花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


2008年7月7日(月)

ロイカーバート(標高1404m)の二日目は
あの高さ900mもの絶壁の上・・・ゲンミ峠(標高2322m)からハイキング
 
雲が急速な流れで動いていて、ゲンミ峠が見えたり、隠れたり・・・
絶壁の上はどうなっていることやら・・・
168726.jpg

ホテル“ブリストル”からゲンミ峠へのロープウェイまで20分ほど歩きます。

途中で温泉が湧き出していました。
168728.jpg

絶壁に滝が見えています。
この絶壁には細い道がジグザグに刻んであって
昔の人はその道を歩いて峠越えをしていました。 
168727.jpg 
ロープウェイからは
その道を歩く米粒のような大きさの
健脚ハイカーたちを確認できました。

ロープウェイ乗り場
係員がいないのでしばらく待っていました。
168729.jpg  168730.jpg

峠から下りのロープウェイが着いて
高校生の一団が降りてきました。
関空組の若い女性がその中の一人に
「上の様子はどうですか?」と尋ねると
彼は「素晴らしく好いよ」って云いながら親指を・・・
関空組・・「ホンマかいな」
成田組・・「ほんとう

9時発のロープウェイで山頂駅まで上がりました。
山頂では一面にガスが立ち込めているので

晴れるまでレストランで待機することになりました。

しばらくしてようやく下が見えてきました。
168736.jpg

さらにしばらく経ってから
168737.jpg
ロイカーバートの村が見えました。
見るからに小さくてかわいらしい村でしょう

1時間ほど待っているうちに峠のガスが流れ
これから歩く方向が見えてきたので出発しました。

すぐにダウベンゼーに出ます。
168738.jpg 

前にお話したように “ゼー (see)”は “湖”です。
湖畔を反時計回りに歩き
一番奥に見えているところでダウベンゼーと別れます。

別れるところまで来て振り返ると
出発したあたり(湖の奥のほう)は
既にガスで覆われていました。
168739.jpg

湖上で舞うカラス(?)、湖畔で寛ぐ羊たちを見ながら
そして、追ってくる真っ白なガスを気にかけながら
次のポイントであるシュヴァーレンバッハ(標高2060m)の山小屋まで歩きます。
168749.jpg  168750.jpg


花名 不明
168731.jpg
(2008.7.07 ゲンミ峠2322mからスンビュール1936mにて)

ラヌンクルス・グラキアリス Ranunculus glacialis
キンポウゲ科
168735.jpg
(2008.7.0 7ゲンミ峠2322mからスンビュール1936mにて)

花名 不明
168732.jpg

168733.jpg 
(2008.7.07 ゲンミ峠2322mからスンビュール1936mにて)

花名 不明
168734.jpg
(2008.7.07 ゲンミ峠2322mからスンビュール1936mにて)

(タイトルには阪神航空のツアー名をそのまま使わせていただいています)

                

<2008年7月29日に“いい色ひろば”に投稿した記事を加筆・修正したもの>

ここまでの記事はこちらで

スイス・小さな村々の花紀行1 はじめに
スイス・小さな村々の花紀行2 グリメンツ1
スイス・小さな村々の花紀行3 グリメンツ2
スイス・小さな村々の花紀行4 グリメンツ3
スイス・小さな村々の花紀行5 スイス三名花
スイス軍・戦闘機編隊出現す! リギ山にて
スイス・小さな村々の花紀行6 マーモット
スイス・小さな村々の花紀行7 リギ・クルム
スイス・小さな村々の花紀行8 ティトリスからトリュプゼーへ
スイス・小さな村々の花紀行9 カートレイン
スイス・小さな村々の花紀行10 惑星の道とマッターホルン
スイス・小さな村々の花紀行11 ロイカーバート

スポンサーサイト



プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


スイス “花の村”グリメンツ
(撮影 2008年07月03日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR