花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


“埼玉ミニミニオフ会・飯能篇 その4 能仁寺から観音寺へ”からの続き


飯能の大通り商店街に
市の有形文化財に指定されている“店蔵絹甚”がある。

リーフレットによると
飯能界隈は絹織物産業で栄えたところで
“絹甚”は江戸時代から飯能で商いをし
明治になってからは絹関連品を扱っていたとのこと。

1904年(明治37年)築

130221飯能絹甚

飯能では“飯能ひな飾り展”の真っ最中
各商店の店頭にひな飾りが見られる。

この“店蔵絹甚”の店内には
御殿雛や吊るし雛が展示されていた。

130221飯能絹甚ひな飾り-1



130221飯能絹甚ひな飾り-2

内庭(かな?)の土蔵を覗くと
そこにもひな飾りがあった。

130221飯能絹甚ひな飾り-3


“飯能ひな飾り展”のシンボル
雛段絵図

130221飯能絹甚ひな飾り-4

紙に書かれた絵ではなくて織物なのだ。


土蔵脇に置いてあった“土戸”

130221飯能絹甚土戸

写真では1枚しか見えていないが
実際には同じような土戸が何枚も波板の陰に隠れている。

掲示によると店の出入り口は格子戸になっていて
火災時にはその格子戸の外側にこの土戸を嵌めて
外からの火の侵入を防ぐという。

店内に並ぶひな飾りに眼を奪われて
“絹甚”の建物の探訪を忘れてしまっていた。
残念!

“店蔵絹甚”を出てからは
capucinoさんと一緒に商店街を散策
大通り商店街から銀座商店街へ
どの店も昔から続いているのだろう。
そんな商店や建物の写真を撮っていた。

130221飯能の街


パン屋さんにて

130221飯能パンひな飾り

15時半ごろに西武池袋線・飯能駅でcapucinoさんとお別れした。

2008年10月30日に川越を案内してくださって以来
capucinoさんに4年4ヶ月ぶりにお目にかかったことになる。

以前と変わらずお元気で何よりのこと
またお目にかかれる日を~
スイス・・・三度目のご一緒を・・・も、好いなあ~。

(撮影 2013年02月21日(木) RICOH CX2

<次回は埼玉ミニミニオフ会・川越篇>

2月17日からここまでの様子はこちらで

<概要・水戸到着まで篇>
“水戸から東京、そして飯能、川越へ~(^^♪”
“さあ~水戸へ行くぞお~しゅっぱ~あ~つ!!”

<水戸ミニミニオフ会篇>
“もりそばとあさりご飯 JR水戸駅の水戸庵”
“雨の千波湖畔に水鳥たちが集まってきた・・・何故か消防車もっ!”
“BAR MELS  茨城県笠間市”
“水戸のあんこう鍋に舌鼓~~(^^♪”
“大洗磯前神社から弟橘比売神社へ”
“那珂湊おさかな市場・海花亭の“八色海鮮丼””
“水戸東照宮”
“水戸駅周辺を歩いてみる”
“水戸黄門神社 光圀公生誕の地”
“この日の水戸・最後のコースを歩く 弘道館から水戸駅へ”

<大江戸オフ会2013篇>
“大江戸オフ会2013 その1 谷中のB&B・澤の屋に到着す”
“大江戸オフ会2013 その2 道に迷って迷って・・居酒屋“すみれ”へ”
“大江戸オフ会2013 その3 湯島天神”
“大江戸オフ会2013 その4 東京駅で記念写真だあ~~\(^o^)/”
“大江戸オフ会2013 その5 月島でもんじゃ焼きだあ~(^^♪”
“大江戸オフ会2013 その6 勝鬨橋から築地へ~そして・・・(^_^)/~”

埼玉ミニミニオフ会篇>
“埼玉ミニミニオフ会・飯能篇 その1 “暖らん”の“ちらし寿司御膳””
“埼玉ミニミニオフ会・飯能篇 その2 天覧山に登る”
“埼玉ミニミニオフ会・飯能篇 その3 奥武蔵の地酒“天覧山””
“埼玉ミニミニオフ会・飯能篇 その4 能仁寺から観音寺へ”

スポンサーサイト
プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


マッターホルン
(撮影 2006年07月12日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR