花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


“朽木の名刹で紅葉を見る 滋賀県高島市”からの続き

“興聖寺”を出て“道の駅 くつき新本陣”の方へと戻るが
往きに使った国道367号を歩くのではなくて
国道と平行に走る細い道を使うのだ。

往きの国道には歩道が無いので
時折走るトラックや乗用車を気にしながら雨の中を歩いていた。

それらが全然通らないこの細い道は雨の中では実に都合が好い。

右手に道の駅を認識しながらさらに10分ほど進むと
左に古い3階建てのビルが見える。

“丸八百貨店”

131113丸八百貨店-1

1933年(昭和8年)建造の木造の洋館で
国の有形文化財に登録されている。

もともとは2階建ての百貨店だったそうで
1階で雑貨、本、新聞、下駄などが
2階では呉服が販売され
戦時中には屋上に防空監視哨が設置されていたとか。

現在は地域の女性グループが管理・運営しており
喫茶と特産品を販売している。

話を伺っただけ・・・
何も購入しないのに、お茶の接待を受けた。
申し訳ないなあ~。

131113丸八百貨店-2

このあたりは“朽木市場”と呼ばれ
城下町から陣屋町として発展し
若狭と京とを結ぶ“鯖街道鯖の道”として賑わったそうだ。

131113朽木鯖街道石標

酒造り・醤油造りの熊瀬家住宅
酒造りの松宮家住宅跡などが見られる。

131113朽木鯖街道古い街並み


ヴォーリーズ設計の旧郵便局舎
1938年(昭和13年)築

131113朽木旧郵便局舎

高島市の今津町で
同じくヴォーリーズ設計の建物を幾つか見たことがある。
そこには“今津ヴォーリーズ資料館”もある。
以前に“いい色ひろば”で写真をアップしたことがあるけど・・・
消滅してしまった。

近江八幡にもヴォーリーズ設計の建物があるね。

旧郵便局舎の前を左折して道なりに進むと
右側に“信長休憩跡地”の掲示板がある。
1570年、信長が越前・朝倉氏を攻めた時
お市の方の婿・浅井長政の離反にあい
朽木谷を通って京へ逃れたのだが
そのときに信長が休憩したとされる場所なのだ。
圓満堂跡地という。

でも、その説明板が掛けられているのみ・・・
写真省略

旧郵便局舎前に戻り、
先へ進むと安曇川の支流(と思う)北川が現れる。

赤い橋を渡ると左に“山神社”

131113朽木山神神社

オオ~~“山の神”を祀ってある。
「こりゃあ、参拝しておかねばっ」ってことでお参りする。
Saas-Feeの風っちでは“山の神”とは称さず
畏れ多い“風の神”なのである・・・ギャハハッ

各地に“山神社”(山神神社とも)があるようだ。
それだけ古代から偉大なる“山の神”(どっこいしょっ)を
崇めているということなのかな。
ハハハ、全然違っているだろうな、由緒は。


少し歩くと左に“朽木資料館”があり
朽木の歴史、文化財や民具が展示されている。
ここは明治に至るまで、
この地を領地としていた朽木氏の陣屋跡とされ
滋賀県の史跡に指定されている。

131113朽木陣屋跡

131113朽木陣屋跡スタンプ
(資料館にて記念のスタンプ)


朽木陣屋跡を出てからは
来た道を引き返し、途中で国道367号に出る。

“くつき温泉 てんくう”に向かうため国道を左折するのだが
曲がり角に普通の商店のようなスーパー“かねはち”があった。
覗いてみたら地元の名産“焼き鯖”があったので購入即決。

131113朽木鯖街道焼き鯖

体長約38cm 重さ約380g  880円

こちらは衝動買いの“身欠きにしん”

131113朽木鯖街道身欠きにしん

“焼き鯖”は帰宅してすぐにビールの肴にしたよ。
塩辛さが無くて香ばしくてねえ~旨かったよ~。

包装に記してある・・・
“外はパリパリ
中はジューシー
生姜醤油でそのまま食べて
明日の分はありません”

生姜醤油では食べなかったな。
そのままで旨いよ。

衝動買いの“身欠きにしん”
山の神からは「ごちそうしてねえ~」って要請あり。
「調理方法を調べねばっ」と思いながら数日経過してしまった。


“かねはち”を出て“安曇川”(あどがわ)を渡る。

左側(南)

131113安曇川-1

右側(北)

131113安曇川-2

南は青空が出て来たが北は少し陽射しが出たものの雲が多い。
時折、傘を差しながら歩く。

“かねはち”を出て“くつき温泉 てんくう”まで
歩いて歩いておよそ50分
終盤の旧道の急な山道がきつかったのだが
ようやく到着して“ひとっ風呂”

131113朽木てんくう温泉

色紙は左から荒木由美子さん、阿藤快さん、彦摩呂さん

“道の駅 くつき新本陣”から“くつき温泉 てんくう”まで
およそ9km 2時間半のハイキングであった。

<この項 おしまい>

(撮影 2013年11月13日(水) RICOH CX2)

スポンサーサイト
こんにちは♪
郵便局は、ポストだけは今も営業中でしょうか?(笑)
古い建物は心和みます。
愛媛にも内子の方で、焼き鯖の有名な所が有ります。
欲しくなっちゃったなぁ~v-229
今度通ったら買ってこよう(^^♪
[ 2013/11/18 16:24 ] [ 編集 ]
百貨店
Saas-Feeの風さん こんにちは~。
金沢、福井、舞鶴など出張で行った折も、このあたりは通らず今まで縁が薄いところです。
あまり近代化の波が影響していない感じでのんびりしていますね。
今の百貨店に比べると可愛いですね(笑)。
[ 2013/11/18 17:03 ] [ 編集 ]
こんばんは~ ♪
楽しい旅でしたね!
懐かしそう建物が、沢山ありますね~♪

此れだけの写真と記事内容なら
エゾモモンガなら、記事四つ分 (^_^;)

身欠きにしんは、ニシン漬けにするか‥‥
そのまま、食します!
  

[ 2013/11/18 17:06 ] [ 編集 ]
朽木鯖街道
お久しぶりです。相変わらず、良く歩いていらっしゃいますね。
琵琶湖の東側で生まれ育った身としては、戦中戦後交通も不便で、湖西のこの辺りはまさに秘境の印象でした。
「いい色」の頃だったか、一筋違う鯖街道、熊川宿を歩いたのを思い出しました。
琵琶湖は鮒寿司だけれども、近江と若狭の辺境では焼鯖寿司、日本海なのですね。
[ 2013/11/18 17:24 ] [ 編集 ]
焼き鯖
お隣ですのに、滋賀県のことは知らなさすぎます。
彦根城あたりはよく行きますが、他を知らない
のです。

でも焼き鯖は簡単に手に入りますのでよく
買います。
[ 2013/11/18 17:31 ] [ 編集 ]
さすが「焼き鯖」のご購入
グルメは違うなぁ。きっちりと「焼き鯖」をお土産にお帰りとは。
行った同じ道を戻ったり、とコース的にはイマイチでしたが、丸八百貨店からベンガラ塗りの熊瀬家住宅やヴォーリース設計の旧郵便局舎の辺り、短い距離でしたが雰囲気の良い所でした。、
それにしてもお身体がもとに戻られましたようで、良かったですね。「くつき温泉てんくう」も神経痛・筋肉痛・関節痛に効能ありとか…
[ 2013/11/18 17:54 ] [ 編集 ]
まぁ~
お元気になったので 早速ハイキングですね
健康って有難いです

人の姿が見えませんが、お天気が悪いからかしら? 山神社 ふふふ そりゃ~参拝しないとあかんでしょう 後々のために^^

ヴォーリーズ設計の旧郵便局舎は、あまり洋館らしくないですね 当時はこれでもお洒落な建物だったのかな? 新島襄の母校・アーモスト大学と同志社大学との交流のシンボル アーモスト館も彼の建設だったような...違ったかな??

焼き鯖 鯖寿司旨いよね 直ぐ食べれるのは主婦は魅力です
けど、身欠きにしんは困るぅ(>_<) 
[ 2013/11/18 18:49 ] [ 編集 ]
今晩は
滋賀県は素敵な所が多いですね。
何時も通過するばかりでした。
朽木陣屋跡興味がありますね。
[ 2013/11/18 20:43 ] [ 編集 ]
この時代の建築に心ひかれるものがあるのは一部がリアルタイムで生きている光景だからでしょうか。幼い時の記憶の断片を見るようで懐かしい。
夫がこの鯖を見たらよだれをたらすでしょうね。
[ 2013/11/18 21:51 ] [ 編集 ]
こんばんは
9kmも歩ければ山にも十分登れますよ
道の駅は遠征時の車中泊に利用させて
頂いていますよ
[ 2013/11/18 22:18 ] [ 編集 ]
Saas-Feeの風さん こんばんは~♪
よく歩かれましたね。
古い静かな街並みは郷愁を誘われますね。
国の有形文化財に登録されているという
レトロな丸八百貨店。
当時はモダンな建物だったのでしょうね。
安曇川の風景も素晴らしいですね。
お土産の焼き鯖、とても美味しそう!
身欠きにしんは戻すのに時間がかかりますが、
煮物にすると美味しいですね。
滋賀県は琵琶湖の東側しか行ったことが
ありませんが、西側にも良い所が沢山ありそうですね。
近くだったら訪ねてみたいです。
[ 2013/11/18 22:43 ] [ 編集 ]
おはようございます
今朝の大阪は嵐のようです、風邪が強く小雨がひょうのような音で。。。


今日はこの記事の方面へ、紅葉探し。。。

寒そうぉ~~~
[ 2013/11/19 05:33 ] [ 編集 ]
おはようございます~
鯖街道の名前だけは知っていますが古い町並みは知らなかったですよ。
我が家をリホーム中で娘の家に居候中です。
娘のノートパソコンからコメントしています。

[ 2013/11/19 06:30 ] [ 編集 ]
おはようございます
私も鯖街道の名前は知ってます
歴史を感じる家屋が沢山ありますね
見応えがある地区ですね。
[ 2013/11/19 08:13 ] [ 編集 ]
この秋のきれいな色の良い時期にいい旅をなされましたね。
この様な所をゆっくり歩きたいものです。
[ 2013/11/19 09:15 ] [ 編集 ]
丸八
丸八百貨店はかわいいらしい百貨店ですね。
大阪時代に仕事で数回行ったことはありますが
あまりなじみのない地域です。
歴史的には古くから開けた街道筋のようですね。
[ 2013/11/19 10:29 ] [ 編集 ]
今日は
丸八百貨店は木造建築ではないのかと思われる程しっかりした建物ですね。
昭和8年と小生が生まれた翌年建たった新しい建物でも国の有形文化財に登録されるのですね。人間とは大違いですね。
そういえば小生の長野の家は明治の初めに建てられた家で、周囲にも古い家は少なくなってきているので、維持は大変ですが我慢して持っていれば
市の有形文化財位にはなりますかねー?
[ 2013/11/19 16:25 ] [ 編集 ]
Σ ベルさんへ
旧郵便局舎の前から信長休憩跡地に向かう途中に
現在の郵便局がありました。
真向いにあたるようですけどね。

あの時・・・三面相さんに案内されて内子に行きました。
焼き鯖のことは知らなかった・・・。

今朝、犬の散歩で川沿いを歩いていたら
遠方の桜の木陰で迷彩服を着た(あとで女性と判った)人が見えた。
あ、カワセミ狙いっとゆっくり近寄ってみると
長いレンズをつけたカメラでこちら側のカワセミを狙っていた。
Saas-Feeの風が着いてから
30秒もしないいうちにカワセミは上流へ飛びましたけどね。
やはり長いレンズが欲しいなあと、その時に思いましたね。
[ 2013/11/22 10:13 ] [ 編集 ]
Σ 筑前の国良裕さんへ
このあたりは幹線から外れていたということでしょうかね。
鯖街道で人や物資の往来が賑やかだった時代とは違っているのかな。
[ 2013/11/22 10:15 ] [ 編集 ]
Σ エゾモモンガさんへ
ハハハ、長すぎた?

身欠きにしん、持ち帰ったままで放置状態です。
レシピさがさなくっちゃと、今になって慌てております。
[ 2013/11/22 10:17 ] [ 編集 ]
Σ kurakameさんへ
ご無沙汰ばかりしております。
時どきブログ拝見して読み逃げしていますよ(^^ゞ

鮒ずし、一度だけ口にしたことがありますが
もうけっこうですってところでした。
寿司は大好きですが、鮒ずしだけはダメですねえ。

尾鷲の道の駅で焼き鯖寿司を見ました。
紀南にもあるのですねえ。
[ 2013/11/22 10:20 ] [ 編集 ]
Σ matsubaraさんへ
滋賀県はこちらでもお隣ですね。
琵琶湖までは遠いですよ。
彦根城には何度か行っています。
湖東、湖西ともに風光明媚なところがたくさんありますね。
琵琶湖一周しても面白いと思いますがトライするには体力が要ります。
[ 2013/11/22 10:24 ] [ 編集 ]
Σ 水谷一夫さんへ
立ち寄りを強制して申し訳ないです(^^ゞ
ホームページの写真を拝見して
やはり撮っておられたなと思った写真は
くつき温泉てんくうへの入り口の看板と紅葉です。
帰り際にバスで通るときに見て
撮っときゃ好かったなと悔やみました。
これが道?と思うような山道に気をとられてしまって
あの看板を素通りしていました。
[ 2013/11/22 10:29 ] [ 編集 ]
Σ yasuko♪さんへ
そうですねえ、人通りはあまり無かったような・・・。
雨の影響もあったかもわかりません。
歩いているのはハイキング仲間ばかりだったかも。

ヴォーリーズは近江八幡で亡くなったのでしたっけか?
琵琶湖周囲には彼の設計した建築物が多いですよね。
国内各地にあるようですが琵琶湖近隣のものしか知らないのですよ。
アーモスト館のことも知らなかった。
調べておきますね。
[ 2013/11/22 10:34 ] [ 編集 ]
Σ Golfunさんへ
滋賀県はお隣なんで、行くことは多いし
通過することも多いですよ。
琵琶湖とその周囲の見どころでしょうね。
学生時代は泊りがけで泳ぎに行ったこともありました。
[ 2013/11/22 10:39 ] [ 編集 ]
Σ agewisdomさんへ
各地に残る昔の建物を見て廻ることも
ハイキングの愉しみのひとつです。
見たからどうってことも無いのですが
最近の無機質な建物ばかりが目に付く街にいると
昔の木造の建物に郷愁を感じますよ。
[ 2013/11/22 10:43 ] [ 編集 ]
Σ 熊取のおっちゃんへ
平地の9kmなんて山歩きに比べると
まったく問題にならないくらいの容易さですよ。
足裏に前科もあることだしなあ。
[ 2013/11/22 10:45 ] [ 編集 ]
Σ hiroさんへ
この通りには水路があって、脇に柳並木があるのですよ。
雨のこともあって写真が撮りにくく
結局、撮らないうちに通り過ぎてしまいました。
残念なことをしました。
安曇川は滋賀県内では大きな川のひとつです。
天気が好ければ山並と安曇川との光景がきれいに撮れていたと思います。
身欠きにしんのことをすっかり忘れていて
持ち帰ったまま放置状態になっています。
レシピを探さねばと焦っていますよ。
[ 2013/11/22 10:54 ] [ 編集 ]
Σ いかちゃんへ
いかちゃんが歩いた日はこちらもメチャクチャ寒かった。
鶴喜そばに寄ったら好かったのにい~~(^^♪
[ 2013/11/22 10:56 ] [ 編集 ]
Σ ma_kunさんへ
リホーム中だったのですね。
大変ですね。
でも新装なった中で好い年末年始になりますよ。
[ 2013/11/22 10:58 ] [ 編集 ]
Σ Imaipoさんへ
昔の賑やかだった街道には風情ある建物が残されていますね。
維持するのは大変でしょう。
観光の人にとってはありがたいことですね。
[ 2013/11/22 11:01 ] [ 編集 ]
Σ 三面相さんへ
秋になって歩くつもりでいたら
急に冬になってしまった。
好い時節には歩けずにいたことが残念ですよ。
[ 2013/11/22 11:03 ] [ 編集 ]
Σ 大連三世さんへ
昔は賑やかな街道だったのですよね。
短い距離でしたが、
この鯖街道で好い風情を味わってきました。
雨の中もまた好し・・・です。
[ 2013/11/22 11:06 ] [ 編集 ]
Σ ktempleさんへ
昔の建物を維持して管理することは
大変なご苦労があると思いますよ。
有形文化財になったら、
余計にそのご苦労が増大するのではありませんか。
補助金は出るのでしょうかねえ。
[ 2013/11/22 11:09 ] [ 編集 ]
今古い町並みなどこぞって保温されていて、いいことだと思います。でも木と紙が主体の日本の遣欧物を残すことは西欧以上の心遣いが必要でしょうね。
鯖は大事な蛋白源、脂がのってすごいごちそうだったのでしょうね。
[ 2014/04/02 20:55 ] [ 編集 ]
Σ agewisdomさんへ
古い町並みを保存しているところが増えましたね。
こちらは旧東海道の四日市宿があったところですが
街道沿いにはそのような民家が殆ど無くて保存が上手くできなかったのだろうと思っています。
維持管理が大変でしょうからねえ。
あれば少しは観光に寄与していたかもわかりません。
鯖は若狭から京へ運ばれたということですから
貴重品であったのかも。
[ 2014/04/03 13:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


マッターホルン
(撮影 2006年07月12日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR