花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


“北海道駒ヶ岳の見える大沼公園にて”からの続き>

2日前の21日に“サイロ展望台”から眺めた洞爺湖
“50年ぶりの洞爺湖と昭和新山”

その畔にあるホテルに到着した。

夕食を摂って部屋に戻ると洞爺湖に花火があがる。


部屋(7階)からは洞爺湖が一望できるのだが

ガラス窓は危険防止のために少ししか開かない。

やむなくそれを精一杯開いてできる隙間から

コンパクトカメラを外に突き出して花火の写真を撮る。


スローシャッターのために手ぶれしてまともな写真にならず・・・。

151022洞爺湖花火-1

は手ぶれ効果()の面白い写真になったが

は露出オーバーも加わりの写真になった。

151022洞爺湖花火-2

洞爺湖を進む船がおよそ20分の間に打ち上げる花火大会で

4月末から10月末までの半年間のイベントになっている。


湖岸の船から花火を打ち上げ始めた時には音のみ

見えなかった花火は船が進むに従い次第に視界に入ってきた。

船が部屋の真正面に来るとクライマックスになり

そして花火が終わった。

部屋からは湖岸で花火を楽しむ人たちが見えていた。

三脚が使えるから湖岸から眺めたほうが好かったな。
(室内で三脚は使えるがガラス窓の反射が写真に写りこむ)


洞爺湖温泉のホテル “洞爺サンパレス リゾート&スパ”

151022洞爺サンパレスリゾートスパ


翌23日の朝、洞爺湖の畔を歩いてみる。

6時05分

1510230605.jpg


6時29分

1510230629.jpg


左も視野に入れて・・・

1510230629-2.jpg

写真の左端に見える山はポロモイ山(625m)

その山上に“洞爺湖サミット”のメイン会場であった

“ザ・ウィンザーホテル洞爺”が建っている。


1510230638.jpg


水鳥が見えてきた。

手前に集団・・・カルガモなのか・・・はっきりしない

右に羽を広げる大型の鳥・・・

1510230639.jpg


向こうに見える山は“羊蹄山”


望遠レンズを使って“ザ・ウィンザーホテル洞爺”を撮る。

1510230633.jpg


部屋に戻り洞爺湖を眺めていると

またもや水鳥の群れが現れた。

1510230653.jpg


横から縦へと隊形を変えて進んでいる。

1510230655.jpg


結局のところ、鳥の名は判らずじまい。


花火を見たし、温泉に浸かったし、朝の湖畔を歩いたし、水鳥を見たし・・・

満足、満足の洞爺湖だった。


さて北海道最終日の最初の訪問地は

これも50年ぶりの“昭和新山”だ。


(撮影 2015年10月22日(木)&23日(金) 1枚目から3枚目までのみOLYMPUS XZ-10))


 後日談 (2016年01月12日) 

ブロ友・ベルさんに鳥()の拡大写真を見てもらったところ

「背中や頭の特徴から“カンムリカイツブリ”ではないでしょうか」

                    



ここまでの様子はこちらで

“道南を廻って来た・・・”

“セントレアで“矢場とん”の“ひれとんかつ”を~ ”

“毛無峠にて・・・新千歳空港からキロロリゾートへ”

“毛無峠の後は増毛の地酒“国稀”を味わう・・・キロロリゾートにて 北海道”

“マッサンのニッカを訪ねる 余市篇 北海道”

“京極ふきだし公園・・・余市から湯の川温泉へ 北海道”

“50年ぶりの洞爺湖と昭和新山”

“函館山からの夜景”

“香雪園の紅葉   北海道函館市”

“五稜郭の紅葉   北海道函館市”

“50年ぶりの函館駅そして函館朝市と摩周丸”

“異国情緒漂う函館元町を散策する”

“思いがけなくも50年ぶりの再会になっていた(^^♪ 北海道函館市”

“赤煉瓦の函館ベイエリアから建設中の新函館北斗駅へ”

“北海道駒ヶ岳の見える大沼公園にて”


スポンサーサイト
こんばんは。

花火、空気の澄んでいる場所のものは綺麗ですね。
 ※風が無いと駄目だと近所の方から言われました。

僅かの時間で彩りを変える風景も綺麗です。
[ 2016/01/08 22:55 ] [ 編集 ]
思い出します
50年前を思い出します。
ここから昭和新山やオロフレ峠でした。
あれからここには行ったことがないですねえ。
そうそう混浴の温泉が多かったですねえ。
[ 2016/01/08 23:14 ] [ 編集 ]
洞爺湖
花火もいいですが、朝の湖畔からの景色が最高です。
羊蹄山も、形の良い山ですね。
[ 2016/01/09 07:45 ] [ 編集 ]
おはようございます
いやー面白い写真が撮れましたね
花火やイルミネーションの写真は
撮ったことがないです、難しいと聞いてます
朝の散策の写真も良いですね。
[ 2016/01/09 08:31 ] [ 編集 ]
おはようございます。
船で花火見物とは風流ですね~
↓駒猿・・・・珍しいですね~
今年は参拝客が多かったのでは?と、思います。
[ 2016/01/09 09:20 ] [ 編集 ]
おはようございます♪
洞爺湖の鳥さん達は何でしょうね。
カモさんだとは思いますが、ちょっと種類は分かりませんね。
6時5分の写真、風もなく水面が穏やかで綺麗ですねぇ~
お山の形も、美しいですね(^^♪
今はもう雪が降って、景色も一転してるでしょうね(^^ゞ
[ 2016/01/09 09:25 ] [ 編集 ]
おはようございます
手ぶれ写真 なるほどね~
三脚なしでも面白い写真が撮れることを知りました
[ 2016/01/09 09:37 ] [ 編集 ]
穏やかで美しい!
最上段の花火の写真は、「花火の乱舞」のようですね。
カメラは、風景をきっちり切り取る事も楽しいですが、予想外のディフォルメ効果を出す事も面白い。
洞爺湖の朝は、穏やかで美しい!。さすがサミットを開かれただけの景勝地ですね。
島の形を診ていると、鯨のような大型動物が、気持ち良さそうに寝そべっているような。
景色を眺めていると、ゆったりと落ち着きますね。
[ 2016/01/09 10:03 ] [ 編集 ]
コメント
お早うございます、

お正月も過ぎて早くも十日恵比寿さんですね、
色々の写真見せて頂き有難うございます、
風邪に気を付けて下さい。
[ 2016/01/09 10:36 ] [ 編集 ]
こんにちは~
花火の写真はすごくきれいに撮れています。
「手ブレしている。」と言われていますが
全く感じる事ありませんし、却って手ブレ
効果の面白い写真になっています。
[ 2016/01/09 13:18 ] [ 編集 ]
花火は実物より綺麗ではないですか~

こんなふうに撮ろうと思っても撮れない
ですよ。

洞爺湖もとてもきれいです。
多分カルガモでしょうね。
見事にたくさんいましたね。
[ 2016/01/09 18:31 ] [ 編集 ]
夜明けいいですね~。
風景写真は夜明けと夕景と聞きますが納得です。
朝靄に遠く霞む羊蹄山いい雰囲気です。
鳥は残念ですが識別できませんでした。
大きな鳥は白鳥のようには見えるのですが・・・・。
[ 2016/01/09 20:29 ] [ 編集 ]
洞爺湖花火
この花火は一度見たことがあります。
もう40年ほども前のことです。
長い歴史の花火ですね。
[ 2016/01/09 21:32 ] [ 編集 ]
花火
夫の講演について行ってついでに道東を回ったとき、洞爺湖の花火を見ました。昭和新山にも立ち寄りました。支笏湖で濃霧に囲まれ30分ほど立ち往生して結構怖かったです。
[ 2016/01/09 22:30 ] [ 編集 ]
おはようございます
暖冬、水爆、株価暴落。。。荒れた年明けですね
今年は申年、申年は荒れるようで(>_<) イ-…ヽヽ
[ 2016/01/10 07:08 ] [ 編集 ]
Saas-Feeの風さん、おはようございます♪
一枚目の花火の写真、手ぶれ効果だそうですが面白いですね。
洞爺湖の花火イベントはずいぶん長く続いていますね。
打ち上げた花火が湖に映る姿は素敵でしょうね。

静寂に包まれた朝の洞爺湖も素敵ですね。
洞爺湖には娘のところから1時間半ぐらいで行けるので、
いつかゆっくりと行ってみたいです。


[ 2016/01/10 07:19 ] [ 編集 ]
Σ ichanさんへ
朝早く起きて湖畔を歩きました。
日の出とともにあたりの色が変化しますね。
早起きは三文の得ですよ。
好い光景を見ることができました。
[ 2016/01/10 20:57 ] [ 編集 ]
Σ 三面相さんへ
同じく、今回の旅ではここから昭和新山に行きましたよ。
混浴のことは知らなかった。
当時は真面目な学生でしたしね(^_-)-☆
[ 2016/01/10 20:59 ] [ 編集 ]
Σ mcnjさんへ
早朝の光景は刻々と変化しますね。
きれいな色の変化を楽しめました。
[ 2016/01/10 21:00 ] [ 編集 ]
Σ imaipoさんへ
ぶっつけ本番の花火撮影でした。
撮影条件が決まらず焦りましたよ。
その結果がはっきりと出ている写真ですね。
[ 2016/01/10 21:01 ] [ 編集 ]
Σ IKUKOさんへ
打ち上げの船のほかに
鑑賞する人たちの船はあったのかどうか・・・。
ホテルの7階からははっきり見えなかった。

狛猿・・・珍しいですね。
山王さんには鎮座していますよ。
[ 2016/01/10 21:04 ] [ 編集 ]
Σ ベルさんへ
鴨の仲間なのでしょうね。
野鳥に詳しくないし写真がぼやけているので
鳥名の同定は出来ません。

羊蹄山がきれいな姿で朝の情景にピッタリでしたよ。
[ 2016/01/10 21:06 ] [ 編集 ]
Σ ヒューマンさんへ
最上段写真は撮るときにかなりカメラが揺れたようです。
おそらく「おっとっと」というイメージだったはず・・。
[ 2016/01/10 21:08 ] [ 編集 ]
Σ massanさんへ
花火の写真を撮ったことが無いので
どんな条件に設定すればいいのか全くわからなかったのです。
スローシャッター(シャッター速度優先)にしたのですが
結果は↑のようなものになってね。
ちょっと取り方を勉強して北海道に行けばよかったですよ。
[ 2016/01/10 21:10 ] [ 編集 ]
Σ 田舎者さんへ
西宮神社のかけっこの話題が報道されました。
もう10日も経ちましたね。
早いです。
[ 2016/01/10 21:12 ] [ 編集 ]
Σ 蓮の花さんへ
結果的にはこんな写真になりました。
花火撮影の勉強をしておけば好かったですね。
この次にはミスしないよう心がけます。
[ 2016/01/10 21:14 ] [ 編集 ]
Σ matsubaraさんへ
偶然に撮れた写真ですから
同じように次にも撮れるかというと無理ですね。
おそらく撮るつもりでシャッターを切ったわけでは無かった・・・。
スローシャッターのカメラ持つ手がかなり振れたのですね。
[ 2016/01/10 21:17 ] [ 編集 ]
Σ minojiさんへ
鳥をしっかり見てくださってありがとうございます。
同定はできなかったですよ。
鴨のような姿ですが鴨にもいろいろいますからねえ。
朝は刻々と情景が変化しますね。
今回の洞爺湖の場合に特にそれを感じました。
[ 2016/01/10 21:20 ] [ 編集 ]
Σ 大連三世さんへ
そんなに前からあったイベントなのですか。
歴史を調べていません。
洞爺湖の名物なのですね。
[ 2016/01/10 21:21 ] [ 編集 ]
Σ agewisdomさんへ
ご覧になっていたのですね。
Saas-Feeの風は初めて洞爺湖の花火を見ました。
歴史ある花火大会のようです。
[ 2016/01/10 21:22 ] [ 編集 ]
Σ いかちゃんへ
荒れる年ならトラも荒れて優勝しましょう。
[ 2016/01/10 21:23 ] [ 編集 ]
Σ hiroさんへ
思いがけずに面白い写真になりました。
もう二度とは同じように撮れませんよ。
知らなかったのですが歴史あるイベントのようですね。
Saas-Feeの風は初めてのことでした。

朝の洞爺湖の情景が刻々と変化するので
とても感動しましたよ。
1時間半なら近いですよ。
ぜひ皆さんで洞爺湖を楽しんでくださいね。
[ 2016/01/10 21:28 ] [ 編集 ]
お早うございます
洞爺湖の風景はとても綺麗ですね。
今年は行って見ることにしています。
町内の囲碁大会で北海道出身の人と対戦後、
雑談で北海道に行ったことが無いことに驚いていました。
Saas-Feeの風さんの北海道紀行を参考にさせて貰います。
[ 2016/01/11 10:48 ] [ 編集 ]
こんばんは
最近は洞爺湖に行ってないんですが 泊まったときは遊覧船に乗って花火を見るんですよ
今年行ってみようかな・・・
[ 2016/01/11 21:39 ] [ 編集 ]
Σ Golfunさんへ
そうでしたか。
Saas-Feeの風の学生時代には
北海道をユースホステルを使って旅することが流行っていましたよ。
ぜひお出かけになってください。
地平線の見える光景が素晴らしいです。
[ 2016/01/12 20:36 ] [ 編集 ]
Σ たんたかさんへ
悠らbん銭からの花火鑑賞なんてことを
した経験がありませんよ~(^^ゞ
好いなあ~。
これから先に機会があるかなあ(^_-)-☆
[ 2016/01/12 20:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


マッターホルン
(撮影 2006年07月12日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR