花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


男の料理教室 11月27日(土)のテーマは

“家庭で本格点心”


メニュー

肉饅頭

大根餅

肉団子の餅米蒸し

大学芋


できあがり


点心
(大学芋は都合により次回教室にて実習と変更になった)


RIMG0483-1_20101130162346.jpg
 


今回は肉饅頭についてなお先生のレシピを紹介する。


ボウルに薄力粉、ドライイースト、砂糖、
サラダ油、ぬるま湯、塩を入れてよく混ぜる。

まとまったら台の上に出してよく捏ねる。
10分以内。

豚饅1 

35℃から40℃ 30分 一次発酵させる。

その間に具を作る。

きのこ、ネギ、生姜はみじん切り
春雨は水を切り、短く切る。

豚挽肉、豆板醤、酒、ゴマ油、片栗粉、卵白身、胡椒、

あればフルーツチャツネ(無ければイチゴジャムなど)


具の材料を合わせて粘りが出るまでよく混ぜる。

豚饅2 

皮の一次発酵が終わったら、
適量を手のひらで延ばす(麺棒を使ってもよい)

それに具を詰めて皮の端をまとめて軽く絞るように留める。

濡れふきんを被せて35℃から40℃ 30分 二次発酵させる。

1.5倍ほどに膨らんだら蒸し器で蒸す。

豚饅3


できあがり

RIMG0529-1.jpg


できたての肉饅頭

アツアツでふーふーと吹きながら味わうとさすがに旨い。

大阪では豚饅と呼ぶが何処でもそう呼ぶのかなあ。

今回の教室ではどこから手を着けていいのかわからないまま・・(^^ゞ


先生から

「肉饅頭の具は・・?」 尋ねられ

「アッ」 

肉饅頭の具を用意していないことに気づき大慌て・・(゜o゜)

いやあ、最初から最後まで混乱していたSaas-Feeの風であったなあ(-_-;)


次回は12月25日(土)

おせち料理



スポンサーサイト
ごめんなさい
風さん
 こんばんは~(^u^)
肉饅頭とは豚まんの事ですか?
勤め始めた頃、毎日のように先輩に連れられて
中華料理店(そんなに上等では無い)で豚まんとラーメンを半分ずつ戴きました。
それ以来、豚まんのファンですが・・・

 これを私が料理するとなれば・・・・
材料と調理順を拝見していたら・・・
段々自信が無くなりました(泣く)
教室の皆さんは作られたのですね?
流石に男の料理教室の方々ですね。
出来上がりは美味しそうですが・・・

例えば清水の舞台から飛び降りたつもりで(大層なようですが)作ったとして、
最低何個作れば美味しく出来ますか?
残った物は冷凍保存できますか?
 私も最初から最後まで混乱して、結局、豚汁にしてしまいそう。
そして、メリケン粉のお団子汁にしてしまうかも知れません。
拝見すれば拝見する程自信が有りませんが
試してみたい気もします。
 
 こんなコメントでなお先生、
折角ご紹介戴いたのに風さん、ごめんなさい(;一_一) 
[ 2010/11/30 21:23 ] [ 編集 ]
大丈夫ですよ~
風さん
どこから手をつけてよいのか・・・と迷ったんですね!
申し訳なかったです!私の指示が不明瞭だったんでしょう
どうも発酵が入る実習の時は、時間に追われ私自身バタバタしてしまって説明がわかりにくいのかも・・
でも粉モノは、本当に皆さん楽しそうに作られるのでつい取り入れてしまうのですよ
捏ねるという動作は粘土遊びのようで童心に返って楽しめるという感じでしょうか・・・!?

今回は3品同時に作るので混乱したかもしれませんが、肉饅頭だけをレシピ通り作ってみると意外に簡単であり失敗も少ないと思います!ぜひ復習のほうもどうぞ♪
大学芋・・・・本当にスイマセン!ここのところ忘れ物が多すぎますね・・・

コスモスさんへ
肉饅頭は、少量作っても美味しくできますよ 初めてなら大量は発酵が間に合わなくなるので少量をオススメします 3個でも、5個でも大丈夫です
出来れば作りたてを味わっていただきたいですが
冷凍保存も可能です(蒸し上がってから冷まして)
冷蔵庫でゆっくり解凍して再び蒸篭か蒸し器で温めなおしすると美味しく食べることが出来ます
具はアレンジが可能ですので、一から作ろうと思うと大層な事に感じてしまうかもしれませんが
具材はあるものでと思うと気軽に作れますよ
たとえばドライカレーの残りがあれば包んでカレー饅にしても、市販の小豆餡などを包んであん饅にしてもいいのです
皮は、パン生地より神経は使わず失敗も少ないので
ぜひ挑戦してみてください
料理の中でも、遊び心の多い料理と思うので!
[ 2010/11/30 23:43 ] [ 編集 ]
なっなっなんかとってもパワフルな肉まんじゅうですね。
これ一個食べたらすっごくお腹がいっぱいになりそう・・
美味しそうですね~あぁ~今日から12月
月陽が過ぎるのが早いですね。
[ 2010/12/01 08:02 ] [ 編集 ]
肉まんは50年も前に習ったのに一度も作っていません。
余りにも手間がかかって・・・
チャツネもあれ以来使っていないとは・・・
恥ずかしい・・・何のために習ったのやら・・・
久しぶりに本格派のレシピ拝見しました。
[ 2010/12/01 08:38 ] [ 編集 ]
ありがとうございます、試してみます
なおちゃん先生
 私の拙いコメントに早速お返事して戴きましてありがとうございます。
先生の説明を拝見させて戴いたら、もやもやが無くなった感じがします。
少量で材料にも拘らなくても可能とのこと。
今日は時間が有りませんので明日試してみます。
結果はここにご報告します。
 レシピも先生のアドバイスもコピーさせて戴きました。
遊び心で試してみます

 来月のおせちも愉しみです。
実は、母が亡くなってから「母の味」が作れなくて、
恥ずかしいですが、作っていません。
今年は是非挑戦?してみます。
[ 2010/12/01 08:47 ] [ 編集 ]
肉饅頭
肉まんの皮が、ふっくらしているのは、
パン生地と同じだったのですね。
シュウマイや餃子の様に、そのまま包むのかと
思っておりました。
美味しい訳ですね。
[ 2010/12/01 09:41 ] [ 編集 ]
美味しそう。ボリュームのある肉まんは男の料理そのものですね。買ったものしか食べたことありませんでしたが作ってみたくなりました。でも発酵時間がかかるので大変ですね。
[ 2010/12/01 09:44 ] [ 編集 ]
愉しそう!
Saas-Feeの風さん、
粘土細工をいじくっている感覚ですかね。
決して決して泥んこ遊びとは言いませんが・・・。
一回試食させていただきたいものです。
[ 2010/12/01 13:18 ] [ 編集 ]
またまた一日遅れです (^_^;;
肉饅頭、この材料を見ると肉まんとは明らかに違う食べ物ですネェ (^_^)!それにしても、美味しそうです (・_・)タベタイ!
昔は餃子を手作りしたこともありましたが、もう最近はやらないです。ましてや、生地を作り発酵させて…、なんてとてもとても…!風さんの料理に対する向上心、頭が下がります。
[ 2010/12/01 23:41 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/12/02 11:37 ] [ 編集 ]
ありがとうございました!(^^)!
なおちゃん先生
 豚饅作りましたよ~。
勿論、私一人ではありません。
マンションのベテラン主婦と小3の女の子の3人です。
女の子はお母さま似でお料理が大好きとの事。
私より手際が良くて・・・・
専ら具の材料を混ぜると、皮を捏ねるを私と一緒に遊びの感覚でお手伝いしてくれました。
 蒸し器は無いので持参して戴きました。
お母さまは以前に作られた事が有るとのことで
心配していたよりもうんとスムーズに出来ました。
材料が揃わなくて豆板醤とジャムは使っていません。
勿論、コピーしていた写真とレシピ、そして先生のアドバイスを参考にさせて戴きました。
5個作って、1人1個ずつです。
おやつに戴きましたが
市販のものより、皮がやわらかくて中の具もジューシーでとても美味しいでした!(^^)!
唯、発酵に時間がかかりますね。
 これからは私一人でも出来るかも知れません?
取り急ぎお礼とお知らせをさせて戴きました。
[ 2010/12/02 15:50 ] [ 編集 ]
Σ コスモスさんへ
Σ コスモスさん、肉饅頭とは豚饅のことと思っていますが間違っているのかも・・・。
「季節には具にタケノコを加えると歯ごたえが出て美味しい」となお先生が仰っていましたしね。
↓のほうで先生に実際に調理をなさったこととの連絡がありますね。
早いですねぇv-237
案ずるより産むが易し・・ですね。
[ 2010/12/09 15:18 ] [ 編集 ]
Σ なお先生へ
Σ なお先生、いやあ、何をしていいのかとちょっとウロウロとしてしまい
メンバーに迷惑をかけたようなv-356
早めに復習せねば・・・。
次回のおせち料理を正月用に作る楽しみもありますしね。
レスが遅れてごめんなさいm(__)m
[ 2010/12/09 15:24 ] [ 編集 ]
Σ angelaさんへ
Σ angelaさん、いえいえ、そんんことはありませんよ。
市販されている肉まんよりは小さかったですから・・。
生地をどれくらいに分割するかで大きさが決まってきますね。
そこはお好みの大きさになるように・・ということでしょうか(^^♪
[ 2010/12/09 15:26 ] [ 編集 ]
Σ matsubaraさんへ
Σ matsubaraさん、いえいえ、そんなに手間はかかっていないと思いましたけどねえ。
ウロウロしていたからかなあ(^^ゞ
チャツネもお使いになっていたのですね。
近いうちに復習をしておきます。
チャツネを買っておかねば・・。
[ 2010/12/09 15:29 ] [ 編集 ]
Σ mcnjさんへ
Σ mcnjさん、そのうちに餃子の皮から作る教室があるとのことです。
教室が始まった頃に餃子を習いましたが、そのときには出来合いの皮を使っていました。
こんどの手づくり餃子皮が楽しみになります。
[ 2010/12/09 15:32 ] [ 編集 ]
Σ agewisdomさんへ
Σ agewisdomさん、そうですねえ、発酵に時間がかかりますが仕方ないですね(^^ゞ
未だ復習をしていませんので感覚がつかめません。
教室ではウロウロしていただけでしたから(~_~;)
[ 2010/12/09 15:35 ] [ 編集 ]
Σ  gettengさんへ
Σ  gettengさん、コネコネは何度か料理経験しておりますよ。
そば打ちもそうですからね。
いつか、そばをご馳走しましょうかねえ(^^♪
[ 2010/12/09 15:39 ] [ 編集 ]
Σ  慕辺未行さんへ
Σ  慕辺未行さん、手づくり餃子もなお先生の教室で教わり
自宅で何度も作っていますよ。
うまいものです・・自賛しております\(^o^)/
[ 2010/12/09 15:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


マッターホルン
(撮影 2006年07月12日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR