花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


“スイス・ルツェルン・ロイス河畔 その1”からの続き

2008年7月9日(水)

ルツェルン旧市街でカペル橋などを見たあと
さて、これからどこを歩こうかとウロウロしていました。
ルツェルンで散策できる時間があるとは思っていなかったので
ガイドブックも地図も持ってこなかったし
ルツェルン旧市街の勉強もしていなかったし
どこに何があるのか全く判っていなかったのです。

そんなとき向こうからcapucinoさんが歩いてこられました。
“スイス・小さな村々の花紀行1 はじめに”で紹介しましたが
2006年のスイス・ハイキングでご一緒になったかたで
今回のスイスでも偶然ご一緒になりました。

capucinoさんは
ホーフ教会とそのそばで咲いているガクアジサイを見てこられたとのこと。
capucinoさんと別れてそちらへ向かいました。
 

ホーフ教会
172338.jpg

8世紀の建立、17世紀に火災により焼失
その後ルネサンス様式で再建されたベネディクト会修道院

中に入ると数人の信者が祈りを捧げていました。
リュックサックを背負いカメラを持った格好ではとても前の方に進めません。

最後部から静かに“パチリ”
172339.jpg

ガイドブックによると
1500年ころのマリアの祭壇や1640年のパイプオルガンが見事だそうですが
遠目なのでよくわかりませんでした。

ホーフ教会の外で咲いている“ガクアジサイ”
葉が厚くて、茎に棘状の産毛があることが特徴のようです。
172334.jpg

欧米の観光客らしい一団がやってきて
この“ガクアジサイ”を盛んに撮影していました。
 
写真が上手く撮れていませんが
丈のある“ガクアジサイ”です。
172335.jpg

ホーフ教会を出た後は旧市街を歩きウインドウ・ショッピングですが
そのことは割愛します。

少し時間を前に戻して・・・

ロイス河畔

シュプロイヤー橋のそばにあった堰です。
1860年の造りで板の上下で川の水位を調節します。 
172336.jpg

観光用の馬車らしい。
石畳は中世のものだそうです。
ルツェルンはスイス発祥の中心都市だったので
現在も中世の街並みが残っています。
172337.jpg 


ルツェルン湖
172340.jpg

右にあと1枚撮っていて(クルーザーが写っています)
それもつないでパノラマに・・と試みましたが失敗!!
中途半端なルツェルン湖になっています。
 
ロイス川の白鳥
172332.jpg


172333.jpg


172331.jpg


172330.jpg 

                

<2008年8月9日に“いい色ひろば”に投稿した記事を加筆・修正したもの>

ここまでの記事はこちらで

スイス・小さな村々の花紀行1 はじめに
スイス・小さな村々の花紀行2 グリメンツ1
スイス・小さな村々の花紀行3 グリメンツ2
スイス・小さな村々の花紀行4 グリメンツ3
スイス・小さな村々の花紀行5 スイス三名花
スイス・小さな村々の花紀行6 マーモット
スイス・小さな村々の花紀行7 リギ・クルム
スイス・小さな村々の花紀行8 ティトリスからトリュプゼーへ
スイス・小さな村々の花紀行9 カートレイン
スイス・小さな村々の花紀行10 惑星の道とマッターホルン
スイス・小さな村々の花紀行11 ロイカーバート
スイス・小さな村々の花紀行12 ゲンミ峠から歩く
スイス・小さな村々の花紀行13 シュヴァーレンバッハの山小屋
スイス・小さな村々の花紀行14 スンビュールへ
スイス・小さな村々の花紀行15 カンデルシュテーク

スイス軍・戦闘機編隊出現す! リギ山にて
夕暮れのスイス・ルツェルン湖
スイス・ブルンネンの白鳥
スイス・ブルンネンの水鳥たち
スイス・魔境ピラトゥス
スイス・ピラトゥスのハイキングで見た花と果実
スイス・ルツェルン・ロイス河畔 その1


スポンサーサイト
プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


マッターホルン
(撮影 2006年07月12日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR