花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


“熊野詣 6 ホテル中の島 やまびこ夫妻と豪華な夕食を~\(^o^)/”からの続き

係の女性から12月10日の日の出は6時54分と聞いていた。
それまでに起床して山上遊歩道から展望台に行って~~
日の出を見よう・・・

そんなことを前夜に話していたのだけれど
何の、何の・・・目覚めたら明るくなっていて
時計を見ると7時をとっくに廻っているではないかっ

ベランダに出ると朝日を一部に浴びた海の風景が見られた。

121210中の島部屋から-1

「雲が多いようだから日の出が見られたかどうか判らんぞ~」
これは負け惜しみだよねえ


勝浦の、陸地方向を見ると山に白いものが見える。
昨夜は雪が降ったようだ。
写真中央やや左、雲で霞んでいる山は“妙法山”
朝食を摂ってるときに仲居さんから教えてもらった。
その右奥のほうに雪でもっと白くなっている山並みがあるのだが
雲か霞がかかっているために写真では判然としない。

121210中の島部屋から-2

右側ホテル建物の左端、岩場に露天風呂(男湯)が見える。

朝食は1階の“燈明”にて

121210中の島朝食
下段左写真 奥がやまびこ夫妻、手前は風の神


玄関先で渡船の客に手を振り見送るホテルの皆さん

121210中の島見送り

チェックアウトし次の渡船出航まで待つ間に
写真をパチリ、パチリ
上段左は廊下に掛けられている“ホテル中の島”の全景絵画

121210中の島

渡船が戻ってきた
この船に乗ることになる。
121210中の島から桟橋へ
見送りはおふたりのみ
さっきの渡船には4人が手を振っていたぞ~~

観光桟橋には“ホテル浦島”からの渡船が
Saas-Feeの風たちの船とほぼ同時に着いた。
“浦島”だからカメさんなんだね

121210浦島渡船

ところで“ホテル中の島”の渡船は何をイメージしているのか
マグロ
ハハハ、パンダってことはないよねえ
クジラだろう

桟橋脇で魚網の繕いをする男性ふたり

121210魚網

さて、これから“熊野本宮大社”に向かう。

(撮影 2012年12月10日(月) RICOH CX2 SONY DSC-WX100(上から3枚目写真のみ))

<次回は“熊野本宮大社”>

(2012年12月26日公開の記事を加筆・修正した)

ここまでの様子はこちらで

“熊野詣 1 四日市から紀伊勝浦へ スーパーワイドビュー南紀3号”
“熊野詣 2 那智の滝 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町”
“熊野詣 3 青岸渡寺と熊野那智大社”
“熊野詣 4 桟橋から船に乗ってホテル中の島へ 和歌山県那智勝浦町”
“熊野詣 5 ホテル中の島から山上遊歩道へ”
“熊野詣 6 ホテル中の島 やまびこ夫妻と豪華な夕食を~\(^o^)/”

スポンサーサイト
こんばんは (^o^)/
『ホテル浦島』と人気を二分する(?)『ホテル中の島』、こちらで拝見していつか訪れ宿泊してみたくなりました。
海に面した露天風呂だけでなく、たくさんの内湯もあるのでしょうね。
[ 2013/12/21 23:50 ] [ 編集 ]
南紀
南国勝浦に、10日前に初雪ですか。
東京よりも早かったですね。

登る朝日は、残念でしたが、島の松に当たる朝日は、奇麗です。
[ 2013/12/22 00:33 ] [ 編集 ]
おはようございます
こういう絵を見ると、家でゴロゴロの正月がもったいない!
ゆっくり温泉に入って、うまいもん喰いたいぃ~~~~~~~~~v-8
[ 2013/12/22 06:19 ] [ 編集 ]
おはようございます
あはは、失礼しました
寝坊したんですか石化鵜の日の出を
見られなくて残念でした、きっと美味い酒に
温泉でぐっすりだったんですね。
[ 2013/12/22 08:34 ] [ 編集 ]
ここの辺りの宿は何時も混んでいるんですよね。
一度ここにも行ってゆっくりしたいものです。
[ 2013/12/22 08:34 ] [ 編集 ]
おはようございます
まさに中の島なのですね
見送りする人が2人ですか。きっと忙しかったのでしょうね(笑い)
[ 2013/12/22 09:35 ] [ 編集 ]
昨夜の美酒に
昨夜の美酒に酔いしれてぐっすりでしたね。
雲で朝日は見えなかったことにしましょう。
中の島ホテルは島全体はホテルのようですね。
[ 2013/12/22 11:35 ] [ 編集 ]
こんばんは!
懐かしいですね~勝浦や白浜にはウン十年前のこと、
大阪から飛行機(15人乗りの水陸兼用機)で出掛けたことがありました。
又行って見たいです。(^o^)/
[ 2013/12/22 19:21 ] [ 編集 ]
今晩は
朝日はご覧になれなくて残念でしたでしょうが、
海の風景が素敵ですね。
勝浦ではホテル浦島に2度泊まりましたは、
船で行く途中で素敵な中之島ホテルを見た
記憶が残っています。

[ 2013/12/22 20:07 ] [ 編集 ]
体調はもういいという証拠に
一週間毎日アップされましたね~

南紀への旅行は余りにも古くもう
すっかり変わっていますね。
それに忘れています。
[ 2013/12/23 09:11 ] [ 編集 ]
Σ 慕辺未行さんへ
内湯はどうでしたかねえ。
一か所しかなかったような・・・
気付きませんでした。
露天風呂付きの個室がありますよ。
その部屋を予約していましたがチェックイン時に変更しました。
四方が海なのでどの部屋もオーシャンビューですね。


[ 2013/12/23 10:21 ] [ 編集 ]
Σ mcnjさんへ
この話は昨年12月のことですのでねえ。
今年の初雪はどうだったでしょうか。
うっかり寝坊してしまい、
せっかくの日の出を見られなくて残念です。
[ 2013/12/23 10:23 ] [ 編集 ]
Σ いかちゃんへ
正月は家でゴロゴロするのが一番!
どこへ行っても混雑するし
ホテル料金は高いし・・・。
[ 2013/12/23 10:25 ] [ 編集 ]
Σ Imaipoさんへ
そうですね、旨い料理と酒で
すっかり酔っぱらってしまい寝坊しました。
日の出の写真を撮れなくて残念!
[ 2013/12/23 10:27 ] [ 編集 ]
Σ 三面相さんへ
今回の三面相さんは北陸へ行かれたから
次回はこの熊野あたりで如何でしょうか。
旨いマグロが待ってます。
でも三面相さんのところには海の幸が多いからなあ。
[ 2013/12/23 10:29 ] [ 編集 ]
Σ ヒューマンさんへ
そうでしょうね、朝なので出発の客が多くて
その世話もあったのでしょう。
ホテル中の島は四方が海に囲まれています。
島ですからねえ(^^♪
津波があったらどうなることやら・・・。
[ 2013/12/23 10:32 ] [ 編集 ]
Σ 大連三世さんへ
ちょいと呑み過ぎました。
朝までぐっすり、寝坊してしまった。
この島の全体がホテル中の島の敷地なのでしょうね。
ホテル浦島は別の島ということでしょう。
[ 2013/12/23 10:35 ] [ 編集 ]
Σ まっくんの館さんへ
大阪から水陸両用機を使ってとは豪勢ですねえ。
伊丹空港から白浜空港でしょうか。
白浜には車で何度も行きましたよ。
保養所があったので・・・。
当時3歳くらいだった子どもが保養所の庭で頭を打って
救急車で田辺の病院に搬送されたという思い出があります。
[ 2013/12/23 10:38 ] [ 編集 ]
Σ ktempleさんへ
ホテル浦島は雑誌やテレビなどでの宣伝が行き届いているようです。
ときどき洞窟温泉の写真・映像を見かけます。
この日の翌日に勝浦観光桟橋から遊覧船に乗って
紀の松島巡りをしたのですが
その時にホテル浦島の洞窟温泉を遠くに見ましたよ。
[ 2013/12/23 10:43 ] [ 編集 ]
Σ matsubaraさんへ
完調ではないようです。
薬の服用を再開しました。
これから先、どうなることやら・・・ですよ(-_-;)
年末年始はおとなしくしております。
[ 2013/12/23 10:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


マッターホルン
(撮影 2006年07月12日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR