花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


年初から中型ミックス犬“モモ”(♀)を室内で介護している。

もともとは庭で生活しているモモだったが

後ろ脚の踏ん張りが利かなくなり次第に歩けなくなったので

年が明けてひと月ほどは玄関に、そしてその後は居間に移った。

現在はそこで寝たきりの生活になっている。


モモは自分で身体を起こせなくなっており

朝食・夕食の際にはSaas-Feeの風たちが頭を支え

皿の食べものをスプーンで口まで運んで食べさせている。

食欲はあって大きく口を開けガブリガブリと食べるから

食事については安心している。


数ヶ月前から自力での排便・排尿が難しくなり

Saas-Feeの風たちふたりはそれらの手助けをしている。

夜中もだいたい1時間から2時間おきに悲鳴をあげて

排便・排尿したいとのサインを出すので夫婦ふたりが起きて世話をする。

そんなことでふたりとも熟睡出来ない日が続いており

日中にふたりが交互に仮眠をとる日がある。

老々介護である。

“モモ”は7月末に17歳になった。


この写真は1歳10ヶ月のモモ

2003-05-12モモ
(撮影 2003年05月12日 フィルム写真をスキャニング)

このころはリードを付けて行動を制限していたが

その後はリードをはずして庭を自由に動き回れるようにした。

そのためかネコの侵入による糞尿害が全く無かった。

両隣りはがいないのでネコの侵入を防ぐ手段に苦慮なさっていた。


モモは夏場は涼しい場所を、冬場は暖かい場所を

家の周囲、東西南北で見つけ、そこに陣取って寛いでいた。


散歩中に見知らぬ人たちから「種は」と

訊ねられることが何度もあった。


おそらく6歳か7歳のモモ (撮影日時不明)

69324.gif


次男が飼っていたが転勤で飼えない環境になったため

一時的に我が家に居候をしていたが

結局、そのまま居候を続け10年が過ぎた。

トイプードルの“マリン” (♀ 現在13歳8ヶ月)

このときは3歳か4歳くらい (撮影日時不明)

69339.gif

何年も前には親しい人から

「この家はモモちゃんとマリンちゃんという潤滑剤で維持されている」

そんなことを云われる始末・・・

まあ、たしかにそうかもしれないな・


モモとマリンがウィンクしてるのだが・・・判る


子どものころのモモと今年2月のモモの写真

“蔵出し写真~~日本酒“相模灘”の樽を覗く“モモ””



ブログランキングに参加しています

応援のクリック↑をお願いします



スポンサーサイト
おはようございます
愛犬の世話で夜も寝られないとは
大変ですね、犬も老老介護の時代になったんですね
近所の柴犬も歩行困難、白髪が沢山出て
抱いて散歩をして時々地面へ食べ物など環境が
よくなり長生きするようになったんですね
[ 2018/09/08 07:41 ] [ 編集 ]
大変な状態ですねえ、頑張っていますね。
人間の方が心配になりますよ。
[ 2018/09/08 08:07 ] [ 編集 ]
おはようございます
ですか、大変ですね、最近動物番組が多くて、可愛らしさに参ってます
我がマンションはペット禁止なので飼えない(~_~;)ウゥ~~~ン
[ 2018/09/08 09:11 ] [ 編集 ]
おはようございます
愛犬のお世話で大変ですね
家族の一員ですからね 夜が大変なのですね
[ 2018/09/08 09:20 ] [ 編集 ]
こんにちは。
昨日は南日永から井田川駅まで歩きました。
久しぶりの歩きももが筋肉痛であります。

愛犬の老後は人間と同じですね。
一部自分の悲鳴をきいているようでもあります。
奥さまもSaasーFeeの風さまもどんなにか大変なことでしょう。
マリンちゃんの方は元気そうですね。
まだまだ暑さが残っていますのでお気を付けてくださいね。
[ 2018/09/08 10:55 ] [ 編集 ]
こんにちは

モモちゃんとマリンちゃんのウィンク、可愛いですね。

我が家も三代目ポメラニアンが老衰から?寝たきりになり
介護生活になりました。

1、2時間おきということはありませんでしたが、
やはり夜中に「おしっこしたいよー」と合図があり、
寝不足気味になった覚えがあります。
当時は仕事をしていましたから仕事中にうつらうつらと(笑)
合図がなくても心配で眠ることが出来ませんでした。
毎朝、その子と目があってほっとしていました。

1か月半ほどで虹の橋を渡ってしまいましたが、
もっともっと長生きしてほしかったなあと今は思います。
でも当時は本当に大変でした。

SaasーFeeの風さまと奥さまで介護されていらっしゃるのですね。
仮眠できる時はゆっくり仮眠して
どうぞお身体お大切になさってくださいね。
[ 2018/09/08 13:13 ] [ 編集 ]
こんにちは♪
ベルさんちのタコちゃんは、ベルさんの入院中に逝ってしまったので、
介護してやれなかったけど、何度か外出許可を貰って看に帰りました。
でも、ギプスのせいでお世話はしてやれず、それが辛かったです。
ワンコの時は、癌を摘出後2ヶ月リビングで介護しました。
もう体力的に自信がなく、新しい家族は迎え入れないと決めました。
Saas-Feeの風さんちの、ワンコ達は幸せですね。
きっと感謝してるでしょう。
[ 2018/09/08 13:13 ] [ 編集 ]
こんにちは~
毎日愛犬の介護で大変ですね。
私も両親が亡くなった時に室内犬を飼おうと
しましたが周囲から止められました。
理由はこれから犬を飼うと私も年を取っていくし
犬も長生きするので世話が難しいからです。
結局は周囲の忠告を聞いてよかったと思います。
骨折して長期の入院になったからです。
[ 2018/09/08 13:54 ] [ 編集 ]
お疲れ様です
夜中1時間置きのお世話本当に・本当にお疲れさまです
犬で17歳ですと人間なら84歳相当です寝たきりも珍しくないです
モモちゃん優しい飼い主さんの所に来て終末を迎えれるのは
とっても幸せな仔です
ウインク解りましたよ~マリンちゃんも可愛いワン

月下美人
美しいです・写真がまた綺麗で見入ってしまいました
[ 2018/09/08 15:23 ] [ 編集 ]
モモちゃん、
こんにちは。

長生きしてますね。
大変でしょうが、いてくれるだけでも、幸せです。

我が家の2わんは、どちらも、10年で、いってしまいました。
それ以来、ニャンコばかりです。

[ 2018/09/08 16:54 ] [ 編集 ]
一冊の本に出会って、私の気持ちが大きく揺さぶられました

http://nonkinako-3.dreamlog.jp/archives/52381320.html

作者は言います
動物の死は言葉を交える事が出来ないだけに、
切なさが胸を打つ。
生きるという事
死ぬという事
人の死も犬の死も同じだった

家族の一員としてのモモちゃんの存在。大きいですね
[ 2018/09/08 17:35 ] [ 編集 ]
こんにちは~。
モモちゃんは、Saas-Feeの風さんご夫婦に介護されて幸せですね。
きっと、ももちゃんもおわかっているのな。
人間でも同じレベルの介護はもう大変ですね。
年は取りたくなものです。
[ 2018/09/08 18:14 ] [ 編集 ]
Saas-Feeの風さん、こんばんは~♪
食べ物のお世話から排便・排尿のお世話まで本当に大変ですね。
寝たきりの生活になっても、食べ物を食べるのは生きる意欲が
あるからでしょうね。
奥様と風さんの愛情に、一生懸命応えているからでしょう。
夜中も1時間から2時間おきに交替でお世話なさっているそうですが、
お二人のお体の方が気がかりになります。
昼間に十分お休みになって、御身をいたわった下さい。
それにしても17歳とは長生きですね。
2018年02月05日のお写真を拝見して、仙人のような風格があると思いました。
モモちゃんとマリンちゃんのウィンク、可愛いですね。

蔵出し写真のブログ、拝見しましたが、“相模灘”というお酒、
同じ神奈川県なのに知りませんでした。
幼い頃の“モモ”ちゃんと今年2月のモモちゃん、ずいぶん毛色や
雰囲気が変わりましたね。クッキーは白い毛が多かったので
これほど変わりませんでした。
2001年当時から、タマスダレは沢山咲いていたのですね。
[ 2018/09/08 21:45 ] [ 編集 ]
大変ですね
大変ですね。でもよくなさいます。モモちゃん幸せ者です。
我が家でも17歳のワンコい飼ってってました。目も耳も怪しくなってましたがまだ庭で頑張ってました。裏の家に入った植木屋さんが掃除にきて裏の門を開けて行ってしまったらしくいなくなりました。ポスターまで作って探しました。いろいろな施設にも問い合わせました。とうとう出てきませんでした。もう20年もたっているのに夢を見ます。最後まで見てやりたかったです。つらい思い出です。
[ 2018/09/08 23:08 ] [ 編集 ]
モモちゃんもマリンちゃんも幸せなワンコです。

昔、ジステンバーであえなく昇天したことを
思い出すと飼えません。
[ 2018/09/09 08:20 ] [ 編集 ]
Σ imaipoさんへ
近所に老齢により両目を失明した犬を散歩させる女性がいましたが
数年前から見かけなくなりました。
他には車いすに乗せて犬を散歩させる男性も・・・。
犬も寿命が延びていますね。
[ 2018/09/10 09:44 ] [ 編集 ]
Σ 三面相さんへ
そうそう、看護するヒトが倒れるとエライことです。
[ 2018/09/10 09:45 ] [ 編集 ]
Σ いかちゃんへ
ペット禁止のところが多いようですね。
それも善しですよ。
[ 2018/09/10 09:47 ] [ 編集 ]
Σ ヒューマンさんへ
多分に昼夜逆転しているような・・・。
[ 2018/09/10 09:48 ] [ 編集 ]
Σ tonaさんへ
南日永駅から井田川駅までどれくらいの距離になるでしょうね。
井田川駅あたりは亀山に行くときにたびたび車で通ったものです。
しかしタフですねえ、東欧五ヶ国の旅から戻られてお疲れでしょうに・・・。

モモには認知症が入ってきているのか、我がままで困ります。
まあ、しかたないですね。
食欲があるから好いのですが、無くなって来たときが心配です。
[ 2018/09/10 09:53 ] [ 編集 ]
Σ ルシアンさんへ
お仕事なさっていた時とは・・・
ご苦労なさったことがよく判りますよ。

どちらかというと日中は比較的おとなしいのですが
夜になると悲鳴をあげることがたびたびとなります。
夫婦ふたりのうち、」ひとりで介護できると
もうひとりは休めますから日替わり(交代)で
介護担当すれば好いのですが寝たきりのモモの場合には
ふたりがかりでの介護が必要なのでそれができません
でもなんとか工夫しながら日中の仮眠をとっていますよ。
ありがとうございます。
[ 2018/09/10 10:01 ] [ 編集 ]
Σ ベルさんへ
ベルさんもお辛い経験をなさっていたのですねえ。
モモの先代の中型ミックス犬のコロは10歳くらいの時に
腫瘍摘出手術を受けて、帰宅した夜に息を引き取りました。
「手術しなければ好かったねえ」と、
当時同居していた亡母が云ってましたが
確かにそうだったかもわかりません。
腫瘍を放置しておいてもしばらくは生きていたと思うのですよ。
いきなりだったのでコロの介護は無くて、
今回のモモが介護初体験になります。
[ 2018/09/10 10:08 ] [ 編集 ]
Σ 蓮の花さんへ
そうですね、現代の犬は食事も好いし医療も発達しているし
寿命が格段に延びていますから
飼い主よりも長生きする可能性が高いです。
Saas-Feeの風の同級生も最近にんって犬を欲しくなりましたが
犬を残してあっちの世界に行くかもと思い断念したと云ってましたよ。
[ 2018/09/10 10:11 ] [ 編集 ]
Σ げんかあちゃんさんへ
農家で生まれて畑を自由に飛び回りながら、自然の中で育ったモモは
生後ひと月半ほどで我が家にきました。
農家ではネコと争って食事していたと農家の奥さまが仰っていました。

自然界の子なので身体が丈夫なんだろうと思っています。
これまで病気をしたことが無かったのですよ。
手のかからなかったモモですが、
ここにきて借りを返してくれています(^^♪
[ 2018/09/10 10:17 ] [ 編集 ]
Σ mcnjさんへ
そうですね、わがやでは潤滑剤です(^^♪
10年とは・・・まだまだ若いですよ~
モモと比べますと・・。
残念でしたね。
[ 2018/09/10 10:26 ] [ 編集 ]
Σ のんきさんへ
犬を飼う・・・ご紹介のブログから素晴らしい作品と感じます。
Saas-Feeの風は幼いころから家で飼っていた犬と友だちでしたが
犬の介護に臨むことが一度もないままモモの介護になっています。
実家では代替わりで犬がいましたが、或る犬は迷子になって行方不明となったり
別の犬はSaas-Feeの風が家を出たので介護の機会が無かったということです。
昔と異なり現代はペットに関する環境がとても好くなっていますので
犬の寿命が延びてヒトと同様の老齢期を迎えることになったのでしょう。
[ 2018/09/10 10:39 ] [ 編集 ]
Σ 筑前の国良裕さんへ
介護できない環境にはSaas-Feeの風たちはいないので
出来る限りのことをしたいと思っています。
腰が痛くなってきたり寝不足が続いたりと
いろいろ大変ですけどね。
[ 2018/09/10 10:42 ] [ 編集 ]
Σ hiroさんへ
hiroさん、こんにちは。
そうなのですよ、モモは真っ黒の部分があったのですが
加齢とともにグレイに変化しましたね。
ところが寝たきりの生活になって、最近判ったことは
おなかの毛が真っ黒に変わってきたことです。
他の毛はグレイなのですが・・・不思議です。

数年前にモモの片耳が倒れ、その2年後くらいにもう一方の耳が倒れました。
そんなことで、2月の写真に耳が見えていませんね。

タマスダレは20年以上前から咲いていてモモの先代のコロは
タマスダレの咲く中に寝そべっていました。
そのため、その昼寝が終わった後には
鼻に黄色い花粉を付けていましたよ。

相模灘の蔵元は大きくないのかも判りません。
Saas-Feeの風も厚木にいるときには知りませんでした。
[ 2018/09/10 10:56 ] [ 編集 ]
Σ agewisdomさんへ
17歳の目と耳が不自由なワンコ・・・
どうしたことでしょうね。
いろいろ手を尽くされても発見できなかったとは。
20年も前ですけどご家族は心残りは続きますね。
でもワンコは虹の橋を渡ってあちらで元気に暮らしながら
皆さんを見守っていますよね。
[ 2018/09/10 11:06 ] [ 編集 ]
Σ matsubaraさんへ
ジステンパーに罹ると対処が難しいと聞いたことがあります。
あまり気にしていませんでしたが、
今度モモをクリニックに連れていったとき
獣医師に確認してみます。
[ 2018/09/10 11:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


スイス “花の村”グリメンツ
(撮影 2008年07月03日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR