記事一覧

ホエールウォッチング その3 クジラの潮吹き

“ホエールウォッチング その2 親子クジラ出現っ!”からの続き>

2月18日にホエールウォッチングの親子クジラをアップしてから

4週間近くが過ぎてしまった。


すでに2ヶ月半も経った沖縄ゴルフツアーの初日の話だ。

最近は何事にも忘れっぽくなっているSaas-Feeの風なので

果たして沖縄での出来事を覚えているのかどうか・・・。

          


クジラの潮吹き

(15時32分)
1601311532潮吹き-1


ピントが合ってないけれどねっ


これがクジラの鼻だ。

1601311532潮吹き-2

呼吸のため水上に鼻を突き出す必要があるから

ヒトでいうところの後頭部に鼻があるそうだ。


潮吹き・・・実際には吐き出す息(空気)なのだけれど

体内と体外の圧力差で空気中の水分が霧状になり

白く見えるということ・・・若いころに物理で習った現象かな。


(15時33分 34分 37分 45分)
1601311533-34-37-45.jpg


クジラの鼻が見えた。

(15時45分)
1601311545-2.jpg


親クジラが潜り始める・・・

(15時47分)
1601311547-1.jpg


既に向こう側の子クジラは潜っており姿は見えず・・・

1601311547-2.jpg


尾が上がり親クジラも見えなくなった・・・

1601311547-3.jpg

この後、10数分を待っていたがクジラは現れず

帰港することになった。


およそ3時間のホエールウォッチングが終わった。


オーストラリアの西海岸でイルカウォッチングに参加したが

遠方で泳ぐ数頭のイルカを見ただけにとどまり

ダイナミックな躍動を期待していたので残念に思っていた。


今回は間近にクジラを見ることができて好かった好かった


(16時22分)
160131鯨帰港

Saas-Feeの風たち三名はクルーザーの上階に陣取っていた。


ホエールウォッチングで撮った写真はおよそ350枚

どれも興味深いクジラの様子なので

アップする写真の取捨選択に時間がかかってしまった。


 ご参考に・・・ 

主催
South to South

体験場所

沖縄浦添市伊奈武瀬1-3-5
那覇北マリーナ

          


ホエールウォッチングの項 おしまい>


(撮影 2016年01月31日(日) 最下段写真のみOLYMPUS XZ-10


ここまでの様子はこちらで

“大阪ふたりオフ会に沖縄ゴルフにクジラも~~”

“ふたりでオフ会 大阪・阿倍野 ”

“メッセだゴメスだオマリーだあ~(^o^)/伊丹空港・那覇空港”

“ホエールウォッチング その1 沖縄県那覇市”

“風邪でダウン 留守番に沖縄の鳥たちを”

“ホエールウォッチング その2 親子クジラ出現っ!”


スポンサーサイト

コメント

迫力

私はあのころまったく写真撮りませんでした。惜しいことをした気もしますが、やっぱり風さんみたいには撮れないから見せていただくだけで十分です。素晴らしい迫力ですね。でも見たとき私たちも興奮していたかもしれません。忘れてしまいましたけど、楽しかったのは確かです。
婿さんと夫は海中ウォークを楽しんだんですよ。

こんな間近で優雅に見られるなんて
興奮しちゃいますね^^

動物好きにはたまらんです。
クジラは動物とは言わないけど( ;∀;)

貴重~~

おはようございます

まじかで見るクジラ迫力があるでしょうね
見たことがないです
凄い経験をされてますね。

大迫力!。

鯨の親子のダイナミックな浮き沈み。
体が大きいだけに大迫力ですね。
鯨のサービス精神に大感謝でしょう。
風さんの、興奮した撮影動作が目に浮かびます。
一昨日から、我が故郷、兵庫県加西市で開催された、「熱気球全日本学生選手権」の撮影に行って来ましたが、空に浮かんでいる時は小さく見えても、降下すると鯨並みの巨体でした。
因みに、我が駄作をご閲覧頂いたそうで、有難うございました。

揺れのひどい船から写真を350枚も撮られるとは・・・
船酔いはされなかったのですね。

鯨が突然船底あたりにもぐり、転覆ということには
ならないのでしょうか。素人くさい質問ですが・・・

おはようございます

クジラの親子 元気に泳いでいますね
ヒューマンは、本物のクジラを見ることがないです

おはようございます♪

ホエールウォッチングに申し込んでても、見れない場合も有るのかしら(^^ゞ
もちろん天候も左右するでしょうけど、クジラそのものが現れないって事も、
有ったりするのかしらね、季節は関係ないのかなあ(^_^;)

今日は天気が良いので、チャリブラ決行の予定です(^^)v

お早う御座います

親子クジラをこんな近くで見られるんですね。
ma_kunは泳いでるクジラを見たことがありません。
切り身を見ることも無くなりましたしね。(笑)

体験したい

こんにちは
ホエールウオッチング体験してみたいですね。
映像でしか見ておりません。
最近船の鯨との衝突事故があったばかりなので
ちょっと緊張しそうですが。

こんにちは~

ホウェールウォッチングを間近で見ることが
できて良かったですね。
すごい波しぶきを受けながら時間を追っての
撮影は大変だったと思います。

お早うございます

ホエールウォッチングは迫力があって楽しそうですね。
一度は体験してみたいです。

こんばんは
ご無沙汰しております
沖縄でいい体験をされてきたようですね!
私もハワイでホエールウォッチングしたことが
ありますが、こんな間近で見られたとは驚きです。
なかなかこんなに近くでは見れませんね。
浮上しているときに接近するのでしょうね。
ちょうど浮上地点に遭遇したら船がたいへんですね。

おはようございます

おぉ~~~、おぉ~~~、迫力ですねぇ~~~凄い!

15日歩こう会で飛行機の離着陸に触発されて、飲みましたぁ~、昨日はダウン
やっと、今朝少し戻りました(^m^;......)。 。。

Σ agewisdomさんへ

クルーザーが揺れるので写真がぼやけることがあります。
なかなか難しいものですね。
海中散歩とは好い経験をなさいました。
agewisdomさんもなされば好かったのに~。
海の生物を観察できたでしょうに・・・。

Σ ♪デコ♪さんへ

いえいえ、クジラは動物で好いのですよ~(^_-)-☆
動物図鑑にもクジラの項目がありますから。
哺乳類ですよね。

尾っぽは撮れましたが顔(頭)を見せてくれなくてねえ~(^^ゞ

Σ imaipoさんへ

思いがけず沖縄にゴルフのために行って
海でクジラを見ることができました。
好い経験でしたね。

Σ massanさんへ

熱気球大会は鈴鹿でも開催されていたような気がします。
毎年のことなのかどうかわかりません。
きれいな気球デザインですからカメラを持って見に出かけたいですね。
撮った写真はホームページにアップされますよね。
拝見しますよ。

Σ matsubaraさんへ

酔い止めを服用しましたので酔うことはありませんでした。
でも参加者のシニア女性が吐いていたようです。

沖縄から帰ってからのことだったと思いますが
どこかで高速船がクジラと衝突して航行できなくなったという報道がありました。

Σ ヒューマンさんへ

なかなかクジラを見る機会はありませんよね。
沖縄にゴルフに行ってクジラウォッチングするとはねえ~(^_-)-☆

Σ ベルさんへ

見られない場合もあるそうですよ。
そんなときには料金の一部を返還してもらえるのだとか・・・。
このウォッチング主催会社のことに限ってのことですけど
そんな話を聞きました。
それくらい見ることのできる確率が高いそうです。
冬場に催行されるウォッチングです。

Σ ma_kunさんへ

子どものころには市場でクジラの肉を見ましたね。
普通に売られていて、それも安価だったと思います。

Σ 大連三世さんへ

沖縄から帰って来てからの事故だったように思います。
クルーザーに乗っている時には
クジラにぶつかることなんてことを考えもしませんでしたよ。

Σ 蓮の花さんへ

波しぶきのことは気にならなかったのですが
クルーザーの揺れで外に放り出されないよう
しっかりと手すりなどにつかまっている必要がありました。

Σ Golfunさんへ

面白かったですよ。
機会があったらウォッチングに参加なさってください。

Σ 三重の山男さんへ

海外のイルカウォッチングやホエールウォッチングでは
これほど対象に近づくことはないと思いますよ。
オーストラリアではかなり離れて見ていました。
保護のためなのでしょうね。
日本だけ近寄り過ぎているのかも。

今回は船長が「クジラを轢くところだった」と冗談を云うほど
クルーザーの近くでクジラが泳いでましたね。

Σ いかちゃんへ

いろいろな口実をつけて呑んでますねえ(^_-)-☆
二日酔いでしたか。
もう大丈夫かな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


マッターホルン
(撮影 2006年07月12日)

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

最新トラックバック

リンク