花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


近鉄・湯の山線(近鉄四日市駅ー湯の山温泉駅)線路脇の空き地で
三脚を立てて撮影準備をしている若い男性二人を見た。

声をかけると30分ほど経つと撮るつもりの電車が来るという。

Saas-Feeの風はたまたまカメラを持っていたので
これは面白いと仲間に入れてもらうことにした。

ひとりは高校生で、もうひとりは社会人
その高校生が初めてデジタルカメラを使ったのは
小学3年の時、そして中学になって
一眼レフカメラを使ったのだそうだ。

三脚に載せているカメラはキヤノンの7Dで
レンズはタムロンの300mmm固定焦点だ。
その横にはビデオカメラが三脚に載せてある。

その高校生にシャッター速度について訊ねると
1/1600くらいにしないと被写体ブレになるという。
でもSaas-Feeの風のカメラにつけている
ローエンドの標準ズームレンズでは
開放にしてもせいぜい1/600だよ~。

300mmズームなら持っているけれど
そんな長いレンズを普段は持ち歩かないからねえ。

無いものはしゃーないから、これで撮るしかないのだ。

「そろそろ来ますよ」
高校生が声をかけてくれる。

撮ったけど・・・
ああ~~やはりピリッとしないねえ。

140719あおぞらⅡ-1

やはり高速で動いているものを撮るのは難しい。
こんどは300mmズームと三脚を使ってトライしてみるかな。
安易にさっと撮れるものではないことが判った。

140719あおぞらⅡ-2

電車が湯の山温泉駅に向かって走り去った。

撮った写真をモニターで眺めていると
手際よく機材を撤収した高校生が
「じゃあ、ぼくたち、これで失礼します」
ほお~~・・・吃驚した。
しっかりしてるよ。

湯の山温泉駅で折り返してくるから
ここで待っておれば、帰りの電車を撮ることができる。
でも若者たちは別の場所で撮るのだそうだ。

Saas-Feeの風は30分以上も
ここで(有意義な)時間を使ったので
後の予定が詰まってきており
彼らと一緒に移動するわけに参らず。

いやはや、撮り鉄は粘り強いねえ~。
短気なSaas-Feeの風には修練の場となるよ。

水戸に初めて行ったとき
ブログ友golfunさんに案内されて偕楽園に行ったのだが
そのときに跨線橋を歩いていると
三脚を立てた撮り鉄がいた。

下の線路を走ってくる珍しい貨物列車を撮ると云い
撮ってから車で別の場所に行って
また別の列車を撮ると云うから
ワア~しんどいこっちゃと思ったなあ。


こちらは待っている間に通過して行った
定時の電車を試し撮りしたもの。

140719湯の山線

こちらの試し撮り写真のほうが本番の写真より
ちょっとはピリッとしている。

帰宅してから撮った電車のことを調べた。

この電車の車両は“復刻塗装車両15200系あおぞらⅡ”であり
昭和37年(1962年)から平成元年(1991年)まで走っていた
“20100系あおぞら”の復刻塗装を施したもので
2両一編成の団体専用列車として使われているらしい。

・・・で、この日の電車はツアー電車であった・・・

“15200系あおぞらⅡ号復刻版 湯の山線・鈴鹿線入線ツアー”

実施日 平成26年7月19日(土) 雨天決行
募集人員 120名(最少催行人員 70名)
ツアー料金 8700円(おとな)

近鉄名古屋駅を9時35分ごろに出発して近鉄四日市駅から湯の山温泉駅へ
そして近鉄四日市駅まで戻り伊勢若松駅へ、そこから鈴鹿線で平田町駅へ
伊勢若松駅へ戻り白子駅、津新町駅まで行って名古屋駅へと引き返す行程だ。
名古屋駅到着は16時15分ごろで
途中の駅では入れ換え体験や写真撮影があると記されている。

入れ換え体験とは何ぞや。
本線から支線へ、支線から本線への乗り入れのことかな。

この日は名古屋本線から湯の山線へ
湯の山線から名古屋本線へ
名古屋本線から鈴鹿線へ
鈴鹿線から名古屋本線への4回を体験できるということか。

(撮影 2014年07月19日(土))

スポンサーサイト
No title
こんばんは (^o^)/
近年、撮り鉄の人たちのマナーが問題視されていますが、それはごく一部であって、ちゃんとマナーを守って撮っている人たちもたくさんいるのでしょうね。
私が撮り鉄だったのはやはり高校生のころで、あれから30ン年。
たまに鉄道写真を見ると、懐かしさを感じます。
[ 2014/07/19 21:47 ] [ 編集 ]
No title
特にってほどじゃないけれど我が家の上の孫は仙台へ行った時も宇都宮へ行った時も大宮駅で電車ばかりとっていました。確かに色々な電車があって面白いですが、私にはその程度の関心しかないので、あきれて見ていました。
[ 2014/07/19 23:26 ] [ 編集 ]
Re.
人気のジャンルですから、それなりに奥深いものがあるのでしょうね。
私も数度SLを狙ったことがありますが
にわか撮り鉄はピリッとした写真は撮れません。
私は撮り鉄ではないのですが、中井精也氏の作風が好きで
本を読んだり、ブログを見たりしてます。
最近はNHKの番組もあります。
[ 2014/07/20 05:16 ] [ 編集 ]
撮り鉄
何の変哲もない電車に見えますが、彼らにとっては、貴重な乗り物なのですね。
我々には、ちょっと、理解できません。
まあ、趣味ですから、人生の、楽しみのひとつなのですね。
[ 2014/07/20 07:41 ] [ 編集 ]
おはようございます
撮り鉄さんも時々見かけます
へーこんなところで何をと思ったら古い車両が
これから通過するとか、都内でもいろいろな場所で
見かけます、撮り鳥さんも熱心な方々がいますね
待ちができない私には撮れません。
[ 2014/07/20 08:29 ] [ 編集 ]
おはようございます
撮り鉄 ヒューマンは経験ないですね
写真を撮るためにあまり努力しない性格なのですね
[ 2014/07/20 08:49 ] [ 編集 ]
お早うございます♪
おはようございます♪
撮り鉄は凄いよねぇ~
先日愛媛の片田舎に、日本一遅い新幹線『ホビートレイン』が、
初運行するので、ベルさん達は乗車権利が抽選で当たり
宇和島まで出向きましたが、各地から撮り鉄が来てましたよ。

四国に新幹線導入の話もまだ有るようで、生きてる内に、
実現したら、沢山の撮り鉄を見る事ができるだろうなぁ~
[ 2014/07/20 08:56 ] [ 編集 ]
No title
Saas-Feeの風さん、おはようございます♪
男の人は、鉄道ファンが多いですね。
テレビなどで新幹線等のラストランや
新型車が登場すると構内に溢れるばかりの
撮り鉄さんが集まって写真を撮る光景をよく見ます。
私も思いがけなく東海道線の車両を撮る機会が
あったので、撮り鉄さんの真似をして列車を
撮ったことがありますが、良い撮影スポットを
見つけるのも大変、動く写真を撮るのはもっと大変でした。
撮った写真はツアー電車だそうですが、
このようなツアーがあることも初めて知りました。
[ 2014/07/20 10:36 ] [ 編集 ]
辛抱なんですね!
Saas-Feeの風さん こんにちは~。
辛抱がひつようなんですねぇ、鳥鉄も鳥撮りも(笑)。
筑前は、全く向いていないです、電車も鳥もたまたま出会えばと言うくらいですね。
レットイットビー、なるようになる佐野言葉が大好きな筑前です。
[ 2014/07/20 18:57 ] [ 編集 ]
今晩は
長野から戻りましたので、またよろしくお願いします。
思いがけなく経験された撮り鉄とのことですが、皆綺麗に
撮れており感心しましたよ。
帰られて撮った電車を調べると、色々と面白い情報があって
楽しいでしょうね。
湯の山温泉には数年前同級会で一泊した懐かしい所です。
[ 2014/07/20 20:21 ] [ 編集 ]
おはようございます
おっと!けさは合いますねぇ~~~

いかちゃんも今朝は鉄道!ですぅ~(笑)
[ 2014/07/21 05:34 ] [ 編集 ]
No title
まぁ~~~~
懐かしい!
私の小学校6年生の京都、奈良の修学旅行は、近鉄のあおぞら号でした
色や形などは、おぼろげな記憶ですが、確か、色はブルーだったかと。。(記憶間違いの可能性大いにあり)
名前の記憶は鮮明です
「あおぞら号」でした。当時は修学旅行専用列車だったと思います
[ 2014/07/21 10:28 ] [ 編集 ]
今日は
今は復古調が流行っているのでしょうか?
水郡線(水戸~郡山)でも昔の電車に派手な模様で走らせています。
撮り鉄は気長でないと出来ませんね。
[ 2014/07/21 11:41 ] [ 編集 ]
Σ 慕辺未行さんへ
子どもたちが幼いころに、横浜駅や東京駅、
上野駅、大阪駅などで入線してきた列車を撮っていましたが
どれも停まっている列車ばかり・・・
動く列車を撮るのは難しいです。
[ 2014/07/22 13:19 ] [ 編集 ]
Σ agewisdomさんへ
男の子は自動車や電車に興味を持ちますね。
息子たち三人ともに大好きでしたよ。
特に長男は夏休みの宿題に特急・急行などの写真を撮って
それをアルバムにして提出していました。
あっちこっちの駅に連れていったものです。
[ 2014/07/22 13:22 ] [ 編集 ]
Σ 大連三世さんへ
趣味の世界ですから深入りする人は深入りするでしょうね。
凝り性と云われるSaas-Feeの風は深入りすると困るので
入り口で退散しています(^^ゞ
[ 2014/07/22 13:24 ] [ 編集 ]
Σ mcnjさんへ
新聞の地方版にこの電車の件が掲載されていましたから
それだけ人気があるのでしょうね。
写真を撮りたいと思う人、乗りたいと思う人
それぞれたくさんいることでしょう。
[ 2014/07/22 13:26 ] [ 編集 ]
Σ Imaipoさんへ
被写体を撮りながら過ぎる時間は苦になりませんが
被写体を待つ時間は苦になります。
待って撮る撮り鉄は、もうこれっきりだと思いますよ。
たまたまやってきた列車を撮ることはあるでしょうけどね。
[ 2014/07/22 13:29 ] [ 編集 ]
Σ ヒューマンさんへ
あれえ~~最近のヒューマンさん、
撮影に努力なさっているとみているのですけどね。
レンズを代えられましたでしょう?
[ 2014/07/22 13:30 ] [ 編集 ]
Σ ベルさんへ
面白そうなトレインですね。
おもちゃを模したトレインなのでしょうが
近くにいたらそんな列車を撮りたいと思いますよ。
でも撮り鉄さんたち、遠方からでやってきますよね。
情熱を傾けるものがあって好いですよねえ。
[ 2014/07/22 13:36 ] [ 編集 ]
Σ hiroさんへ
男の子は自動車や列車が好きですから
おとなにあってからもその思いが深く、長く続くのでしょう。
息子たちもそういうものが大好きでしたね。

列車が走ってくるのを待って撮ることは
Saas-Feeの風には向いていませんよ。
30分ちょっと待ってましたが、とちゅうで挫折しかかりました。
でも高校生がいろいろ教えてくれているし
彼の目の前でや~~~めたなんて放り出せません。
だらしないなあって高校生に思われたくないですからね。

撮影ポイント確保も難しいことでしょうね。
誰よりも先に、好い場所を確保するためには
かなり前から現場にいないといけませんから。
[ 2014/07/22 13:43 ] [ 編集 ]
Σ 筑前の国良裕さんへ
Saas-Feeの風も、たまたまやってきた、
或いは見つけた鳥や列車を撮ることばかりです。
待って撮ることができません。
気が短いのでね(^^ゞ
[ 2014/07/22 13:46 ] [ 編集 ]
Σ ktempleさんへ
ええっ、同級会を湯の山温泉で・・・?
どうしてわざわざ、こんなところでって思ってしまいます。
この地方と何か関係をお持ちなのでしょうか。
[ 2014/07/22 13:49 ] [ 編集 ]
Σ いかちゃんへ
地下鉄御堂筋線・・・拝見しましたよ~(^^♪
[ 2014/07/22 13:50 ] [ 編集 ]
Σ のんきさんへ
近鉄に修学旅行専用列車があったのですねえ。
旧国鉄の修学旅行専用列車のことは知っていましたが
近鉄のことは知りませんでした。
近鉄のビスタカーのことは知っていましたけどね。
阪神地区にいたころは阪神と阪急、それに旧国鉄が身近にあって
近鉄には縁が無かったのですよ。
[ 2014/07/22 13:55 ] [ 編集 ]
Σ Golfunさんへ
地下鉄御堂筋線でも車両の復刻版が走ったとか・・・
各地で同じようなことがあるのですねえ。
撮り鉄も撮り鳥も気長に待つことが重要なのでしょう。
[ 2014/07/22 13:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


マッターホルン
(撮影 2006年07月12日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR