花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


“雪舟庭のある常栄寺 山口市”からの続き

次にやま悠作さんに案内されたのは
大内氏の館跡に建つ龍福寺だった。
このお寺は大内氏31代当主 義隆の菩提寺でもある。

駐車場の近くにレトロな建物がある。
やま悠作さんに案内されて近くまで行ってみた。

“河村写真館”
いつごろの建築なのか知らないのだが
いまも現役だそうだ。

130423河村写真館-1


130423河村写真館-2

写真館のそばには“八坂神社”があるが
写真館正面の写真を撮るために
境内を少し歩いただけ・・・
拝殿には近づかなかったので写真は無い。

京都の八坂神社から迎えた分霊を祀った社であることを
後になって知った。


町家の並ぶ“萩往還道”沿いの菓子店

130423風月堂


酒造商家だった旧野村家の住宅で
現在は“山口ふるさと伝承総合センター”の
“まなび館”として利用されているとのこと。

130423まなび館-2

ここでは酒樽を茶室にしてあるそうだが
見学時間外になっていたためそれを見られず。
やま悠作さん
「この塀の向こう、そこにあるのですけどねえ・・」
実に残念な時間外であった

130423まなび館-1


そしてさらに少し歩くと龍福寺
寺の傍らから参道を見ると新緑のトンネルだ。

130423龍福寺門前


曹洞宗・瑞雲山龍福寺
山門

130423龍福寺山門


本堂

130423龍福寺本堂

本堂は国指定の重要文化財に
境内は“大内氏遺跡附凌雲寺跡”として
国の史跡になっているとのこと。

発掘された庭園跡を覗き
大内氏の時代に思いを馳せ
そして龍福寺を後にした。

これからこの日の宿舎、湯田温泉の“セントコア山口”に向かう。


【付録】

大内人形

50年近く前、当時お付き合いしていた女性から
山口土産としてもらったもの・・・

大内人形

箱は日焼けし朱印は消えかかっているが
人形自体には問題は無い。

箱の中の“大内塗りのしおり”の裏面に住所あり。

山口市下竪小路 山口県大内塗商工業協同組合>
<電話②0370番>

その住所を地図で調べると龍福寺の近くらしいことがわかった。
へえ~~50年弱の時空を超える因縁を感じるなあ・・と思った次第
ただ、それだけのことな、のでねっ

(撮影 2013年04月23日(火) 大内人形の写真を除く)

<次回はホテル“セントコア山口”を予定>

ここまでの様子はこちらで

“山口へ・・・岡山駅弁と姫路駅弁~(^^♪”
“新山口駅から山頭火の“其中庵”へ”
“コバルトブルーの別府弁天池 山口県美祢市”
“4年ぶり3度目の秋吉台を訪ねる”
“新緑の国宝・瑠璃光寺五重塔 山口市”
“ 静寂の瑠璃光寺 山口市”
“瑠璃光寺で見た変わり樹木 山口市”
“雪舟庭のある常栄寺 山口市”

スポンサーサイト



色々な所をよく歩かれていて素晴らしいです。
酒樽の茶室ですか、それは僕も見たかったです。
[ 2013/06/06 09:06 ] [ 編集 ]
おはようございます
50年前の大内人形、味がありますね
木箱が色がまたいいですね
[ 2013/06/06 09:34 ] [ 編集 ]
おはようございます♪
酒樽のお茶室、どこかで見た記憶が・・・
もう何でも、直ぐ忘れちゃうので困ってます(笑)
山口は母を連れて旅行したり、九州の娘の所へ行く前に、
一泊して観光したり、ツアーで行ったりと3度ぐらいは行ってますが、
まだまだ観光し切れてません(^^ゞ
もう一度は行こうと行ってるのですが、中々実行に至りません(^^ゞ
錦帯橋を見に行きたいのです。
前回、錦帯橋の目前で、フェリーの時間切れで見られなかったから(笑)
[ 2013/06/06 10:24 ] [ 編集 ]
山口
龍福寺、さすがに、大内氏ゆかりの寺だけあって、立派ですね。
レトロな写真館も、歴史を感じさせてくれます。

ブログ再開しましたが、さっそくご訪問をいただき、ありがとうございました。
また、よろしくお願いします。
[ 2013/06/06 12:03 ] [ 編集 ]
こんにちは~
レトロ調の写真館は風情がある建物ですね。
ここの建物には歴史があるように感じます。
[ 2013/06/06 18:24 ] [ 編集 ]
レトロな写真館
八坂神社よりレトロな写真館に惹かれたようですね。
たしかに正面はどうなってるのか気になりますね。
[ 2013/06/06 19:38 ] [ 編集 ]
こんばんは
山口には観光で行ったことはありませんが
歴史が残っていますね
[ 2013/06/06 20:03 ] [ 編集 ]
今晩は
写真館、お菓子屋さん、そして旧野村家住宅も
昔を思い出させる素敵な建物ですね。
龍福寺本堂の堂々たる佇まいが実に良いです。
発掘された庭園跡の写真もも見たい様です。
小生現役時代下松にある工場によく出掛けましたので、
多分40年以上前に買った大内人形を持っています。
[ 2013/06/06 20:50 ] [ 編集 ]
まあ可愛い写真館。どっしりとした名刹もいいですね。いいところなんですね。
[ 2013/06/06 22:05 ] [ 編集 ]
Σ 三面相さんへ
先日のテレビ旅番組(だったかな)で酒樽の茶室を紹介していました。
ほ~~これが見れなかった酒樽の茶室と・・・偶然なことでラッキーでした。
[ 2013/06/07 21:46 ] [ 編集 ]
Σ ヒューマンさんへ
日焼けしたところで人形の年月を感じています。
ずっと持ってて好かった、山口で再会したような気持ちです。
[ 2013/06/07 21:48 ] [ 編集 ]
Σ ベルさんへ
先日のテレビで酒樽の茶室を見ましたよ。
なかなか立派な造りなのでぜひ実物を見たいものです。
錦帯橋には数年前に広島の次に寄りました。
その後で萩、津和野、秋芳洞に行ったのですよ。
津和野ははじめてのことでした。
体調が好くなったら四国に行ってみたいなと思っています。
[ 2013/06/07 21:52 ] [ 編集 ]
Σ mcnjさんへ
今朝ほどブログに伺いましたが更新なさっておられませんでした。
ゆっくり始動なさってください。
Saas-Feeの風は思い切ってパソコンを発注しましたよ^(^^♪
[ 2013/06/07 21:54 ] [ 編集 ]
Σ 蓮の花2さんへ
いったいいつ頃の建物なのでしょうかねぇ。
この建物の中での人物撮影には風情があると思いますよ。
内部も拝見(見学)できると好いですね。
[ 2013/06/07 21:56 ] [ 編集 ]
Σ 大連三世さんへ
この写真館あたりでは夕刻遅くなっていましたから
あまりあちらこちらへと徘徊することが出来なかったのですね。
八坂神社は次回のお愉しみということで・・・(^^♪
[ 2013/06/07 21:58 ] [ 編集 ]
Σ 熊取のおっちゃんへ
歴史のある山口、そのなかでも選りすぐりをやま悠作さんが案内してくださいました。
感謝、感謝ですよ。
[ 2013/06/07 22:00 ] [ 編集 ]
Σ ktempleさんへ
境内にある館跡の復元現場にも寄ったのですが
写真を撮っていませんでした。
ここに紹介できなくて残念ですがやま悠作さんのブログで過去に紹介なさっていると思います。
40年前の大内人形には愛着をお持ちでしょうね。
Saas-Feeの風は学生時代から今日まで、ずっと保管していたのですよ(^^♪
[ 2013/06/07 22:04 ] [ 編集 ]
Σ agewisdomさんへ
この写真館の中で記念撮影をしたいですよ。
趣のある、格調のある写真になるのではないかなと思っています。
[ 2013/06/07 22:06 ] [ 編集 ]
こんにちわ ♪
ここまで来ると時間切れのところが多くて、困りましたね。
酒樽の茶室は、「いい色」の時にアップしましたが
残念ながら今は見ることができません。
それにしても克明な記録ですね。
いつでも感心しています。
[ 2013/06/10 14:25 ] [ 編集 ]
Σ やま悠作さんへ
見どころがたくさんありますから、半日で廻ることは無理ですよねぇ~(^^ゞ
やま悠作さんの運転で、好いところへ案内していただけて助かりました。
ありがとうございました。
お疲れになったことでしょう。
酒樽の茶室は次の訪問時の宿題ですね(^^♪
[ 2013/06/11 09:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


スイス “花の村”グリメンツ
(撮影 2008年07月03日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR