花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・



昨12日は、コスモス祭が三連休中に終わった
休耕田のコスモスを見てきた。

朝方は雲が多くて、
「これでは青空バックのコスモスが撮れないな」

そう思って出かけたのだが
現地に着いてみると青空が見え始めていた。

1時間30分ほどの間に撮った
コスモスの写真の中から
青空と雲とを背景にしたコスモス3枚を・・・。


コスモスとは関係が無いが・・・
学生時代のこと、
旅に出るとユースホステルに宿泊したものだ。
そんな夜はペアレントを囲みながらのミーティングで唄ったなあ
この唄を・・・。

霧よ雲よ峰よ 山の峰に眠る池よ
  霧よ雲よ峰よ みどり深き池よ
  浮草は 風にゆられて 霧と陽の 乱舞のひととき
  霧よ雲よ峰よ みどり深き池よ


ここには霧も峰も無いのだけれど
何故か、この唄を思い出した。

DSC01517.jpg
(2010.10.12)

秋らしい空と雲だけど 昨日は暑かった

写真を撮っていると汗が吹き出る。


DSC01495-2.jpg
(2010.10.12)



DSC01501-1.jpg
(2010.10.12)

2週間前の9月29日に
このコスモス畑を見ている(休耕田のコスモスのだが
そのときにはこれほど咲いていなかった。

さすがに地元はコスモス祭の時期を読み違えない。

 

 

スポンサーサイト
言葉も無くて・・
 おはようございます(^u^)
風さん
 ↓のコメントですが、第三のビールはノンアルコールだと思っていました。
恥ずかしいですが、恥ずかしく無いですね。
他にもっと恥ずかしい事はいっぱいありますね。

そして今朝の三枚のコスモス、 言葉も無く見惚れています
タイトルどおり”青空と雲とコスモスと”
何も書かない方が、言わない方が好いと思います。
相応しい言葉が出てこない
唯、感動しています
何度も見つめています

 ”見つめいたり 見つめいたり 何処をと問わるるも 答とうるすべは無く
 ただ 見つめいたり あの頃の 懐かしさよ ”
私もコスモスとは関係有りませんがこの歌を思い出しました。
1時間30分程も居られて撮られた・・・
そしてその中から選ばれた拘りの3枚
流石ですね・・・・・
風さん、是非他のコスモスもご紹介して下さいね
 それから若い時、私もユースホステルでお世話になりました。
 歌は大好きでしたから皆さんと一緒に歌える歌は何でも歌っていました(^^♪
もしかしたら何処かのホステルでご一緒していたかも知れませんね(^。^)y-.。o○
 嬉しいなあ(^-^)
音楽が貼りつけて有りますね
勿論、♪霧よ 雲よ 峰よ♪聴きましたよ
清々しい綺麗な声ですね
そして歌の情景も素晴らしくて
風さんの若かりし頃の一面が見えた気がしました
お訪ねして25分が経ちました。
何度もお訪ねしたい気持です・・・・
 

[ 2010/10/13 06:26 ] [ 編集 ]
コスモス畑
綺麗ですね。
お誘い戴いた日は、孫が着ていましたので、出られませんでした。まだ、当分見ごろが続きそうですね。

霧よ 雲よ 峰よ、懐かしい歌ですね。
すっかり忘れておりました。
[ 2010/10/13 07:49 ] [ 編集 ]
ああ爽やか!
ついにコスモスが満開!、休耕田一杯に広がって、青空に浮ぶ雲とのコラボレーションがいいですね。
これぞコスモス!、これぞ秋空!、ああ爽やか!。
お陰様で、朝から爽快な気分になりました。
前回は外れ。もう一度コスモスを撮りに行ってこなくっちゃ。
[ 2010/10/13 08:17 ] [ 編集 ]
『霧よ雲よ峰よ』を聴きながらコメントしています
懐かしいなぁ~
若い頃は、旅館・ホテル等に泊まるなんて滅多になく安い宿泊施設 ユースホステル 山小屋を利用しこの歌もよく歌いました
最近山の歌うたわないね
楽しい山、つらい山、空を真っ赤に染めたモルゲンロート、可憐なエーデルワイスなどを思い出しながらテントの中で、煙い山小屋で、みんなで輪になって声の限り歌ったものです。
お金はなかったけど若かったのかな?今の豪華なホテルの宿泊より楽しかったですv-341

休耕田のコスモス見頃ですね
此処は何処でしょう
まさか? ヒョットして? あのバナナの花とパイナップルの実がなる、お家の近辺でしょうか
[ 2010/10/13 09:55 ] [ 編集 ]
Saas-Feeの風さん、こんにちは^-^
素敵なコスモスのお写真と、さわやかな三鷹淳さんの
歌声にうっとりとしながらブログを拝見しています。
山村暮鳥の詩に「いちめんのなのはな」という詩が
ありますが、それを思い出し、

いちめんの コスモス
いちめんの コスモス
いちめんの コスモス

と歌いたくなりました。
今日は私の誕生日、最高のプレゼントとなりました。
[ 2010/10/13 11:05 ] [ 編集 ]
秋の気持ち良い空の元に一面に広がる
コスモス畑 とっても綺麗ですね~♪
風にそよそよそ揺れるコスモスの花好きです。
か弱いお花のように見えて、とても強いのですよね♪
私も学生の頃「ユースホステルサークル」に
入っていました。でも旅はしたことが無くて
仲間たちの話を聞いて楽しんでいただけなんですけどね(笑)
[ 2010/10/13 15:04 ] [ 編集 ]
さわやかな歌ですね。
青空の下のコスモスも気持がいい。天下の秋ですね。
でも、なぜか私の頭の中では山口百恵の「コスモス」がリフレインします。
[ 2010/10/13 21:44 ] [ 編集 ]
青春やってますね!
Saas-Feeの風さん、
青春を思い出して口ずさんでいるようですね。
たまには大声出して歌う癖をつけねばいけません。
もう何年カラオケやっていなのだろうか?
[ 2010/10/13 22:38 ] [ 編集 ]
Σ  コスモスさん、お酒を召しあがらないのでしょう?
ご存じなくても不思議ではありませんね。
呑兵衛は新しいブランドが発売されると
すぐに味見と称して呑みますから
よく知っているのですよ。
でも昨今は次々に新製品が発表されるので
何がどうなのかと混乱しています。

それはともかくも“見つめいたり 見つめいたり”の詩については
まったく知識がありません。
今度、調べてみますね。

コスモス畑は満開になっていて、あれこれと撮っていたら
1時間半が過ぎていました。
焦点が合ってない写真が多くて困ります。
そんな中から数枚を明朝にアップするつもりです 
[ 2010/10/13 22:41 ] [ 編集 ]
Σ  mcnjさん、まだまだ見ごろですよ。
ただ一部ではすでに終盤になるつつあるエリアがあり
できるだけ早めに出向かれると好いですね。
場所がお判りにならないときは連絡をください。

ご存知の唄でしたね。
私はいまでも唄えますよ(^^♪
[ 2010/10/13 22:45 ] [ 編集 ]
Σ  massanさん、コスモスの写真を撮りに
どこに行かれたのでしょうか。
あちこちと撮影旅行にお出かけですね。
出るときには「こりゃあダメだ~」
青空を期待していなかったのですが
好い天気になってくれました。
背丈のあるコスモスには青空が似合います。
[ 2010/10/13 22:52 ] [ 編集 ]
Σ  yasuko♪さん、山歩きをなさっていたのですね。
ユースホステルの一夜は愉しいものでした。
見知らぬ人とも友になれましたしね。
その後、前後して旅を続け時々再会したりしてねえ。
現代の若者は一人部屋!
皆と一緒に「唄を歌うなんて
勝手にどうぞ」という気質なのでしょう。

>あのバナナの花とパイナップルの実がなる、
お家の近辺でしょうか<

その通りです。
ご存知ですよね、場所を・・。
ぜひ、早めにお出かけください。
[ 2010/10/13 22:57 ] [ 編集 ]
Σ  hiro さん、お誕生日、おめでとうございます。
これからの花の紹介を楽しみにしています。

山村暮鳥は知っていますが、
ご紹介の詩については
全く知らないのですよ。
あとで調べておきますね。

三鷹淳さんの声はきれいですね。
まねて唄おうとしても(若い頃は出た声も)、
いまではかすれてしまいます。
[ 2010/10/13 23:04 ] [ 編集 ]
Σ angelaさん、2週前の前回は風が強すぎて
なかなかピントが合わなくて困りました。
背丈のあるコスモスなので風が吹くと
倒れそうになるのですよね。
この日の風は静かに吹いていて
撮影には支障がありませんでした。
花弁が風でなびくようなところがきれいです。
ユースホステルサークル、好いですねぇ。
現在はYHの数がかなり減っているようです。
裕福になっているのでしょうね。
ホテルで、シングルで、ディナーで・・
そんな旅をする若者が多いのでしょうかねえ。
[ 2010/10/13 23:12 ] [ 編集 ]
Σ  agewisdomさん、山口百恵さん、或いは
さだまさしさんの“秋桜”を貼り付けても
好かったのですが、敢えてこの唄にしてみました。
私の青春時代に親しんだ唄ということです。
散歩道にもいろいろなコスモスが咲いています。
いつでも撮れると思っているのですが
そう思うと撮りに出かけません。
そのうちに花が終わってしまうので
急がねば。。
[ 2010/10/13 23:17 ] [ 編集 ]
Σ  gettengさん、カラオケ、しばらくやってませんよ。
最後は昨年の福井での同窓会だったので1年になります。
カレッジフォークソングを唄うことが多いですね。
若い連中とカラオケするとしらけられますワ(~_~;)
[ 2010/10/13 23:21 ] [ 編集 ]
ジェネレーションギャップ!
です (^_^;;!私も学生時代、YHを利用すること百数十泊。でも、この歌は一度も歌ったことがありませんし、聴くのも初めてです。私が利用していたころは『旅の終わり』がよく歌われていました。誰が歌っていたかナァ…?
この青空の下のコスモスの写真に似合うBGM、何がいいかナァ?山口百恵さんの『秋桜』はちょっと違う…(ー_ー)ウ~ン…?
[ 2010/10/14 00:00 ] [ 編集 ]
またまた懐かしいYHの話題ですね。
この歌も懐かしいです。
ここで聴けるとは思いませんでした。
YHは今廃れていると青森で聞きました。
あの雰囲気もう過去のものになったのですね。

そういえば
ペアレントになる人ももういないような・・・
[ 2010/10/14 06:13 ] [ 編集 ]
Σ 慕辺未行さん、ミーティングのおしまいに唄ったのは
“ひとひのおわり”だったような記憶があります。
♪ほしかげさやかに しずかにふけぬ・・
『旅の終わり』・・この唄は聴いたことがありません。
YHを利用したのは1964年から数年の学生時代の間だけですので
慕辺未行さんの頃とは時代が違っていますよね。
[ 2010/10/18 09:56 ] [ 編集 ]
Σ matsubaraさん、手許にある1968年版のユースホステル・ハンドブックを見ると
行基寺もYHとして登録されていますよ。
1泊(2食付き)500円、朝食120円、夕食180円の時代です。
YHはバブルのころから廃れているのでしょうか。
質素からゴージャスへと、旅の感覚が変化したこと、
男女別の宿泊、セルフサービス、ミーティング・・
束縛されると感じる若者気質から敬遠されたということでしょうね。
[ 2010/10/18 10:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


マッターホルン
(撮影 2006年07月12日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR