花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


日常的に通行することの多い通称“松本街道”にある“歌行燈 ときわ店”

2年ほど前から新興大規模飲食店が近所に増え競争激化のためか
新聞折込チラシに割引クーポン券が付くようになった。
あまり暖簾をくぐらない店なのだけど
100円オフのクーポン券を握り締めながら(笑)寄ってみた。

“得々!!ランチ”と称して6種が用意されている中から
この日は“おひるどき”をオーダーした。

120706歌行燈おひるどき
そばと天丼がメインで刺身と野菜の天ぷら、茶碗蒸しのセット

まあ可も無く不可も無く
こんなもんでしょう・・・1050円(割引前 税込み)

店内の中央にテーブル席
その両サイドに座敷の個室が並ぶ。
120706歌行燈店内

おもて
120706歌行燈ときわ店

(撮影 2012年7月6日(金)RICOH CX2)

・・・で、この“歌行燈”
本店は桑名にあり創業明治10年(1877年)
うどん・そば・日本料理の老舗
屋号の“歌行燈”は泉鏡花の名作に因むのだろう。

3年前に桑名を歩いたとき
“七里の渡し”近くで見かけた
泉鏡花が宿泊した“船津屋”

桑名滞在時の印象を基に
小説“歌行燈”を書いたとされる。
表塀に“歌行燈句碑”がある。
091005桑名船津屋
風化しているためか刻まれた文字を判読できない。
傍らの掲示に句が記されている。
掲示によると・・・
“万”は劇作家の久保田万太郎
句碑の文字は自筆
久保田万太郎は船津屋に泊まりながら
戯曲“歌行燈”を書きあげたという。
句碑のデザインは杉本健吉画伯・・・
(撮影 2009年10月5日(月)OLYMPUS)

スポンサーサイト
プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


マッターホルン
(撮影 2006年07月12日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR