花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


スイス国内の中央から少し右に寄ったところに大きな湖があります。
“フィーアヴァルトシュタッターゼー”・・・通称“ルツェルン湖”です。
 
フィーア(vier)は英語のfourで4、ヴァルト(wald)はwoodで森、
シュテッター(staetter 正しくはaeはaウムラウト)はstateで国
ゼー(see)はlakeで湖

4つの森の国の湖

昔は“湖の周辺に4つの国があった”ということのようです。

私たちはルツェルン湖畔のブルンネンという小さな村のホテル
(WALDSTAETTERHOF ヴァルトシュテッターホフ)に
2008年7月8日(火)から三泊して
湖の周辺の3つの山に上りハイキングを楽しみました。
3つの山とは、ティトリス、ピラトゥス、リギです。

その模様については
これまでの16回のスイス・シリーズの中にときどき出ていますが、
時系列になっていないこともあって
何について書いたのか、写真はどれを使ったのか・・・
判らなくなっています

本題に戻って・・・
ホテルの前は“ルツェルン湖
滞在中には夕暮れの湖畔を散策することが楽しみになっていました。

7月9日 21時ころ

170310.jpg

同じ9日の朝  8時ころ

写真とはカメラの位置が少し違っていますが同じ方向を撮っています。
170311.jpg

9日 21時ころ

カメラの向きをから90度くらい左に移動しました。
モルゲンロートではなく、アーベントロートですね
170312.jpg

7月10日  21時20分ころ

流れ星・・ではなくて飛行機がつくる雲

二人を~ ゆ~うやみがァ つ~つむ~ゥ ・・”
ムフフッ“君といつまでも”の雰囲気
遠い昔の琵琶湖畔を思い出すなあ・・
 これ、冗談ですので
170313.jpg

夜空を~仰いでぇ~ か~ぞえる星もお~
君のいない砂浜は 淋し~い~ぜ”

同じく10日 21時40分ころ

ようやく暗くなってきました。
空には半月が見えています。

た~あったひとりの日暮れに 見上げるそ~らの星くず
君と僕の二人の愛がか~ぜにふるえてひ~かあっているぜ”

こういうところにいると、何故か加山雄三さんの唄が次々に浮かんできます
170314.jpg

9日にピラトゥスでのハイキングから戻ってきたとき
湖畔でアルペンホルンの演奏に出会いました。
170309.jpg

夕焼けでうっすらと色づいた湖面と山の背景と、
アルペンホルンの音色が心地よく心身に響きました。

                

<2008年8月3日に“いい色ひろば”に投稿した記事を加筆・修正したもの>

ここまでの記事はこちらで

スイス・小さな村々の花紀行1 はじめに
スイス・小さな村々の花紀行2 グリメンツ1
スイス・小さな村々の花紀行3 グリメンツ2
スイス・小さな村々の花紀行4 グリメンツ3
スイス・小さな村々の花紀行5 スイス三名花
スイス・小さな村々の花紀行6 マーモット
スイス・小さな村々の花紀行7 リギ・クルム
スイス・小さな村々の花紀行8 ティトリスからトリュプゼーへ
スイス・小さな村々の花紀行9 カートレイン
スイス・小さな村々の花紀行10 惑星の道とマッターホルン
スイス・小さな村々の花紀行11 ロイカーバート
スイス・小さな村々の花紀行12 ゲンミ峠から歩く
スイス・小さな村々の花紀行13 シュヴァーレンバッハの山小屋
スイス・小さな村々の花紀行14 スンビュールへ
スイス・小さな村々の花紀行15 カンデルシュテーク

スイス軍・戦闘機編隊出現す! リギ山にて


スポンサーサイト



プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


スイス “花の村”グリメンツ
(撮影 2008年07月03日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR