花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


水戸黄門神社”からJR水戸駅近くまで戻り
案内標識を確認して“弘道館”へと向かう。

ショートカットできるのかもなあと思うのだが
水戸でSaas-Feeの風はストレンジャーなので
弘道館”という案内標識に従いたいからね。

でも・・・「あれっ、こっちで好かったのかな」
途中で方向に自信が無くなったため
通りがかりの女性に弘道館への道を訊ねて歩を進めたのだった。

途中に基礎が石積みの白壁が続く小学校があった。
正門がそれなりの構えである。
水戸市立三の丸小学校”

130219三の丸小学校

道なりに歩くと“弘道館”の正門前に出たのだが
その右手に見える橋を渡ってみた。
“大手橋”

130219大手橋

振り返ると橋の向こうに
弘道館”の白壁と門が見えている。

この“大手橋”の下は道路になっており
渡った側の道路脇には、水戸城の土塁だと思うのだが
小高い斜面が続いているのだ。

“大手橋”を渡る手前には“徳川斉昭”の像(写真左)が
渡り切ったところには“徳川頼房”の像(写真右)が建てられている。

130319徳川斉昭像と頼房像


道なりに進むと道路の左手にまたまた白壁が見えてくる。
水戸市立第二中学校”

130219水戸二中

道路の右手には茨城大学付属小学校・幼稚園があるのだが
校門前に送迎用のバスが停まっていたことと
警備員がSaas-Feeの風を凝視していたこととで
大きな石碑や校門にカメラを向けることを躊躇し
ちょっと中の様子を伺っただけでその場を離れたのだった。

ここで14時40分を過ぎている。
golfunさんと15時頃にJR水戸駅で待ち合わせているので
そろそろ駅に戻らねばばと“大手橋”を渡り“弘道館”へ向かう。

徳川斉昭が創設した藩校“弘道館”の正門

130219弘道館-1

震災被害の復旧工事のために見学エリアは限られており
入場無料が続いている。
ちょっとだけ覗いてみよう。

130219弘道館-2

訪ねる人もいない静かな庭だ。

130219弘道館-3

さて14時45分を過ぎたから急がねば・・・。

JR水戸駅北口

130219JR水戸駅

14時55分ごろにペデストリアンデッキの時計塔の前に着くと
すぐに携帯電話が鳴って駅のコンコースからgolfunさんが現れた。

15時27分発の特急スーパーひたち42号で上野に向かう。

130219水戸駅ホーム


130219スーパーひたち42号

東京・根津の“大江戸オフ会2013”オープンまで
・・・2時間30分


(撮影 2013年02月19日(火) RICOH CX2)

<水戸ミニオフ会 水戸駅周辺散策 おしまい>

次回は“大江戸オフ会2013”篇に突入~


ここまでの様子はこちらで

“水戸から東京、そして飯能、川越へ~(^^♪”
“さあ~水戸へ行くぞお~しゅっぱ~あ~つ!!”
“もりそばとあさりご飯 JR水戸駅の水戸庵”
“雨の千波湖畔に水鳥たちが集まってきた・・・何故か消防車もっ!”
“BAR MELS  茨城県笠間市”
“水戸のあんこう鍋に舌鼓~~(^^♪”
“大洗磯前神社から弟橘比売神社へ”
“那珂湊おさかな市場・海花亭の“八色海鮮丼””
“水戸東照宮”
“水戸駅周辺を歩いてみる”
“水戸黄門神社 光圀公生誕の地”

スポンサーサイト



おはようございます♪
“水戸市立第二中学校”
学校とは思えない門構えですね☆
水戸って歴史を感じる街なんですね♪
[ 2013/03/28 08:15 ] [ 編集 ]
おはようございます
東京時代、この辺りまでは仕事で行ってるのですが。。。現役時代は風流なんて程遠い毎日、今思えば残念至極ですぅ~~~(  ̄っ ̄)ムゥ
[ 2013/03/28 08:21 ] [ 編集 ]
お早うございます、
良い散策路ですね
行ったことがないのでゆっくりと
歩いてみたいコースです、
[ 2013/03/28 08:27 ] [ 編集 ]
弘道館
他の藩校にも弘道館があたように思います。
弘道とは論語に出てくるからです。
ちなみに父の名前も弘道でした。
論語からとったようです。
[ 2013/03/28 08:55 ] [ 編集 ]
この周辺は知らなかったですが昨年歩いたのでよく解ります。
弘道館の震災被害の復旧工事はなかなかすまないですね。
[ 2013/03/28 09:06 ] [ 編集 ]
おはようございます
さすがに弘道館の町 どの学校も
風格がありますね
[ 2013/03/28 09:15 ] [ 編集 ]
学校
弘道館には行ったことがありません。
今でもこの周辺は学校が多いようですね。
[ 2013/03/28 10:22 ] [ 編集 ]
こんにちは~
関東の方には高校の修学旅行で行って以来
旅をした事がありません。
オフ会で各地を訪問されている風さんの旅
日記を読ませて頂くのを楽しみにしています。
[ 2013/03/28 13:52 ] [ 編集 ]
こんにちは

水戸は数年前偕楽園に行っただけで
こんなに素晴らしい所だとは
知りませんでした
色々な所を案内していただき
大変勉強になりますし
楽しみに見させていただいています
ありがとうございます
[ 2013/03/28 16:32 ] [ 編集 ]
今晩は
いつも綺麗に纏めていますね。
黄門神社から右上の方へ行くと三高と一高があって行けると思います。
駅前を行ったのが無難でしょう。
弘道館が完成したときにも見に来てください。
未だ案内したいところは沢山残っています。

[ 2013/03/28 18:22 ] [ 編集 ]
今晩は
白壁に囲まれた学校があるとは、やはり水戸
ならではで、そんな学校に通える子供は幸福ですね。
弘道館の白壁の長いのにも驚かされます。
[ 2013/03/28 20:26 ] [ 編集 ]
言ったことはあるはずなんだけど、まったく記憶にありません。その時はそれなりに感心して見てきても忘れてしまう。一体わたしは何年もかけて何を見てきたんでしょうねえ。これは外国でも同じなんですよ。ちょっと話した人のこととかは覚えているんですが場所となるとみんなごちゃごちゃです。旅は好きなんだけれどなあ。
[ 2013/03/28 21:12 ] [ 編集 ]
Σ 春さんへ
徳川御三家のひとつである水戸藩ですから
歴史を感じさせてくれる街並みになっています。
太平洋戦争の空襲で水戸城の櫓が無くなってしまったことは残念です。
城址には学校が幾つも建っているようです。
[ 2013/03/29 09:48 ] [ 編集 ]
Σ いかちゃんへ
社用では余裕がありませんから観光なんて無理ですよね。
リタイアしたら時間はありますが
大事なものが無いので出歩けないし(+_+)
[ 2013/03/29 09:50 ] [ 編集 ]
Σ Imaipoさんへ
歴史を訪ねて街並み散策も好いものです。
今回は時間が無くて駅の近くだけを急いで回りました。
ゆっくりと歩きたい水戸です。
[ 2013/03/29 09:52 ] [ 編集 ]
Σ matsubaraさんへ
他の藩校名にも弘道館がありましたか。
どこでしょうね。
あとで探してみましょう。
藩校を訪ねることにも興味があります。
建物が少しでも残存する藩校は
全国にどれくらいあるでしょうね。
[ 2013/03/29 09:57 ] [ 編集 ]
Σ 三面相さんへ
甚大な被害を受けたそうですね。
古い建物なので地震には耐えられなかったということでしょう。
[ 2013/03/29 09:59 ] [ 編集 ]
Σ 熊取のおっちゃんへ
城址に建つ学校群なので、それなりの構えにしたのでしょう。
近江の五個荘でも小学校がこのような構えでした。
[ 2013/03/29 10:02 ] [ 編集 ]
Σ 大連三世さんへ
城址には学校が多かったですよ。
高校もあるようですが近くには行ってません。
城が広かったのですねえ。
[ 2013/03/29 10:04 ] [ 編集 ]
Σ 蓮の花2さんへ
そちらから関東は遠いですからねえ。
東海地方のSaas-Feeの風も
余程のことが無い限りは出かけません。
ハハハ、オフ会であちこち行っておりますか・・・。
来月は別の地域に出没しますよ(笑)
お楽しみに~~(^^♪
[ 2013/03/29 10:08 ] [ 編集 ]
Σ koruteさんへ
実は一日目に水戸から笠間に行っていますが
笠間焼のギャラリーで撮った写真に
ブログアップできるものが無くて
そのときの話を省略しております。
笠間焼のこともひとつのテーマになるのですけどね。
ぜひ、ゆっくりと水戸や笠間、
袋田の滝などをお訪ねくださいね、
[ 2013/03/29 10:12 ] [ 編集 ]
Σ Golfunさんへ
やはりショートカットできるのですね。
でも土地不案内ですから迷ってしまって
時間が過ぎると拙いですよね。
駅経由で正解ですね。
また機会を作って伺いたいです。
[ 2013/03/29 10:15 ] [ 編集 ]
Σ ktempleさんへ
三の丸小学校の隣が弘道館になっています。
このあたり、藩校の傍ということなのか
学校や図書館が建っています。
白壁も多いですね。
街並み、景観を考えてのことでしょう。
[ 2013/03/29 10:19 ] [ 編集 ]
Σ agewisdomさんへ
それだけ多くの場所に行っておられるということでしょう。
ゴチャゴチャになって、あれはどこだったっけ
これはどうだったっけ・・・
そんなことはしょっちゅうですよ。
[ 2013/03/29 10:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


スイス “花の村”グリメンツ
(撮影 2008年07月03日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR