花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


11月2日(金)午後から6日(火)朝まで留守をしていた。
3日(土)に彼の四十九日法要を執り行って
相模原に2泊したあと西日暮里に1泊

そして5日(月)に四日市に戻り
鈴鹿山脈・御在所山(御在所岳)中腹(麓かな?)の湯の山温泉郷にある
天然温泉の会員制リゾートの“オテル・ド・マロニエ”に1泊したのだ。

この6日間のことについては
“近いうちに”写真とともにブログアップするつもり。

“近いうちに”の意味については
“ノダ語大辞典”を参照のこと

ここでは6日(火)の朝に
オテル・ド・マロニエ”の部屋から撮った写真を並べる。

この日の朝、7時頃にはまだ雨が降っていた。
前日に「深夜は大雨」との予報が出ていたので
かなりの雨が降っていたのだろうが
まったく気づくことは無かった。
すぐ近くを流れる三滝川の水音により
雨音が消されていたのかも判らない。

4日(日)の湯の山温泉郷は
御在所山(御在所岳)の紅葉を見る観光客で大混雑していたと
5日夜にホテル勤務の女性が話をしてくれた。

紅葉の時期には東名阪道・四日市ICから湯の山温泉へ向かう
国道477号(通称 湯の山街道)が大渋滞するのだ。

女性の話によると山頂付近の紅葉は見ごろだが
湯の山温泉郷では見ごろまでにもう少し日数がかかるらしい。

御在所ロープウェイのケーブルが見えるが
9時からの営業なので
ゴンドラは運行されていない。

121106御在所ロープウェイ-1
オテル・ド・マロニエの建物の一部で
屋上の下がレストラン“山波”
その下が温泉大浴場になっている。
レストランと大浴場については“近いうち”に~~

写真中央やや下に見える紅葉

121106御在所ロープウェイ-2
紅葉の後ろは廃屋なのだろうか

チェックアウト後に“僧兵”で知られる“三岳寺”まで行ったのだが
その途中にも廃屋が見られた。
従業員の寮のようだったが
幾つかの廃業ホテル・旅館があったのかもわからない。

御在所ロープウェイ湯の山温泉駅の建物が見える。

121106御在所ロープウェイ-3
山頂駅まで12分くらい。
こちらに来て28年くらいになるが
このロープウェイに乗ったことは2度しかない。
2度目は確か2004年のことだったかな。

当時は“東洋一の高さ”と喧伝していたが
現在はどうなのか知らない。

駅をスタートしてからしばらくは平気だったが
一番高いところに来たとき“ゾゾゾ~~
片道1,200円、往復2100円
高い料金を払って怖い思いをするこたあ~ないワィ

121106御在所ロープウェイ-4

8時40分を過ぎた頃から
ゴンドラが格納庫から順次出てきてからは
途中で停止して間隔を開けて並んでいた。

121106御在所ロープウェイ-5

チェックアウトして駐車場に向かう途中で撮った。

121106御在所ロープウェイ-6
このころ(9時少し前)にはゴンドラは動いていたのだが
お客さんが乗っているのかどうか確認できなかった。

かなりガスが減ってきていた。
この日の午後からは晴れるというから
山頂が賑わうことだろう。

御在所岳の山頂から紅葉を見たいけれど
混雑しているところに行きたくはないしなあ

(撮影 2012年11月6日(火) SONY DSC-WX100

スポンサーサイト



プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


スイス “花の村”グリメンツ
(撮影 2008年07月03日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR