花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


から続く


そばの花を撮った近くで蒲の穂を見た。

ウワァ~珍しいとパチリ
 
数年前までSaas-Feeの風の自宅近くの沼に蒲の穂の群生があったが
埋め立てて、たちまち住宅が建ってしまった。

DSC04700-1.jpg 



収穫を待つ

DSC04714-1.jpg 



何に使われるのか・・
倉庫に積まれるの山

DSC04711-1.jpg 



庄川を渡ると“五連水車”(五連水車
)のある“そばの里”

DSC04724-1.jpg



<歩いた日 8月24日(水)>

スポンサーサイト



大好きな風景
風さん
 おはようございます(^・^)
少しお久しぶりですね。
早起きは三文の得ですワ。
今朝はお目にかかれましたヽ(^。^)ノ

舞妓さんには声をかけられない風さんも
農作業中の女性にはかけられるのですね(^_-)

 今朝は私の大好きな風景、牧歌的な風景
猛暑もゲリラ的な雨からも逃れて
朝から標高800メートルの爽やかな風に吹かれてお散歩させて戴いています。

そばの花、可憐で優しい花ですね。
本物は見たことが無いような・・・・
気候に適しているとのことですが、
それにしても広い畑ですね。
見渡す限りそばの花。
三枚目の風景が特に好きです。

 庄川の川の名前は知っていました。
川の流れにも涼しさを感じています。
山の中を歩いていて水音がすると
ホッとしますね。
川風は冷たくて一服の涼を戴いた気分です。

川の名前と地名が異なるのは興味が有りますね。
地名の荘川は何か経緯が有るのかも!(^^)!

   付録へ誘われて
蒲の穂・・・・
最近見ていませんね。
植物園で栽培されているのを見ましたが・・・
風さんがウワァと喜ばれたのは解ります。
思わずパチリも(*^。^*)

稲穂の優しい緑色もええですね
平和を感じます。
やはり日本はお米の国ですね。
ご飯大好きヽ(^。^)ノ

写真の中で特に気になったのは
倉庫に積まれ薪の山。
錆びたトタン、真ん中の扉?は出入口?
何とも妙な建物ですね。
私も絶対に撮る光景です。

 今朝は風さんのお蔭で
爽やかで優しい朝を迎えています。
ありがとうございます(*^。^*)
 続きを愉しみにしていますが、ボチボチご紹介してくださいね(*^。^*)



 
[ 2011/08/29 05:52 ] [ 編集 ]
お早うございます。
蕎麦の花小さい花ですが群生してきれいですね
新蕎麦が楽しみです
綺麗な清流ですね見てるだけで涼しさが、できれば足を
付けたいですね(笑)
[ 2011/08/29 07:57 ] [ 編集 ]
蕎麦の花は、白は飛騨高山で、ピンクはネパールで見ました。
高山ではもっと撮影しておけばよかっと悔やんでいます。でも
合掌造りの前の狭いスペースでした。
こんな広大なところでなくて・・・

ガマの穂は長らく見ていません。

荘川の荘の字確かにおっしゃるとおりで
地名と川の名と文字が違いますね。
意識していなかったです。
[ 2011/08/29 09:15 ] [ 編集 ]
涼風が待ち遠しい
飛騨地方はもう白い蕎麦の花が満開ですか。小川の流れも涼しげで、爽やかな風景ですね。。
我が家の温度計は、朝から30℃超でカンカン照り。涼風が待ち遠しい!。
阪神間に近い能勢にも蕎麦畑が広がっていますが、花が咲くのは9月下旬です。
今回は、倉庫の写真に惹かれました。
構図と言い、赤茶けたトタンの色合いと言い、良いですね。さすが風さんの写真は、ポイントをきちっと抑えられていますね。
massanも、9月2日に郡上八幡の町並みを撮りに、10月上旬には、同窓会の下見を兼ねて高山祭りを撮りに行きます。
どちらも日帰りツアーですが、飛騨を楽しんできます。
[ 2011/08/29 09:22 ] [ 編集 ]
お早うございます♪
写真を見てると、秋を感じますね(^-^;
真夏の色とは違う、緑が目に優しいです(笑)

情け無い事に、ガマの穂に止まるカワセミをイメージしている私、
おめでたいねぇ(^m^ )プッ
おいしいお蕎麦が食べたくなった、今から鳥見して、
帰りに買って来よう(^^)v
[ 2011/08/29 09:49 ] [ 編集 ]
コメント
お早うございます、

荘川からせせらぎ街道を飛騨高山に向かって川沿いに沢山のソバ花の咲く畑の風景ですか見事ですね、以前に高山祭に出掛けた時にせせらぎ街道を通った覚えが有ります、見せて頂き有り難うございます。
[ 2011/08/29 09:51 ] [ 編集 ]
そばの花はきれいですね
おはようございます。
そばの真っ白な花は
きれいですね。
「おひさま」で各画面に
出てくるのできれいな花畑
だと感じていました。
[ 2011/08/29 10:21 ] [ 編集 ]
素朴な暮らし
一面のそば畑、風にそよぐ稲穂、うずたかく積まれた薪。昔の素朴な暮らしが残っているよなところですね。
蕎麦打ちの道具あとで持ってこようと残しておいたら、主人がガレッジセールで売ってしまったんですよ。美味しいそば粉をいただくので、年越しなどで、2,3度打ってみました。どう見ても上手とは行きかねたんですがポキポキしていて美味しかったです。でも、今更買うのもね。
[ 2011/08/29 10:36 ] [ 編集 ]
Saas-Feeの風さん、こんにちは~♪
清楚な白い花が畑を埋め尽くしてとても綺麗ですね。
お蕎麦は大好きですがまだお花は見たことがありません。
神奈川でも秦野市に行くと10月初旬に見れるそうなので、
今年はぜひ行ってみたいと思います。
庄川の流れは清らかですね。
水のせせらぎを聞くと癒されます。
こんなところでのんびできたら良いな~と思います。
ガマの穂もまだ見たことがありません。
稲穂とともに変わりゆく季節を感じられますね。
倉庫に積まれる薪の山のお写真は人間の営みが
感じられて良いですね。
これだけあったら一冬暖かく過ごせそうですね。

[ 2011/08/29 12:05 ] [ 編集 ]
蕎麦畑
やはり、五連水車は、蕎麦に縁が有ったのですね。
素晴らしいそば畑です。
安曇野の、ひまわりに出て来た様な、そば畑です。
[ 2011/08/29 14:44 ] [ 編集 ]
5連水車
こんにちは~。
5連水車とは凄いですね、水が早いか多いのでしょうね。
こちらは逐語の朝倉の3連水車が有名です。
[ 2011/08/29 16:31 ] [ 編集 ]
コスモスさんへ
8月のブログも歯が抜けているかのように
ときどき欠席してしまいました。
このあたりでそば畑がたくさん見られるとは
思っていなかったのです。
一昨年でしたか、滋賀県まで見に出かけて以来の
そば畑になります。
そば畑には柵が設けてあるので白い花をアップで
撮ることが難しくて柵の内側近くの花を
カメラを持つ手を伸ばして撮りました。

付録の写真は取り留めない内容になっていますから
タイトル付けに困って付録とした次第です。

この続きは“荘川の里”になるのですが
実はブログの順番と歩いた順番とが逆転しております。
近いうちにブログを作れると好いのですけどねえ。
[ 2011/08/29 20:54 ] [ 編集 ]
imaipoさんへ
そばを味わう時間が無くてそば処を素通りしました。
残念!!
新そばの時期に再訪しようかなと思ってます。
見られなかったところもあるので。
[ 2011/08/29 20:57 ] [ 編集 ]
matsubaraさんへ
10月末に高山で集まりがあって1泊します。
そのころにはそばの花はありませんね。
信州では赤いそばの花畑があるそうですね。
そんな畑を見たいと思っていますが
なかなか出会えません。
地名と川や山の名が読みは同じで漢字が異なること
ときどき経験します。
どうしてそのようなことになるのでしょうね。
[ 2011/08/29 21:02 ] [ 編集 ]
massanさんへ
そちらでは朝から30℃とは残暑が続きますね。
こちら、朝方は涼しいですよ。
日中の室内は29℃くらいまで上がります。
猛暑日ですと30℃をはるかに超えるので
そんなときにはエアコンが必要です。
能勢にそばの畑があるいのですか。
それは知らなかった。
もっとも、能勢に行ったのは小学校の遠足ですからね。
郡上八幡には同窓会の帰りに寄ることで計画を立てようと思っています。
[ 2011/08/29 21:08 ] [ 編集 ]
ベルさんへ
蒲の穂にはトンボがとまりそうですね。
カワセミは・・とまるのかなあ。
ちょっとイメージできないですけどね。
でも、ベルさんの写真は素人にはイメージできないようなシーンが多いので
もしかしたら撮ってこられるんじゃないかなって
思いましたよ。
[ 2011/08/29 21:12 ] [ 編集 ]
田舎者さんへ
158号はせせらぎ街道とも呼ばれるのでしたか。
それとも156号ですか?
白川街道でしたっけか。
158号は飛騨やまびこ街道とも聞いています。
[ 2011/08/29 21:16 ] [ 編集 ]
蓮の花2さんへ
そうですね、NHKの朝、“ひまわり”ではそばの花がときどき映ります。
あまり見ていないので自信がありませんが
蕎麦屋さんに嫁いだ陽子さんですよね。
[ 2011/08/29 21:18 ] [ 編集 ]
agewisdomさんへ
あれえ~蚤の市でしたか。
あ~あ、勿体無いことですねえ。
ひと通りそろえると結構高くなりますよね。
Saas-Feeの風はインターネットで探しましたし
包丁は岐阜・関のものをプレゼントされましたので
あまり出費が無かったので助かりました。
最近は使ってないなあ・・。
[ 2011/08/29 21:22 ] [ 編集 ]
hiroさんへ
おやあ、秦野にもそばの畑があるのですか。
近くにいたのにまったく知りませんでした。
秦野のどのあたりなんでしょうね。
庄川の流れはけっこう激しかったですよ。
最近は雨が激しく降るときがあるので
上流に降った雨がどっと流れているのかなと
思って見ていました。
でも泥の色でなくて、白っぽい色に見えました。
ちょうど氷河を削り取って流れているスイスの川の水のように・・。
子どもの頃には近所に蒲の穂のある小さな溜池があって
ギンヤンマなんかが飛んでいましたよ。
今では住宅が建っていますけどねぇ。
そんな昔の風景のような荘川町でした。
[ 2011/08/29 21:30 ] [ 編集 ]
mcnjさんへ
五蓮水車あるところは“そばの里”ですから
そば打ち体験や資料館もあります。
そばの畑があちこちで見られますよ。
白い花が一面に広がっているのできれいです。
[ 2011/08/29 21:46 ] [ 編集 ]
筑前の国良裕さんへ
筑後には3連水車があるのですね。
昨日から戴いているコメントではこのような水車群の
情報を戴けなかったので、無いのかなあと思っていました。
五蓮水車の動力は水流だけでは無いような気がしていますが・・
どうなのでしょうかねえ。
[ 2011/08/29 21:50 ] [ 編集 ]
涼しげな景色
こんばんは
蕎麦畑キレイですね
水も美味しそう
薪は冬の蓄えでしょうか
きっと寒いところなんでしょうね
深呼吸して新鮮な空気を味わいたいです
[ 2011/08/29 22:47 ] [ 編集 ]
エフさんへ
標高が800m以上あるところなので冬はかなり寒いことでしょう。
そば打ちにはきれいで美味しい水が適しているそううですね。
“そばの里”があるくらいですからこのあたりの水は
そばに合っているということでしょうか。
たくさんの薪ですから仰るように冬場に使うための準備かもわかりません。
[ 2011/08/29 22:56 ] [ 編集 ]
そばの花
久しぶりに見ました。御岳の長野県側の麓で見て以来、ずっと見ていないような気がします。
白だけでなく赤い(?)花もあったような・・・記憶がもう薄いです (^_^;;!
それにしても見事なそばの花畑ですね。
ガマの穂、確かにあまり見かけませんネ。けど最近どこかで見たような気がするのですが、どこだったかナァ・・・(-_-)ウーン?!ガマの穂と聞きますと、どうしても”因幡の白ウサギ”を思い出します。
↑のほうのコメレスですが、「せせらぎ街道」は郡上八幡から旧・明宝村、清見村を走り高山の手前で国道158号に出合う道のことを指します。
かつて何度となく走った道であります (^o^)/!
[ 2011/08/29 23:03 ] [ 編集 ]
慕辺未行さんへ
信州には赤い蕎麦の花があると聞いています。
実際にその花を見たいものです。
最近、琵琶湖の烏丸半島から琵琶湖大橋まで歩いていますが
その道(大津から守山への道路の一部)は“さざなみ街道”と呼ばれます。
“せせらぎ街道”の名とごちゃごちゃになってきそうですよ。
156号と158号も同じようなところを走っているし
土地勘が無いので混乱の極みですワ(^^ゞ
[ 2011/08/29 23:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


スイス “花の村”グリメンツ
(撮影 2008年07月03日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR