花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


所用のために久しぶりに名古屋に出かけた。
午後から時間が空いたので
“トヨタテクノミュージアム 産業技術記念館”を覗いてきた。

前回訪ねたときは未だ在職中の10年ちょっと前だった。
そのときは最寄り駅の名鉄名古屋本線“栄生駅”から歩いたのだが
“栄生駅”は名古屋駅からひと駅なので
この日は名古屋駅から歩いてみると
およそ20分かかって“産業技術記念館”に到着した。

(駅名“栄生”・・・初めての時には読めなかった・・・“さこう”)

ここは旧豊田紡績本社工場跡地であって
そこに赤煉瓦造りの工場建物を活かしながら
“トヨタテクノミュージアム 産業技術記念館”を設立して
繊維機械と自動車技術の変遷を紹介している。

正面玄関を入るとヴァイオリンを弾くロボットと
トランペットを吹くロボットに出迎えられる。
特定日には一日に3回の演奏会があるらしいが
出迎えに演奏は無い・・・残念ながら・・・。

ロボットには名前があり
ヴァイオリン奏者は“パール”
トランペット奏者は“ハリー”とのこと。

140620産業技術記念館煉瓦造りとエントランス

下段中央は“環状織機”で“産業技術記念館”のシンボルとして
エントランスロビーに設置されており
豊田佐吉が1906年(明治39年)に発明した回転円運動により
布を織りあげるという独創的な織機。


“繊維機械館”

140620産業技術記念館繊維機械館

ここでは糸を紡ぐ技術と動力・制御機械の変遷
布を織る技術の変遷現代織機技術などが
展示・実演されている。

次いで“自動車館”へ向かう途中には金属加工コーナーがあって
鋳造・鍛造・切削加工の実演がある。

“自動車館”を進むと1934年(昭和9年)当時の木造工場部分を移築した
“自動車事業創業期”コーナーがある。
上段と中段左)
ここではトヨタ最初の乗用車“AA型”の試作車“A1型”
ボディ試作の様子が展示されている。

140620産業技術記念館自動車館製造工程

中段右と下段は製造工程の変遷の一部


トヨタ初の乗用車
トヨダスタンダードセダンAA型

140620産業技術記念館自動車館セダンAA


“代表車種のプロムナード”から・・・

1段目左 コロナ1973年(1808CC)
1段目右 レクサスSC4302005年(4292CC 4代目ソアラのクーペモデル)
2段目左 カムリ1982年(1832CC)   2段目右 セルシオ1989年(3968CC)

140620産業技術記念館トヨタ車

3段目左 カローラ1966年(1077CC)
3段目右 トヨペットクラウン1955年(1453CC) 
4段目左 セリカ1970年(1588CC)

懐かしい車種が展示されている。
係の女性に頼めば
ドアを開け内部を見せてもらうこともできる。

Saas-Feeの風が最初に買った車は
日産のサニー1200cc(B210型系)だったが
そのときにはトヨタのカローラ1200ccと比べながら
どちらにしようかと迷ったものだ。
(その後、現在までに買い替えた五車種はすべてトヨタ車)

セリカはリアガラスにゴジラの背中風の
サンシェードをつける人が多かった。

あれっ、トヨタのMARKⅡの展示が無いよ。
一世を風靡したこともあったのにねえ。

・・・なあんて若いころを思い出しながら
係の女性に昔話をしていたのだが
その女性が産まれる前の車種が多いからねえ。
でもさすがに歴史について好くご存知だったな。


平日の午後だが見学者が多く特に若い男性の団体が大半を占めていて
(見学者全体でも女性は非常に少なかった)
理工系の大学生や工業高校、高専の生徒のように見えた。

モノづくりに携わるひとたち
理工系のひとたち
これからその方面に進もうとするひとたち
そしてモーターファン
そんな皆さんには関心の広がるミュージアムだと思う。

(撮影 2014年06月20日(金) OLYMPUS XZ-10)

入場料 おとな500円
65歳以上は無料

140620産業技術記念館入場券 

スポンサーサイト



日本の誇り
Saas-Feeの風さん こんにちは~。
トヨタは日本の誇りですね。
独自の発想と技術で世界1になったのですね。
外国を模倣し、一流企業になった会社も多いのにたいしたものです。
筑前はトヨタ一筋ですね、在職中にはトヨタの向上をほとんど回りました、今では懐かしい思い出です。
[ 2014/06/23 19:03 ] [ 編集 ]
お久しぶりです
ご無沙汰してました。
眼もだいぶ回復してきましたので
ぼつぼつ再開です。
ご心配かけました。
名古屋は学生時代を過ごした所なんですが
神宮前あたりがテリトリーで栄生は全く知りませんでした。
どこだろうって調べました。
[ 2014/06/23 19:36 ] [ 編集 ]
前の記事のことですが、アザミとアゲハをうまく撮られましたね。
昆虫は苦手です。待っていても飛んできてくれないし・・・

このトヨタの施設は夫が孫たちを連れて二度ばかり行きました。
見せたかったようです。私は連れて行ってくれないです。
見くびられています。
[ 2014/06/23 20:42 ] [ 編集 ]
Saas-Feeの風さん、こんばんは~♪
東京と神奈川にしか住んだことが無いので、
どちらかというと日産びいきですが、
トヨタは今や世界のトヨタですので、素晴らしいと思います。
玄関を入るとヴァイオリンを弾くロボットと トランペットを吹く
ロボットに出迎えられたそうですが、演奏も聞いてみたいものです。

モンキアゲハ、綺麗に撮れましたね。
私も時々羽がぼろぼろになった蝶をみることがあり、
どんな目にあったのだろうと、心を痛めることがあります。
少しバランスを崩しながらも、必死に飛んでいる蝶をみると、
その強さに驚き、最後まで生きようとする姿に
頭が下がる思いがします。
[ 2014/06/23 20:43 ] [ 編集 ]
トヨタはもともと織機からスタートしたんでしたね。車のことはわかりませんが、宇都宮の裏のお宅のご主人がトヨタのディーラーでずっとおつきあいで車乗ってましたっけ。いかに興味がないかって名前みても思い出しません。
[ 2014/06/23 22:45 ] [ 編集 ]
こんばんは (^o^)/
この産業技術記念館、場所はもちろん何度も前を通ったことがあるのですが、まだ一度も訪れたことはありません。
近くには”ノリタケ”の公園もあるのに・・・!
いわゆる「灯台下暗し」です (^_^;;
中の様子、初めて知りました。
車の展示にはちょっと興味が・・・(^_^)!
長久手市にある『トヨタ博物館』へも行きたいと思いつつ、未だ実行せず!です。
あのロボットたち、愛知万博で活躍していなかったかな?
[ 2014/06/23 23:57 ] [ 編集 ]
imaipo
いやー興味ありますこのような場所大好きです
近くなら見学したところです(笑)
[ 2014/06/24 08:17 ] [ 編集 ]
トヨタの歴史であり日本の産業技術の歴史ですね。
ここには一度行かなくってはです。
無料がいいですねえ。行きます。
[ 2014/06/24 08:26 ] [ 編集 ]
トヨタ
元気にあちらこちらと歩いていらっしゃるのは何よりです。
人並みにクルマ好きであった身には、こういう場所は何にも増して興味津々ですが、
わざわざ出かける元気はすでに無く(笑)、SFさんブログで楽しませていただきます。
我がクルマ遍歴でトヨタさんは少ない方。カローラスプリンターの初代とマークⅡH.T.これも確か初代。
以降他社から欧州系へ。目を患って、はじめてのレギュラーガソリン、軽四駆。
これでおそらくお終いでしょうね。
[ 2014/06/24 09:10 ] [ 編集 ]
トヨタテクノニュージアム
懐かしいです。
mcnjが入社したての頃、ここへ、材料を売り込みに行きました。
自動車の内装部品の材料でしたが、すぐに、新しい素材が現れて、ダメになってしまいました。
自動車産業は、技術革新の目覚ましいところです。
[ 2014/06/24 10:04 ] [ 編集 ]
こんにちわ ♪
メカニックな話は苦手な悠作であります。
でも車はトヨタだけ !!
何故だろうと考えてみました。
原因は妹・どんしゃんが日本電装(現デンソー)に就職したからでありました。
はは、日本人の趣味嗜好とは単純なのかもしれません。
[ 2014/06/24 18:39 ] [ 編集 ]
こんばんは☆
ベルさん達が大人になった頃から、マイカーを持つのは当たり前になりましたね(^^ゞ
主人は横浜のN社へ就職しましたが、通勤に買った車はいすゞ<ベレット>
会社の敷地中に入れて貰えなかったそうです、トヨタの車も然り・・・
会社の外に路上駐車です(笑)
叔父の会社を手伝うため、直ぐに辞めましたが、色んな車に乗りましたね(笑)
N社とT社を数台乗りましたね、今は何故かN社、殆んど乗りませんが(^_^;)
新車買って丸4年で、まだ1万キロ走ってません(゚m゚*)プッ
[ 2014/06/24 18:39 ] [ 編集 ]
こんばんは
トヨタは日本産業の担い手として牽引してきました。
ものづくりへのこだわり さすがですね
 あこがれの会社です
[ 2014/06/24 19:51 ] [ 編集 ]
こんばんわ
先日TV番組の中でトヨタの織機から始まって
車を作ることに変わっていったという放送を
やってましたね・・・
トヨタは乗ったことありませんが車の名前は
分かります
面白そうな場所ですね
[ 2014/06/24 20:03 ] [ 編集 ]
こんばんは
最初に買ったのは初代セリカリフトバック 二代目は初代マークⅡ
三代目もマークⅡ 四代目がウィンダム 五代目が今の車です
懐かしいですね
[ 2014/06/24 21:57 ] [ 編集 ]
今日は
車には非常に興味がありますね。
始めはルノーの中古を3人で購入しました。
免許を取ってスバル360、サニー、コロナ、アコード、シビック
10種類ぐらい乗り継いでいます。
御存じのように田舎暮らしで車なしでは生活できない場所で
半世紀以上は車に乗っているでしょう。
[ 2014/06/25 16:35 ] [ 編集 ]
なれぬタブレットに悪戦苦闘。タブレットから昨夜コメントを入れたはず・・・何かの手違いで、反映されず。。。、まだまだです笑

栄生の先の駅に、御墓があって、1年に二度、名鉄で出かけるのですが、この施設を知りませんでした
子の施設は知りませんが、ロボットは愛知万博でみたような。。。
見ごたえのある所ですね。覚えておかなきゃ!
栄生の駅からは近いですか。
栄生。。。読めませんね。笑
[ 2014/06/25 20:44 ] [ 編集 ]
Σ 筑前の国良裕さんへ
日本経済を発展させた大企業の中でも最初に挙げられる企業ですね。
筑前さんは自動車関連のお仕事だったのでしょうか。
大学クラス仲間では電機関連企業に進む連中が多い中
自動車関連では東洋工業(現マツダ)にひとり、
日本電装(現デンソー)にひとりの計ふたりだけでしたから
当時の自動車産業はあまり好くなかったのでしょうかねえ。

[ 2014/06/28 07:41 ] [ 編集 ]
Σ 大連三世さんへ
しばらく名古屋におられたのですね。
青春時代に過ごした場所・・・
きしめんや味噌煮込みうどん、
ひつまぶしなどの名古屋の味も懐かしいことでしょう。
眼のほう、大丈夫ですか。
ご無理をなさいませんように。
[ 2014/06/28 07:45 ] [ 編集 ]
Σ matsubaraさんへ
飛ぶ昆虫は撮り難いですよ。
適当に何枚も撮っていると
ラッキーな場合にはその中に使える写真があります。

ピントを合わせようとするとチャンスを逃しますから
思い切って撮ることでしょうかねえ。

小さな子どもには産業の発展歴史を理解できないでしょうが
自動車の展示には楽しめるでしょうね。
[ 2014/06/28 07:50 ] [ 編集 ]
Σ hiroさんへ
厚木にいるとき、住まいの近くに日産のテクニカルセンターができました。
前を通ることが何度もありましたが、中の様子については全くわかりませんでした。
10年ちょっと前に横浜(海側にあったような)の日産の工場見学をしましたよ。

翅がぼろぼろになったチョウを見かけることがありますね。
よくがんばって飛ぶものと思いますよ。
まさに尾羽打ち枯らしたという表現通り、可哀相ですよね。
[ 2014/06/28 07:58 ] [ 編集 ]
Σ agewisdomさんへ
自動車に興味が無いと車種名まで記憶に残せませんね。
最近の自動車は車種が増えたためかさっぱり名前がわかりません。
子どもたちはつぎつぎに名前を覚えていましたね。
車体の形で一瞬のうちに名前を脳の引き出しから探し出すのでしょう。
[ 2014/06/28 08:03 ] [ 編集 ]
Σ 慕辺未行さんへ
そうです、灯台下暗し・・・ですよね。
Saas-Feeの風も地元の見どころを聞いてはいても、まったく近寄りません。
そんなものですね。
トヨタ博物館・・・豊田市にあるのじゃなかったですか。
長久手にも同じような博物館があるのかもわかりませんね。
[ 2014/06/28 08:07 ] [ 編集 ]
Σ Imaipoさんへ
名古屋にお越しの機会があったら見学なさってください。
[ 2014/06/28 08:09 ] [ 編集 ]
Σ 三面相さんへ
名古屋には博物館が幾つもありますよ。
Saas-Feeの風は徳川美術館くらいしか見学したことはありませんけどね。
三面相さん、機会があったらどうぞ・・・。
[ 2014/06/28 08:11 ] [ 編集 ]
Σ kurakameさんへ
カローラ・スプリンターにマークⅡハードトップとは
当時の若者のあこがれの車でしたよねえ。
欧州系の車・・・カーマニアーだったのですね。
現在が軽の四駆とは、これもまた凝ってますね。
Saas-Feeの風も次はそれにしようかな。
[ 2014/06/28 08:15 ] [ 編集 ]
Σ mcnjさんへ
そうだったのですか。
旧豊田紡績の頃でしょうか。
自動車内装化学製品の開発競争も激しかったのでしょうね。
[ 2014/06/28 08:18 ] [ 編集 ]
Σ やま悠作さんへ
トヨタファン、日産ファンがいるのでしょうね。
Saas-Feeの風の大学のクラス仲間の一人が日本電装に就職しました。
30年近く前に彼の紹介で日本電装の刈谷事業所で工場見学をしましたよ。
彼と数年前に再会したら彼はBMWに乗ってました、ハハハ。
[ 2014/06/28 08:22 ] [ 編集 ]
Σ ベルさんへ
おやおや、N社横浜にお勤めだったのですか。
Saas-Feeの風は10年ほど前に工場見学をしましたよ。
それに厚木に住んでいたころ、近くにN社のテクニカルセンターができました。
Saas-Feeの風の車歴は本文に書いたように最初だけ日産であとはすべてトヨタですが
何故トヨタなのか・・・自身でも信念があってそうしているわけでなく
たまたまそうなっただけのことです。
これからはガソリン車でなくて電気自動車を考えねばと思っていますが
最近は運転が怖くなっていますから免許証を返上するかも・・・。
[ 2014/06/28 08:29 ] [ 編集 ]
Σ ヒューマンさんへ
そうですね、日本を引っ張ってきた企業のひとつですね。
博物館は利益を地域に還元するという一環でしょうね。
[ 2014/06/28 08:37 ] [ 編集 ]
Σ たんたかさんへ
そうだったのですか、見たかったなあ~。
車の名前は子どものほうがよく知ってますね。
どこで見分けるのか、車を見てすぐに何々って名前を言い当てます。
[ 2014/06/28 08:40 ] [ 編集 ]
Σ 熊取のおっちゃんへ
なんとまあ高級車ばかりに乗ってますね。
セリカリフトバックは懐かしい車です。
買ってませんが乗ったことはあります。
[ 2014/06/28 08:42 ] [ 編集 ]
Σ Golfunさんへ
さすがに車歴が長いですね。
それも各社とりどりで・・・。
どの車が最もお気に入りだったのでしょうね。
スバル360は懐かしい車名です。
[ 2014/06/28 08:45 ] [ 編集 ]
Σ のんきさんへ
タブレットからの投稿がどこかに行っちゃった?
それは残念、再度の書き込みをありがとうございます。
今回もタブレットでしょうか、それともパソコン?

産業技術記念館は栄生駅から5分くらいと思いますよ。
ノリタケの森も近いのでお墓参りの折にでも見学なさってくださいね。

ロボットは愛知万博でデモがあったかもわかりません。
Saas-Feeの風は万博に行かなかったので判らないのですけど
報道で見たような気がします。
[ 2014/06/28 08:52 ] [ 編集 ]
Saas-Feeの風さん  おはようございます。
トヨタテクノミュージアムは愉しそうですね。
車の事はさっぱり分からない私も
興味深く楽しめそうです。
男性の見学者が多いのも頷けます。
ロボットのお出迎えは嬉しいですね。
演奏時の動作も興味深く、
是非演奏を聴いてみたいです。
糸、布が好きな私としては
繊維機械館の布を織る技術の変遷現代織機技術の
展示と実演も見て見たいものです。
[ 2014/07/02 10:04 ] [ 編集 ]
Σ すみれさんへ
数日前の夕方のニュースの中で
このトヨタテクノミュージアムが紹介されていました。
ローカルニュースではなくて全国ニュースの中でした。
そちらではABCテレビで放送されていたと思いますよ。
外国から来られたかたたちに人気のあるスポットの特集でした。
外国のかたは、特に機織りに興味があるようでした。
[ 2014/07/04 09:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


スイス “花の村”グリメンツ
(撮影 2008年07月03日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR