花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


“赤煉瓦の函館ベイエリアから建設中の新函館北斗駅へ”からの続き>

“新函館北斗駅”を出たバスは“大沼国定公園”に到着

休憩タイムの間に駒ヶ岳の写真を撮る。

151022大沼公園駒ケ岳

道南では唯一の国定公園になっている“大沼”は

“三保の松原” “耶馬渓”と並ぶ“日本新三景”のひとつでもある。


ここも50年前に来ていた場所なので

そのときに撮った写真をコピーして

今回の道南の旅に持参していた。


貸しボート店の大将にその写真を見てもらい

現在の場所を教えてもらった。

大将は「50年前だったら6歳だったな」と云いながら

当時の写真を見ていた。


左後方の橋は「架け替えられてアーチ橋になっている」と

大将は現在のアーチ橋を指差す。

650818大沼公園-1
(撮影 1965年08月18日)

の橋はこの橋

「おそらく橋の向こう側から(駒ヶ岳を背にして)撮っているはず」と・・・。

151022大沼公園アーチ橋-1


橋に近づき後方の駒ヶ岳を背景にして撮る。

151022大沼公園アーチ橋-2


50年前に来た時には駒ヶ岳は雲に隠れて見えていなかった。

650818大沼と大沼YH
(撮影 1965年08月18日)

Saas-Feeの風たちは北海道での第一夜を“大沼ユースホステル”で過ごした

Saas-Feeの風の向かって左後方 木々の間から

少しだけその建物が見える。


この“大沼ユースホステル”は既に無くなっており

現在はかなり離れた別の場所で

“大沼ユースホステル”として存続しているらしい。


全く知らなかったことだが”千の風になって”は

この大沼で生まれたそうだ。

その記念のモニュメントが畔の地面にあった。

151022大沼公園千の風になって


まだ時間が残っているのでJR“大沼公園駅”に行ってみた。

50年前にはこの駅を乗降しているのだが改築されていることもあり

駅舎にも周囲の光景にもまったく記憶が無い。

151022大沼公園駅
(15時38分ー39分撮影  スーパー北斗13号札幌行きは17時37分発)

駅舎の写真を撮っていると列車の近づく気配がするので

駅舎の外側左フェンス越しに待ち構えて

通過しようとする列車の写真を撮った。


貨物列車だった。

151022大沼公園駅-2
(15時43分撮影)


 危ないところだった 

“千の風になって”モニュメントから駅の方へ歩いていると

後ろから「ショルダーバッグを持ってますか」の声がする。

振り向くと同じツアーの女性だった。

「えっ あっ

持っていないのだ。

どこで忘れてきたのか・・・。


その女性

「夫が添乗員さんに渡すため先に行っています・・・

バッグにツアーのバッジが付いていたので判りました・・・」


「いやあ、持っていないことにまったく気づきませんでしたよ」

“千の風になって”モニュメントの近くに置いてあったとのこと。


駒ヶ岳の写真を撮るためバッグを地面に置いたまま

モニュメントから大沼の畔に近づいていたのだ。


ここでも外国人が多くて・・・。

同じツアーのひとに拾われて好かった、好かった。


現金、運転免許証、健康保険証、クレジットカード・・・

全部を失うところだった。


いつもならツアーのバッジを何処かにしまい込むのに

今回に限ってショルダーバッグのファスナーつまみ部に

バッジを付けていたことが幸いした。


とにかく最近はうっかりミスを多発させているSaas-Feeの風なのだ。

ああ~ヤダ、ヤダ・・・


        


名物“大沼だんご”

151022大沼公園だんご

明治38年創業の“沼の家”で買った。(価格・・・忘れた)

“餡としょう油” “胡麻としょう油”の二種類があるが

は“胡麻としょう油”

柔らかいだんごに風味のある胡麻やしょう油タレを絡める。

甘からずのところが好かった



50年前の“大沼ユースホステル”宿泊スタンプ

大沼YHから襟裳YH


(撮影 2015年10月22日(木) 一枚目を除きOLYMPUS XZ-10))


ここまでの様子はこちらで

“道南を廻って来た・・・”

“セントレアで“矢場とん”の“ひれとんかつ”を~ ”

“毛無峠にて・・・新千歳空港からキロロリゾートへ”

“毛無峠の後は増毛の地酒“国稀”を味わう・・・キロロリゾートにて 北海道”

“マッサンのニッカを訪ねる 余市篇 北海道”

“京極ふきだし公園・・・余市から湯の川温泉へ 北海道”

“50年ぶりの洞爺湖と昭和新山”

“函館山からの夜景”

“香雪園の紅葉   北海道函館市”

“五稜郭の紅葉   北海道函館市”

“50年ぶりの函館駅そして函館朝市と摩周丸”

“異国情緒漂う函館元町を散策する”

“思いがけなくも50年ぶりの再会になっていた(^^♪ 北海道函館市”

“赤煉瓦の函館ベイエリアから建設中の新函館北斗駅へ”


スポンサーサイト
大沼公園
駒ケ岳、いい山ですね。
湖とのバランスもいいです。
札幌以北、以東は何回も行きましたが、道南は、
まだ、行ったことがありません。
だんだん、遠くなるばかりです。
[ 2015/12/24 07:38 ] [ 編集 ]
おはようございます
良かったですね同じツアーの方に見つけられて
大沼公園は車窓からが専門でした
何時か行ってみたいと思ってるだけで
いまだ実行できてません。
[ 2015/12/24 08:18 ] [ 編集 ]
50年前には駒ヶ岳は見えなかったんですか、
僕は1日違いだと思うのですがきれいに見えました。
行き当たりばったりの旅でみつけた美しい景色に
とても感動した思い出の地で今でも忘れられないです。
[ 2015/12/24 08:57 ] [ 編集 ]
おはようございます♪
親切な方にバッグを拾って頂いて良かったですね。
外国では、殆ど紛失物は戻ってこないと聞いてますが、
旅行者に外国人が増えたので、観光地では要注意ですね(*^^*)
治安の悪さは進んでますが、良心の有る方が多いのが救いです(^_-)-☆
[ 2015/12/24 10:20 ] [ 編集 ]
危なかった
物忘れ多くなってきますね。
用心用心
最近免許証や財布はポケットにしまい込んでます。
レンタカーで立ち寄った場所で、駅は全く知りません。
北海道はレンタカーの時が多くて駅舎を眺めたところがないです。
[ 2015/12/24 11:34 ] [ 編集 ]
こんばんは
北海道駒ヶ岳は日本二百名山 しかし活火山で山頂から半径4km以内は
入山禁止 田中陽希さんも標高900mの馬ノ背まで登られました
山容が良く登ってみたい山ですね
[ 2015/12/24 18:58 ] [ 編集 ]
さすが・・・
大沼公園の駒ヶ岳、さすがに写真も
ピタリと決まりましたね。
私のものはよくないです。
船ではね~
鴨がうまくいましたね~

よい人に拾われてよかったですね。
[ 2015/12/24 21:00 ] [ 編集 ]
白鳥が来ていた
私が行ったときは確か白鳥がいました。仲間の教師と小学生二人中学生と高校生の仲間のお子さん10人で参加したら、旅行社から当時はやったパノラマカメラをおまけにくれまして、わざわざ10人横に並んで凍った大沼の前で写真撮りました。あれは53歳で退職した年でした。
[ 2015/12/24 23:25 ] [ 編集 ]
お早う御座います
若い頃を振り返って旅をするのも良いものですね。
ma_kunは山ばかり行っていましたから
この歳なっては若い頃登った山には行けないです。
若い頃は白黒の写真ばかりだからカラーで
撮り直すと行って登っている人も居られるようです。
[ 2015/12/25 08:03 ] [ 編集 ]
おはようございます
50年前と比較され、懐かしいですね~
ヒューマンの50年前 当然若かったな~
バック よかったですね
[ 2015/12/25 10:09 ] [ 編集 ]
こんばんは~
何時も旅行の際は、用心深いS-Fの風さんが
忘れ物をするとは考えてもみませんでした。
親切な人にバックを拾われて良かったですね。
[ 2015/12/25 20:09 ] [ 編集 ]
Saas-Feeの風さん、おはようございます♪
13年前の6月に函館を訪ねたとき、一番最初に訪れた
のが大沼公園でした。
写真は2枚しか残っていませんでしたが。
風さんの一枚目のお写真とほぼ同じ位置で写した写真がありました。
橋は写してなかったので、どんな様子だったのか覚えていませんが・・・
学生時代の旅行の方が、ボートに乗ったりする余裕がありましたね。
ショルダーバック、親切な方に拾われて良かったですね。
[ 2015/12/26 09:37 ] [ 編集 ]
Σ mcnjさんへ
きれいな山姿ですよね。
今回ははっきり見えたので大満足しました。
[ 2015/12/26 22:11 ] [ 編集 ]
Σ imaipoさんへ
ショルダーバッグを持っていないことに全く気付いていなくて・・・。
最近はうっかりしていることが多くて困りますよ。
[ 2015/12/26 22:13 ] [ 編集 ]
Σ 三面相さんへ
ここでも一日違いでしたか。
ほぼ同じコースを辿っていましたねえ~。
当時はどこかですれ違っていたかもね。
スナップ写真に写っていたりしてね、通行人として・・・。
[ 2015/12/26 22:14 ] [ 編集 ]
Σ ベルさんへ
20年くらい前、出張でカナダのトロントに行った時
駐在員と入ったレストランにめがねを置き忘れたことを
翌日のアメリカで気付き、すぐに駐在員に連絡したのですが
「出てくるわけない」って即答されました。
日本なら気づいて客がレストランに届けて
店が保管してくれますけどね。
[ 2015/12/26 22:18 ] [ 編集 ]
Σ 大連三世さんへ
ポケットに入れておくと落としてしまう危険があるのでバッグに入れてますよ。
バッグごと持っていかれる危険もありますけどね。
[ 2015/12/26 22:21 ] [ 編集 ]
Σ 熊取のおっちゃんへ
活火山だったのか・・・。
それは知らなかった・・・。
きれいな山姿ですよね。
今回は見ることができて好かったです。
[ 2015/12/26 22:22 ] [ 編集 ]
Σ matsubaraさんへ
大沼で船に乗られたのですか。
船は見なかったですねえ。
50年前と同じように貸しボートはありました。

カルガモ(かな?)がうまい具合に前景に入ってくれました。

同じツアーの人がバッグに気づいてくれて助かりましたよ。
[ 2015/12/26 22:26 ] [ 編集 ]
Σ agewisdomさんへ
白鳥がいましたか。
寒い時期と仰ってましたね。
大陸からやってきたのでしょう。
白鳥が駒ヶ岳と一緒の光景は素晴らしいものでしたでしょう。
[ 2015/12/26 22:29 ] [ 編集 ]
Σ ma_kunさんへ
50年前の北海道で立ち寄った場所の中では
再訪していない襟裳岬と然別湖に行きたいのですが
さてさて・・・実現できるかな。
[ 2015/12/26 22:31 ] [ 編集 ]
Σ ヒューマンさんへ
50年前ですから誰しも若かったですよねえ~。
バッグは同じツアーの人に拾われて好かったです。
持っていないことに気づかないなんてねえ~(-_-;)
[ 2015/12/26 22:33 ] [ 編集 ]
Σ 蓮の花さんへ
用心深くは無いのですよ~。
大雑把なのですよ、
バッグを肩にかけていないことに気づかないくらいだから・・・。
[ 2015/12/26 22:35 ] [ 編集 ]
Σ hiroさんへ
函館から特急で20分くらいのようですね。
函館観光の皆さんの多くは大沼に足を延ばされているようです。
大沼と駒ヶ岳がきれいですね。
今はリゾート地として有名だそうで
ゴルフ場もありますね。
ここでのゴルフは気分爽快になると思いますよ。

50年前は、ここで宿泊するので時間に余裕があったのでしょうね。
現在のボート店の大将は当時の大将の息子さんなのか訊ね忘れました。

バッグがとんでもない人に持っていかれなくて好かったですよ。
あれを失うと大変なことになっていました。
[ 2015/12/26 22:42 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/12/27 11:37 ] [ 編集 ]
素敵な旅でしたね
50年前に旅をした所へ行くのも懐かしいでしょうね。
昔の写真を処分したので比較は出来ません。
今年の旅は北海道を第一候補にします。
同じツアー客で良い想い出に花が咲きましたね。
[ 2015/12/27 17:18 ] [ 編集 ]
Σ Golfunさんへ
昔の写真はアルバムにしてあります。
特に学生時代の旅の写真は別アルバム数冊にしていますよ。
当時に立った位置で写真を撮るのも一興です。

北海道には写真に好い時期に訪ねてください。
[ 2015/12/28 21:50 ] [ 編集 ]
懐かしい大沼
もう数年前ですか、ブログ仲間を訪ねて函館に、秋の紅葉時期でした。
懐かしい駒ヶ岳と大沼。
実は我が伊那にもアルプスに駒ヶ岳が3つ。それに大沼湖もあるんです(^o^)
[ 2015/12/30 04:30 ] [ 編集 ]
Σ hashiba511さんへ
駒ヶ岳サービスエリアがありますね。
でもアルプスに三つの駒ケ岳があるとは・・・。
初めて知りましたよ~。
それに大沼湖もなんて・・・びっくりです。
[ 2015/12/30 09:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


マッターホルン
(撮影 2006年07月12日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR