花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


 ブルネイ川の両岸には世界最大級とされる水上集落のカンポン・アイールがある。

 およそ3万人(ブルネイ人口の1割)がここで生活しているのだそうだ。

前国王モスク、王宮、水上集落1-1

 ブルネイ滞在中に見た写真や絵葉書そして絵画の中には

金色のモスクや王宮、そして水上集落を一枚に取り入れているものが多かった。


王宮と水上集落

王宮と水上集落-1

ブルネイに入国して先ず見に出かけたのは王宮だった。

その様子については後日に紹介したい。
 

水上集落と、その中にある水上モスク

水上集落内モスク1-1  

 強者と弱者、富と貧という対比を感じさせる光景と思ったのだが現実は違うらしい。


 「水上生活者は裕福な生活をしている」

「水上の生活の方が涼しい」

「ずっとこの状態が続いているから裕福であっても陸に移る気はない」

そのような話があることを聞いた。


多数のモーターボートは水上タクシーであって

轟音を響かせながら縦横無尽の動きをしている。

 
水上タクシー2-1

水上タクシーは水上集落と陸との

そして水上集落の中を往来するための交通手段で

ブルネイ川の至るところを走り回っている。


 余談だが

11日に訪ねたブルネイ博物館の窓から何気なく外をみたら

遠方で大きな煙が出ていたので、私たちは火事ではないだろうかと話していた。

 ホテルへ戻ってからテレビを見ると

水上集落での火事を報道していた。

泣き叫ぶお年寄りや小さな子どもたちの姿があった。

10世帯が焼きだされたそうだ。


(撮影 2001年8月12日)

<2006年11月01日にRe:log(リログ)に公開した内容を加筆・修正したもの>


ここまでの様子はこちらで


ブルネイの首都を歩く その1 はじめに

ブルネイの首都を歩く その2 ボルキア国王即位記念館(ロイヤル・レガリア)

ブルネイの首都を歩く その3 オマール・アリ・シャイフディン・モスク(前国王モスク)

ブルネイの首都を歩く その4 ハッサナル・ボルキア国王モスク(現国王モスク)



<続く>

スポンサーサイト



おはようございます
いろいろな国へ出かけてるんですね
見たこともない国面白き拝読させていただきました。
[ 2012/02/06 08:28 ] [ 編集 ]
おはようございます♪
世界には、水の上で生活している民族が結構居ますね(笑)
ここの水上生活は便利そうです。
何処か、葦の浮き草の上で暮らしてる民族も居ましたね(笑)
私は地に足着けて、暮らしたいですが(^m^ )プッ
[ 2012/02/06 09:50 ] [ 編集 ]
ここは本当に水の上に建ててあるんですね。結構立派な家がある。オランダの場合はヨット生活みたいな浮かんでいる感じで、これもお金持ちそうでしたが、これは動けませんね。モスクまです以上にあるんですね。面白いですね。
[ 2012/02/06 10:32 ] [ 編集 ]
水上生活者と言えば、貧しい
中国やタイの人を思い浮かべますが
ここは全然違うのですね。
[ 2012/02/06 15:46 ] [ 編集 ]
今晩は
フロリダからブルネイに急に飛んでちょっとびっくり。
以前拝見した王宮と比べると大分差がありますが
水上生活者は結構裕福なんですね。
水上モスクを建てるのは大変と思いますが、側に
陸地があっても水上に建てる良さがあるのでしょうか?
[ 2012/02/06 18:51 ] [ 編集 ]
今晩は
先日TVで放送されて興味津々行きたくなりました。
暖かくて日本から近く時差もない行きたいところですね。
[ 2012/02/07 20:15 ] [ 編集 ]
Saas-Feeの風さん、こんばんは~♪
タイの水上生活は見たことがありますが、
それに比べるとこちらは随分綺麗ですね。

ブルネイという国があることは知っていましたが、
その場所がボルネオ島にあることや、
マレーシアの一部までがボルネオ島にあることを、
風さんのブログを拝見するまで知りませんでした。
マレーシアには旅行した事もあったのですが、
お恥ずかしいです。いろいろ勉強させていただき
ありがとうございます。
[ 2012/02/07 22:38 ] [ 編集 ]
imaipoさんへ
ここ数年はどこにも出かけていなくて
1月はじめにフロリダへ行ったのが3年半ぶりの海外でした。
空港での搭乗口ではセキュリティチェックの厳しさに
ちょいとビックリしましたね。
[ 2012/02/08 09:40 ] [ 編集 ]
ベルさんへ
後に知ったのですが、この水上集落を廻る現地ツアーがあったのですよ。
テレビで見ました。
映像からは生活環境(インフラなど)が整備されているように見えましたし
裕福な家庭生活を垣間見るような印象でした。
[ 2012/02/08 09:44 ] [ 編集 ]
agewisdomさんへ
川の舟を生活の場にしていることは世界に多いようですね。
海なら大型クルーザーがあって、それが数億円するようなものになると
ホテルのロビーのような内装になっているようです。
[ 2012/02/08 09:49 ] [ 編集 ]
matsubaraさんへ
さすがに黄金の国・ブルネイの水上集落ですね。
生活は裕福と聞いていましたが、
帰国後にたまたま見た旅番組で
水上集落の家の中の様子が放映されていて
これは確かに凄いと思いました。
[ 2012/02/08 09:52 ] [ 編集 ]
ktempleさんへ
これは下書きが残っていました。
ちょっと時間が無くて急遽フロリダのピンチヒッターとしたのですよ(^^ゞ
モスクは大切な空間なんでしょうね。
近くに無いと困るということではないかなと思っています。

これまでアップしているのは王宮でなくて黄金のドームのモスクなのですよ。
王宮の写真についてはしばらくお待ちになってください。
でもあまり好いアングルの写真でないので
期待なさらないでくださいね。
[ 2012/02/08 09:57 ] [ 編集 ]
Golfunさんへ
今はツアーがたくさんあるようですから
一度検索してみてください。
かんたんに出かけられる国になっていると思いますよ。
観光地化されていないと好いなあと
それだけを願っていますが・・。
[ 2012/02/08 10:00 ] [ 編集 ]
hiroさんへ
マレーシアのコタキナバルはボルネオ島にあるので
熱帯雨林の探検やリゾートを愉しみたいかたたちには
絶好のエリアになっているようです。
ブルネイと聞いてもどこにあるのかわからないですよね。
Saas-Feeの風もこの旅をするまでまったく知りませんでした。
素朴で好いところでした。
でも首都しか見てませんけどね。
また行って見たい国です。
[ 2012/02/08 10:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


スイス “花の村”グリメンツ
(撮影 2008年07月03日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR