花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


近鉄(近畿日本鉄道)の内部(うつべ)線と八王子線は赤字路線のために
数年前からバス高速輸送システム(BRT)に転換することが検討されていた。

しかし地元の利用者は存続して欲しいと近鉄と四日市市に要望し
話し合いが続けられていたのだが数日前に
“近鉄と四日市市は両方の鉄道を存続させることで合意した”と報道があった。

赤字を税金で補填することには否定的意見があるだろうが
利用者にとっては朗報であったろうと思う。

この日、この沿線に用事があったので
電車を撮っておこうと思いカメラを持って出かけた。

近鉄四日市駅から支線として“湯の山線”“内部・八王子線”二線が出ている。

内部線と八王子線とは近鉄四日市駅から二つ目の“日永駅”で別れて
それぞれ“内部駅”と“八王子駅”に向かうのだ。

内部線は近鉄四日市駅と内部駅との間に6駅、5.7km
八王子線は日永駅と西日野駅との間に1駅、1.3km

その“日永駅”そばの踏切で撮った。

130424内部線内部行と八王子線四日市行

向かって右が“八王子線” 左が“内部線”

軌間が狭いっ
ナローゲージと呼ばれ軌間は762mm

JR在来線、小田急、東武、西武、相鉄、名鉄などは1067mm
新幹線、阪神、阪急、京阪、京成、京急、西鉄などは1435mm

これらと比較すると両線の軌間がいかに狭いことかがよく判る。
(近鉄には路線によって762mm、1067mm、1435mmの三軌間がある)

現在、国内でナローゲージを使っている鉄道は三重県内の三路線と
(残る一路線は三岐鉄道の北勢線(西桑名駅・阿下喜駅間))
黒部峡谷を走る鉄道とを合わせた四路線だけらしい。
だからそのうちに“撮り鉄”さんたちで賑わう沿線になるやもしれず。

因みに三岐鉄道北勢線も2003年までは近鉄の北勢線であった。


日永駅は無人駅

130924日永駅

“内部線”の近鉄四日市行が入線してきた。

130924内部線四日市行-1

車内をパチリッ

130924内部線四日市行車内

車幅が狭いから両サイド各一列の前向き座席だ。
ほかに通路を挟んで対面型の長いシート席の車両もある。

“八王子線”の“西日野行が入線してきた。
(向かって右側)
単線なのでこの駅で行き違いさせているのだ。

130924内部線四日市行八王子線西日野行

“内部線”の近鉄四日市行が出発していった。

130924内部線四日市行-2

日永駅そばの踏切で撮った“内部線”内部行

130924内部線内部行

運転手さんは車両の真ん中で操作しているんだねえ。

日永駅と終点の“西日野駅”との中間地点で撮った八王子線の西日野行

130924八王子線西日野行-1

の電車が通り過ぎる~

130924八王子線西日野行-2

地点よりも西日野駅寄りで
の電車が折り返してくるのを待って撮った近鉄四日市行

130924八王子線四日市行

西日野駅が終点の、この路線がなぜ“八王子線”なのか

それは昔は終点が“八王子駅”だったのだが
1974年(昭和49年)の豪雨で
線路と平行に流れる“天白川”が溢れ大洪水となり
西日野駅から先、八王子駅までが廃線となったからだそうだ。

そこで、こちらへ移住した当時の
30年近く前に見た“旧八王子駅跡”をもう一度見ようと
その場所に行ってみたのだがそれらしき跡が見当たらないのだ。

あたりを徘徊していると
地元のかたらしき女性を見かけたので訊ねてみたところ
「コンクリートで敷き詰めた空き地があったでしょう
あそこです」とのこと。

その場所はわかっていたが
そこには終着駅の跡らしきものが何も無かったのだ。
確か以前に訪ねた時には
枕木だったのか
車両止めだったのか
何かがあったと思ったのだけどなあ。
残念

・・・ということで
手術後、久しぶりにちょっとだけ歩きながら
写真を撮ってきた日であった。

腰も足も気にならずに歩けたよ~

(撮影 2013年09月24日(火) 下の3枚を除いてRICOH CX2)

スポンサーサイト
おはようございます
これは珍しいですね
軌道の幅が半分とは。座席も少ないはずですね
まずは安全第一ですね
[ 2013/09/25 08:08 ] [ 編集 ]
足腰が順調に回復のようで素晴しいことです。
これらの写真は貴重な記録になりそうです。
[ 2013/09/25 08:40 ] [ 編集 ]
おはようございます♪
電車道の砂利や枕木は、赤い錆色が鮮やかですねぇ~
あのサビは、車輪の一部?それともレール?から出るの?
子供の頃からの疑問を、今思い出しました(笑)
[ 2013/09/25 09:16 ] [ 編集 ]
内部線
最近は、ほとんど乗ることがありませんが、存続が決まって、良かったです。

四日市に来た、50数年前、小古曽、内部から、良く利用しました。
あのころは、乗客が自分の手で開閉して、乗り降りしていました。
路線も、内部発、湯の山温泉行で、線路も、直通でした。
近鉄で来た、観光客は、四日市で下車して、内部ー湯の山線に乗り換えたものでした。
mcnj達は、内部から、直通でしたが。
近鉄も、甘い汁だけを吸い過ぎずに、赤字路線の存続にも、努力すべきでしょう。
[ 2013/09/25 12:54 ] [ 編集 ]
ご無沙汰しました~。
こんにちは~。
先週ようやく実生活に復帰しました、これからもよろしくお願いします。

電車は時間に正確なので重宝しますね。
市街電車やバスなど時間が不正確なので困ります。

左右前向きの座席が良いですね、対面式は目の持って行きどころに困ります(笑)。
[ 2013/09/25 16:01 ] [ 編集 ]
こんばんは~
赤字路線は廃止路線として計画に上るので
困りますよね。
乗客の皆さんの利便性を考えて欲しいもの
だと、何時も思っています。
[ 2013/09/25 18:20 ] [ 編集 ]
よかったですね
こんばんは
快適に歩けたそうでなによりです。
おめでとうございます。
無理のない程度に散歩を楽しんでください。
一般に狭軌と言われているJR在来線より狭い軌道の路線があるとは知りませんでした。
カラフルでかわいい車両ですね。
[ 2013/09/25 18:51 ] [ 編集 ]
>腰も足も気にならずに歩けたよ~
よかったですね!
おめでとうございます。

ナローゲージ、確かに狭いですね。
車内の様子、こじんまりとして、可愛いです。

西武線にも、ユネスコ村行きの狭い電車がありましたが、
今ではモノレールに変わってしまいました。

まだ残っている所があるのですね。
貴重ですね。
[ 2013/09/25 21:14 ] [ 編集 ]
今晩は
素晴らしい写真を持っていますね。
水戸近辺の風景は殆ど撮り尽くしました。
古い写真は昔の情景が分かって面白いですね。
[ 2013/09/25 21:27 ] [ 編集 ]
なんてカラフルで可愛い電車なんでしょう。なんか遊園地の電車みたいですね。
沿線の光景ものんびりしていていいなあ。
[ 2013/09/25 22:19 ] [ 編集 ]
一両ごとに色が違うなんて、オシャレな電車
結構人も乗っていらっしゃって、三両も編成されているのに、存続が危ぶまれているんですね
効率化も必要だけど、それで失ってしまうものもあるんだなぁと最近、しみじみ感じます

これからいよいよ行楽シーズン
空は青いし紅葉も始まるし、うずうずしてきちゃいますよねっ
ゆっくりのんびり歩いて、だんだん慣らしてくださいませませ^^
[ 2013/09/25 23:28 ] [ 編集 ]
こんばんは (^o^)/
ナローゲージの路線、そんなに少ないのですか?
大井川鉄道の井川線、アプト式の線路としても有名ですが、そこもナローゲージだったような…?
それにしてもカラフルな列車ですネェ!
子供たちが歓声を上げそう!
大きさからしても、まるで遊園地の乗り物みたいです。
私が幼少のころの名鉄も、色んな色の電車が走っていたことを思い出しました。
[ 2013/09/26 00:05 ] [ 編集 ]
こんにちわ
鉄道に詳しくないけど
赤堀駅は結婚前によく利用しました。
初めて見るバスの様な座席と
無人駅で最初はびっくり。
そういえば北勢線も夏休み中は撮り鉄さんを
よく見かけました^^

腰の調子が良さそうで読んでいて
なんだか私もうれしくなりました。
[ 2013/09/26 08:15 ] [ 編集 ]
おはようございます
だいぶ良くなられたようでよかったですね
無理せず徐々にですよカラフルな車両が
楽しいですね。
[ 2013/09/26 08:29 ] [ 編集 ]
お早う御座います~
順調に回復に向かって居られるようですね。
近鉄も多種多様の会社が合併して出来ていますからね。
以前は大阪から名古屋に行くにも伊勢中川で乗り換えなくては成らなかったですね。
[ 2013/09/26 09:56 ] [ 編集 ]
手抜き!
お元気になられて良かったですね

JR北海道では軌道が広いだの狭いだのと大騒ぎ!
赤字だからと云って 手を抜かれたんでは 我ら乗客
たまったもんじゃありませんね!
[ 2013/09/26 11:13 ] [ 編集 ]
こんにちは~♪
北海道の JR は、考えられないミスばかり‥‥
あれも此れも、人の空洞化が問題らしいです!

其れと、安全に対する予算不足 (_ _;)
人事一新でしょうね!
[ 2013/09/26 17:13 ] [ 編集 ]
こんばんは
広軌と狭軌の二つと思っていましたが
もっと狭い軌道があったのですね
貴重な写真になりそうですね
[ 2013/09/26 19:01 ] [ 編集 ]
日ごとに恢復されてよかったです。
近場にこんな面白いテーマがあったのに
早く教えて欲しかったです。
3両別々の色とは面白いですね。
毎日名鉄ばかり見て飽きてきました。
名鉄も色々な色の電車が走っていますが、
配色は杜撰で、色は考えず足りなくなると
余っているものから連結しますので、
アンバランスです。
[ 2013/09/26 20:37 ] [ 編集 ]
Saas-Feeの風さん、こんばんは~♪
腰も足も気にならずに歩けたとのこと、
良かったですね。少しずつ、足を延ばして
これからの行楽シーズンを楽しんでくださいね。

線路幅ってどこも同じだと思っていたのですが、
三軌間もあるのですね。
線路幅に合わせ、車両もコンパクトにできて
いるようですが、バスのような前向き座席は、目の前に
人が立たないので、疲れた時などホッとできますね。

一両ごとに色が違う車両もカラフルで可愛いですね。
「あまちゃん」の三陸鉄道は一両編成でしたが、
こちらは三両編成。赤字路線とはいえ、まだまだ利用者が多い
ようですね。存続が決まって、何よりでした。
[ 2013/09/26 21:59 ] [ 編集 ]
おはようございます
カラフルですねぇ~~、秋空に映えますねぇ~~v-35v-34

一枚目の写真、ぶつかるぅ~~~!
見れば見るほど(>_<)ノ…ゾォォォォォ!!!
[ 2013/09/27 05:54 ] [ 編集 ]
鉄モケの可愛さ
軌間が阪急の半分ですか。なんと可愛い!。
車両毎に単色に塗り分けられ、飾り気は無いが鉄道模型のようですね。
鉄撮りの被写体として人気が出そうですが、あんまりそんな気配が無いのが不思議。
この車体なら、そんなにスピードも出せそうもないし、massanの様な“流し撮り”の初心者の被写体としてぴったりでしょう。
[ 2013/09/27 14:11 ] [ 編集 ]
Σ ヒューマンさんへ
鉄道模型の世界のようですかねえ。
ジオラマ風に撮ってみても面白かったかも。
今度はトライしてみましょう(^^♪
[ 2013/09/29 09:17 ] [ 編集 ]
Σ 三面相さんへ
なかなか全快しないのですよ~(-_-;)
長距離を歩けるか、それが問題です。
[ 2013/09/29 09:19 ] [ 編集 ]
Σ ベルさんへ
車輪とレールの摩擦によって双方が摩滅しますから
その粉体があたりに飛び散るのでしょうね。
枕木なんかも赤っぽくなっていますからねえ。
人体への影響は?なんて心配する近隣住民がいるのか、いないのか・・・
そんな話は聞いたことがありませんけどね(^^ゞ
[ 2013/09/29 09:23 ] [ 編集 ]
Σ mcnjさんへ
内部線と湯の山線とが直通だったなんて知りませんでした。
当時は近鉄四日市駅が地上駅だったのですね。
伊勢湾台風の前は駅はどこにあったのかなあ。
現在と同じ場所だったのでしょうか。
乗客がドアの開閉をしていたことも初めて知りました。
[ 2013/09/29 09:27 ] [ 編集 ]
Σ 筑前の国良裕さんへ
確かにっ!!
対面式座席では向かいにミニスカートの若い女性に座られると
眼を閉じて狸寝入りせねばなりません(^^ゞ

お身体をお大事に~、しばらくは養生しないとねっ(^^♪
[ 2013/09/29 09:30 ] [ 編集 ]
Σ 蓮の花さんへ
公営鉄道ならなんとか存続させられるでしょうが
利益追求型の私鉄だと存続問題が必ず出ますね。
利用客が多くない地域では存続が難しいでしょう。
[ 2013/09/29 09:33 ] [ 編集 ]
Σ 大連三世さんへ
ありがとうございます。
日によって歩けるとき、歩けない時がありましてねえ。
まだまだ完全復帰には至っていないのですよ。
1年くらいかかるかなってところです。

所謂狭軌よりも軌間の狭い鉄道は軽便鉄道と呼ばれて
その昔には各地にあったようです。
[ 2013/09/29 09:37 ] [ 編集 ]
Σ capucinoさんへ
そうそう、ユネスコ村への鉄道がありましたね。
話を聞いただけで、乗ったことはありませんけれど・・・。
いつもはがら空きの電車ですが
おかしなことにこの日は立っている乗客もいてびっくりしましたよ。
1時間に2本の運行ですね。

なかなか完全回復しないのですよ。
10月からはハイキングを再開したのですけど
まだまだ無理のようです。
[ 2013/09/29 09:41 ] [ 編集 ]
Σ Golfunさんへ
これらの写真は昔の写真ではなくて
この日に撮ってきたものです。
数年前からそのうちに撮ろうと思いながら
ずっと先延ばしにしていました。
存続問題が決着したので、それを機にってところです。
[ 2013/09/29 09:45 ] [ 編集 ]
Σ agewisdomさんへ
ハハハ、長閑な風景でしょう?
今でこそ線路の向こうに住宅が見えていますが
以前は田畑の間を走っていました。
Saas-Feeの風がこの地にやってきたころと比べると
ずいぶん開発されたのですよ、これでも(^^♪
おもちゃのような電車で
最初はちょっと面白かった(interestという意味で)ですよ。
[ 2013/09/29 09:50 ] [ 編集 ]
Σ きゃぶさんへ
満席で立っている乗客もいますね。
Saas-Feeの風がこの線を走る電車を見るときは
いつもがら空きの車両ですが
この日は午前11時ころ、どうしてこんなに混んでいるのかなって不思議でした。

いよいよ10月、ハイキングには絶好の季節になりますね。
幾つかの予定ありますが、果たして実行できるのかなあ・・・(^^ゞ
[ 2013/09/29 09:57 ] [ 編集 ]
Σ 慕辺未行さんへ
大井川鉄道井川線、当初はナローゲージだったようですね。
いつごろかに1067mm(だったかな)に変更したそうです。

内部・八王子線の車両の色は以前は統一されていたような気がします。
現在のようにカラフルになったのがいつのことだったのか
さっぱり思い出せません。
最初に見た時に唖然とした記憶がります。
[ 2013/09/29 10:02 ] [ 編集 ]
Σ はなスケさんへ
そうでしたか、赤堀駅・・・
ときどき近くの踏切を渡りますよ。
あのあたりもかなり変わりましたね。
最近は湯の山線も1時間に2本の運行になり
伊勢川島駅まで無人化されてしまってねえ。

以前は近鉄名古屋駅から湯の山温泉駅まで特急電車が運行されていましたが
それもいつの間にか廃止されていて・・
寂れる一方ですよね。
[ 2013/09/29 10:07 ] [ 編集 ]
Σ Imaipoさんへ
そのうちにキャラクターが描かれているようになったりしてね。
予算があればの話かな。
ゆるキャラ募集ってことも企画すれば好いのにね(^^♪
[ 2013/09/29 10:10 ] [ 編集 ]
Σ ma_kunさんへ
そうですね、合併を繰り返してきて広域を経営するようになりましたね。
統合してきた路線が赤字路線になってきて
それらを切り離すことになっています。
これまでは黒字路線でカバーしてきましたが
それでは賄いきれなくなったということでしょうかね。
[ 2013/09/29 10:14 ] [ 編集 ]
Σ 湘南ジージさんへ
JR北海道の現在のトラブルは酷いものですね。
安全第一の鉄道業なのに何をやってんだかねえ。
[ 2013/09/29 10:16 ] [ 編集 ]
Σ エゾモモンガさんへ
エゾモモンガさん、一発ドンと言ってやってくださいよ~。
ご当地の大問題ですよねっ(>_<)
[ 2013/09/29 10:18 ] [ 編集 ]
Σ 熊取のおっちゃんへ
廃止されていたら貴重な写真になったかもねっ(^^ゞ
これからは車体は一色でなくて
キャラクターを描けば好いなと思ってますが・・・。
[ 2013/09/29 10:21 ] [ 編集 ]
Σ matsubaraさんへ
そのうちに、そのうちにと先延ばしの写真撮影となっていました。
存続問題が一応の決着を見せたので
それならこの機に撮っておこうと
通院のついでに寄り道しながら撮ってきました。
カラー一色で無くてキャラクターでも描けばなあと思っているのですけどねえ。
[ 2013/09/29 10:25 ] [ 編集 ]
Σ hiroさんへ
なかなか好い状態が持続しなくて、ちょいと困っています。
一昨日は調子好かったのに昨日はまるでダメ・・・
今日はちょっと好いな・・・そんな毎日の繰り返しになっています。
10月にはハイキングの予定がありますが
またまたキャンセルかなあという心配があります。

関西を走る私鉄は広軌が多いのですよ。
(広軌ばかりだったかな)
就職して神奈川に行って初めて東京の私鉄に乗ったら
線路幅が狭いので驚いたことがありました。

明治時代、狭い日本だからと旧国鉄は狭軌に決めたようですが
東海道新幹線計画時に困ったような話を聞いたことがあります。

内部・八王子線は通勤・通学時間帯には
そこそこの乗客がいるのですが
それ以外の時間帯には疎らな乗客の姿、
赤字路線であるはずです。

Saas-Feeの風最寄りの電車の線は湯の山線といって
近鉄四日市駅から出ている支線ですが
こちらも同様で普段はがら空き状態、
昨年あたりから1時間位2本の運行に減ってしまいましたし
最寄り駅も有人から無人となっています。
[ 2013/09/29 10:38 ] [ 編集 ]
Σ いかちゃんへ
ぶつかりませんよ~
ヘッドランプ点灯の電車と点灯していない電車・・・
点灯車両はこちらへ、点灯していない車両はあちらへ・・・
お互いが反対方向に走ります。
[ 2013/09/29 10:41 ] [ 編集 ]
Σ massanさんへ
線路際に三脚立ててっていう光景は見られませんねえ。
そのうちに脚光を浴びるようになって
撮り鉄さんたちが集まってくるかもわかりません。

手許のリコーのコンデジにジオラマ風に撮る機能があるので
それを使って撮ったらどうかなと思っています。
機会があったらトライしてみようか。
[ 2013/09/29 10:46 ] [ 編集 ]
不思議なもので彼岸花は花屋さんでは売っているところは見た事がありませんが、リコリスとなると売っているのが面白いですね。
あの赤のあの形は日本人の深い処で
独特な思いを起こさせるのでしょうか~。
[ 2013/09/29 14:58 ] [ 編集 ]
あら”!!
見慣れた景色 我が家があるか探しました ない けど甥っ子の家がバッチリ写っています

愛する内部線と八王子線 廃止になってはと署名運動しました いろんな方が骨を折って下さり お蔭さまで鉄道を存続させることで合意 ホンマ良かったです

今はカラフルになり過ぎやね
情緒もないし品もない
レトロな色で手動ドアの列車が懐かしいです 
[ 2013/09/29 17:02 ] [ 編集 ]
Σ ラベンダーおばさんへ
確かに赤いヒガンバナは花屋さんに置かれていませんね。
忌の花としてヒガンバナを好まない人もおられると聞いていますが
そのことと関係があるのか、無いのか・・・。
赤いヒガンバナは日本古来の花
リコリスは外国(中国)から入ってきた花???
いやあ、詳しくは知りません(+_+)
[ 2013/09/29 19:22 ] [ 編集 ]
Σ yasuko♪さんへ
あれえ~~yasuko♪さんのご自宅は写真に写っているあたりなのですか。
もっと西の四郷か室山あたりと思っていました。
甥御さんのお宅ですか、どのおうちなんだろう???

カラフルになったのはいつごろからなのでしょう。
Saas-Feeの風がこちらにやって来たころには
こんな色ではなかったと思いますよ。
Saas-Feeの風もこのカラフルな車体には
ちょっとびっくりしました。
そのうちにもっと派手な車体になるかも。
[ 2013/09/29 19:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


スイス “花の村”グリメンツ
(撮影 2008年07月03日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR