記事一覧

作ってみた・・・甘辛サーモンの和風アボガドソース

じゃが”を作った時にが残った(“男の料理教室 “鮭じゃが””


その日の讀賣新聞朝刊にを使ったレシピが掲載されていることに気づき

グッドタイミングということで、それに倣って作ってみた。


“甘辛サーモンの和風アボガドソース”

IMGP0674-2.jpg


適当な大きさに切った生に塩を振り

しばらくおいて水切りし両面に片栗粉を振る。

160923秋の和食-1

サラダ油を入れたフライパンで焼いて

醤油とみりんを回し入れ、からめる。

160923秋の和食-2


アボガドは角切りに、ミョウガはみじん切りにして

ワサビと醤油を混ぜ合わせアボガドソースを作る。

市販の練りワサビ(大さじ1)を使った。

160923秋の和食-3


焼いた鮭とアボガドソースを皿に盛り付け

サニーレタスを添えて出来上がり。


Saas-Feeの風にも簡単に仕上げられたし

それよりも何よりも・・・赤ワインにピッタリだった。

(この魚料理には白ワインよりも赤ワインのほうが合っている)


(撮影 2016年09月23日(金) PENTAX MX-1

<讀賣新聞・キッコーマン全面広告内の掲載レシピに基づく>


スポンサーサイト

コメント

甘辛鮭のアボガドソース

お早うございます。

美味しそうですね。

ワインでなくても、焼酎でもいけそうです。

お早うございます

自分の好みのツマミを作り、酒を嗜む・・・、最高ですね。
羨ましい限りですが、到底筑前には無理のようです。
せいぜい、1Wに一度健康のため酢タマネギなどを作るので精一杯です(笑)。

おはようございます

器用ですね、新聞に載っていて
トライとは凄いですね
私はダメですね、食べる専門です。

大変ご無沙汰いたしました
私は白内障の手術をしたり手が急に動かなくなったりしてお医者さんのお世話になりっぱなしでした
丈夫だけが取り柄の私でしたが年には逆らえません
つくづく痛感いたしました  それに
10月の台風の風で土蔵の屋根瓦が飛んでしまって幾日も工事屋さんが来て
なんとか修復していただきました もう土蔵なんて壊そうかと思ったのですが
綺麗になったら残しておいてよかったかななんて思っていますが・・・

寒くなりました家から見える山が白く雪化粧してきました
これからゆっくりブログ見せていただき楽しませていただきます
今夜は私も見せていただいた甘辛サーモンの和風アボガドソースのお料理
早速作ってみます
私の住む穂高はすぐ近くに大王わさび農場があります
先日そこに行ってわさびを買ってきました使い道に困っていたので
私は生わさびを下して作ってみようと思っています
いつもお料理教えていただき助かっていますありがとうございました
これからもどうぞよろしくお願いいたします

Saas-Feeの風さん、こんにちは~♪
〝甘辛サーモンの和風アボガドソース"
秋にぴったりな一品ですね。
アボガドとワサビ醤油のソースはたまに作りますが、
ミョウガを使ったことはありません。
意外でしたが、ミョウガが入るとさらに風味が
増して美味しそうです。
私も材料が揃った時、作ってみたいと思います。
御紹介、ありがとうございました。

男の料理万歳!

料理も頑張って続いていますねえ。
僕もやるのはやりますが安い早いの酒の肴位ですねえ。アハハ

今日は

美味しそうなお料理が出来ましたね!
それにしてもSaas-Feeの風さんは
本格的お料理をお作りになれてたいした事です。

先日の鮭じゃががまだ作っていないのにもう新メニュー
追いつけないです
アボガドとワサビは良く合いますから美味しいソースでしょうね
生鮭がどんどん出回っています近いうちに2品作りますね

ビールにも絶対合うと思います(笑)

奥が深いですね

もうすっかり料理は追い越されてしまい
真似もできません。すごいです。
奥が深いのに、私は怠慢のまま50年も
過ぎてしまい、、もう手遅れです。
これからも腕を磨いて下さい。

アボカドソース

アボカドソースが良さそうですね。
マグロのステーキにも合いそう。
機会があったらまねてみましょう。

こんばんは

アボガドソースなどしゃれたものは作ったことが
ありません 良い色に仕上がり美味しそうですね

面白いお料理

甘辛味とアボカドのソースがどう絡むか?想像がつきませんがおいしそう。でも子供向きじゃないかなあ。二人の時に作ってみるかな。

おはようございます

ひゃぁ~~~~~~~~~美味そう、凝ってるなぁ~~~

アメリカ大統領選、日本も大きな影響がありそうだから気になりますねぇ~~~~~~

おはようございます❗️

なんて美味しそうなレシピでしょう✨✨早速真似て作ってみたいです。ちょうど家にアボカドがあるのでよい熟し加減の頃にやってみたいです。赤ワインが合うのですね。ならば、週末かな❓
🍷私は飲むと、何もしたくなくなる&寝てしまうので💦💦へいじつはなかなか飲めなくて‥‥😅

秋らしいお料理ですね❗️❗️❗️


今日は

相変わら手際よく作られますね。
ワインが良さそうですが
焼酎や日本酒でもあいそうですね。
アルコールであればいい・・・(^_^)v

今晩は

今晩は。
鮭の炒め料理ですか。
美味しそうですね。作り方を解説されても、さっぱり分かりませんが。
最近、酒よりもワインの方が人気が有るようですが、いかにもワイン向きの料理ですね。
単なる想像ですが。
何はともあれ呑み過ぎないように!。

Σ mcnjさんへ

焼酎でもOKと思いますよ。
尤も、お酒呑みは、吞めるとなると肴は何でも好いのですよね、フフフ(^_-)-☆

Σ 筑前の国良裕さんへ

酒のためなら何でもしますよ(^^♪
作ってもらえるなら
それに越したことはありませんけどね。

Σ imaipoさんへ

たまたま料理教室の復習で使った生鮭が余っていたことと
その日の新聞に生鮭を使ったレシピが載ったことから
思い切ってチャレンジしましたよ。

Σ koruteさんへ

如何なさっておられるかなと思っていました。
ときどきブログの更新があるので少しは安心していました。
でもご体調のことに加えて台風の被害もあって
ご心労のことと思います。
どうぞお身体をお大事になさってくださいね。

料理の紹介と云えるほどの内容では無くて
教室で習ったことの復習を大雑把にアップしているだけですから
調味料の配分など、工夫しないと作れない内容ですね。
ご参考にしてくださって“なお先生”もお喜びと思います。
お近くにわさび農場があるなんてSaas-Feeの風にはうらやましいことです。
なかなか生のわさびを使えません。

Σ hiroさんへ

hiroさん、こんばんは。
料理教室で習ったことを復習したときに使った生鮭が余ったことと
たまたま、その日の朝刊に生鮭を使った料理の紹介があったことで
思い切ってそのレシピに従って作ってみました。
ミョウガは我が家の庭でできたものです。
かなりの収穫があるので刻んで醤油を少しかけて酒の肴にしたり
味噌汁に浮かべたりしています。

Σ 三面相さんへ

飽きっぽいSaas-Feeの風ですが料理教室は続けていますよ。
ひと月に一度の教室です。
それくらいのことはしないとね~
健康的生活を送れません(^_-)-☆

Σ ktempleさんへ

いえいえ、見よう見まねですよ。
手際が悪くてね。
ひとつのことしかできなくて効率が悪いです。
女性はたいしたものです。
あれもこれも一度にこなしていますからね。

Σ げんかあちゃんさんへ

少し前から日本酒をメインに呑んでいます。
今回は常温の赤ワインにしてみました。
ビールだとちょいと寒いかもと思ったから・・。
ビールでも合うと思いますよ。
秋鮭の時期・・・お試しくださいね。

Σ matsubaraさんへ

とんでもないです。
見よう見まねの調理ですよ。
一度にあれもやってこれもやって・・・
そんなことができなくて
ひとつのことを終えてから別のことを始めるという効率の悪さです。
あれをしながらこれをして・・・
そんな女性の調理法がSaas-Feeの風にもできると好いのですけどね。

Σ 大連三世さんへ

ワサビの量を考えないと涙の出るソースになりますよ。
ここでは大さじ1・・・ちょっともの足りないというソースになりました。

Σ 熊取のおっちゃんへ

簡単にでき上るソースです。
お試しください。

Σ agewisdomさんへ

幼い子にはワサビ抜きにぎり寿司を頼みますよね。
おとなにならないとワサビの味は判りません。
ワサビを使わずにアボガドソースを作るしかないかな。

Σ いかちゃんへ

どうなりますかねえ、アメリカ大統領選挙は・・・。
日本時間で明日の午後には結果判明でしょう。

Σ なお先生へ

ブログの押し売りでご迷惑でしたよね~(^^ゞ
生鮭が残ったことと、たまたま、その日の朝刊に生鮭の料理が載ったので
作ってみる気になりました。
作ってみると意外にシンプル・・・
Saas-Feeの風にはこういう料理が向いています。

皆さんのコメントから、この料理は焼酎でもビールでも合いそうですよ。
日本酒でも合うと思います。

ミョウガは我が家の庭で採れたものです。
たくさんできるので酒の肴に重宝しています。

Σ ma_kunさんへ

そうなんですよ・・・
呑めるなら、何でも好いということですよねえ。
いえいえ、手際が悪くて素早く出来上がらない(^^ゞ

Σ massanさんへ

長く料理教室に通っていますから
レシピを見ながらだと調理できるのですが
レシピが無いとさっぱり作れません。
応用が利かない・・・。

門前の小僧習わぬ経を読む
そんなことですよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


マッターホルン
(撮影 2006年07月12日)

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

最新トラックバック

リンク