花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


スイス・アルプスをハイキングしている間
実物の“アルプスアイベックス”を見かける幸運には恵まれませんでしたが
その像には何度か出会うことがありました。

“アルプスアイベックス”は“シュタインボック”とも呼ばれる山ヤギの一種で
体全体がヒトにとって薬効があるということから乱獲され
1800年代初頭には絶滅寸前のスイス・アルプスの動物になりました。
1900年代になってから保護されるようになり
現在では15000頭にまで増えているそうです。

176157.jpg 
(2008.7.05 ソルボア2434m)
 

176155.jpg 
(2008.7.04 ヴィソア )
右で見上げるのは“マーモット
 
マーモット”の実物を見ましたよ。
176159.jpg 
(2008.7.05 ソルボア2434m からツィナール1670mへの途中)
ハイキング途中で見たマーモットについてはこちらで

スイス・小さな村々の花紀行6 マーモット

176158.jpg 
(2008.7.05 ツィナール1670m )
角には段差が輪状についています。
これで年齢が判るようです。
木の年輪と同じですね。
体重は100kg、肩までの高さは1m、角の長さは最終的に1m
こんなに大きな体でも、急な崖をジャンプしながら登るそうです。

こちらは“シャモア”
学名は“岩のヤギ”を意味し、“ゲムゼ”とも呼ばれます。
釣りばりのようにキュッと曲がった角が特徴です。
176156.jpg 
(2008.7.05 ツィナール1670m )
別名を“スイスカモシカ
岩場を駆け上がる華麗な姿から
“山の貴公子”とも呼ばれているそうです。
肩までの高さは75cmくらい、体重40kg といいますから
“アルプスアイベックス”より少し小さいですね。

“アルプスアイベックス”も“シャモア”も
“ウシ科”でカモシカやヤギの仲間になります。

いやあ・・雪の残る岩場を飛び跳ねている“実物”を見たかったなあ・・・
・・・ということで
“像”で我慢しました。

                

<2008年8月21日に“いい色ひろば”に投稿した記事を加筆・修正したもの>

ここまでの記事はこちらで

スイス・小さな村々の花紀行1 はじめに
スイス・小さな村々の花紀行2 グリメンツ1
スイス・小さな村々の花紀行3 グリメンツ2
スイス・小さな村々の花紀行4 グリメンツ3
スイス・小さな村々の花紀行5 スイス三名花
スイス・小さな村々の花紀行6 マーモット
スイス・小さな村々の花紀行7 リギ・クルム
スイス・小さな村々の花紀行8 ティトリスからトリュプゼーへ
スイス・小さな村々の花紀行9 カートレイン
スイス・小さな村々の花紀行10 惑星の道とマッターホルン
スイス・小さな村々の花紀行11 ロイカーバート
スイス・小さな村々の花紀行12 ゲンミ峠から歩く
スイス・小さな村々の花紀行13 シュヴァーレンバッハの山小屋
スイス・小さな村々の花紀行14 スンビュールへ
スイス・小さな村々の花紀行15 カンデルシュテーク

スイス軍・戦闘機編隊出現す! リギ山にて
夕暮れのスイス・ルツェルン湖
スイス・ブルンネンの白鳥
スイス・ブルンネンの水鳥たち
スイス・魔境ピラトゥス
スイス・ピラトゥスのハイキングで見た花と果実
スイス・ルツェルン・ロイス河畔 その1
スイス・ルツェルン・ロイス河畔 その2
スイス・船の旅
スイス・アルプスのカラス アルペンドール
スイスの放牧馬や羊

スポンサーサイト
プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


マッターホルン
(撮影 2006年07月12日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR