花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


“五台山 竹林寺から牧野植物園へ”からの続き>

三面相さんの運転する車で五台山から春野を抜けて“名越屋沈下橋”へ向かう。

仁淀川沿いの道路を上流へ

途中で三面相さんに案内された“兼山遺構”と刻まれた記念碑

171031行当のきりぬき

江戸時代前期に土佐藩の家老として藩政改革をした野中兼山の遺構

仁淀川から春野に灌漑用水を引く工事(1648年から5年間)の中で

高さ10m、幅10m、長さ40mの“行当(ゆきとう)の切抜き”は

用水路を通すために山を切り抜く最難関の工事だったらしい。



仁淀川沿いの道路をさらに上流へ


仁淀川に架かる“名越屋(なごや)沈下橋

左岸から右岸をパチリ

171031名越屋沈下-1


橋を渡って(三面相さんの運転する車に乗って・・・だけど)

右岸から左岸をパチリ

171031名越屋沈下-2

Saas-Feeの風は車を運転して渡れるかなあ、ドキドキしそうだ


畔の掲示を要約すると・・・

仁淀川最下流に架かる最も長い(191m)沈下橋であり

増水するとのように水没する。

171031名越屋沈下-3
(掲示の写真を撮影して借用)

生活道路の橋とのことだから水没すると

周辺住民には大きな打撃となることだろう。


小田急小田原線で厚木駅を出た電車が隣駅の本厚木駅に向かうときに

相模川を渡るのだが、右(上流)に沈下橋が見えていた。

いつだったか・・・増水でその橋が流されたという記憶がある。

でも、その橋の近くに相模大橋があるから

川を渡ることについての問題は無かったのではないかな。


その橋をSaas-Feeの風は一度だけ渡ったことがあったが

車にてだったのか、徒歩にてだったのかを忘れている。

30数年前か・・・40年近く前になるかな。

あの沈下橋はまだ健在なのだろうか。




夜は三面相さん行きつけの某和食処で高知の酒と肴を愉しむ 

171031しゃぶ膳

この夜も三面相さん宅にて泊

(撮影2017年10月31日(火) PENTAX MX-1



ここまでの様子はこちらで

“旅の始まりは~岡山駅弁“桃太郎の祭ずし””

“JR高知駅にて その壱”

“路面電車“とさでん”・・・にわか撮り鉄になって(^^♪”

“♪土佐の高知のはりまや橋で~”

““高知よさこい情報交流館”にて鳴子をカチャカチャッ!”

“高知城登城~(付)掛川城”

“はりまや橋”の“からくり時計” そして“ひろめ市場””

“高知城に建つ銅像”

“まち歩きで見た龍馬あれこれ”

“高知まち歩き・国道6本の起点・終点標から旧山内家下屋敷と山内神社へ”

“高知の“明神丸”で“藁焼き鰹たたき”などを肴に呑む”

“高知二日目・午前のメインは“桂浜””

“秋晴れの 桂の浜に 龍が翔ぶ”

“桂浜を歩く”

“高知の酒“土佐しらぎく” そして肴あれこれ”

“五台山 竹林寺から牧野植物園へ”



ブログランキングに参加しています

応援のクリック↑をお願いします


スポンサーサイト



行当の切り抜きでわが町は県内でも有数の豊かな街になっています。
ご紹介いただき嬉しいです、今の人はあまり知らないかもです。
沈下橋まで来ましたね、でもまだまだありそうです。
[ 2017/12/17 07:23 ] [ 編集 ]
牧野植物園
実は15日の記事にコメントしたかったのですが
クローズされていたので、こちらに・・・

牧野植物園のことは懐かしいです。
1時間はいたと思います。もう一度季節を変えて
行きたいものですが、叶いませんね。
[ 2017/12/17 07:54 ] [ 編集 ]
おはようございます
多摩川に沈下橋ですか知りませんでした
四国の端は有名ですね、柵が無くて
車で通過は少々不安でしょうね。
[ 2017/12/17 08:06 ] [ 編集 ]
おはようございます
厚木にも沈下橋があるのですか 知らなかったです
車で渡るのは怖いですね
[ 2017/12/17 09:28 ] [ 編集 ]
牧野植物園に行くツアーがあって申し込んだのですが、急にキャンセルしなくてはならないことがあって、残念な思いをしたのは数年前です。
沈下橋は四万十川で知りましたが、ここにも、そして相模川にもあったのですね。
柵がない細い橋を車で渡るのは難しそうです。
さすが土佐、有名人がぞろぞろですね。
[ 2017/12/17 09:41 ] [ 編集 ]
こんにちは~

やはり行ってみたいな!
来年は計画してみようかしら・・・

この沈下橋はドラマでみましたよ(^^♪
土地の人でないと、車で渡るのは怖いですね!
[ 2017/12/17 10:43 ] [ 編集 ]
こんにちは~
沈下橋はこちらにも遠賀川の上流にあります。
沈下したところは見たことがありませんが、見てみたいと思います。
当然欄干がないので歩いて渡る時スリルがありますね。
[ 2017/12/17 11:30 ] [ 編集 ]
こんにちは~
沈下橋は見た事がないので行って見たいです。
でも九州からの交通網がないので夢のまた夢の
お話しになります。
[ 2017/12/17 14:07 ] [ 編集 ]
Saas-Feeの風さん、こんばんは~♪
厚木のもぐり橋(沈下橋)は海老名側から一方通行でしたね。
道幅が狭く、欄干にロープが張ってあっただけだったので、
運転するのは怖かったのですが、近くの相模大橋が、いつも渋滞していたので、
ドキドキしながら運転して渡ったのを覚えています。
台風で増水すると流されたり、水中にもぐって通行不能となるので
だいぶ前、その隣にあゆみ橋という立派な橋ができました。
あゆみ橋ができてからは本厚木にも用がなくなり、何回も渡っていません。

[ 2017/12/17 19:39 ] [ 編集 ]
沈下橋
沈下橋を来るまで渡るにはかなり怖そうですね。
やはり慣れが必要のようです。
土佐料理に土佐のお酒うまそうですね。
[ 2017/12/17 20:35 ] [ 編集 ]
怖いですよ
Saas-Feeの風さん、こんにちは。
沈下橋、隣県故郷徳島にもありました。
小さい頃、バイクの後ろに乗せてもらって
夜道を走ったことがありましたが
生きた心地がしませんでした(^^;
[ 2017/12/17 22:50 ] [ 編集 ]
おはようございます
豪華な料理、楽しんでますねぇ~~~~~~~~~~
[ 2017/12/18 06:30 ] [ 編集 ]
おいしそうなお料理ですね♪
今日は健康診断、終わるまで飲み食いできないので早くごはんが食べたいです。
[ 2017/12/18 09:53 ] [ 編集 ]
“名越屋沈下橋”渡ったことがあります。
ご無沙汰しています。
massanも、この沈下橋を渡ったことがあります。
但し、歩いて。この幅の狭い橋を、車で渡る気にはなりませんね。
仁淀川の水は最高ですね。“仁淀ブルー”で知れ渡っていますから。
沈下橋は、コンクリートの塊の様な頑丈な橋ですから、激流で洗われても大丈夫なんでしょうね。
大水の時だけ辛抱すれば!。
[ 2017/12/18 17:25 ] [ 編集 ]
怖い!
スプラッシュマウンテンより怖いですねえ。しかも水に潜ってしまうなんて、いくら観光の名所でもよくそのままに放置されていますねえ。
なんとまあおいしそうな!!
[ 2017/12/18 19:44 ] [ 編集 ]
こんばんは
沈下橋は8年ほど前OB会小旅行で四万十川に
行ったとき見ました 車で渡るのは勇気が
要りますね
[ 2017/12/18 21:11 ] [ 編集 ]
おはようございます
欄干が無いと歩くにも車でも怖いですね。
京都の木津川にも有った記憶があります。
[ 2017/12/19 10:34 ] [ 編集 ]
おはようございます
池袋の眼鏡博物館は行ってないです。
まだ老眼ではないです(^_^;)
[ 2017/12/20 07:06 ] [ 編集 ]
牧野富太郎博士
四国には一度だけ行っていて、沈下橋をタクシーで渡った気がします。
牧野富太郎博士は我が家の近くの「百樹園」(黄門様の植えさせた名木嘉樹)
の樹木選定に貢献しています。
[ 2017/12/21 20:42 ] [ 編集 ]
Σ 三面相さんへ
すっかり遅れてしまいました。
年内に完結できないかも・・・です。
最終日のトピックスが残っておりますね。
[ 2017/12/26 13:50 ] [ 編集 ]
Σ matsubaraさんへ
広大な敷地の牧野植物園を1時間ではゆっくり回れなかったのでは・・・。
4時間くらいはかかりそうです。
また行ける機会があると好いなと思っています。

[ 2017/12/26 13:52 ] [ 編集 ]
Σ imaipoさんへ
多摩川ではなくて神奈川県の相模川ですよ~(^_-)-☆
[ 2017/12/26 13:53 ] [ 編集 ]
Σ ヒューマンさんへ
小田急線から見えましたよ。
今はどうなのかわかりませんが・・・。
[ 2017/12/26 13:55 ] [ 編集 ]
Σ tonaさんへ
この橋の上流にも沈下橋があるそうです。
全国にかなりの数の沈下橋があるようです。
牧野植物園には別の機会にお出かけできると好いですね。
柵が無く、狭い幅の橋を車で渡ることは避けたいですよ。
[ 2017/12/26 13:59 ] [ 編集 ]
Σ ミーママさんへ
岡山にお出かけになると仰ってましたね。
足を伸ばして高知までとも・・・。
お友だちとご一緒のようですから
愉しい旅になるでしょうね。

ドラマのシーンに出たのですか。
何のドラマだったのでしょう。
[ 2017/12/26 14:01 ] [ 編集 ]
Σ 筑前の国良裕さんへ
九州なら大分県に沈下橋の数が多いと聞きましたよ。
遠賀川にもあるのですか。
全国で幾つくらいの沈下橋があるでしょうかね。
けっこう多いような気がします。
[ 2017/12/26 14:03 ] [ 編集 ]
Σ 蓮の花さんへ
筑前の国良裕さんのコメントでは遠賀川にあるそうですよ。

大分県には沈下橋が多いとのことです
九州なのでお出かけになってください。
[ 2017/12/26 14:06 ] [ 編集 ]
Σ hiroさんへ
hiroさん、こんにちは。
戴いたコメントに書いてくださいました。
“もぐり橋”でしたね。
なんていう橋だったかなと考えましたが
出てこなくてねえ~。
一方通行・・・ロープ・・・まったく覚えていません。
“あゆみ橋”という橋があるのですか。
もぐり橋はどうなったのでしょうか。
おそらく無くなったということでしょうね。
しばらく小田急線に乗っていませんので
状況が判っておりません。
[ 2017/12/26 14:11 ] [ 編集 ]
Σ 大連三世さんへ
車で渡る際にはハンドルにしがみつくかも判りません。
ガチガチに緊張すると思うので遠回りしますよ(^_-)-☆
[ 2017/12/26 14:13 ] [ 編集 ]
Σ マロニエのこみち・・・。さんへ
沈下橋は意外に数が多いようですね。
昔の生活道路(橋)の名残でしょうか。
狭い橋をオートバイで渡るのも怖いですよねえ。
Saas-Feeの風ならハンドルをガチガチに固まって握ることでしょう。
[ 2017/12/26 14:17 ] [ 編集 ]
Σ いかちゃんへ
旨い酒、旨い肴・・・高知は好かった~\(^o^)/
[ 2017/12/26 14:18 ] [ 編集 ]
Σ たんぽぽさんへ
健康診断の結果は如何でしたか。
Saas-Feeの風の健康診断は4-6ヶ月後になります。
応援ありがとうございます。
[ 2017/12/26 14:20 ] [ 編集 ]
Σ massanさんへ
この橋を歩かれましたか。
車が来ると途中に退避場所があるので安心ですね。
でも狭い退避場所なので車は入れないですね。

コンクリート製・・・そうでした。
流されることは無いようです。
[ 2017/12/26 14:23 ] [ 編集 ]
Σ agewisdomさんへ
どうしてでしょうね・・・
新規に架橋すると景観を損ねるから?
[ 2017/12/26 14:25 ] [ 編集 ]
Σ 熊取のおっちゃんへ
↑にも四万十川の沈下橋のコメントがありますよ。
有名な橋なんでしょうね。
[ 2017/12/26 14:27 ] [ 編集 ]
Σ ma_kunさんへ
木津川にもあったのですか。
現在は無いということ?
[ 2017/12/26 14:33 ] [ 編集 ]
Σ たんぽぽさんへ
再度の書きこみをありがとうございます(^^♪
老眼じゃない・・・そりゃあ、そうですよね。

サングラスなど、老眼鏡以外の眼鏡もありますよ~(^_-)-☆
[ 2017/12/26 14:36 ] [ 編集 ]
Σ golfunさんへ
四国には沈下橋が幾つかあるそうですね。
どの藩士を渡っておられたのでしょうね。
四万十川の沈下橋も有名らしくて
↑では数名のかたのコメントに出てきますね。
[ 2017/12/26 14:39 ] [ 編集 ]
おはようございます
今年も今日一日になりましたね、
一年間ありがとうございました
来年もよろしくお願いします

良いお年をお迎えください

。。。♪ ♪ ♪ (^O^) ♪ ♪ ♪。。。
[ 2017/12/31 09:09 ] [ 編集 ]
Σ いかちゃんへ
こちらこそよろしくお願いします。
来年は関西オフ会しましょう~(^^♪
[ 2017/12/31 14:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


スイス “花の村”グリメンツ
(撮影 2008年07月03日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR