花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


旧東海道の四日市宿と石薬師宿との間にある“日永の追分”は
東海道と伊勢道との分岐点で
三重県指定の文化財(史跡)になっており
右の東海道(現在の国道1号で写真 奥が京へ)と
手前の伊勢道(写真 左が伊勢へ)とに挟まれた位置にある。

140519日永の追分-1


道標と常夜燈

140519日永の追分-2

鳥居

140519日永の追分-3

桑名の“七里の渡し”近くにある“一の鳥居”に対し
こちらは“二の鳥居”とされている。

案内によると
初代が1774年に建てられ
現在のこの鳥居は九代目で
1973年の伊勢神宮式年遷宮の際に
伊雑宮の鳥居を移建したものとのこと。

伊雑宮(いぞうぐう いざわのみや)は
伊勢神宮内宮の別宮のひとつ。


手水所

140519日永の追分-4

伊勢神宮参拝の清めの湧水。

写真を撮っている間にも
20リットル容器やペットボトルを抱えた人たちが
次々にやってきて汲水していた。

東海道側から撮った追分

140519日永の追分-5

このあたりでは国道1号となっているが
“日永の追分”の手前までは国道1号と平行した
いかにも旧東海道らしく細い道が続いている。

“日永の追分”から桑名へ2kmほどのところにある
天白川の橋のたもとから見た旧東海道の街並み。

140519旧東海道

この写真を撮っていると
向こうから歩いてきた若い男性に声をかけられ
しばらく話をしていた。

前のページ(“花名が判らなかったけれど・・・”)に
コメントをくださったF.Hさん。
暑い中を黒っぽいスーツに長袖のワイシャツ姿で
いかにも外回りの営業マン・・・と思ったら・・・
やはりそうだった。


旧東海道にはわずかに四日市宿らしき佇まいが残っているので
そのうちに歩きながら写真を撮ってみたいと思っている。

こちらに来た当初のこと
小学生だった次男に夏休みだったか
旧東海道に関する宿題が出たことがあって
車で常夜燈や石標を探しながら街道を走ったことがあった

あれからでも30年近く経っているから
街道の家屋の建て替えが進み
昔からの町家が少なくなっていることだろうな。

(撮影 2014年05月19日(月) PENTAX MX-1


オマケ

桑名、“七里の渡し”のそばに建つ“一の鳥居”

091005七里の渡し鳥居C755UZ 

“七里の渡し”とは旧東海道唯一の海上路の
宮宿(名古屋市熱田区)から
桑名宿(桑名市)までの渡しのこと。

(撮影 2009年10月05日 OLYMPUS C-755UZ

東海道53次之内
宮宿 42番
桑名宿 43番
四日市宿 44番
石薬師宿 45番

スポンサーサイト
今晩は
追分と聞くと信州生まれの小生は信濃追分を思い浮かべるのですが、
調べると「追分は、道が二つに分かれる場所をさす言葉」とのことですから
あちこちにあるわけですね。
日永の追分の道標の立派なのに驚かされます。
二の鳥居が九代目とは以外に鳥居も何度も作り替えられるのですね。

[ 2014/05/23 19:29 ] [ 編集 ]
それでも狭い道の両側に並ぶ家はなんとなく古風な趣が感じられますね。昔の道は、大礒なんかもこんな風でしたっけ。子供の頃には大きな道だと思っていたのに、行ってみると狭くてびっくりしたりします。新宿にも追分はありましたね。生きているうちにこんなに景色が変わるとは思っていなかったのでこういう景色を見ると無性に懐かしく思います。
[ 2014/05/23 20:31 ] [ 編集 ]
なつかしい
こんばんは (^o^)/
ここ日永交差点は私が学生時代、友達に誘われ日雇いの『交通量調査』のアルバイトに応募し、実際に調査したところです。
そして昼食の弁当を他の調査員とともに、あの鳥居のあるところで食べたことを思い出しました。
もう30年以上昔のことですが、朝6時から夕方6時まで日当8000円で小遣い稼ぎしました。
[ 2014/05/24 00:24 ] [ 編集 ]
おはようございます
追分 新宿追分があります
追分だんごなんてのもありますね
若い人は意味を知っているのでしょうかね
[ 2014/05/24 09:23 ] [ 編集 ]
こんにちは~
全部歩いて回られたのですか?
昔はこの街道を旅人が行き交ったのですね~
一度街道歩きをしてみたいな~と思うのですが
時間と脚力がありません・・・・・
[ 2014/05/24 10:09 ] [ 編集 ]
街道
東海道
テーマにするには壮大でいいですね。
私も中山道や日光例幣使街道を辿ってみたいという気持ちはありますね。
[ 2014/05/24 19:24 ] [ 編集 ]
桑名に行った時、七里の渡しの近くにある鳥居の
大きさには驚きました。写真を撮ればよかったです。
鳥居は被写体としてつまらないと思い止めました。
七里の渡しの鳥居は特別ですのに・・・
今頃悔やんでいます。
[ 2014/05/24 19:54 ] [ 編集 ]
Saas-Feeの風さん、こんばんは~♪
追分と聞くと時代劇や江差追分、
リンゴ追分等を思いだしますが、
街道の分岐点のことを言ったのですね。
日永の追分は大きな街道の分岐点なので、
昔から栄えていたのでしょうね。
道標と常夜燈は当時の面影を残していますね。
鳥居がありますが、昔はこの鳥居をくぐって
お伊勢参りに行っていたのですね。
鳥居は九代目だそうですが、
以外に多くかけ替えられるのですね。
清めの湧水でいれたコーヒーやお茶は
美味しいのでしょうね。
[ 2014/05/24 21:35 ] [ 編集 ]
お早うございます♪
9代目の鳥居、どうも木製なんですね(^^)
最近の鳥居は、コンクリートや石で出来たものが多いので、
木で出来た鳥居を見ると、ホッとします。

ここまで書いて、気になり調べてみたら、面白いサイトを発見(^^)
この<七里の渡し>の鳥居はリサイクル?・・・

http://www.geocities.co.jp/NatureLand/2834/pref/mie.htm
[ 2014/05/25 09:22 ] [ 編集 ]
追分の湧き水は美味しいと地元では知られています
毎週 湧き水を汲んでコーヒーを点ててる拘り喫茶店もあるようです
私も水頂きましたが、よく解りません 味オンチ(>_<)

(“花名が判らなかったけれど・・・”)にコメントをくださったF.Hさんと遭遇....まぁ~道端で そんな偶然があるんですね
彼だとよく解りましたね^^
[ 2014/05/25 09:47 ] [ 編集 ]
お早うございます
郷里が九州で東海道本線から寄り道をするのは希でした。
伊勢神宮を参拝し二見ケ浦を見物したのは60年前で
ほとんど記憶に残っていません。
そちらには歴史的遺産は多いでしょうね。
[ 2014/05/25 12:03 ] [ 編集 ]
日永追分
歩いて行かれましたか。
サラリーマン時代、社宅にいたころ、毎朝、ここを通って、出勤しておりました。
昔は、国道1号と、23号の交差点て、渋滞の難所でしたが、その後、バイパスができて、緩和されました。
そのころは、旧東海道も、あちこちに、松並木があって、面影がありましたが、今は、少なくなりましたね。
[ 2014/05/26 00:53 ] [ 編集 ]
ここの周辺はよく知らないので一度ゆっくり見たいです。
サンプリンセスの旅を楽しみました。
昨日高知に帰ってきましたが
庭の雑草が凄いのに驚きです
しばらくは雑草との格闘もしなくってはですが
今日は雨になってそれもままなりません。
夢の世界から厳しい現実の世界です。
[ 2014/05/26 10:05 ] [ 編集 ]
Σ ktempleさんへ
宿場町のはずれには追分がありますね。
こちらの近くには旧東海道の関宿に追分があります。
写真の道標はいつ頃建てられたものか・・・
けっこう新しい道標に見えました。
[ 2014/05/27 05:53 ] [ 編集 ]
Σ agewisdomさんへ
旧東海道の四日市宿には昔の街並みを想わせる建物が少しだけ残っています。
こちらに来た当時には、もう少し多かったはずなのですが
やはり老朽化のために改築が進んでいるようです。
新宿追分の名は聞いていましたが、それがどのあたりなのかしらないままでおります。
[ 2014/05/27 05:58 ] [ 編集 ]
Σ 慕辺未行さんへ
ほお~~、そんなご経験がありましたか。
12時間で8000円・・・
当時の学生アルバイトの相場からは、かなり高かったのでしょうか。
Saas-Feeの風も交通量、いえ通行人数調査のアルバイトをしたことがあります。
ナンバのデパートの入り口でした。
学生服を着て椅子に座って・・・
バッジが襟に付いていますから、通行する人にはどこの学生なのか判るのですよ。
[ 2014/05/27 06:03 ] [ 編集 ]
Σ ヒューマンさんへ
新宿追分ってどのあたりでしょうか。
新宿にはかなり行ってましたが、新宿追分のことを思い出せません。
こちらには旧東海道・関宿に追分があります。
確か、西と東の双方に残っていたはず・・・。
[ 2014/05/27 06:06 ] [ 編集 ]
Σ IKUKOさんへ
この日は買い物に出た時、大型電気店の駐車場に車を停めて天白川の橋のたもとまで歩き、
その後に車で日永追分近くのコンビニに行って車を置いて
史跡まで歩いた・・・
それだけなのですよ。
歩くと小一時間はかかるでしょうね。
それくらいなら歩けますが、時間に余裕が無かったので・・・。
[ 2014/05/27 06:11 ] [ 編集 ]
Σ 大連三世さんへ
岐阜と長野の中山道は何度も歩いていますが
昔ながらの街道が好い景色になっています。
旧東海道でも松並木の続くところがあります。
愛知だったか静岡だったか・・・
そこは一度だけ歩いたことがあります。
[ 2014/05/27 06:14 ] [ 編集 ]
Σ matsubaraさんへ
七里の渡しの鳥居近辺はきれいに整備されていましたね。
4年半前に歩いていたことが、
本文に載せた鳥居の写真を見て判りました。
月日の経過は早いものです。
もう一度桑名駅から歩きたいと思います。
[ 2014/05/27 06:19 ] [ 編集 ]
Σ hiroさんへ
日永追分の昔は、伊勢参りや京へ上る人たちでおおいに賑わっていて
街道沿いに旅籠や茶店が並んでいたそうです。
今はごく普通の国道沿い風景ですけどね。
道標と常夜燈はけっこう新しいように見えましたが
市の広報ページの説明には江戸時代のものとして紹介してあります。
そのものが↑写真の道標と常夜燈であるか否かが判然としなかったので
ここでは明記しませんでした。
写真を撮っている間に、汲水のかたたちが絶えることが無かったので
人気のある湧水なんだなあと思っていました。
お茶やコーヒー、紅茶にお使いなんでしょうね。
炊飯にも好いのでしょうね。
[ 2014/05/27 06:28 ] [ 編集 ]
Σ ベルさんへ
そうなのですよ、移建なのです。
日永の追分の鳥居もそうだし、桑名・七里の渡しの鳥居もそうだし・・・。
先日、伊雑宮の遷宮神事があったとの報道がありました。
またリサイクルがあるのかなって記事を読みながら思いましたよ。
[ 2014/05/27 06:31 ] [ 編集 ]
Σ yasuko♪さんへ
やはり美味しいのでしょうね。
腰が悪いから大きなタンクに汲水しても持って帰れない~~(+_+)
関ケ原あたりでしたかねえ、伊吹山近くにも美味しい水が湧き出ていて
こちらから汲みに行く人があるとか・・・。
20数年前に偶然立ち寄ったことがありました。
そばに小さな神社があったなあ。
F.Hさんのことですが、天白川で出会ったほうが先で
花の記事にコメントをくださったほうが後なのですよ(^^ゞ
記事が相前後しているので・・・ややこしかったですねm(__)m
[ 2014/05/27 06:38 ] [ 編集 ]
Σ Golfunさんへ
60年前・・・Saas-Feeの風が小学校の修学旅行で伊勢志摩に行ったのは
60年近く前になると思います。
当時のことは覚えていませんねえ。
五十鈴川で水を手にすくった記憶は残っています。

こちらにお出かけくださいね。
60年ぶりの参拝に・・・。
待ってますよ~(^^♪
[ 2014/05/27 06:43 ] [ 編集 ]
Σ mcnjさんへ
社宅あたり、最近になって毎日の病院通いで国道1号を通り
病院近くの社宅の集まる場所が取り壊されていることに気づきました。

mcnjさんは、あの近くの社宅にお住まいだったのですね。
弟の若いころ、あの場所の社宅におりましたよ。

松が一本だけ立っているところがありますね。
その写真を撮るつもりでしたが
車を停める場所が無くて通過してしまいました。
[ 2014/05/27 06:50 ] [ 編集 ]
Σ 三面相さんへ
豪華な旅をなさいましたねえ~~
好いなあ(^^♪
そちらになかなか訪問できていませんが
出来るだけ早い機会に伺って旅日記を拝見しますね。

草取りが大変でしょう。
Saas-Feeの風は腰が悪いので庭の手入れは業者さんにお願いしていますよ。
[ 2014/05/27 06:53 ] [ 編集 ]
追分の湧水
ここのそばに弟が住んでます。
お水を汲みに来る人が多いみたいですね。
ここのお水の水源は、実は高台にあるマンションの
脇の方で湧いてるんですよ。
そちらのほうがすいてるみたいです。
追分湧水水源地という碑がたってます。
今度よかったらチェックしてみてくださいね!!
http://blogs.yahoo.co.jp/jituyou98se/GALLERY/show_image.html?id=10806212&no=6
[ 2014/05/27 11:20 ] [ 編集 ]
車の往来の激しい、排気ガスの多いところより、水源地が近くですよ・・・
って書き込もうとしたら、やっこちゃんに、先に投稿されてしまいました

どこそこのお水。。。よく聞きますが、美味しいのかな・・飲んだこともありません。

旧東海道の四日市。日永や富田のあたりには昔の街並みを想わせる建物が多くありました。半世紀前の遠足の記憶です、格子や、二階の縁の、木の手すりなどの残る道を歩いたものです。今、すっかり町並みが整い、格子戸はサッシの門扉に変わり、昔のなごりを感じることができなくなりましたね
[ 2014/05/27 18:20 ] [ 編集 ]
Σ やっこさんへ
ご紹介のページを拝見して
「あ、そうか、あそこか」
1号線沿いの病院に通う途中に
1号線に抜ける近道・・・
水源はその何度も通った道の近くでした。
そのうちに寄っててみますよ。
ありがとうございました。
[ 2014/05/29 09:51 ] [ 編集 ]
Σ のんきさんへ
以前は見かけていた町家が少なくなっていますね。
以前と云ってもSaas-Feeの風がこちらに移って来たのは
30年近く前のことですが、
そのころでもかなりそういう家が減っていたことでしょう。
旧道を通っていて丈の高い松が1本だけ立っていますね。
あの松の写真も撮りたかったのですが駐車する場所が無くて
素通りしてしまいました。
東海道の松並木の名残を感じています。
[ 2014/05/29 09:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


マッターホルン
(撮影 2006年07月12日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR