花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


“ラベンダーの“ファーム富田” 北海道中富良野町”からの続き>

中富良野の“ファーム富田”をバスで出発しておよそ4時間後

Saas-Feeの風たちは登別温泉にいた。


ここには1万年前に出来たとされる爆裂火口跡の“地獄谷”があるので

ホテルでディナーを摂った後の19時半ごろから

温泉街を歩きながら行ってみたが暗くてあまり見えなかった。

これじゃあ写真が撮れないなと、もと来た道を引き返す。


登別には地獄があるから閻魔さまもおられるのだ。

温泉街のなかの“閻魔堂”前にはすでに数人の温泉客がいて

閻魔さまの演説()開始を待っている。


普段は穏やかなお顔の閻魔さまだが・・・

160928登別温泉閻魔-1

説教の時刻になると、怖ろしい音色が鳴り響き始めてびっくり

それが2分ほど続くうちに突如として閻魔さまの表情が一変・・・

両目は光り輝き、両腕を振り上げながら怖ろしい声で

「悪行を悔いよ~~悔いれば天国に行けるぞお~」

正確には覚えていないが、そんな意味のことを仰るのだ。


あれこれと説教が2分ほど続いた後

またもや急に穏やかなお顔に戻り・・・

からくり人形パフォーマンスは終わる。


こちらは凄まれる閻魔さまだ。

160928登別温泉閻魔-3


閻魔さまを撮った写真の中から15枚を選んでアニメにした。

160928閻魔アニメ再

音が鳴り始めてから4分間ほどの出来事だ。

閻魔さまの説教とおどろおどろしい音色を動画で撮っておけば好かった。


パフォーマンスが終わって

最前列で見ていたSaas-Feeの風が後ろを振り返ると

道幅一杯になるほど大勢の人たちが集まっていた。

160928登別温泉閻魔-8

登別温泉街の観光アトラクションだね。

なかなか面白かった。


温泉街を歩いている間に見かけた鬼さんたち

左下は“湯かけ鬼蔵”

右下は登別市PRキャラクターの“登夢(とむ)くん”

160928登別温泉鬼たち-2



160928登別温泉の鬼たち


(撮影 2016年09月28日(水)OLYMPUS XZ-10


ここまでの様子はこちらで

“旭川駅弁“かに三昧” 北海道へ出発前に~(^^♪”

“北海道大雪山系の紅葉を見てきた”

“新千歳空港から然別湖へ・・・“日勝峠”と“扇ケ原展望台””

“然別湖の夕焼け朝焼け”

“然別湖の遊覧船に乗る”

“大雪山系随一の絶景“銀泉台”の紅葉”

“銀河・流星の滝・・・51年目の層雲峡再訪”

“あ~あ(+_+) 大雪山旭岳の紅葉は霧の中だった”

“美瑛の青い池 北海道美瑛町”

“ラベンダーの“ファーム富田” 北海道中富良野町”


スポンサーサイト
登別温泉
登別温泉懐かしい響きです。
ここは50年前に行っただけです。
随分と変わっているようです。
クマ牧場と混浴が思い出です。
[ 2016/11/18 07:46 ] [ 編集 ]
おはようございます
登別温泉は行ったことがないです
仕事で通過ばかりでした(笑)
このような施設があるんですね。
[ 2016/11/18 08:12 ] [ 編集 ]
Saas-Feeの風さん、おはようございます♪
登別温泉は初めて北海道旅行をした時泊まっていますが、
夜はホテルでゆっくりとしていたので、
このようなパフォーマンスがあることは知りませんでした。
何年か前、娘の家に行った時も訪れていますが、
ホテルの鬼を見ただけで、温泉街の鬼さんたちには
気がつきませんでした。
[ 2016/11/18 08:12 ] [ 編集 ]
登別温泉
お早うございます。

もう、40年も前です。
結婚して、間もないころだったと思いますが、行ってきました。。

何も、記憶にありませんが。
湯はいい湯でした。
[ 2016/11/18 09:20 ] [ 編集 ]
おはようございます♪
面白いですね、からくりで顔が変わるのですね(^_^)
ベルさんはからくりじゃないけど、怒ったらすぐに顔が変わりますよ。
最近俺に優しくないと、直ぐ主人に言われます(゚m゚*)プッ
いつまでも、笑顔で居たいものですね(^^ゞ
[ 2016/11/18 09:23 ] [ 編集 ]
おはようございます
この閻魔様 穏やかな閻魔様と思っていたら、顔が変わって怒りだすとは
びっくりしますね
[ 2016/11/18 09:27 ] [ 編集 ]
お早う御座います
カラクリで閻魔様の貌が変わるとは面白いですね。
登別温泉は露天風呂に入ったことだけしか覚えていません。
旭山動物園のからの高速道路が積雪で通行止めに成って
登別温泉に着いたのが20時を過ぎていました。
[ 2016/11/18 11:06 ] [ 編集 ]
こんにちは~
登別温泉の話は聞いた事がありますが
閻魔大王の事については初耳です。
カラクリで顔の表情が変わるのはとても
面白い趣向だと思います。
[ 2016/11/18 14:25 ] [ 編集 ]
家にいる
登別温泉に鬼がいるのは知りませんでした
楽しまれましたね

我が旦那に言わせると「登別まで行かなくてもここにいる」でしょう
怒ると怖いと自負しています

それに比べればこの鬼さん達は愛嬌のあるお顔してます
パフォーマンスで怖さを出していますがPRキャラクターの鬼さんは愛嬌があり過ぎ
[ 2016/11/18 15:50 ] [ 編集 ]
こんにちは ♪
登別温泉は
観光客が多くって‥‥ 賑わっていたのでは?

登別温泉に
こんな観光アトラクションがあるのは、知りませんでしたよ~
[ 2016/11/18 16:00 ] [ 編集 ]
こんにちは
行ったのは、四、五年前ぐらだったかな~?

閻魔様、懐かしく拝見しました
[ 2016/11/18 16:23 ] [ 編集 ]
こんにちは~
閻魔様、楽しそう?ですね。
表情も動作も激しく変わるみたいで、きっとわかっていてびっくりするのでよね(笑)。
からくり人形の実物はいまだに見たことがないですね。
[ 2016/11/18 17:13 ] [ 編集 ]
登別
一度行ってるのですが
えんま様の記憶全くありません。
怖くて近づかなかったのかもしれませんね。 ははは
[ 2016/11/18 19:11 ] [ 編集 ]
こんばんは
北海道には良い温泉がいっぱいありますね 
大自然を見ながらの露天風呂と混浴の思い出が
残っていますよ
[ 2016/11/18 22:01 ] [ 編集 ]
こんばんは(^o^)/!
登別温泉にこのようなものがあるとは?!
10数年前に登別温泉で1泊しましたが、その時はなかったです。
温泉街の鬼さんたちもいたかなぁ・・・?
でも宿泊したホテルの温泉と料理がおいしかったこと、
そして若くてキレイな仲居さんがお世話してくれたことは覚えています (^_^;;ヘヘッ!
[ 2016/11/18 23:23 ] [ 編集 ]
おはようございます
おぉ~~~怖っ(>_<)ノ…ゾォォォォォ!!!

今日は山歩きの予定、ばっちり紅葉撮ってくる予定が、雨で中止にウ~~~ン(;>_<;)ウ~~~ン
[ 2016/11/19 09:06 ] [ 編集 ]
おはようございます。
閻魔様のパフォーマンスは大人気なのですね~
鬼もいろいろ・・・楽しそう。
[ 2016/11/19 09:42 ] [ 編集 ]
登別は温泉以外あまり思い出はありませんが
今は、こんなイベントをしているのですか。
再訪されてよかったですね。
動画みたいに組み立てられるのが
すごいです。
[ 2016/11/19 13:43 ] [ 編集 ]
こんにちは
北海道の旅は楽しそうですね。
手術が終われば旅もできるでしょう。
来年は北海道を旅してみます。
[ 2016/11/20 14:31 ] [ 編集 ]
こんばんは
アッ!閻魔様だ!
夕食終えてから温泉街散策する人が
けっこう多かったんですね
[ 2016/11/20 17:29 ] [ 編集 ]
面白そう
なんか子供に見せたいですねえ。昔は地獄絵図なんて言うのがお寺にあって見せられたり。今の子には効き目はないかもしれないけど、お説教聞かせたかったなあ。
[ 2016/11/20 18:14 ] [ 編集 ]
Σ 三面相さんへ
半世紀前のSaas-Feeの風は登別温泉に行かなかった・・・。
三面相さんと相前後しながら北海道を一周していたのですけどね。
混浴温泉を使ったのかあ~(^_-)-☆
[ 2016/11/20 20:16 ] [ 編集 ]
Σ imaipoさんへ
施設というよりお堂ですね。
温泉街の中にありました。
[ 2016/11/20 20:18 ] [ 編集 ]
Σ hiroさんへ
hiroさん、こんばんは。
ツアーの添乗員さんから閻魔堂を教えてもらったのですよ。
それで食事の後に出かけたのですが
正確に説明しますと・・・
閻魔堂を見逃し地獄谷まで行ってしまったのです。
その戻り道で、ようやく見つけて開演を待ちました。
10分ほど待って怖ろしい音が鳴り始めたのです。
教えてもらわなかったら出かけていなかったと思いますよ。
次に登別温泉に宿泊されたら、ぜひご覧になってください。
[ 2016/11/20 20:24 ] [ 編集 ]
Σ mcnjさんへ
そうでしたか。
では、いつか再訪なさってくださいね。
当時のことを思い出されると思いますよ。
[ 2016/11/20 20:26 ] [ 編集 ]
Σ ベルさんへ
ハハハ、そりゃあそうでしょう。
Saas-Feeの風も顔つきが変わりますよ。
「好い年なんだからすぐに顔に出さないのっ!」って
風の神から云われております。
[ 2016/11/20 20:28 ] [ 編集 ]
Σ ヒューマンさんへ
全然、顔の表情が違っていますよね。
からくりの仕掛けが判りませんでしたよ。
[ 2016/11/20 20:29 ] [ 編集 ]
Σ ma_kunさんへ
20時を過ぎていると外出は億劫ですよね。
温泉街の店は閉店していることが多いかも判りませんね。
[ 2016/11/20 20:32 ] [ 編集 ]
Σ 蓮の花さんへ
面白い閻魔さまでした。
愉しんだ温泉客が多かったと思います。
[ 2016/11/20 20:33 ] [ 編集 ]
Σ げんかあちゃんさんへ
登別温泉の地獄谷は有名ですから
鬼も出番を作らないと拙いということでしょうか。
鬼の金棒に似せたフェンス支柱もあってね。
なかなか面白い趣向がいっぱいありますよ。

ハハハ、何処のご家庭にも怖い鬼さんがいると思います。
[ 2016/11/20 20:38 ] [ 編集 ]
Σ エゾモモンガさんへ
かなり外国人(アジア系)観光客が多かったですよ。
温泉街は賑やかというほどの人出ではなかったですが
この閻魔堂前にはたくさんの人がいましたよ。
[ 2016/11/20 20:40 ] [ 編集 ]
Σ 山親父さんへ
ご覧になったのですね。
面白かったですねえ。
こんなの、初めて見ましたよ。
[ 2016/11/20 20:43 ] [ 編集 ]
Σ 筑前の国良裕さんへ
お祭りの山車でからくり人形を見たことがあります。
この閻魔さまのような迫力はありませんけどね。
面白い趣向です。
また見たいなというくらい印象に残りました。
[ 2016/11/20 20:45 ] [ 編集 ]
Σ 大連三世さんへ
いったい、いつごろから始まった閻魔さまパフォーマンスでしょうね。
大連三世さんが登別温泉に行かれた時には閻魔堂はあったのかな。
[ 2016/11/20 20:47 ] [ 編集 ]
Σ 熊取のおっちゃんへ
Saas-Feeの風も北海道の温泉にはあちこちで浸かってきましたよ。
でも混浴は無かったな(^_-)-☆
[ 2016/11/20 20:49 ] [ 編集 ]
Σ 慕辺未行さんへ
いつごろから閻魔堂はあるのでしょうかね。
閻魔堂はあっても閻魔さまのパフォーマンスは無かったとか・・・。
地獄谷が有名ですから鬼を登場させたのでしょうね。
あちこちに鬼がいましたよ。
鬼の鉄棒に似せたフェンスの支柱もありましたしね。
[ 2016/11/20 20:52 ] [ 編集 ]
Σ いかちゃんへ
それは残念!
延期じゃなしに中止ですか。
[ 2016/11/20 20:54 ] [ 編集 ]
Σ IKUKOさんへ
観光協会もいろいろアイディアを出さないとねってところでしょうか。
何か目玉を作って客寄せをするのですね。
[ 2016/11/20 20:55 ] [ 編集 ]
Σ matsubaraさんへ
登別温泉には初めて行ったのですよ。
半世紀前にはここを飛ばしました。
特に見どころは無いということで
そうしたような記憶があります。
[ 2016/11/20 20:57 ] [ 編集 ]
Σ golfunさんへ
回復なさったら、どこへでも行けますから
しっかり養生して来年に備えてください。
[ 2016/11/20 20:59 ] [ 編集 ]
Σ たんたかさんへ
観光客の数が多かったのは
閻魔堂の前だけでしたよ。
閻魔さまのパフォーマンスを見るために集まってきたのですね。
地獄谷の方へ歩いていたのはSaas-Feeの風と
同じツアーのひとたち数人でした。
[ 2016/11/20 21:02 ] [ 編集 ]
Σ agewisdomさんへ
このパフォーマンスが終わった後の閻魔堂前にいたのは
おとなばかりだったような気がします。
子どもが見たら、うなされるんじゃないでしょうかね(^_-)-☆
[ 2016/11/20 21:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


マッターホルン
(撮影 2006年07月12日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR