥ですね。
そちらでハクチョウを見たいですね~。
[ 2015/05/15 07:17 ] [ 編集 ]
Σ matsubaraさんへ
そうでしたか・・・。
過去の記事にもアクセスしてくださってありがとうございます。
すぐに門司港の記事が見つかりましたでしょうか。

あ、“門司駅”でなくて“門司港駅”ですね。
[ 2015/05/15 07:22 ] [ 編集 ]
Σ たんたかさんへ
鶴見台は観光ツアーのコースになっているのですね。
Saas-Feeの風のツアー以外でも観光バスが後続していました。
あまり人が多いとタンチョウも落ち着けませんね。
[ 2015/05/15 07:24 ] [ 編集 ]
こんにちは~
「丹頂鶴」と学校では習いましたが「丹頂」と言うのが
正式なのですね。
丹頂の姿をここまできれいに撮られているので感心して
います。
私も少しづつ渡り鳥の写真を撮り始めたばかりで下手な
方です。

※S-Fの風さんのブログを直接見る事はできませんので
 検索して見ています。
[ 2015/05/15 13:45 ] [ 編集 ]
Σ 蓮の花さんへ
いえいえ、ピントが甘い写真ばかりでお恥ずかしいですよ。
かなりの距離があったので
持参した望遠レンズではタンチョウまで届かなくてね。
もっと長いレンズが欲しいのですが高価すぎて手が出ませんよ。

原因は何でしょうね。
早く元通りになると好いのですが・・・。
[ 2015/05/16 15:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


マッターホルン
(撮影 2006年07月12日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR