花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


“四日市工場夜景 その1 クルージングにて”からの続き>

クルージングにて工場夜景を撮った次の日(31日)

暗くなり始めてから風の神の親友のMTと風の神との三人で

鈴鹿川の河口(右岸)に行ってみた。

151031磯津から左岸を-1

ここは28日に工場夜景撮影のための下見をしていた場所であり

その時に対岸(左岸)に見える工場の様子を撮っている。

151028磯津から鈴鹿川左岸を
(この写真のみ 撮影 2015年10月28日(水) PENTAX MX-1

(夜景を撮った立ち位置から5-6mくらい左(上流側)で撮影)


ここには水鳥が集まることが多く

野鳥撮影する人が多いし魚釣りを楽しむ人も多い。

かつてはSaas-Feeの風もアイナメやセイゴ、ハゼを釣りに

河口のすぐ南にある磯津漁港突堤に通っていたものだ。


下見の時に長いレンズを付けたカメラを持った男性がいたので

「何を狙っているのか」訊ねると

「魚を獲る瞬間の野鳥を狙っている」とのこと

「さっきもボラを獲った〇〇がいた」のだそうだ。

〇〇は野鳥の名だけどSaas-Feeの風はその名を忘れてしまっている。


レンズについて訊ねると「35mmサイズ換算では

あれやこれやで700mm相当になる」と云っていた。

“あれやこれや”と彼が云ったのは

敢えて訊ね返さなかったが

どうもテレコンバージョンレンズのことらしい。


工場夜景を撮るつもりで下見に来た」というと

彼は「夜景には興味が無いがここで夜景を撮る人が多い」


下見の時の話はここまでにして

MTとふたりで夜景を撮り続ける。


MTはSaas-Feeの風の三脚よりもはるかに大きな三脚に

カメラを載せて夜景撮影に専念している。

ちょっと覗き見をしてみると

彼女のカメラにはクロススクリーン機能があって

それも使いながらの撮影だ。


そうだった、クロススクリーンのフィルターを持って来れば好かった。

Saas-Feeの風のカメラにはその機能が無いのだ。

次回の工場夜景撮影にはそのフィルターを持って来よう。


最上段(1枚目)写真は18-55mmレンズで撮ったものだが

その右1/3くらいの範囲の工場夜景を

こちらは70-300mm望遠ズームレンズを使って撮った。

151031磯津から左岸を-2

その場で15分ほど撮影して次に対岸に行ってみることにした。

鈴鹿川に架かる磯津橋を渡りきったところで左折して

広い道路に突き当たるのでそこを右折するのだが

この右折した先へは一度も行ったことが無い。

その先には石原産業があり

そこへ行くことが目的の人しか使うことの無い道路のようだ。


ゆっくりと夜景の撮れそうな場所を探しながら車を進める。

工場敷地際にはたくさんの木が生い茂っていて夜景を撮り難い。

木が途絶えたところで門があった。

ここなら撮れそう~~

車が停まっているから先客がいるようだし。


車を路肩に停めて三脚やカメラを持って門に近づくと

数人の人がいて何と反射板まで掲げているではないか。

暗がりで目を凝らすと工場夜景を背景にした

男女のモデルを使っての撮影であることがわかった。

撮った写真を何に使うのかな・・・。

モデルの手にはコンサートライブで観客が振るような

棒状のきれいな色の発光ライトが見えていたのだけど・・・。


その撮影の邪魔にならないようにしながら数ショットを撮った中の一枚

151031鈴鹿川左岸-1


更に車を進ませて

これ以上進むと石原産業の敷地内に入ってしまうという境界までやって来た。

この広い道路は石原産業への引き込み線のようだ。

次々に敷地内から車が出てくる。

今が退勤時刻なのか。


車を停めて道路左の工場夜景を撮る。

鈴鹿川左岸-2

では次の撮影場所へ移動しようということで

四日市港のほうへ行って数ヶ所で夜景を確認したが

鈴鹿川河口近辺ほどの夜景に出会えず・・・

諦めてこの夜の撮影を終了したのだった。


霞ヶ浦緑地あたりまで行けば好かった。

MTには鈴鹿川河口からの工場夜景だけでは満足してもらえなかったかも。


(撮影 2015年10月31日(火))

スポンサーサイト
夜景の撮影は難しいと思いますが頑張っていますね。
奥様のお友達へのご協力だったようですね、素晴らしいです。
[ 2015/11/09 07:55 ] [ 編集 ]
きれいですね~
これだけのものを撮影するにはやはり三脚が
必要になりますね。夜景は特に必要と分かり
ながらもおっくうになってしまいます。
[ 2015/11/09 09:02 ] [ 編集 ]
夜景
昼間なら、見覚えのある景色です。
若いころは、良く、釣りに行きました。
石原の敷地お王が、良い釣り場でした。
[ 2015/11/09 09:27 ] [ 編集 ]
お早う御座います
工場地帯の夜景が綺麗ですね。
やはり三脚とレリーズは必要ですね。
クロスフィルターを持っていますが
使うことが少ないです。
[ 2015/11/09 10:40 ] [ 編集 ]
こんにちは♪
こんな夜景を撮ってみたい、美しい光のアートですね。
一度だけ主人が、広島へソロツーに行った時、帰りが遅くなり、
菊間の太陽石油?の工場の夜景を撮って帰ったことが有り、
綺麗だなぁ~って思いましたね(笑)
四国じゃ、四国中央市の紙の工場が良いでしょうね(*^^*)
遠いから行けないけどね(笑)
[ 2015/11/09 11:37 ] [ 編集 ]
きれいな夜景
日本の五大工場夜景を調べました。
「煌々とライトに照らし出される様々な配管。
闇夜に浮かび上がる工場群はまるで近未来の世界。
北海道室蘭市・神奈川県川崎市・三重県四日市市・山口県周南市・
福岡県北九州市の工場夜景クルージングについて」が紹介されていました。
近くに素晴らしいところがあって楽しいですね。
[ 2015/11/09 12:47 ] [ 編集 ]
Saas-Feeの風さん、こんにちは~♪
夜景を撮るのは装備などが大変なのですね。
奥様のご親友は風さんより大きな三脚を持ち歩いているそうですが、
体力気力共に充実していないと出来ることではありませんね。
同じ女性ながら、素晴らしいと思いました。

工場の夜景って、こんなに素晴らしいものだったのですね。
夜景クルーズに人気があるのがよくわかりました。
[ 2015/11/09 13:29 ] [ 編集 ]
こんにちは~
工場の夜景を撮るのは難しそうですね。
三井コンビナートの夜景は見事だそうですが
山の上まで上らないと、工場の美しい夜景は
見られません。
[ 2015/11/09 15:43 ] [ 編集 ]
こんばんは ♪
こんな素晴らしい夜景写真を撮ってみたいです♪

遠出をして港近くの道の駅に車中泊をした時は
明日の天気と、被写体の野鳥の事ばかり‥‥ (* ̄m ̄)プッ!
夜景撮影の事は、考えていませんでした!
[ 2015/11/09 16:18 ] [ 編集 ]
このあたりは、時々(たまに)撮りに行く場所なのですが
いつも行くのは昼間なので
夜に行くとこんなにすばらしい工場夜景が広がっているんだと感動しました。
私も、一度夜に行って工場夜景に挑戦したいと
刺激いただきました♪
[ 2015/11/09 19:29 ] [ 編集 ]
コンビナートの夜景
コンビナートの近くに住んだことがないので
このような夜景は写真でしか知りません。
結構ファンが多いようですね。
専門の撮影会もあると聞きます。
[ 2015/11/09 19:56 ] [ 編集 ]
綺麗な夜景ですね
こんばんは。

いつも、良い写真を拝見させて頂くばかりです。
本来は無機質である工場が、夜景になると着飾った
感じがして綺麗ですし、不思議でもあります。
[ 2015/11/09 21:15 ] [ 編集 ]
Σ 三面相さんへ
三脚使えば夜間撮影は何とかなりますよ。
懐中電灯は必需品です。
[ 2015/11/10 11:07 ] [ 編集 ]
Σ matsubaraさんへ
そうですね、億劫ですよねえ。
でも夜景を撮ろうと決めたら三脚を持ち出しますよ。
咄嗟の場合には三脚無しで、
カメラを何かで支えるように構えて撮ります。
[ 2015/11/10 11:09 ] [ 編集 ]
Σ mcnjさんへ
磯津漁港には頻繁に通いましたよ。
子ども連れだとハゼ釣りですね。
もう10数年は行ってないと思います。
夜間はチヌ釣りでした。
[ 2015/11/10 11:12 ] [ 編集 ]
Σ ma_kunさんへ
三脚必須ですね。
レリーズ無しでシャッターを切っています。
セルフタイマーを使っても好いですね。
[ 2015/11/10 11:13 ] [ 編集 ]
Σ ベルさんへ
本文に書いていますが、河口で野鳥を撮っていた人は
夜景には興味が無いと云ってましたよ。
まあ、工場の夜景ですからねえ~。
函館山の夜景とはジャンルが異なるのかなあ。
[ 2015/11/10 11:16 ] [ 編集 ]
Σ Golfunさんへ
そうです、五大夜景とされる中のひとつです。
クルージングでの説明者の話では四日市の工場夜景が
ブームのきっかけにになったそうですよ。
[ 2015/11/10 11:19 ] [ 編集 ]
Σ hiroさんへ
彼女は海外に出かけるときも大きな三脚を運んでいますね。
装備が大変というわけではなく、三脚と懐中電灯があれば
なんとかなりますよ。
ヘッドランプだと両手が使えるようになるので更に便利です。

これまで工場夜景をしっかり見たことが無かったので
好い経験になりました。
[ 2015/11/10 11:24 ] [ 編集 ]
Σ 蓮の花さんへ
いえいえ、難しくはありませんよ。
三脚があれば大丈夫です。
加えて懐中電灯ですね。
その前に撮りたいという気持ちが大事ですね。
[ 2015/11/10 11:26 ] [ 編集 ]
Σ エゾモモンガさんへ
そりゃあ野鳥撮影と夜景撮影とではジャンルが全く違っていますからね。
Saas-Feeの風は特定ジャンル無し・・・何でも撮るのでねえ(^^♪
[ 2015/11/10 11:29 ] [ 編集 ]
Σ mintさんへ
魚を釣る人はいますが護岸脇の道は人通りが少ないので
女性の一人歩きはおやめくださいよ。
この河口では何を撮影なさっているのでしょう。
野鳥撮影の人は多いようですね。

こちらに来た当初、会社の同僚鈴鹿川河口での潮干狩りを紹介され
当時は幼かった子どもたちを連れてきたことがありました。
アケビ貝ばかり獲れたような記憶があります。
[ 2015/11/10 11:35 ] [ 編集 ]
Σ 大連三世さんへ
四日市の工場夜景が発端で
全国に夜景撮影ツアーができたようです。

コンビナートから離れた小高い丘から工場夜景を撮る人もいます。
そんな場所が数ヶ所ありますが今回は行かなかった・・・。
[ 2015/11/10 11:39 ] [ 編集 ]
Σ ichanさんへ
大きな艦船の夜の状態のようにも見えることがありますよ。
そうですね、電飾いっぱいという風にも見えますしね。
日中の光景とはまったく印象が異なりますね。
[ 2015/11/10 11:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


マッターホルン
(撮影 2006年07月12日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR