花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


2008年7月5日(土)

グリメンツからポストバスでツィナールへ、
そしてツィナールからロープウェイで標高2434mのソルボアまで上って
そこから標高1670mのツィナールまで下りのハイキングをしました。
この日の行程についてはこちらで

スイス・小さな村々の花紀行5 スイス三名花
 
アニヴィエの谷にて
166158.jpg

166159.jpg

上の写真二枚は、それぞれ5枚と4枚をつないで貼り合わせています。
全体を貼りあわすことができなかったので二つに分けました。
(重複部分があります)

もう少し右にはマッターホルンが見えていたはずですが
写っていませんでした

花やアルプスの写真を撮りながら歩いていますから
相変わらずハイカーたちの最後尾になっていました。
既に皆さんははるかかなたを歩いているのに
ここでも立ち止まってキンポウゲの仲間が一面に咲く様子を眺めていました。
166155.jpg

突然、一匹のマーモットが現れました。
とっさのことで、慌ててシャッター・ボタンを何度も押しました。
そのうちの二枚です。
166156.jpg

166157.jpg

ハイカーが通り過ぎたのでもう安全と判断して
穴から出てきたのかもわかりません。

ロープウェイから下を眺めていると
たくさんの穴が開いていることに気づく場合があります。
それらがマーモットの巣穴であり
地中で他の巣穴とつながっているそうです。
穴の近くにいるマーモットをロープウェイから見かけることは何度もありました。
でも遠いこととアクリル製の窓で遮られるので
なかなか写真には撮れません。

マーモットはリス科
体長は40cmから50cmくらいあるでしょうか・・
笛の音のような「ヒューイ、ヒューイ」というような高い声で鳴きます。

一昨年(2006年)にスイスで購入したマーモットの人形です。
左のマーモットのおなかを押すとヨーデルを歌います。
右のマーモットは「ヒュッ、ヒュッ、ヒューイ」という鳴き声を繰り返します。
166164.jpg

餌を与える観光客がいるので
最近では人間に慣れてしまっていたり
中にはメタボ状態になっているマーモットもいるそうです。
 
花名 不明
166160.jpg
(2008.07.04 ティニューザにて、標高2182m )

ニグリテラ・ニグラ Nigritella nigra
ラン科 
166161.jpg 
(2008.07.04 ティニューザにて 標高2182m ) 


フィテウマ・オルビクラレ  Phyteuma orbiculare
タマシャジン  キキョウ科 
166162.jpg 
(2008.07.04 ティニューザにて 標高2182m )

松・・・でしょうね・・・
166163.jpg 
(2008.07.04 ティニューザにて 標高2182m )

(タイトルには阪神航空のツアー名をそのまま使わせていただいています)
 
                

<2008年7月21日に“いい色ひろば”に投稿した記事を加筆・修正したもの>

ここまでの記事はこちらで

スイス・小さな村々の花紀行1 はじめに
スイス・小さな村々の花紀行2 グリメンツ1
スイス・小さな村々の花紀行3 グリメンツ2
スイス・小さな村々の花紀行4 グリメンツ3
スイス・小さな村々の花紀行5 スイス三名花
スイス軍・戦闘機編隊出現す! リギ山にて

スポンサーサイト
プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


マッターホルン
(撮影 2006年07月12日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR