花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


の<草津市立水生植物公園みずの森 1/2>から続く



“花影の池”に浮かぶ“パラグアイオニバス”
人が乗っかっても沈まない

DSC04543-1.jpg

手前に“ガガブタ”と呼ばれる小さな白い花が咲いている。


DSC05846-1.jpg 



見慣れないトンボがおっとりとした様子で飛んでいたが
そのうちに水生植物の葉にとまった。

DSC05844-1.jpg

昆虫図鑑で調べると“チョウトンボ”だった。
チョウには似ていないが飛び方がチョウのようだということらしい。


“花影の池”に咲く“スイレン”(睡蓮)たちを撮った写真から・・・

DSC05838-1.jpg




DSC05839-1.jpg




DSC05840-1.jpg




DSC05842-1.jpg




DSC05853r-1.jpg


この植物公園には、
“秋の七草園” “丘の上の花園” “ハスの見える丘”(花群生の見える丘)
そして水生植物のテーマ館である“ロータス館”には
アトリウム(温室)、アクアリウム、映像ホール、園芸・緑化相談コーナーがある。

草津市立水生植物公園の入園料 おとな300円)


<歩いた日 2011年8月2日(火)>
スポンサーサイト



来年は絶対に・・・
風さん
 おはようございます(^・^)
1/2と2/2を拝見しました。
ため息をつきながら・・・・
素晴らしいですね
風景は勿論ですが
やっぱりお写真の素晴らしさに、参った参ったデスわ。

花影の池(だけでは有りませんが、当時は無かった)本当にまるでフランスの絵画ですね。
こんなに広く綺麗に撮られて
いきなり吃驚しています。
確かに水面に映った影だけでも絵になりますね。
其々の配置も計算されて造形の美とも思えますが。

スイレンの池も広くて・・・
私は近江富士の姿が好きです。
とても身近に感じられて親しみを持っています。
背景に近江富士の絵や写真は大好きヽ(^。^)ノ

”湿性花園”木道大好き、私はハナショウブの季節に行くことに、今、決めました。
 
オオオニバスとパラグアイオニバスとは違うのでしょうか?
植物園の観覧温室の池にも浮かんで?いますが
白い可愛い蕾が見られます
花は深夜から早朝に咲くそうで開いたのは見たことが有りません。

ガガブタは同じく観覧温室に咲いていますが
ピンボケでした(ー_ー)!!

ブルーの綺麗なトンボですね
流石に風さん、クッキリ見事に写されましたね。
「小さな被写体は風さんに任せておこう」
これは私のキャッチフレーズ?です!(^^)!

スイレンは特に水面に映った影が綺麗ですが
中々・・・
でも流石、可愛く綺麗に撮られていますね
特に最後の睡蓮、青空に舞っている?青空を飛んでいる
綺麗(*^。^*)
 
決心しました。
やっぱり来年は植物公園に絶対に行くぞ~~~~~(#^.^#)

 朝は特にイマイチの目と頭でお伺いしますが
今、はっきり目覚めましたヽ(^。^)ノ  


[ 2011/08/08 06:15 ] [ 編集 ]
水生植物公園
本当に、モネの絵を見ている様ですね。
この辺は、琵琶湖湖畔の、水郷地帯なのですね。
植物も、小動物も沢山生息しているのでしょう。
[ 2011/08/08 07:52 ] [ 編集 ]
お早うございます。
2/12/2と堪能させていただきました
いいところですね、睡蓮を見ていて涼しさをもらいました
オニバスの葉、ガガブタ名前が?花はおもしろいですね
私も毎年こちらの公園で楽しんでます。
[ 2011/08/08 08:06 ] [ 編集 ]
二つの美しいページを拝見しました。
近江富士はいつもJRの窓から見えて親しみを覚えます。
前景がすばらしいと引き立ちますね。
ここはよく他の人の記事でも見ますので行きたいと思いながらまだです。
睡蓮の花が水面に写りきれいです。
これも角度とか条件がいりますね。
[ 2011/08/08 09:42 ] [ 編集 ]
お早うございます♪
このオニバスの葉の上に、私も乗れますでしょうか?
ちょっとヤバイでしょうか(* ̄m ̄)プッ

高知まで行けば、モネ公認の庭園が有るのですが、
隣県でありながら、意外と松山からは遠いのです(^^ゞ
一度行ってみたいと思ってますが、今の時期はよさこいで
混雑してるのと、宿が取り難いので敬遠しています。
[ 2011/08/08 10:00 ] [ 編集 ]
お早う御座います~♪
草津の水性植物園には一度行った記憶があります。
流石にカメラアングルがいいですね。見とれています。
近江富士の三上山は先月行く予定にしてましたが、昼間特割キップを使おうとすれば日曜日しかありませんし行きそびれています。
[ 2011/08/08 10:55 ] [ 編集 ]
本当に印象派の点描で色彩を重ねていったような最初の光景ですね。
オニ蓮の上乗ってみたいですね。お椀の舟に箸の櫂じゃないけれど、物語の主人公になれそうですね。色々な所へいらっしゃれていいですね。悠々自適って風さんのことなんですね。
[ 2011/08/08 12:59 ] [ 編集 ]
今日も暑いですね
こんにちは~
2/1と2/2の両方を見させて頂きました。
どれもこれも素晴らしくて堪能しています。
睡蓮にもいろんな色が咲く事を初めて知り
ました。
[ 2011/08/08 13:46 ] [ 編集 ]
睡蓮づくしですね
こんにちは~
これはまた一段と美しい光景にうっとりです
仰るようにフランスの絵画の世界から抜け出したようですよ
私も同じ場所を散策してみたいなと思いました
あ~こちらにもないかな~
[ 2011/08/08 15:39 ] [ 編集 ]
モネの絵を彷彿とさせるような世界ですね。
特に1/2の最初の写真、絵葉書の世界ですヨ!
睡蓮も、赤だけでなくピンクや黄色、どれも綺麗に咲いていますね。草津市にこのようなところがあったとは、知らなかった・・・!
彦根から国道307号沿線に、隠れた納涼スポットもありますし、訪れてみたくなりました。
[ 2011/08/08 23:32 ] [ 編集 ]
草津市立水生植物公園みずの森は数年前に一度だけ
バスツアーで出かけた事が有ります。
琵琶湖畔の蓮の群生の素晴らしさに感動したものです。
素晴らしいお写真ですね。
花影の池、絵画の世界ですね。
素晴らしいお写真は構図の捉え方も大切なのでしょうね。
水面に映る蓮はお花を一層惹きたてているようです。
パラグアイオニバス、乗れるものなら乗ってみたいですね。
素晴らしいお写真に魅せられてしまいました。
又出かけて見たいです。
[ 2011/08/08 23:52 ] [ 編集 ]
すばらしいですね
こんばんは
いや~
すばらしい写真に見入ってます。
仮に同じ場所でこぶっちょが撮っても
とてもとてもこうはいきませんです。
この公園は初めてですがモネの絵と重なりますね。
良い公園を教えていただきました。
パラグアイオニバスはまた見事です。
[ 2011/08/09 00:27 ] [ 編集 ]
Saas-Feeの風さん、こんにちは~♪
素晴らしい写真の数々、うっとりとしながら
拝見しました。

絵画のような花影の池。
フラワーバスケットのお花は猛暑の中でも
平然と咲き、気持ちよさそうですね。
大きなパラグアイオニバス、本当に人が乗れそうですね。
間にいくつか見える白いのが花でしょうか?
色とりどりの水連もとても美しいです。
特に水面に映った水連は美しさがいっそう際立ちますね。

近かったらぜひ訪ねてみたい公園です。

[ 2011/08/09 12:10 ] [ 編集 ]
蓮花群生 みずの森に主人も8月2日に行ったそうです
なんか話してたけど真剣に聞いてなく、Saas-Feeの風さんのこの記事を読んでいて、「ねぇ~あなた 今度此処へ行きましょう 凄く綺麗~ 写真も上手だよね~」って高校野球みてる主人に話しかけたら、「俺 此処へ行ったぞ お前さんに話したやろ~」だって....
へへへ(^^ゞ すいまへん 覚えてませんw~
主人が、負けずと写真を持って来てみせてくれました。大きな声では言えませんが、Saas-Feeの風さんの方がずっとよか
[ 2011/08/10 08:30 ] [ 編集 ]
コスモスさんへ
3年前にも烏丸半島に来ていますが
そのときには、この植物園内には入らなかったので
今回はどんなところなのかなあと入ってみました。
かなり手入れをされた植物園ですね。
ちょっと時間が足りなくて、駆け足で園内の一部だけを廻りました。
見なかったところが多かったのですが、
それは次回のお楽しみということで退園しました。

>オオオニバスとパラグアイオニバス<
よくは知りませんが南米は広いですから
オオオニバスはパラグアイ以外のところにもあるような気がします。
でも確信はありませんので
信頼度は殆どゼロですよ。
近江富士はここから見ると少し形に偏りがありますね。
近くの道路から見たときのほうがきれいな形をしています。
ガガブタは“鏡と蓋”が名の由来だそうですね。
そばの掲示に書いてありました。

睡蓮の写真はもう少しあるのですが、
これで打ち止めにしようかなと思っています。
[ 2011/08/10 21:27 ] [ 編集 ]
mcnjさんへ
このあたりの湖岸道路には
“さざなみ街道”という名が付いていて
歩道(遊歩道もあり)を進むと
琵琶湖と比叡や比良などの山々が
きれいに見えます。
この日は曇っていたのであまり山が見えませんでしたが
晴れていると美しい情景ですよ。
[ 2011/08/10 21:31 ] [ 編集 ]
imaipoさんへ
“ガガブタ”の“ガガ”は“鏡”で“ブタ”は“蓋”だそうですね。
なるほどねえ、うまく形から名付けたものと思いました。
[ 2011/08/10 21:33 ] [ 編集 ]
matsubaraさんへ
3年前にも烏丸半島に来ていました。
そのときは花蓮の群生を見ただけで
水生植物公園内には入っていなかったのです。
どんなところななのかと興味を持っていましたので
今回は時間が無かったのですが少しだけ見学しました。
なかなかユニークな植物園ですね。
近江富士は新幹線車窓からや自動車で通るときに見る形のほうがきれいな山のように思います。
ここから見るとちょっと形が偏っているような気がします。
[ 2011/08/10 21:39 ] [ 編集 ]
ベルさんへ
見学者がオニバスを手で押さえているところを見かけましたが
少々のことでは撓みませんよ。
かなりの浮力が働いているようです。
乗っかってみますか(^^♪

モネ公認の庭園・・聞いたことがあります。
これまで松山と高知は近いように思っていましたのですよ。
先日の四国訪問で改めて四国四県の位置関係を
認識しました。
[ 2011/08/10 21:46 ] [ 編集 ]
ma_kunさんへ
この日の帰途、近江富士のそばの道路を走りました。
近くで見るとけっこう高い山ですね。
小谷城址のある山に比べると、どちらが高いでしょうか。
岐阜の金華山(岐阜城のある)を登ったときはきつかったなあ。
[ 2011/08/10 21:50 ] [ 編集 ]
agewisdomさんへ
お椀には一寸法師ですがオニバスは西洋風なので眠り姫が似合いますかねぇ。
最近は体調不良でなかなか遠方に出かけられません。
猛暑の連続ですしね。
でも最大の原因は懐具合ですね(^^ゞ
[ 2011/08/10 21:54 ] [ 編集 ]
蓮の花2さんへ
この植物公園内にはいろいろな睡蓮が咲いていましたよ。
他では見られないような花もあったのかもわかりませんが
全部を見る時間が無くて残念でした。
今度はここだけをゆっくりと見るために出かけてみたいなと思っています。
[ 2011/08/10 21:57 ] [ 編集 ]
kanarin♪さんへ
花影の池だけじゃなく丘の上の公園まで行ってみる余裕が無くて残念でした。
丘の上の公園だったらイングリッシュガーデン風なのかもわかりません。
それに琵琶湖と比良山系を遠望できたかも・・ですね。
この植物公園では四季を通して様ざまな水生植物などが見られるようです。
[ 2011/08/10 22:04 ] [ 編集 ]
慕辺未行さんへ
以前は国道1号から国道307号へと走ったことが
たびたびありました。
あの経路には何がありましたっけか。
永源寺にも行きましたが現在は道路が整備された別の国道を走れば近いですね。
近々永源寺に行ってもようかなと思っています。
[ 2011/08/10 22:10 ] [ 編集 ]
すみれさんへ
蓮花の群生は3年前の7月30日に見ているのですが
この水生植物公園には入っていませんでした。
今回もあまり時間が無い中で少しだけ園内を歩いてみました。
なかなかユニークな植物が多くて興味深いところがありますね。
全部で700種類の植物が栽培されているとか。
ゆっくりと時間をとって廻りたい植物園ですよね。
[ 2011/08/10 22:15 ] [ 編集 ]
こぶっちょさんへ
いえいえ、とんでもないことです。
アングルさえ決めれば撮れますよ。
別に何を工夫しているわけでもありませんから。
そちらからでもあまり時間はかからずに
ここに到着できるのではありませんか。
栗東インターチェンジから30分くらいかなあ。
[ 2011/08/10 22:19 ] [ 編集 ]
hiroさんへ
オニバスの花には気づきませんでした(^^ゞ
写真では遠くのオニバスに花のような白いものが見えていますよね。
あれがオニバスの花なのかなあ・・。
このオニバスにはかなりの浮力が働いているようです。
人が手のひらで押さえている様子を見ていましたが
なかなか葉が撓まないようでしたよ。

こんなにきれいな公園になっているとは予想外でした。
3年前にも来ていたのですが蓮花の群生を見ているだけで時間が経ってしまい
ここには入園していませんでした。
興味があったのと今回は少しだけですが時間があったので入ってみました。
700種類ほどの植物が栽培されているそうです。
四季を通していろいろな植物が見られますよ。
[ 2011/08/10 22:27 ] [ 編集 ]
yasuko♪さんへ
お帰りなさい。
楽しかったでしょうね。
お留守の間にご主人がここにお出かけになっていて
それもSaas-Feeの風が訪ねた日と同じ日だったのですね。
もしかしたら、現地ですれ違うか、
お互いに相前後しながら写真を撮っていたのかもわかりませんね。
いやあ、驚きましたよ。
[ 2011/08/10 22:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


スイス “花の村”グリメンツ
(撮影 2008年07月03日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR