花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


中学・高校の同級生のOが亡くなった。
69歳(70歳になっているかも)はあまりにも若い。

4月25日に54年ぶりの中学学年同窓会が開かれたとき
“54年ぶりの同窓会と大阪駅弁“なにわ満載””
出席予定者に高校も一緒だった彼の名があったので
卒業以来半世紀ぶりの再会を楽しみにしていたのだ。

ところが当日の会場に彼の姿は無く
体調不良で欠席とのことであった。

6月5日に、同じく中学・高校で同級だったTから
Oが癌で入院中なので中学で一緒だったKとともに
18日に見舞いに行くと連絡があった。
その日はSaas-Feeの風は先約があるので行けない。

Tとは2009年10月30日に有馬温泉で開かれた
高校の学年同窓会で会ったきりであった。
4月の中学学年同窓会には出席していなかったから
久しぶりに彼とも話をしたいと思ったのだけれど。

Saas-Feeの風が中学学年同窓会で撮った写真のデータをTに送り
彼がそれらをプリントしてOに見せることになった。

ところが翌6日になってTから「日にちを一週間違えた、
11日に見舞いに行く」と連絡があり
その日ならSaas-Feeの風も同行できるので
病院のロビーで14時に待ち合わせることになった。

大阪に着いたのは11時過ぎ、まだ3時間あるので
お初天神あたりをブラブラして時間を過ごし
12時半ごろに電車で病院最寄り駅へ向かった。

駅を降りて病院へ・・・
まだ時間があるので
あたりの風景をカメラに収めながら・・・

構内に進む前に病院を撮った。
後になってその写真に
意味あることが判ったのだ。

1406111253YCH.jpg


ロビーにはTの姿もKの姿も見られない。
約束の時刻まで1時間もあるのだから。

13時17分、Saas-Feeの風のガラケーが鳴った。
Tからの電話だった。
「Oが亡くなったと連絡があった」
「ええっ、何だってっ、いつっ!」
「12時過ぎ」
愕然とした。
「梅田で時間を潰さずに来れば良かった」

Tが、そしてKが着いて三人揃ったところで
係員に教えられたOの病室に向かった。

個室に入りご遺族と挨拶を交わしOと対面。
もう一日早ければ言葉を交わせたであろうに。

50年ぶりの再会がこのような形になるとは
思いもしなかった、Oよ~・・・。

TがOの枕元に
用意してきた同窓会の写真を置くのを見て
Saas-Feeの風は・・・
4人で顔を突き合わせながら
「あちらが誰それ、こちらが誰それ・・」
「おお~変わらないねえ~」
・・・そんな様子を思い浮かべていた。

奥さまから12時53分と伺った。
その時刻はSaas-Feeの風が病院に入る前に
建物の写真を撮った時刻であった。

11日の見舞い・・・
そしてこの時刻・・・
彼が呼んでくれたのだろう・・・。


4月の中学学年同窓会出席後に体調が悪化して
5月中旬に癌で入院した同級生がいるし
5月末には別の同級生の告別式があった。

最近の報道ではいまやふたりにひとりが癌に罹る時代だそうだ。
一昨年にはSaas-Feeの風の39歳の長男が癌で他界してしまった。
“Requiem”

友人や知人の闘病・他界の知らせが相次いでおり
ガックリしているSaas-Feeの風である。

“癌は治る、怖くは無い”という医療関係者の言葉もあるから
・・・医療技術は進歩している。

ユリ 


スポンサーサイト
ご友人のご逝去とのことお悔やみ申し上げます。
癌も早期に発見できればいいのですが少し遅れるとダメなんですよね。
ところで奥様はその後体調よろしいでしょうか。
[ 2014/06/13 08:34 ] [ 編集 ]
おはようございます
こういうことってあるのですね
お悔やみ申し上げます
ガンは2人にひとり 死亡は3人に1人といわれます。
ヒューマンもその可能性が大です

でも悲しいですね。合掌
[ 2014/06/13 08:48 ] [ 編集 ]
お早うございます
残念でしたね。
ウチも癌家系です。
父も兄二人も50歳前後で行ってしまいました。
ベルさんも医者に、50歳前後は気を付けるようにと、
親の亡くなった8歳の頃に言い渡されました。
50歳はとうに過ぎてますから、十何年オマケの人生を生きてます。
[ 2014/06/13 09:13 ] [ 編集 ]
不思議
せっかく大阪まで向かわれたのに
最期に会えなくて残念でしたね。
あと1日、あと1時間…そういうことがよくあります。
病院の写真を撮られたとき、きっとOさんからの
「さよなら~。ありがとう。」合図があったのでしょう。
ガンは、早期発見ができればほとんど助かるといわれていますが、
それでも亡くなられる方もいるし、手遅れだという
末期がんから、生還した方もいらっしゃいます。
どうなるかはやはり、神のみぞ知る・・なのでしょうね。
悔いのない人生を送りたいです。
[ 2014/06/13 10:36 ] [ 編集 ]
お早うございます
同窓生の亡くなるのは悲しく、寂しいものですね。
今は古希を過ぎても元気な人が多いです。
医学が発達し治療も進みましたが、がんは早期発見が大切ですね。
旧友を亡くしたSaas-Feeの風さんにお悔やみ申し上げます。
[ 2014/06/13 10:36 ] [ 編集 ]
今日は~
約束時間を守らずに行けば良かったですね。
悔やんでも悔やみきれないですね。
ma_kunも癌を患いましたが元気にしております。
奥様のその後の体調は如何ですか。
[ 2014/06/13 14:38 ] [ 編集 ]
こんにちは
お見舞いの予定日にお亡くなりになる このような事が
あるんですね ご冥福をお祈りします
我が家もガンの家系 親父や兄貴もガン やりたいことを
元気な時にやろうと思っています
[ 2014/06/13 14:49 ] [ 編集 ]
今日は
ご友人の余りにも早いご逝去お悔やみ申し上げます。
しかもお見舞いに病院に行かれたのに、お会いになる少し前に
亡くなられたとは本当に残念でしたね。
小生は母親は大腸癌で、原子力関係の仕事をしていた兄は
白血病で亡くしています。

[ 2014/06/13 15:52 ] [ 編集 ]
お辛いことでしたね。御察しいたします
日進月歩の医学の世界。昔、肺結核が怖い病気だったのが、今、いいお薬の研究がすすみ、怖い病気ではなくなりました。
45年前、胃がんで母を亡くした私は、日進月歩の医学の推移を見つめて幾久しく、そのうちに、癌なんて怖くない病気になるだろうと、思っていましたが、45年経った今でも、やはり、癌は怖い病気にちがいありません。
抜群のお薬の研究が待たれます・

実母の死後、何か見えないものの力に守られるってことを、痛感しています

危機一髪で事故から救われたり、乗車予定の列車に乗車できなかったり(この列車が大事故)

Saas-Feeの風さんも、お友達の見えない力。これからも感じられることが、きっとあると思いますよ。

それにしても、病院の写真のことは、本当に、引き合わせ。。そう思います。

元気を出してね。合掌
[ 2014/06/13 17:11 ] [ 編集 ]
おさびしいことですね。それにしても不思議な巡り合わせがあったのでしょうか。
私どもは60を過ぎてから毎年同級会をしています。それでも徐々にあちらの世界に旅立たれる方が多くて、会えるうちにあっておこうというわけです。
私はもう喜寿になりましたから不思議はないと言え、親しい友の死にはやはりつらいものがありますね。
[ 2014/06/13 22:22 ] [ 編集 ]
こんばんは
風さんにとっての『我が良き友よ』へ。
ご冥福をお祈りいたします。
[ 2014/06/14 00:12 ] [ 編集 ]
お悔やみ申し上げます。
Saas-Feeの風さん こんにちは~。
死に目に会えないとつらいですね。
そのときに遭遇すると、どんなときも、ああしておけばなどと後悔しますね。
いくら書いても書き足りない思いが伝わってきました。
[ 2014/06/14 18:48 ] [ 編集 ]
そんな事ってあるんですね
最後には間に合わなかったけれど、Saas-Feeの風さんやお友達が来て下さった事は伝わってるはず 遠方まで見舞いに来てくれて嬉しかったでしょう

 ご冥福をお祈り申し上げます

癌は憎いです
大事な家族 友人 知人を容赦なく奪って行きます
許せん
[ 2014/06/15 08:33 ] [ 編集 ]
おはようございます~
昨年、小学校卒業時の同総会の幹事を
していた人が数カ月後には癌に侵され
入院していると聞いた時は驚きました。
今は一時退院しているようですが何時
病魔に侵されるのかが心配です。
S-Fの風さんの気持ちは他人事ごとは
思えないです。
幼稚園時代からの腐れ縁ですから。 
[ 2014/06/15 10:09 ] [ 編集 ]
ご友人のご逝去とのことお悔やみ申し上げます。
私事ですが、つい先日 義姉がやはり癌のために
亡くなりました。63歳でした。
本人はもちろん 家族にとっても 
辛い闘病生活の末でした。
普段の普通の生活のありがたみを
つくづく感じます。
[ 2014/06/15 12:54 ] [ 編集 ]
短くても生き甲斐のある老後を!
ご無沙汰しています。
massanも余命(男子70歳の人の平均余命は15年だそうです。)を意識しだしたせいか、自分で課題を作っては、それに振り回されています。
Oさんの晩年は、どのような生き方をされたのか知りませんが、15年なんてすぐ来ますからね(v-290)。
若い人に迷惑をかけない様に、短くても生き甲斐のある老後を送りたいものです。
宗教を信じている訳でもありませんが、来世があれば、長男が待ってくれている筈です(と思っています)。
蛇足ですが、この病院にお世話になったことがありますよ。良い病院でした。
[ 2014/06/15 15:29 ] [ 編集 ]
Σ 三面相さんへ
人によって癌進行の早い遅いがありますから
これもその人の運命ということなのでしょうかねえ。
風の神は元気ですが完治までには至っておりません。
まだしばらくかかりそうです。
ありがとうございます。
[ 2014/06/17 09:51 ] [ 編集 ]
Σ ヒューマンさんへ
3人にひとりと云われていますね。
治る人もいれば治らなくて死に至る人もいて
免疫力の有無によって癌進行に差が出てきますしね。
はやく特効薬ができると好いのですが・・・。
[ 2014/06/17 09:54 ] [ 編集 ]
Σ ベルさんへ
早くにお父さまを亡くされたのですね。
ベルさん、ご苦労なさったことと思います。
医師から云われた50歳を無事に乗り切っておられますから
これから先もこれまでの調子でお過ごしなさると好いでしょうね。
お互いに残るながあ~~い人生を楽しみましょうよ(^^♪
[ 2014/06/17 09:58 ] [ 編集 ]
Σ やっこさんへ
長男の場合には癌とわかたっときには手遅れの状態で
1年ほどで他界しました。
当初、医師が癌とは認識していなかったようです。
治療も気休めのもの、しばらくは元気でしたが
具合が悪くなってからは一気に症状が悪化し
4ヶ月で息を引き取りました。
結果がどうあろうと癌は早く見つけたいものです。
[ 2014/06/17 10:04 ] [ 編集 ]
Σ Golfunさんへ
大学の同級生には元気な連中が多いのですよ。
でも、あれやこれやと病院に世話になっているようです。
ブログ友も元気ですね。
あっちこっちと歩き回るし、
ブログ構成に脳を使うからかなあと思っています。
いつまでも元気でいましょう。
[ 2014/06/17 10:10 ] [ 編集 ]
Σ ma_kunさんへ
お元気にあちらこちらと山歩きなさっていますね。
風の神は元気ですが完治までには至っておりません。
まだしばらくかかりそうです。
ありがとうございます。
[ 2014/06/17 10:12 ] [ 編集 ]
Σ 熊取のおっちゃんへ
そうでしたか・・。
でもおっちゃんはお元気、というよりもタフですね。
癌なんて吹っ飛んで寄り付きませんよ~。
これからもますます山歩き・・・ですよね。
[ 2014/06/17 10:14 ] [ 編集 ]
Σ ktempleさんへ
そうでしたか・・・。
原子力関係のお仕事で白血病とは、
やはり被ばく量が一般とはかなり異なるということでしょうか。
先日、原子力関連で漫画のなかでの取り上げ方に問題が起きましたね。
[ 2014/06/17 10:18 ] [ 編集 ]
Σ のんきさんへ
早くにお母さまを亡くされて、
のんきさんはご心労が多かったことでしょう。
いろいろと体験をされて、
それらが眼に見えない力によるものということ・・・

或る書物でそのようなことが起きるケースが
世の中にたくさんあることを知りました。
長男を亡くした時にブログ友が送ってくれた書物で
それを読んで救われる思いもしました。
[ 2014/06/17 10:24 ] [ 編集 ]
Σ agewisdomさんへ
同級生の他界を目の当たりにし、やはりショックを受けました。
これまでは風の便りに知るのみ・・・
リアルに受け止めていなかったということでしょうか。
健康はありがたいものです。
この数年は病院通いばかりで
毎日、処方薬を服用していますよ。
[ 2014/06/17 10:28 ] [ 編集 ]
Σ 慕辺未行さんへ
ようやく会えることになったその日に亡くなるなんて
神さまのなさることとは言え、残念なことでした。
これも神さまのお決めになった順番、順番・・・ということでしょうかね。
[ 2014/06/17 10:31 ] [ 編集 ]
Σ 筑前の国良裕さんへ
あと1日、いや1時間早かったらということになりますねえ。
これも巡り合わせ、悔やんでもしかたありませんね。
[ 2014/06/17 10:33 ] [ 編集 ]
Σ yasuko♪さんへ
Oの奥さまが「お父さ~~ん、来てくれはったよ~」と
耳元でOに話しかけておられましたから
Oは三人が駆け付けたことを判ってくれたと思いますよ。
僅かな時間差で話ができなくなったことは残念ですが・・・。

癌の特効薬が一日でも早く完成することを望むばかりです。
[ 2014/06/17 10:39 ] [ 編集 ]
Σ 蓮の花さんへ
幼稚園のころからの幼馴染のかたとは
長いお付き合いでしょうからご心配なことですね。
癌発症でも進行の遅い人もいますし
治療の結果、進行が止まる人もいます。
希望を持っていましょうね。
[ 2014/06/17 10:42 ] [ 編集 ]
Σ ラベンダーおばさんへ
それはそれは・・・お若いのに・・・
心残りであったでしょう。
お悔やみ申し上げます。
長男のときに経験しましたが、
本人はもちろんのこと、家族も辛い毎日でした。
手伝いに行っていた風の神は、
日に日に弱っていく長男の姿を見ていることが辛かったそうです。
[ 2014/06/17 10:50 ] [ 編集 ]
Σ massanさんへ
お久しぶりです。
5月24日に池田城跡から五月山を歩いてきましたよ。
ブログアップしていますので覗いてくださいね~。
川西・池田は変わりましたねえ~、びっくりしました。

同級生は元気ですね。
幾つか年長のやまびこもなんだかんだと云いながらも
ゴルフには凝っているし仕事で全国を飛び回っているようだし・・。

ここ数年はmassanに会ってませんね。
今年のΣには行けると思いますよ。
[ 2014/06/17 10:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


マッターホルン
(撮影 2006年07月12日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR