花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


窓を開けると未明まで降っていた雨があがっていた。

「そうだ、しばらく庭の花を撮っていなかったな」とカメラを持って庭に出た。

ちょうど白いテッポウユリが咲き始めたところだ。

それにナツズイセン(リコリス)もハマユウも咲いている。


バシャバシャとそんな花を撮っていると頭上からアゲハが舞い降りてきた。

しかし目のすぐ前を舞う様子が普段とは違っている。
舞うという表現は正しくなくて
なんだかドタバタとしているようでぎこちないのだ。

地面近く、ゼフィランサスに倒れこむようにとまったところで
重なるふたつのアゲハであることが判った。

そうかあ~、そうだったのかい。

・・・で、近寄ってその様子を写真に撮り始めていた。


突然、Saas-Feeの風の背後からセミの鳴き声と翅の音が連続して聞こえた。

DSC06064r-1.jpg 


セミはちょうどアゲハのあたりまで飛んできて
腹を上に向けて翅をバタバタさせながら地面の上でのた打ち回っている。

アゲハと一緒の画面に収めようとしたが
アゲハとセミとの間隔が広がり始めてしまい断念。

そんなことで、慌てるアゲハの様子だけの写真になった。

DSC06066r-1.jpg 

下向きになっていたアゲハが上を向いてしまっている。


セミはようやく起き上がっていた。

おそらく、庭のどこかで脱皮して間もないセミなのだろう。

すぐに飛ばずにじっとしている。

クマゼミかな。

DSC06067r-1.jpg 


セミのジャマが無くなって落ち着いたアゲハ

ったく~、オジャマムシなんだからあ~

DSC06074r-1.jpg 


最初の1枚はアゲハに近づく暇なく
離れた位置から撮っている。

このようなところに舞い降りた。

DSC06056r-1.jpg 

絡みながら宙を舞うふたつのアゲハを見ることはあるが
こんな状態になっているところを間近に見ることは滅多に無い。

今回はカメラを持っているところへ
「撮ってちょうだい」とばかりに舞い降りてきたので
なかなか撮れないスクープ写真になった。

<2011年8月22日(月)>


スポンサーサイト
おはようございます。
素晴らしいゴージャスな衣装ですね(^O^)♪ ♪ ♪
さすが風さん、向こうから撮ってくれ!とは。。。腕がいいと寄ってくるんですね(^O^)♪ ♪ ♪

いかちゃんには見向きもしてくれない(/。\)ヽヽヽ
[ 2011/08/23 05:19 ] [ 編集 ]
幸せな蝶々さん
風さん
 おはようございます(^・^)
綺麗な羽模様(こんな言葉は有るのかなあ(';'))ですね。
最近は蝶々も見かける事が少なくなりました。 
やはり自然環境の変化でしょうか?
鳥や蝶たちが遊びに来る風さんのお庭が羨ましい。
お花がいっぱいで居心地が好いのでしょうね(#^.^#)
[ 2011/08/23 06:04 ] [ 編集 ]
羨ましい!
Saas-Feeの風さん、
広大な庭を持っていると、わざわざ他所に行かなくても種々ファ-ブル先生できてよろしいですね。
ところで、その後腰痛他の調子はいかがですか?
[ 2011/08/23 08:00 ] [ 編集 ]
お早うございます。
面白い写真ですね
アゲハチョウ生き生きとして
次の世代へのバトンタッチが(笑)
[ 2011/08/23 08:10 ] [ 編集 ]
コメント
お早うございます、

涼しい朝に成りましたね、偶然に素晴らしい蝶々の写真が撮れましたね、見せて頂き有難うございます。
[ 2011/08/23 09:27 ] [ 編集 ]
お早うございます♪
綺麗な姿の蝶ですね(*^^*)
今の時期は、羽が欠けている物が多いのに(^^ゞ
蝶の恋路を邪魔したセミは、飛んで行きましたか?
この雨の中(此方雨です)でも、セミが鳴いてます。
チトうるさい(^m^ )プッ
[ 2011/08/23 10:04 ] [ 編集 ]
フライデーしないでよ
アゲハさん撮ってほしかったのかなあ。これはちょっとフライデー。でも、パパラッチしてたわけじゃなくて、タイミングの問題だから許してくれますよね。人騒がせな蝉さんは知らん顔。
[ 2011/08/23 10:59 ] [ 編集 ]
一生に一度か二度しか見られない場面を
よくキャッチされました。
千載一遇ですね。
[ 2011/08/23 12:54 ] [ 編集 ]
きれいな蝶ですね
2羽の蝶が飛び交っている
姿はきれいですね。
今年はセミの姿も泣き声も
聞いていません。
天候のせいでしょうか?
[ 2011/08/23 13:29 ] [ 編集 ]
今日は
我が家の庭に2匹のアゲハがひらひら飛び回っていました。
大急ぎでカメラを持ってきましたがからかうように飛び回り逃げていきました。
残念でした。
[ 2011/08/23 16:22 ] [ 編集 ]
こんにちは 
いいタイミングでしたね
わが家にも今年は多くのアゲハがやっては来るのですが
カメラを持って出ても とても撮らせてはもらえまでん (^^;;
矢張り彼らは人を選ぶのでしょうか??
どれも綺麗に撮れてて良いですね
腕の違いでしょうかねぇ
折角のところうにセミが邪魔するかと思いましたが
そうでねくてよかったですね (^^
[ 2011/08/23 16:57 ] [ 編集 ]
お邪魔虫はどこにでもいるもんですね
折角、アゲハチョウが恋を楽しんでいる時に、お邪魔虫ですか。人間の世界に限らず、どこにでもいるもんですね。
トンボが、交尾状態で飛んでいるのはよく見かけますが、蝶のは珍しいですね。
写真を見ていると、体位の変化がころころ・・・こんなのはじめて見ました。
蝉も地上に出てからの寿命が約1週間余りとか。
どの昆虫も生存競争が激しく、哀れなもんですね。
[ 2011/08/23 19:18 ] [ 編集 ]
Saas-Feeの風さん、こんばんは~♪
よく撮られましたね。
私も何年か前、風さんと同じようなアゲハ蝶のシーン
を撮ったことがあります。暑いさなか、最後まで
見ていました。今年も我が家の庭で5匹ぐらいの
アゲハ蝶が恋のデットヒートを繰り広げていましたが、
一組も成立せず、どこかに飛んで行ってしまいました。

クマゼミは日本で一番大きな蝉だそうですね。
何年か前、温暖化現象で生息地域が北上している
69688事は知りましたが、私はまだ見たことがありません。
林の中をよく探したらいるかもしれませんね。
[ 2011/08/23 20:23 ] [ 編集 ]
こんばんは
すごく貴重なお写真!優雅で綺麗ですね~
気の利かないセミには慌てても、
Saas-Feeの風さんには撮られるがまま・・・
きっと温かく見守っていらっしゃる雰囲気が伝わったのですね
自然がいっぱいのお庭でうらやましいです
[ 2011/08/23 21:06 ] [ 編集 ]
カメラもお邪魔虫?
珍しい光景ですね。
蝶もびっくりでしょう。 写真まで撮られるとは。
でも頑張るぞっ・・離れないぞ・・・って言ってるかも。
[ 2011/08/23 21:41 ] [ 編集 ]
蝶々やアゲハが2羽くっついてヒラヒラ飛んでいるシーン、数回見たことがあります。しかし、花や草の上に止まっていたりは、ないですネェ!
せっかくラブラブでいるところを無粋な蝉は、お邪魔虫!これも自然界ならでは!ですね。
[ 2011/08/23 22:46 ] [ 編集 ]
こんばんは
アゲハ蝶が舞い降りてきたのですね~
素晴らしい写真に魅入っています

私は今年は花を撮りに行く回数がすごく少ないせいか蝶に出会えないでいます

きょうここで美しい蝶を見せて頂きありがとうございます\(^o^)/
[ 2011/08/23 23:08 ] [ 編集 ]
アゲハの恋
絶好のチャンスをものにしましたね。
邪魔ものがいなくなって、アゲハも、安心したことでしょう。
もう一人のおじゃまむしを除いて。
[ 2011/08/24 07:28 ] [ 編集 ]
いかちゃんへ
いかちゃんには山で様ざまな花や昆虫たちが
近づいてくれるではありませんか。
そちらのほうが羨ましいなと思っていますよ。
[ 2011/08/25 21:35 ] [ 編集 ]
コスモスさんへ
アゲハは毎日のようにやってきますよ。
最近は翅の損傷のあるチョウが増えてきています。
そろそろチョウも終盤に近づいているのかもわかりません。
子孫を残すという最大の務めをしているのですね。
庭では初めて見る光景になります。
[ 2011/08/25 21:39 ] [ 編集 ]
gettengさんへ
ファーブルですか、懐かしい名前が出てきましたねえ。
子どもの頃に読みましたがそれ以来、読んだことは
一度も無しです。
腰痛がなかなか治りません。
今回は重症ですが歩き始めると痛みが減ります。
これは慢性化しているということで
好くない症状だそうです。
[ 2011/08/25 21:43 ] [ 編集 ]
imaipoさんへ
種の保存ですね。
本能ですからねえ。
近くではなかなか見る機会がありませんでした。
[ 2011/08/25 21:45 ] [ 編集 ]
田舎者さんへ
なかなか見る機会がありませんでした。
大きく撮れました。
[ 2011/08/25 21:46 ] [ 編集 ]
ベルさんへ
確かに最近になって庭にやってくるチョウには
翅に欠損のあるものが多いですね。
そろそろチョウは終盤ということでしょうか。
ばたついていたセミはじっと地面に落ち着いたままでした。
チョウがじっとしたままなので、こちらが痺れを切らして
その場を離れたのでその後のセミとチョウの動向が
まったく判っていません。
もっと観察しておけばよかったかなあ。
[ 2011/08/25 21:50 ] [ 編集 ]
agewisdomさんへ
フライデイですか・・ハハハ、思いつきませんでした。
パパラッチはダイアナさんの時に知った単語でした。
日本ではあまり使わないようですね。
[ 2011/08/25 21:53 ] [ 編集 ]
matsubara
この間はセミの脱皮に出あいましたしね。
二度もこういう珍しい光景を見られるなんて
ちょっと驚いています。
あやかって、もっと好いことがあるのですかねえ。
[ 2011/08/25 21:55 ] [ 編集 ]
蓮の花2さんへ
今年はセミが少ないのではないかという報道があたちょうに思います。
確かにちょっと遅いなき始め時期だったかなあ。
でも当地では結構鳴いていましたよ。
[ 2011/08/25 21:58 ] [ 編集 ]
Golfunさんへ
庭にチョウやトンボ、野鳥がやってくると
大急ぎでカメラを持ち出しますが
用意している間にいなくなりますよ。
いつもカメラをそばに持っておれば好いのですけどね。
なかなかそうは参りませんからねえ。
[ 2011/08/25 22:01 ] [ 編集 ]
あま・コスモスさんへ
庭に来たところを見て慌ててカメラを持ち出しますが
そのときには既にどこかに飛んで行っていますよ、
なかなかカメラで捉えることができません。
例え、いたとしても上手く撮れない場合が多いですね。
飛んでいますからねぇ。
「じっとしていてよ」って頼んでもダメですワ(^^ゞ
[ 2011/08/25 22:04 ] [ 編集 ]
massanさんへ
確かにトンボの場合には子どもの頃からたびたび見ていますが
チョウついてはあまり見ることがありませんね。
絡み合いながら空中を飛んでいるところは見ることが多いですけどね。
セミは庭で脱皮するので草木に空蝉がいくつもありますよ。
以前は地中から出てきたあとの孔がいくつも見られました。
夜間に出てくるのでしょうね。
[ 2011/08/25 22:09 ] [ 編集 ]
hiroさんへ
最後まで見ようと思いましたが、いつまで経っても
同じ状態なのでしびれを切らしてその場を離れました。
翅をゆっくりと閉じたり開いたりするのですよね。
セミも地面でおとなしく動かずにじっとしていました。
でもその後はどうしたのか・・見られませんでした。

30年もっと前になるかも判りませんが(厚木にいるころです)
和歌山県の道成寺に寄ったときに境内の大木に
隙間が無いくらいに埋め尽くしたクマゼミの大群を見ました。
あれにはびっくりしました。
後にも先にも、そのときだけのことです。
[ 2011/08/25 22:16 ] [ 編集 ]
きゃぶさんへ
なかなか見ることが無かった光景を写真に撮りました。
トンボは繋がって飛ぶ光景を何度も見ていますが
チョウの場合はあまり見る機会が無かったですね。
セミは庭の草木につかまって脱皮することが多いようで
朝になるとあちこちで空蝉が見られます。
数年前には地面にセミが抜け出してきたと思われる
孔がいくつもあることを知りました。
今も抜け出してきた孔があるはずですが
注意して地面を見ていません。
[ 2011/08/25 22:22 ] [ 編集 ]
大連三世さんへ
セミはバタバタと羽ばたく音やら鳴き声でうるさいのですが
カメラはそれほどの音を出さないので
チョウたちは気にしなかったようですよ(笑)
あのセミはタイミングよくチョウのそばにやってきたものです。
[ 2011/08/25 22:25 ] [ 編集 ]
慕辺未行さんへ
そうなんですよね。
飛んでいる光景はなんども見ますが
このような状態を見ることはあまり無いのですよ。
セミの来襲には驚きましたがチョウたちはもっと驚いたことでしょう。
[ 2011/08/25 22:28 ] [ 編集 ]
いちご110さんへ
庭にはチョウがたくさんやってくるのですが
写真に撮るのが一苦労です。
じっとしてくれると撮れますが一向に落ち着いてくれませんからねえ。

このような光景を初めて写真に撮りました。
なかなか見ることがありませんからね。
これからもそうたびたび見られないと思っています。
[ 2011/08/25 22:31 ] [ 編集 ]
mcnjさんへ
ハハハ、カメラもオジャマムシでしたね。
でもセミほどはうるさくないはずですよ。
モデルになってあげるってチョウは張り切ったかな(笑)
[ 2011/08/25 22:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


マッターホルン
(撮影 2006年07月12日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR