花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


さすがに高原だ。

信楽ゴルフコースにはアカトンボの群れが見られる。

穏やかで爽やかな風が心地好く

秋を感じるデイリー信楽カントリー倶楽部だ。


伊賀コース4番ホールのティーグラウンドで

グリーン上でパッティングをする前の組の上がりを待っていると

なんと何年も見ていなかったギンヤンマが飛んできたのだ。

150902伊賀4番ティーグラウンドのヤンマ


我が家の庭にはムギワラトンボアカトンボ、イトトンボの仲間や

更にヤンマの仲間ではオニヤンマがやってくる。

しかし、何故かギンヤンマの姿を見ることは無い。


里山を歩いている中でギンヤンマを見ることがあったかな・・・

ここ数年の間では、ちょっとその記憶が無いのだ。


幼いころ、60数年前のことか・・・

そんな時代にもギンヤンマは憧れのトンボであった。


遊び仲間の間では最初に捕えたギンヤンマを裁縫糸に繋ぎ

その糸の逆端を細い竹の先端に結び

囚われのギンヤンマを空中に泳がせながら

「ヤーチー、ヤーチー」と声を掛け

可哀想にも糸に繋がれたギンヤンマに寄ってくる仲間を

捕捉しようとする遊びが流行っていた。


Saas-Feeの風はぶきっちょだったから

オトリに使うギンヤンマを捕えられず

ただただ遊び仲間の「ヤーチー」を聴きながら

そんな様子を眺めているだけだった。


そんな思い出のあるギンヤンマ

もっと大きかったような気がするのだが

ティーグラウンドを飛び回る姿に

何故か小さくなったと感じたのだった。


(撮影 2015年09月02日(水) OLYMPUS XZ-10


スポンサーサイト
糸に繋がれたトンボをおとりとしての捕獲、やりました、懐かしいですね。
このギンヤンマは小さいですか、意外と大きく見えるんですがねえ。
[ 2015/09/07 13:52 ] [ 編集 ]
余裕のゴルフ
このギンヤンマは、ホバリング中ですか?。
それにしては、よくピントが合っていますね。
しかし、ゴルフのプレイ中にギンヤンマを撮るなんて、なかなかの余裕ですね。
[ 2015/09/07 16:45 ] [ 編集 ]
 涼しくなりました、
 こんにちは
 
 ええ年して ゲームしています、
 テイオウムカシヤンマ! 捕獲しました、 
 今は アキアカネ が 多いです、 

 近くに陸上競技場があるのですが 負けずと 芝生が綺麗ですね、 
 いつもありがとうございます、 たか
[ 2015/09/07 17:12 ] [ 編集 ]
グリーンの状態が一番良い時期ですね。
プレイ中にギンヤンマ見るとは余裕が有りますね。
楽しい時を過ごしましたね。
[ 2015/09/07 17:30 ] [ 編集 ]
こんにちは~。
オニヤンマは見たことがありますが、ギンヤンマは見た記憶がありませんでした。
幼いころの記憶は今見るよりほとんどすべて大きく見える気がします。
多分、自分が小さかったからなのでしょうね。
[ 2015/09/07 17:38 ] [ 編集 ]
ギンヤンマ
筑前さんと同じくギンヤンマ 記憶にないですね。
九州にはいないのかな。
オニヤンマに糸の遊びは何となく覚えてますが
掛け声はなかったような
地方では遊びも違いますね。
[ 2015/09/07 19:48 ] [ 編集 ]
さすが~
よくギンヤンマが捉えられましたね。
静止しているサギやケリや背黒セキレイは
何とか撮りましたが、飛んできたトンボは
撮れなかったです。素早くて・・・
何回も来たのに~
[ 2015/09/07 20:12 ] [ 編集 ]
撮影できたのは素晴らしいです
こんばんは。

飛行中のトンボを撮影するのは至難の業です。
手が直って来たので、昨日は撮影を試みまし
たが、失敗作ばかりでした。
[ 2015/09/07 21:37 ] [ 編集 ]
ギンヤンマ
ヤンマの類は、あまり、捕まえた記憶がありません。
悪ガキどもが、しっぽを、半分ちぎって、麦わらをさして遊んでいたのを覚えています。
[ 2015/09/08 06:41 ] [ 編集 ]
おはようございます
ヒューマンもトンボにひもで結んで遊んだ記憶がありますね。
残酷なことをしたものです(笑い)
[ 2015/09/08 08:45 ] [ 編集 ]
こんにちは~
ギンヤンマはトンボの中でも王様ですよね~
見つけるとうれしいですね(^^)v
でもなかなか見つけられません・・・・
[ 2015/09/08 11:06 ] [ 編集 ]
こんにちは♪
やっぱりこちらは多いのかなぁ~、毎日ギンヤンマの姿を見ます。
連結状態で、飛んでいるものも多いです(笑)
カワセミの来ない、暇な時だけ撮るトンボさんです。
今の時期は、シオカラトンボより多いですよ(^_^;)
[ 2015/09/08 14:00 ] [ 編集 ]
おお。。。うまく撮れてますねぇ
確かに、オニヤンマ。ギンヤンマを見ることがなくなりました
今年の夏に主人と話していたのですが、アブラゼミも見なくなりました(ジージーという鳴き声を聞きません)
トンボも蝉も地球温暖化の影響が少なからずありそうですね
[ 2015/09/08 16:38 ] [ 編集 ]
Saas-Feeの風さん、こんにちは~♪
ギンヤンマ、飛んでいるいる姿までよく
捉えられましたね。
お腹のブルーが綺麗なので雄でしょうか。
ギンヤンマは子供頃見ただけですが、
糸に繋がれたトンボをおとりとして捕獲する
遊びは知りませんでした。
男の子達だけがしていた遊びなのでしょうね。
夫は篠竹に駄菓子屋で買ったモチを塗って
捕まえていたそうです。

ギンヤンマとともにオニヤンマも子供の時以来
見かけなくなりました。
[ 2015/09/09 12:32 ] [ 編集 ]
シオカラトンボ、アキアカネ、オニヤンマまではわかるけど、この辺で見る真っ黒くて優雅にはねがひらひらトンボは何かしら?花もわかりませんが、虫はもっと苦手です。さっぱりわかりません。
[ 2015/09/09 22:48 ] [ 編集 ]
こんばんは

商店街の真ん中に住んでると蝶もトンボも全く縁が無く
カメムシと蜂が飛んできてわ~わ~言ってます

ゴルフ中に出会えるトンボ風情がありますね
スコアーはいかかでした?

[ 2015/09/10 21:48 ] [ 編集 ]
Σ 三面相さんへ
同じことをしていたようですね。
子どもの遊びはどこから始まって各地へ拡散するのか・・・
面白いものです。
[ 2015/09/12 21:08 ] [ 編集 ]
Σ massanさんへ
ギンヤンマがそばに寄ってきてなかなか離れようとしません。
コンデジの絞りを絞って適当に撮りました。
だから遠方にピントが合っています。
そばをウロウロしているギンヤンマには
ちょっとピントが甘かったと思います。
[ 2015/09/12 21:11 ] [ 編集 ]
Σ たかちゃんさんへ
難しい名前のトンボがいるものですね。
ゲームの世界のことだけのことではありませんよね。
実際にもその名のトンボがいるのかなあ~。

このゴルフコースは管理が行き届いているように思っています。
近いうちにラウンドすることになっています。
[ 2015/09/12 21:14 ] [ 編集 ]
Σ Golfunさんへ
カメラを腰のベルトに装着してゴルフをしています。
野鳥がいると好いのですが、そんなチャンスはなかなかありませんね。
以前は猿やイノシシ(こども)をフェアウェイで見ましたが
その時はカメラを持っていなかった・・・。
[ 2015/09/12 21:17 ] [ 編集 ]
Σ 筑前の国良裕さんへ
ギンヤンマの棲息に分布があるのでしょうかね。
こちらに来てから見る機会が減っていますが
ここでは少ないということか・・・。
数が減ってきているとばかり思っていたのですけどねえ。
どちらなんだろうか・・・。
[ 2015/09/12 21:20 ] [ 編集 ]
Σ 大連三世さんへ
同じ九州でしたね。
九州にはギンヤンマが少ないということかもわかりませんね。
あとで調べてみましょう。
[ 2015/09/12 21:21 ] [ 編集 ]
Σ matsubaraさんへ
ピントをトンボに合わせようとせず
出来るだけ絞りを絞ってトンボの方向にレンズを向けて
シャッターを切りました。
結果的には上手くトンボが画面に入ってくれていました。

ピントを合わせようとするうちにトンボが視野から外れますから
適当にレンズをトンボに向けただけですよ。
[ 2015/09/12 21:25 ] [ 編集 ]
Σ ichanさんへ
動き回るトンボを撮ることは困難ですよね。
このギンヤンマはそばに寄ってきてホバリングし
次に離れて、また寄ってきてホバリングという繰り返しをしていました。

ホバリングを狙って撮っています。
[ 2015/09/12 21:28 ] [ 編集 ]
Σ mcnjさんへ
ウ~~ン、それは残酷ですね。
無茶なことをする子どももいるものです。
[ 2015/09/12 21:29 ] [ 編集 ]
Σ ヒューマンさんへ
やはり同じようなことをしていましたか。
子どもの遊びはどうのように広がるのか・・・
興味深いことです。
[ 2015/09/12 21:31 ] [ 編集 ]
Σ IKUKOさんへ
子どもの時には沼や池でギンヤンマを見たものです。
でも昔に比べてこの何十年かは見かけることが無くなっています。
減ってきているのかなあと思っているのですが
実際にはどうなのでしょう・・・。
[ 2015/09/12 21:33 ] [ 編集 ]
Σ ベルさんへ
ええっ、シオカラトンボよりもギンヤンマのほうが多いですってv-405
そんな光景を見たいですねえ。
九州は少なく四国は多いということが
戴いたコメントからわかりましたよ。
ギンヤンマの国内分布図を見たいもの・・・。
[ 2015/09/12 21:36 ] [ 編集 ]
Σ のんきさんへ
このあたりではクマゼミが多いですね。
神奈川にいるころにはクマゼミを見ることなんて無かったのですが
和歌山の道成寺境内の松の木にクマゼミが鈴なりになっている光景を見て
吃驚しましたよ。
熱帯系のセミのようですね。
アブラゼミはクマゼミの後で鳴きますよ。
ジージージー・・・。
ミンミンゼミが鳴いて
最後はツクツクボウシですよね。
[ 2015/09/12 21:40 ] [ 編集 ]
Σ hiroさんへ
トンボとりは男の子の遊びでしょうね。
いえ、そんな風に区分けすることはいけないことでしょう、現在の社会では・・・。
駄菓子屋のモチとはトリモチのことかもわかりません。
Saas-Feeの風の子どものころには
遊び友だちはトリモチを使っていましたよ。

自然破壊が進んだため
ギンヤンマにもオニヤンマにも住みにくい時代になったということでしょうか。
オニヤンマは時どき我が家の庭にやってくるのですよ。
でも黒いアゲハチョウを同様に庭での滞在時間が短すぎて
写真を撮ることができません。
[ 2015/09/12 21:46 ] [ 編集 ]
Σ agewisdomさんへ
>真っ黒くて優雅にはねがひらひらトンボ<
このトンボはハグロトンボかも・・・。
Saas-Feeの風はときどき庭や散歩道で見かけますよ。
素早い動きをするトンボではありませんね。
[ 2015/09/12 21:50 ] [ 編集 ]
Σ げんかあちゃんさんへ
カメムシ・・・我が家でもたくさん見かけますよ。
グリーンカーテンのゴーヤやアサガオなどに寄ってくるようです。
室内に入ってくることがあって
そんな時には見つけ次第捕獲して外に追い出していますよ。

ゴルフのスコア・・・
到底公表できるような数字じゃありませんので・・・
トホホ・・・です。
[ 2015/09/12 21:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


マッターホルン
(撮影 2006年07月12日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR