花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


前のページを見た友人から
モズではなくてジョウビタキである」とのメールが入った。

いやあ、お恥ずかしい、この鳥↓をモズと思い込み、
確認をせずに記事にしてしまった(~_~;)

RIMG0044-1.jpg 
(2010.11.03)


庭や散歩道で何度もジョウビタキを見かけているし
写真にも撮っているのだけどなあ。

こちら↓はジョウビタキの雄の成鳥で
頭が白っぽく、顔から喉のあたりは黒い。腹は橙色。

DSC02143-3.jpg 
(2008.02.15)

雌は体全体が淡い茶色なので、
保護した鳥は雌のジョウビタキということになる。


モズ↓も庭にやってくるので何度も見ているし写真にも撮っている。
 
DSC00323-2.jpg 
(2009.01.24)


DSC00388-1.jpg 
(2009.01.29)

モズジョウビタキ、明らかに異なるのだから
名前を間違えるなんてとんでもないことだ。

思い込んでしまうとそれっきり!!

鳥の名前だからほとんど実害は無いのだが、
思い込みで人さまに迷惑をかけたり
詐欺に遭ったりしないようにせねば。


前のページはこちらで→ ジョウビタキを救助す



スポンサーサイト
お詫びと訂正ですね(^^♪
風さん
 こんばんは~(^-^)
今日も夜間のライトアップですね。
オフ会の続きかなあと思っていましたが。
そして内緒ですが、今朝訪問した慕辺未行さんと同じ場所をupかなと・・・
その時は何をコメントするか少しだけ心配していました。
前回は風さんの前夜と慕辺未行の翌朝が同じだったのですよ。
写真も同じで、訪問先を間違えたかなぁ?と思いました
これもまた愉しからずやですね(^-^)
 
モズでは無くてジョウビタキ
確か以前に拝見しましたね。
私は雄の綺麗な色が好きでした。
昨夜の小鳥は「雌」だったのですね。
どうして風さんが親切に看病されたのか
大いに納得です
 本物のモズはこんなに柔らかい優しい色だったのですね。
明らかに違いますね。
モズにもジョウビタキにも謝って下さいね。

そうですよ。
これが人間だったら今頃風さんは・・・
これから「ジョウビタキを救助する」を拝見しますが、
大層なタイトルを付けられたものですね
何となく救急車に乗っているような気持ちです
山中で遭難した方の救助に当たっているような・・
そんな事言っては駄目ですね
人間も小鳥も同じ命
大切にしましょう(^。^)y-.。o○
 
 
[ 2010/11/08 21:13 ] [ 編集 ]
私はどちらもわかっていないから、そうなんだと思っていました。
百舌って速贄ちか作るから、もっと厳しい顔していると思っていましたが、可愛い鳥なんですね。宇都宮の家には来ていたのだと思うのですが観たのはこの食卓の方で、百舌にはであいませんでした。
[ 2010/11/08 21:41 ] [ 編集 ]
ジョウビタキとモズ
この鳥達は、最近、我が家の庭には、来ていません。
カラスが居るせいでしょうか。
もう、30年も前になるでしょうか、ここに越してきて、しばらくは、庭先で、木の枝に
刺された、蜥蜴の死体を良く見かけたのですが。
こんな距離で、自然が違うのですね。
[ 2010/11/08 21:43 ] [ 編集 ]
ことり
私も鳥の名前には全然詳しくなくて。。。
雄と雌では色が全然違うのですね。
どちらも可愛いですね。。
阿弥陀堂でもジョウビタキを見たことがあって
いい色のブロガーさんに名前を教えてもらいました♪
鳥は可愛いですね~(^^♪
冬になると、雀がいっぱい寄って来ます。。。
[ 2010/11/08 22:55 ] [ 編集 ]
Saas-Feeの風さん、こんばんは^-^
モズってこんなに可愛かったのですか。

中学生のころ同級生の男の子から
「モズの巣っこ」と、からかわれて
いたことがあります。
私の髪が、少し天然でモズの巣のように
思えたのでしょうか。
その時から私にはモズのイメージはあまり
良いものではありませんでした。
でも今、こんなに可愛いモズを見ること
ができて幸せです。家で飼って見たいくらいです。
こんなに可愛い鳥のためなら巣っこになっても
よいかなって、思いました。
[ 2010/11/08 23:13 ] [ 編集 ]
残念ながらモズもジョウビタキも私は区別がつきません。
鳥で分かるのは雀、カラス、鳩などどなたでも
ご存知の鳥ばかりです。
ジョウビタキ、綺麗に磨かれた窓ガラスに
気付かず激突したのでしょうか?
眼を閉じた姿は痛々しく、
大丈夫?と覗き込んでしまいそうです。
元気に飛び立って行き良かったですね。
又元気に成った姿で、
ありがとうの言葉を届けに来てくれるかも・・・
モズもジョウビタキも綺麗な鳥ですね。
ヒヨドリはどうもと思っていましたが、
可愛い仕草に見方が変わりました。
[ 2010/11/08 23:16 ] [ 編集 ]
こんばんは (^o^)/!
相変わらず真夜中の訪問です (^_^;;ヘヘッ!
モズではなくジョウビタキでしたか?!私は野鳥の名は”名前だけは知ってる”というものが多いのです。海辺と山野の野鳥のハンドブック、持っていますから (^o^)!
弘法様だって筆の誤りをするのですから、小さい(?)ことは気にしない!で行きましょう。
ふと思い出しました。ずいぶん昔、母が愛犬の散歩中になぜか田んぼにヒヨコがいるのを見つけ、保護しました。育てていたら、その子はヒヨコではなくアヒルの子でした。ある程度大きくなった後、某公園の池(アヒルもたくさんいました)に放しました。
[ 2010/11/09 00:22 ] [ 編集 ]
鳥って成鳥と幼鳥と形が違うことを知り、驚いたことがあります。以前我が家に鷺の幼鳥が迷い込み撮影した時、知りました。
バードウォッチングが趣味の友人に写真を送り教わりました。
彼女は高校の理科の教師でした。

昨日の写真を見て、鳥のまぶたは下側であることを思い出しました。
つむってもあいてもかわいいですね。
私もジョウビタキとモズの区別は出来ません。
[ 2010/11/09 08:01 ] [ 編集 ]
名も知らぬ可愛い野鳥
お早うございます。
ご無沙汰しています。
11/6から岡山にいる孫の七五三の祝いに行ったついでに、旧閑谷学校の紅葉や、朝日夕日を撮ってきました。
留守の間に、モズやジョウビタキや、瀕死や救助やと、一騒動あったんですね。
風さんほどの鳥博士でも間違いが!!。これこそ“猿も木から落ちる”の類でしょうか。
massanも今夏、鳥が窓に衝突して気絶しているところを助けました。後の経過は風さんと同じ。
顔?が灰色、頭頂部が朱色、胴体から尻尾がウグイス色の綺麗な鳥でした。
写真に撮って、お隣の鳥博士に聞きましたが、始めて見たとの事。
因みに、お隣さんは、庭に蜂蜜入りの餌箱を置いて、集まってくる野鳥を眺めておられます。
野鳥は可愛いものですが、カメラで追いかけると、なかなか好いポーズをしてくれませんが。
[ 2010/11/09 08:20 ] [ 編集 ]
Σ コスモスさん、オフ会となるとどうしても同じような写真になりますからね。
写真撮影会になることもあり、そんなときの写真はほとんど同じということになります。
でも見かたや感じかたはひとそれぞれですから、
その違いを読むのもひとつの愉しみ方かもわかりませんね。
ジョウビタキの雄は鮮やかな色姿をしています。
雄がきれいな色をしている鳥は多いですね。
雌を惹きつけようとしているのですよね。
ヒトとは逆かな、この傾向は(^^ゞ
ネオン街では顕著です。
[ 2010/11/09 10:09 ] [ 編集 ]
Σ agewisdomさん、モズのイメージは猛禽類でしたが
実際にモズを知った時には、なんとまあ丸っこくて
おだやかな姿なのだろうかと少し驚きました。
一度、庭の木の枝にカエルが突き刺してありました。
いつ取りに来るかなと観察をしていましたが
結局それは無くなることがありませんでした。
[ 2010/11/09 10:14 ] [ 編集 ]
Σ mcnjさん、カラスはこちらでも多いですよ。
南側は殆どが田圃で、そこに何を求めているのか十数羽のカラスが
チョコマカと動いていることがあります。
我が家は最南端にあるから野鳥が来やすいのかなあ。
一度だけしか見ていませんが木の枝にカエルが刺してありました。
あとで食べに来るなんてことを聞いていましたが
これはいつまでも残っていましたよ。
[ 2010/11/09 10:21 ] [ 編集 ]
Σ angelaさん、雄のほうがきれいな色をしていますね。
雌を呼ぶのでしょう。
オシドリは雄の姿が派手できれいですよね。
一方、雌のほうは地味な色をしています。
そちらではスズメが多いですか。
庭にやってこなくなったのでどこに行ってしまったのかと不思議に思っています。
[ 2010/11/09 10:26 ] [ 編集 ]
Σ hiroさん、おやおや、モズについてそのような思い出をお持ちなのですね。
おそらくその男の子はhiroさんに関心があったのでしょう。
中学の同窓会・クラス会で再会なさることがあるかもわかりませんね。
「モズの巣っこ」で思い出話をなさると好いでしょう。

姿を知るまではモズに猛禽類のイメージがあり、
鋭さを持つ鳥のように思っていましたが、
実際のモズを見てからはそのイメージが変わりました。
穏やかな鳥に見えますね。
[ 2010/11/09 10:35 ] [ 編集 ]
Σ すみれさん、ガラスがきれいだったので気づかずに激突したというよりも・・
おそらくは、ガラスに映ったあたりの景色から無限空間と勘違いしたのではないかなと思っています。
数ヶ月前のブログに体育館の高いところにある窓ガラスに激突したハトのことを書きました。
その場合も今回の事故と同じ原因と思っています。

このジョウビタキがまた庭に来て元気な姿を見せてくれるとうれしいですねえ。
[ 2010/11/09 10:40 ] [ 編集 ]
Σ 慕辺未行さん、鈴鹿に渡り鳥の集まる池があります。
岩田池。
ここ数年は1月から2月に出かけて写真を撮っているのですよ。
今年は行ったのが早すぎたようで、鳥の種類が少なかったですね。
普段は見ることの無い渡り鳥が珍しくてねえ。

アヒルの子とは・・いったいどうして親からはぐれてしまったのでしょうね。
次第にアヒルらしくなってきたときには驚かれましたでしょう。
[ 2010/11/09 10:46 ] [ 編集 ]
Σ matsubaraさん、鷺の幼鳥が庭に舞い込みましたか。
びっくりなさったでしょう。
ゴイサギの幼鳥の写真を見ますと成鳥とは全く異なる色をしています。
鷺類はそういうものなのでしょうかねえ。
気づかれていますね、まぶたのこと、仰るように下から上へと閉じられていますよね。
[ 2010/11/09 10:53 ] [ 編集 ]
Σ massanさん、岡山だったのですか、どこかへご旅行かなとは思っておりました。

>顔?が灰色、頭頂部が朱色、胴体から尻尾がウグイス色の綺麗な鳥<
何だろう??
鳥類図鑑を見ましたが該当するような鳥を見つけられません。

庭の木の枝にミカンを刺しておくとヒヨドリの餌になってしまいます。
ほんとうはメジロに来て欲しいのですけどね。
野鳥が先にミカンを食べているとヒヨドリが来て先客を追い払うのですよ。
[ 2010/11/09 11:02 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/11/09 18:59 ] [ 編集 ]
ジョウビタキが手のひらに乗ってる! ビックリしました。
救助されたんですね。助かってよかったです。
ジョウビタキの雌とモズ、少し似てると思いますよ。
遠めに見て、まちがったことがありますもん…。

わが家の庭にもジョウビタキやモズが来ています。
畑のこぼれ種や虫を狙っていろんな鳥さんもやってきてまぁす。
[ 2010/11/14 00:01 ] [ 編集 ]
Σ ねこおばさん、似ていますよねぇ。
でも、手のひらに乗せたときにモズではないと
気づかなかったのは不覚です(~_~;)
こちらでは緑が少なくなってきていますが、
まだ自然が残っていますので野鳥が庭にやってきます。
きれいな声で鳴く鳥がいるのですが、姿が見えず、
どんな鳥なのだろうかと姿を見られるときを待ち望んでいます。
[ 2010/11/15 09:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


マッターホルン
(撮影 2006年07月12日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR