花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・



昨年の島島サミットでお目にかかったtori-chuさんから

“ヒマラヤの青いケシの花を見に行く”とのコメントを戴いたので

“ヒマラヤに行くのであれば誘って欲しかったなあ”とレスした。

てっきりヒマラヤまで行くのだろうと思ったら

愛媛県の皿ヶ嶺の中腹で咲いている青いケシの花のことだったと判り

早とちりもいいとこだとひとりで笑ってしまった。


愛媛ならヒマラヤよりも近いから

“Saas-Feeの風も行きたいよお~”と同行をお願いしたところ

快く連れて行ってくださるとのこと。

急いでホテルやJRチケットの手配をして

最寄駅集合日の前日に松山に向かった。



松山では出迎えてくださった三面相さんから

道後公園や繁華街の案内をしていただき

noriさんも来て下さって松山の夜を楽しんだ。


このあたりのことについては稿を改めることにして

ここでは割愛する


道後温泉本館の向かいのホテルに宿泊し

翌朝は三面相さんの運転する自動車で伊予鉄道・見奈良駅に向かった。

見奈良駅で待っているとベルさんご夫妻が自動車で来られ

その後、電車でtori-chuさんご夫妻とお友だちの女性三名が到着し

総勢9名が2台の自動車に分乗し現地に向かった。


実は前日に三面相さんがSaas-Feeの風を出迎える前に

先遣隊として青いケシの花の様子を見て来ておられて

“一輪しか咲いてなかった”のだそうだ。


そこでそのことをtori-chuさんに黙っていたほうが好いのか

話したほうが好いのかと二人で迷ったのだけど

夕がたになってからtori-chuさんにその旨を電話した。


tori-chuさんはちょっとびっくりしておられたが

“行きます”とキッパリ仰った。



現地に到着して誰かの第一声

“三輪咲いてるよ~”


・・・ケシメコノプシス属・・・


細かいことを書かずに(もう随分細かいことを書いているよ~)

とにかく青いケシの花の写真だあ~



斜め後ろから


DSC05660r-1.jpg  


上部に見えるのは終わった花



斜め前から


DSC05675r-2.jpg


水滴は風穴からの霧によるもの

きれいな青い色がいっそう映える



葉の様子を含めて


DSC05643r-1.jpg


ここまでが風穴の中に咲いている一輪の青いケシの花

風穴の上で咲いている二輪


DSC05671r-1.jpg


ヒマラヤでは標高数千メートルのところで咲いているのだから

日本で栽培するには難しいことが多いだろうな。

気温の低いこの風穴は如何ほどの標高に換算できるのだろうか。





風穴内にプランターで栽培されている。


DSC04345-1.jpg


中に一輪、上(写真右側 白い掲示のあたり)に二輪


霧が上がってくる


R0011714-1.jpg


掲示には

“岩穴から四季を通じてほぼ一定の霧が吹き出し、

夏になると外気との温度差により神秘的な霧が発生する”と書かれている。




涼しくて、涼しくて・・

下界に戻りたくな~い

tori-chuさんのお友だちが持っておられた温度計では

なんと、なんと15℃なのだ。

下界との差は20℃だあ~


R0011710-1.jpg

三輪の青いケシの花が

咲いていて好かった、好かった

tori-chuさん、三面相さん、ベルさん

皆さんに感謝
<撮影 2011年6月30日(木)>
スポンサーサイト
ヒマラヤのケシ
珍しい花を見せて戴きました。
何とも美しいブルーです。
環境条件が整うと、ヒマラヤ以外でも咲くことが出来るのですね。
[ 2011/07/03 07:41 ] [ 編集 ]
お早うございます♪
来松の時は何のお構いも出来ず、申し訳有りませんでした(^^ゞ
あの涼しさは、病み付きになりそうです(笑)
月半ばまでに、また行ってみますね。

満開の様子をお届けできたらと思います(^^)v
[ 2011/07/03 08:55 ] [ 編集 ]
綺麗ですね
写真を観て、家内もヒマラヤの青いケシの花を見たいと言っております(笑)。
天候を観ながらですが、来週にでも行こうと思います。
[ 2011/07/03 10:25 ] [ 編集 ]
今日は。
この花は初めて見る花です
透明感があって綺麗ですね、なるほど説明で
なかなか見られない花と知りました。
[ 2011/07/03 11:08 ] [ 編集 ]
神秘
人の来ないところでひっそり咲く花らしく、いかにも神秘的な深い青ですね。せっかくそこまでいらっしゃったのですから、本当に三輪咲いていてよかったです。
[ 2011/07/03 11:36 ] [ 編集 ]
このようなアングルがありましたか?
4枚目、このようなアングルがありましたか?さすがですね。小生は見落としました。ウデの差を感じます。
[ 2011/07/03 15:20 ] [ 編集 ]
留守にしている間にこちらに移設されたのですね。
別宅があってよかったです。
まさかの閉鎖でびっくりしています。
私なら悲鳴をあげますね。

ヒマラヤの青い芥子の写真、さすがですね。
私も昔服部緑地で撮りましたがお粗末でした。
撮り方でこんなに違うとは・・・
あの時は冷房をきかせた温室で大切に管理されていました。
[ 2011/07/03 16:17 ] [ 編集 ]
こんにちは~
不思議な風穴に咲くヒマラヤの青いケシの花!!
不思議発見というか、ヒマラヤが再現されているスポットなのですね!!
花は同種なのですか? 気温がうまく保たれているのですねぇ・・・
珍しいものをありがとうございました。
[ 2011/07/03 18:01 ] [ 編集 ]
こんばんは。
ご無沙汰しております。
青いケシの花は、確か大阪花博の会場あとにもあったと思います。
このブルーが印象的ですね。
ブログは、こちらに移行ですね。
[ 2011/07/03 21:37 ] [ 編集 ]
こんばんは
いい色村が廃村になるので別のブログを色々探しています
取り敢えずこのブログには今日登録だけは済ませました
メインを何処にするかはゆっくり考えたいと思っています
[ 2011/07/03 22:21 ] [ 編集 ]
幻の花・・・
なのですよネェ (^o^)!ヒマラヤでさえも、なかなか見られない花なのですヨォ!
昨年、長野・大鹿村の大池高原にある中村農園さんで、この青いケシ見ました。育てている環境が、ずいぶん違うのに驚きました。
風穴がすぐそばにあると、この花が育ちやすい環境になるかもしれませんね。いずれにしても、日本の環境・気象条件でこの花を育てることは、とても難しいそうです。
[ 2011/07/03 22:56 ] [ 編集 ]
この花を撮りにいかれてる間にいい色閉鎖の告知があったのですね。
山口県萩市に日本一小さな火山跡(標高100メートルくらい)の笠山にも風穴がありますが
このような花は見たことがありません。
このサイトも写真が大きくていいですねぇ。
[ 2011/07/04 06:26 ] [ 編集 ]
Saas-Feeの風さん、おはようございます♪
ヒマラヤの青いケシ、見事に撮られましたね。
私は越後湯沢のアルプの里で大分前に見たことが
ありますが、まだ写真に興味がない頃で
写真を一枚も撮らずに帰りました。
この風穴は夏でも涼しく、青いケシの生育環境に
適しているのでしょうね。
素晴らしいお写真を見せていただきました。
[ 2011/07/04 06:50 ] [ 編集 ]
mcnjさんへ
長野県大鹿村にこの青いケシの花を栽培する農園があって
先月23日の中日新聞朝刊第1面にカラー写真入りの記事が出ていました。
隣家から新聞を借りてコピーしておきました。
来年は見に行って来ようかなと思っています。
[ 2011/07/04 08:42 ] [ 編集 ]
ベルさんへ
お世話になりました。
楽しい時間を過ごせて感謝しています。
帰宅しても毎日が暑くて、あの冷気が懐かしいですよ。
満開の花の写真をお待ちしています。
[ 2011/07/04 08:45 ] [ 編集 ]
noriさんへ
短い時間でしたがお話できて好かったです。
またゆっくりとお目にかかりたいと思っています。
こちらにお越しの折には声をかけてくださいね。

皿ヶ嶺までは近いでしょうから
満開の時期にお出かけになってください。
[ 2011/07/04 08:49 ] [ 編集 ]
imaipoさんへ
長野県大鹿村でも栽培されていて
新聞記事によりますと先月22日には満開になっていたそうです。
来年はそこへ見に出かけようかなと思っています。
[ 2011/07/04 08:51 ] [ 編集 ]
agewisdomさんへ
前日に一輪しか咲いていなかったと聞いて
当日にその花が終わっていたらガッカリだなあと思いました。
でも三輪になっていて好かったですよ。
来年は長野県大鹿村の青いケシの花を見に行こうかなと思っています。
[ 2011/07/04 08:54 ] [ 編集 ]
tori-chuさんへ
4枚目は風穴正面から向かって右側奥の囲いに
カメラを固定させて(ぶれないように)2輪が画面に入る構図にして撮りました。
後方の青いケシの花がうまくぼけてくれました。
[ 2011/07/04 08:58 ] [ 編集 ]
matsubaraさんへ
服部緑地で栽培されているのですか。
学生時代にはあそこには何も無かったのですけど
花博の後から拡充されているのでしょうね。
行ったことが無いのですよ。

凸版印刷が運営するブログサイトの倒産はこれで二度目です(>_<)
[ 2011/07/04 09:03 ] [ 編集 ]
三重の山男さんへ
長野県大鹿村にこの青いケシの花を栽培する農園があって
先月23日の中日新聞朝刊第1面にカラー写真入りの記事が出ていました。
この記事んことをご存知無かったですか。
隣家から新聞を借りてコピーしておきました。
来年は見に行って来ようかなと思っています。
三重の山男さんなら簡単に行ってこられることでしょうね。
[ 2011/07/04 09:06 ] [ 編集 ]
さちこさんへ
落ち着かれましたでしょうか。
お疲れになったことと思います。
元気になられたのなら好かったです。
安心いたしました。

やはり花博で展示されていたのですね。
服部緑地でご覧になったのでしょうかねえ。
これからはこちらのブログをメインにします。
よろしくお願いします。
[ 2011/07/04 09:10 ] [ 編集 ]
熊取のおっちゃんへ
どこか好いところが見つかったら教えてください。
ここ数日間にいろいろ探していて判ったのですが
FC2はブログ比較サイトで高評価されています。
[ 2011/07/04 09:13 ] [ 編集 ]
慕辺未行さんへ
ヒマラヤで見ることが難しいのですか。
野生では・・ということでしょうね。
ヒマラヤに少ない青いケシの花が日本で栽培されている・・。
スイスで野生のエーデルワイスがなかなか見られないのと同じことなのでしょうね。
中村農園に自動車で行くにはどれくらい時間がかかるでしょうか。
[ 2011/07/04 09:18 ] [ 編集 ]
やま悠作さんへ
萩の笠山の風穴ですか・・それは知らなかったです。
一昨年に萩に行ったときには1泊しかしなかったので
あまり市内を見られなかった(~_~;)

FC2では写真が大きく出来ますよ。
もちろんテンプレートをそれなりに選択する必要がありますけどね。
[ 2011/07/04 09:22 ] [ 編集 ]
hiroさんへ
越後湯沢でも栽培されていたのですね。
長野県大鹿村の農園で栽培されているとの新聞記事を見ました。
来年はそこへ行ってみようかなと思っています。

霧が立ち込めると花が見えなくなるようです。
青いケシの花が霧の向こうにうすら見えるというような写真が好いなあと思うのですが
撮っているときには思うような霧になってくれないものです。
[ 2011/07/04 09:29 ] [ 編集 ]
自生じゃ無かったのですね
青いケシの花は先月咲くやこの花館で見てきました。
温室の此所だけしか見れないと思っていましたが環境が整えば咲くのですね。
[ 2011/07/04 10:13 ] [ 編集 ]
はやとちりをしました
今日は
ベルさんの「ヒマラヤの青いケシ」を見て偏西風に乗ってきて根付いたのか尋ねました。
栽培していたのですね。
早とちりでした。
四国でのオフ会は楽しかったようですね。
またお会いしたいです。
[ 2011/07/04 11:34 ] [ 編集 ]
おはようございます。
青いケシも良いし、追いかける皆さんの和気藹々の雰囲気も素敵ですよ。
[ 2011/07/05 09:37 ] [ 編集 ]
ma_kunさんへ
“咲くやこの花館”は鶴見緑地、花博の跡地でしたね。
行きたかったけど行けなかった花博でした。
[ 2011/07/05 15:41 ] [ 編集 ]
Golfunさんへ
そうだったのですか。
偏西風に乗ったタネがやってくるとは気づきませんでした(笑)
松山では連日三面相さんにお世話になりました。
noriさんとベルさんに初めてお目にかかれました。
[ 2011/07/05 15:45 ] [ 編集 ]
筑前の国良裕さんへ
咲いていて好かったですよ。
咲いていなかったらどうしようと思いましたが
その場合でも皆さんにお会いできたから
それはそれで好かったいうことですよねえ。
[ 2011/07/05 15:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


マッターホルン
(撮影 2006年07月12日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR