花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


ここからは“熊野詣”を終えた後の話

“やまびこ”夫妻に太地のホテル“花游”(かゆう)まで送ってもらった。
チェックインするとプランに入っているからということで
フロントの男性が前庭で記念写真を撮ってくれるという。
それなら一緒にと“やまびこ”夫妻と4人並んで撮ってもらった。
ここで大阪へ戻る“やまびこ”夫妻とお別れし
走り去る車を玄関先で見送った

若くて美しい係の女性に通された部屋は“ななひら”

121210花ゆうななひら



121210ななひら

海側は西から北の方向になり
海の向こうは那智勝浦の南にあたるエリアらしい。

西方向

121210花ゆう前庭-1

捕鯨船(キャッチャーボート)第一京丸が見える。

北西方向

121210花ゆう前庭-2

植え込みまでがホテルの敷地だと思う。
今は鮮やかな花が見られないが
“花游”には“花いろどりの宿”という枕詞があるので
季節になればたくさんの花がきれいに咲くことだろう。
クジラの形をした花壇もある。

北方向、海の向こうは那智勝浦になる。

121210花ゆう前庭-3

捕鯨船をカメラの望遠側で撮った

121210捕鯨船

額縁風に~~

121210ななひら窓

部屋を出ると廊下の窓から“くじらの博物館”のクジラショウが見えた。

121210ショウ

鯨の町、太地を初めて訪ねたのは1986年7月27日
そのときは家族で白浜の保養所へ向かう途中のこと
“くじらの博物館”そばの国民宿舎“白鯨”に泊まっている。

夕食までに時間があるのでホテル周辺を歩いてこよう。
当時のことを思い出せるかも

<続く>

(撮影 2012年12月10日(日) RICOH CX2

ここまでの様子はこちらで

“熊野詣 1 四日市から紀伊勝浦へ スーパーワイドビュー南紀3号”
“熊野詣 2 那智の滝 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町”
“熊野詣 3 青岸渡寺と熊野那智大社”
“熊野詣 4 桟橋から船に乗ってホテル中の島へ 和歌山県那智勝浦町”
“熊野詣 5 ホテル中の島から山上遊歩道へ”
“熊野詣 6 ホテル中の島 やまびこ夫妻と豪華な夕食を~\(^o^)/”
“熊野詣 7 チェックアウトし渡船で勝浦観光桟橋へ”
“熊野詣 8 熊野本宮大社 和歌山県田辺市本宮町”
“熊野詣 9 熊野もうで餅 熊野本宮大社御用達”
“熊野詣 10 熊野速玉大社 和歌山県新宮市新宮”

スポンサーサイト
プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


マッターホルン
(撮影 2006年07月12日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR