花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


大阪府岸和田市の“だんじり会館”には

“だんじり”やその飾りと彫り物、祭のはっぴや提灯などが展示され、

更に、あたかも“だんじり”に乗っているかのように見える3D映像や

“だんじり祭”の光景が見られる大型マルチスクリーンがある。


“岸和田だんじりの博物館”



これは文化・文政年間(200年ほど前)に製作された“だんじり”

1階のイベント広場に展示されている。

DSC01929-1.jpg


“だんじり”に使われている彫り物
3階に展示されている。

DSC01957-2.jpg


このように奥行きの深い彫り物もある。

DSC01958-1.jpg




DSC01959-1.jpg 


大きな動物と格闘している武者たちの写真に偏ってしまったが

他には山伏、騎馬武者、鉄棒を持った鬼、女性などの彫り物がある。


“だんじり”には細かい匠の技の競い合いがあるんだねえ。

(撮影 2011.01.18)


“岸和田だんじり祭”をこちらで






スポンサーサイト
これこそ”匠”の技
風さん
 おはようございます(^^♪
岸和田のだんじり祭りはテレビなどでしか見た事は有りませんでした。
動きが激しくて、男の祭りだとは思っていましたが
動画を見て、「凄いですね」の一言に尽きます。
 200年ほど前に製作された”だんじり”との事ですが、
だんじり祭の歴史の古さと技術に改めて感動しています
これが彫り物なのですね?
上手く表現出来ませんが
これこそタイトルにもなっていますが、”匠”の技そのものだと思いました。
3枚目の写真、本当に奥行きが深くて
信じにくいですが、これも彫り物なのですね。
大きな動物と格闘している武者の彫り物も
リアルで迫力が有ります。
私は”まつり”よりも彫り物に目が奪われました。
 女性の彫り物は1枚も撮られませんでしたか?
おかしいなあ(^_-)-☆
もし、有れば是非ご紹介して戴きたいです(^-^)


[ 2011/01/20 07:02 ] [ 編集 ]
改めてダンジリ見直しました。
お早うございます。こうして改めてみるとだんじり祭りも復活しました。というより以前にもまして盛り上がっているかな。子供の頃毎年身近にあったのですがさらしを巻いて刺青したお兄さんの独壇場でした。
今改めてみると装飾の技すごいです。こんなに立派とは知りませんでした。懐かしさと驚きで拝見しました。v-57
[ 2011/01/20 07:58 ] [ 編集 ]
Saas-Feeの風さん、おはようございます♪
岸和田だんじり祭りはテレビでしか
見たことありませんが、あんな無茶なことが
よくできるものだとヒヤヒヤしながら見ていました。
何を称してだんじりと言うのか知りませんでしたが、
山車のことだったのですね。
京都の祇園祭などで見られる山車は
動く芸術品のようだと思っていましたが、
だんじりも負けていませんね。
華やかさや煌びやかさの点では、一歩ひきますが、
迫力のある木彫りには圧倒されるほどの
力強さがあり、日本の伝統工芸の素晴らしさを
あらためて認識することができました。
展示されているだんじりと、と実際に使われている
だんじりは同じものでしょうか?
[ 2011/01/20 07:59 ] [ 編集 ]
昨年お祭りに行きました
おはようございます。
懐かしいです、だんじりの博物館にも行きました。
素晴らしい組織体制には感心しました。
[ 2011/01/20 08:26 ] [ 編集 ]
男の祭りだ!
岸和田のダンジリ祭りは、一昨年に撮りに行きました。
コーナーを直角に曲がるところでも、ダンジリの屋根の上で団扇を振り回しながら右に左に踊る、あのバランス感覚は素晴らしいですね。
まさに、“男の祭り”と言う表現がぴったりです。
しかし、観光客が多くて、思うように撮れませんでした。
“だんじり会館”は見学したことがありません。
あの大きなダンジリも、細部は見事な彫刻で構成されているんですね。一台数億円とか言いますからね。
もう一度、撮りに行きますよ!。
勇壮な祭りと精細な彫刻を。
[ 2011/01/20 08:37 ] [ 編集 ]
有名な祭り
お早うございます。
大きな有名な祭りですね
実際の祭りは見たことがありませんが
TVなどで見たことがあります
凄い繊細な彫刻を施してますね。
[ 2011/01/20 08:44 ] [ 編集 ]
だんじり
お早うございます、

泉州岸和田だんじり会館の中の映像が今は3D映像で見ることが出来るように成りましたか時代に成りましたね、私は大工町に住んでいました懐かしく見せて頂きました、有難うございます。
[ 2011/01/20 09:20 ] [ 編集 ]
Σ コスモスさんへ
Σ コスモスさん、岸和田のだんじり祭は
江戸時代の中期1703年に始まったと
リーフレットに記してあります。
300年の伝統ある祭なんですねえ。
3枚目の写真、彫り物は五条大橋でした。
弁慶・牛若がいるかなって見ましたが
判りませんでした。
彫り物にあった女性を撮っていますよ。
でもちょっと面白みというのか・・・
ポイントが何なのかがわからないので割愛しました。
[ 2011/01/20 11:21 ] [ 編集 ]
Σ minojiさんへ
Σ minojiさん、以前よりもマスコミに
採りあげられる機会が増えたのでしょうね。
全国的に知られるようになったと思いますよ。
実際にその場で見物したことはありません。
今回、初めてだんじりなるものを間近に見て
木の細工には驚嘆しました。
3Dによる祭の様子の迫力には圧倒されましたね。
[ 2011/01/20 11:26 ] [ 編集 ]
Σ hiroさんへ
Σ hiroさん、展示されているものよりも
実際のだんじりのほうが大きいように見えました。
でも錯覚なのかもわかりません。
よくわかっていないのですよ、ごめんなさい。
マルチスクリーンや3D画面で祭の様子を見て
その迫力には圧倒されました。
確かに怪我人も出るはず・・。
勢いよくカーブを曲がるときなんて
遠心力で人が外に放り出されてもおかしくないですし
だんじり自体が倒れることだってあるでしょう。
[ 2011/01/20 11:31 ] [ 編集 ]
Σ seiboさんへ
Σ seiboさん、そうでしたね、
ブログで拝見していました。
岸和田城も覗かれたことでしょうね。
初めての岸和田でしたが、
古い街並みもあって愉しめました。
[ 2011/01/20 11:34 ] [ 編集 ]
Σ massanさんへ
Σ massanさん、ここも撮影に来ておられたのですか。
前にもお話ししましたが、個展開催なさったら如何でしょう。
またブログでなくてもホームページで公開するとか・・。
だんじり会館ではだんじりの全てが判るようになっていますから一度覗いてみてください。
それから祭の写真を撮ると写真がいっそう活きるような気がします。
[ 2011/01/20 11:39 ] [ 編集 ]
Σ imaipoさんへ
Σ imaipoさん、全国的に知られている祭ですね。
怪我人が出る祭なんてことでも有名になったようです。
画面でしか見ていませんが
実際の祭は迫力があるでしょうね。
[ 2011/01/20 11:41 ] [ 編集 ]
Σ 田舎者さんへ
Σ 田舎者さんへ、岸和田にお住まいだったのですか。
大工町を調べるとだんじり会館から近いですね。
当時からするとだんじり祭は規模が大きくなっているのでしょうかねえ。
[ 2011/01/20 11:45 ] [ 編集 ]
だんじりは迫力が有りますね
岸和田のだんじりは初めて知りました。
「だんじり」を初めて知りました。
迫力が有りますね。
彫り物も素晴らしいですね。
[ 2011/01/20 14:02 ] [ 編集 ]
取扱い注意!
Saas-Feeの風さん
こんな素晴らしい芸術品をぶっつけて壊さないでほしいものです。
日光東照宮の彫り物に似ていませんか?
[ 2011/01/20 16:55 ] [ 編集 ]
彫刻
以前仏像彫刻を習っていた時の先生の先生が岸和田のだんじりの彫り物をしていました。
もうどちらも故人ですが・・・
一度その彫刻を見たいと思いながら怪我人も出るほどの強烈なお祭りと聞いていますので怖くて行けません。
[ 2011/01/20 17:12 ] [ 編集 ]
素晴らしい彫り物ですね。あんなに乱暴に扱って壊れたらもったいないと心配になるほどですね。でもあの勇壮さが有名なんですけれど。
栃木県烏山は和紙で有名ですが、これを使った山車が有名。舞台の仕掛けなどをこの紙で作り、山車の上で歌舞伎十八番などを演じます。此処にも山車の会館がありましたので思いだしました。
[ 2011/01/20 23:07 ] [ 編集 ]
TVニュースでしか見たことがないのですが、”けんか祭り”という印象を受けました。互いの山車と山車がぶつかったり、その勇壮さや激しさ・・・「スゴイなぁ」と思いました。
そんな祭りの様子からは考えにくい(?)のですが (^_^;; 、だんじりの山車の彫刻が、こんなに繊細で芸術的だったとは、驚きました。
[ 2011/01/20 23:30 ] [ 編集 ]
おはようございます

だんじり祭りテレビで拝見しました。
迫力があってテレビの中だけですが
見ているだけでも血が騒ぎました。
立派な彫刻が見事ですね。
今度だんじり祭りをテレビで見る時には
こんな所も気にかけて見せていただこうと思っています。
昔の方の素晴らしい芸術作品に驚嘆しました。
おかげさまでだんじり祭りの様子
楽しませていただきました。
[ 2011/01/21 06:24 ] [ 編集 ]
岸和田のだんじり祭りはテレビでは
何度か見た事が有りますが、凄い迫力に圧倒されて
だんじりにこのような素晴らしい彫り物が
有る事も気付かずにいました。
歴史も古く、素晴らしいお祭なのですね。
彫り物も勇壮なお祭に相応しいもので、素晴らしい匠の技ですね。
お祭は凄い混雑の様ですが、出来る事なら祭りの中で
彫り物を楽しめたら素敵でしょうね。

[ 2011/01/21 14:46 ] [ 編集 ]
Σ Golfunさんへ
Σ Golfunさん、実際に現場で見たことはありませんが
報道ではたびたび採りあげられています。
怪我人が出るほど激しい祭になるのですよね。
だしんjり会館ではわずか数分間の3D映像でしたが、
その迫力にはビックリです。
音が凄いですよ!!
[ 2011/01/21 16:31 ] [ 編集 ]
Σ gettengさんへ
Σ gettengさん、日光東照宮を知らないのです(泣)
日光を見ずして結構と云うなかれ・・なんて云われましたよ。
祭の勢いでだんじりが倒れると
木彫りにダメージがあるでしょうね。
[ 2011/01/21 16:34 ] [ 編集 ]
Σ matsubaraさんへ
Σ matsubaraさん、だんじり会館にはぜひお出かけになってください。
この彫り物は一見の価値ありです。
だんじりの全てが展示されていると思います。
岸和田城がすぐ近くにありますよ。
紀州街道では古い街並みを見ることができます。
[ 2011/01/21 16:40 ] [ 編集 ]
Σ agewisdomさんへ
Σ agewisdomさん、和紙を使った山車ですか。
そういう山車のあること、知りませんでした。
高山にも飛騨古川にも山車会館(名称は違うかも)があって
そこは見学しています。
一昨年のことですが、飛騨古川では岸和田と同様に
3D映像による祭の光景が上映されました。
[ 2011/01/21 16:46 ] [ 編集 ]
Σ 慕辺未行さんへ
Σ 慕辺未行さん、実際に見たことはありませんが
報道で映像を見ているだけでも怪我しない方がおかしいような思いがしますね。
わざわざ急カーブでだんじりを走らせようとするんだから・・。
掛け声も凄いですよ。
だんじり自体、町の威信をかけて製作するのでしょうね。
[ 2011/01/21 16:50 ] [ 編集 ]
Σ koruteさんへ
Σ koruteさん、300年の伝統があるそうですよ。
この祭の迫力には驚嘆します。
3D映像ですから余計にそう感じるのかも・・。
この映像は自分がだんじりの上に乗っているように
感じます。
ですから急カーブでは落っこちそうになりますよ(笑)
けんか祭と云われる中で微細な木彫りがあるなんて知りませんでした。
[ 2011/01/21 16:56 ] [ 編集 ]
Σ すみれさんへ
Σ すみれさん、報道でこのだんじり祭を見ていて
このような精細な木彫りが施してあるとは思ってもいなかったですよ。
いつごろから全国的に知られるようになった祭なのでしょう。
怪我人が出ることにより報道される機会が多かったからでしょうか。
恥ずかしいことですが、そちらに住んでいるころは
知らなかった祭です。
[ 2011/01/21 17:01 ] [ 編集 ]
すばらしい木彫り
こんばんは
200年も前からの行事なのですね!
すばらしい木彫りですね・・・・今は少し簡単にしているのでしょうか?
だんじりの上にたつ人は、清原かと思ってしまいましたよ!!
[ 2011/01/22 00:22 ] [ 編集 ]
Σ 三重の山男さんへ
Σ 三重の山男さん、展示されているだんじりは
200年前のものですが、祭自体の始まりは
1703年(元禄16年)ということでした。
ですから300年以上前になりますね。

阪神間に住んでいながら
当時は岸和田のことを殆ど知らなかったのですが
清原のことから知るようになったのですよ(^^ゞ
[ 2011/01/22 07:30 ] [ 編集 ]
生き生きとして、動きのある彫り物の数々、みとれますねぇ。
こういうのは、ず~っと見ときたいです。

そうそう、根津神社の写真もお待ちしております。
[ 2011/01/29 23:57 ] [ 編集 ]
Σ ねこおばさんへ
Σ ねこおばさん、根津神社の狛犬さんを撮ってきましたよ(^^♪
根津だけでなくてあちこちで・・。
神楽坂の毘沙門天には変わった石像が鎮座していました。
ちょっと怖そうな・・e-443
[ 2011/01/30 16:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


マッターホルン
(撮影 2006年07月12日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR