花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


8月23日(土)
“男の料理教室”

テーマ
“酸っぱくないかに玉と夏の疲れを取るメニュー”

芙蓉蟹
なすの梅しそ和え
ムチンたっぷりネバネバ小鉢


この中から我が家のキッチンで“芙蓉蟹”を復習した。

男の料理教室で“芙蓉蟹”を学ぶのは
開講した年の2009年10月のテーマ
“簡単!本格?中華料理”以来のことで
今回は二回目のことになる。

一回目の“芙蓉蟹”では
餡に酢(リンゴ酢或いは黒酢や米酢)を使っていたのだが
今回は酢を使っていない。

講師の“なお先生”のレシピに沿って復習する。

材料

カニ缶
タケノコ
キクラゲ(思い付きで加えた)
キヌサヤ(思い付きで加えた)
シイタケ
ネギ


オイスターソース
ごま油
中華スープの素
サラダ油
片栗粉
塩、胡椒など調味料

140827芙蓉蟹-1

フライパンを熱してごま油を入れてネギを炒める。
香りが出たら椎茸、タケノコなどの具材をを加えて炒める。
カニ肉、調味料を加え短時間炒める。
カニ肉を混ぜるときには火を止めたほうが好い。
混ぜてから冷ましておく。

140827芙蓉蟹-2

湯、塩、砂糖、中華スープの素、オイスターソース、
酒、コショウを合わせて鍋に入れ煮立たせ
水溶き片栗粉を加え、とろみをつけて餡を作る。

卵を溶きほぐして具材を入れて混ぜる。

140901芙蓉蟹-1

フライパンを熱してサラダ油を入れ
具材を加えた卵液を入れ
かき混ぜながら火を通す。

表面が半熟で下面が焼けたようになったら
裏返す。(ちょっと焼きすぎた

少し熱してから皿に移し
餡をかけて出来上がり。

140901芙蓉蟹完成

返しを上手くできなくて具がはみ出てしまった。

見た目はイマイチだが、味はなかなかのもので
「これは十八番にできるゾォ~」と思う程であったのだ

火加減と返しが課題だけどね


実はこの復習に延べ2日をかけてしまった。
なぜかというと大チョンボをしたからだ。
具材を炒めてカニ肉を加えたあと
調味料を入れないといけないところを
餡を加えてしまったのだ。
気づいた時にはどうしようもなく
そのまま炒めて水気の多い“芙蓉蟹”モドキとなった。
そこで5日後に再チャレンジしたというわけ

(撮影 2014年08月27日(水) 09月01日(月) OLYMPUS XZ-10)

               

8月23日(土)の教室の様子

140823男の料理教室

は教室でSaas-Feeの風が作った
餡をかける前の“芙蓉蟹”
こちらのほうが復習のものより見栄えが好い

140823かに玉

(撮影 2014年08月23日(土) OLYMPUS XZ-10)

なお、メニューの中の“ムチンたっぷりネバネバ小鉢”
モロヘイヤ、オクラ、納豆、ヤマイモを混ぜて
出汁醤油、ゴマ、削り節を合わせたもの。

スポンサーサイト
美味しそ〜
美味しそうですね〜
我が家ではいつも『蟹玉の素』を使って作る即席蟹玉です。
具材を炒めて作る本格的な蟹玉は即席のモノとは見た目も違いますね。
今度ご馳走になりたいな〜(^人^)
[ 2014/09/05 08:25 ] [ 編集 ]
おはようございます
男の料理教室もなかなか手の込んだ料理をしますね
ヒューマンも通いましたが、三日坊主でした
[ 2014/09/05 08:41 ] [ 編集 ]
おはようございます
お~美味しそうですね
男の料理教室楽しそうですね
皆さんの真剣なすがたから想像できます。
[ 2014/09/05 08:59 ] [ 編集 ]
No title
男の料理続いていますね、そこが素晴らしいです。
復讐までされるところがまた素晴らしい、拍手!
[ 2014/09/05 09:28 ] [ 編集 ]
楽しそう!
趣味で料理を作るのは楽しいでしょうね。
5年間単身赴任で男の料理を経験しました。
料理つくりは実験気分でしました。
良い思い出になっています。
[ 2014/09/05 10:08 ] [ 編集 ]
おはようございます♪
芙蓉蟹は中華飯店へ行くと、70%の確率で注文するメニューです(o^-^o)
大好きなんです、家では面倒で作りませんが、流石に家族が多い時は、
家で大量に作りました(笑)
食べる家族が減ると、だんだんメニユーが変わって来ました。
あっさり系の簡単なものばかりに(゚m゚*)プッ
[ 2014/09/05 10:28 ] [ 編集 ]
お早う御座います~
相変わらず楽しそうにやっていますね。
単身赴任の時も賄い寮でしたしね。
未だに料理は出来ないです。
[ 2014/09/05 11:25 ] [ 編集 ]
こんにちは~
素晴らしいですね!!
しっかりレシピを書いていただいたので
私でも美味しい「芙容蟹」ができそうです!!
[ 2014/09/05 11:51 ] [ 編集 ]
復習
お料理教室で習ったものをきちんとお家で
復習されているとは!
奥様もお喜びでしょう♪♪

間違って順番を間違えたり、
調味料を入れすぎたり・・・日常茶飯事です(´-ω-`;)ゞポリポリ
それでも、勝手に名前を変えて食卓に出すやっこです(笑)
長年の悪智恵の蓄積でしょうか?
芙蓉蟹をご飯に乗せたら
きっとどんぶり飯1杯食べられそうです。
[ 2014/09/05 12:11 ] [ 編集 ]
こんにちは~
いつも楽しい料理教室ですね。
料理を習うたびに復習されているので
腕は上がったと思います。
時には失敗した料理もお腹の中に入れば
美味しいのですから!
[ 2014/09/05 13:24 ] [ 編集 ]
こんにちは
美味しそうです~♪
久々に 我が家でも作ってみるかな~(^_^)v
最近は殿方も お料理が上手になられて 素晴らしいですね。
最近、一人暮らし始めた息子とも 話題は料理のことが増えてきました。
家にいるときは 私の作ったものを黙って食べるだけの子でしたが・・おかしいですね(^^♪
[ 2014/09/05 13:56 ] [ 編集 ]
今日は
Saas-Feeの風さんは男の料理教室で料理の腕をあげておられるのですね。
小生家内から、孫達が来た時に「これはお爺ちゃんの料理だ」と
食べさせれる様に一品位作れる様にしてはと言われて、一度
男の料理教室に出たのですが、家に帰って復讐すると、横から
家内が色々と口や手を出すのでいやになってしまいました。
今では男の料理脅威室でどんな料理を学んだかも忘れた状態です。
[ 2014/09/05 15:21 ] [ 編集 ]
おいしそう~
毎回復習をされることに感心しています。
私はしませんので、上達するはずがありませんね。
こんな手のこんだフーヨーハイは作ったことでありません。
いやはや恥ずかしいです。いつもながら・・・
[ 2014/09/05 15:22 ] [ 編集 ]
料理
こんにちは
時折投稿の「男の料理」いいですね。
私も料理は嫌いではありません。
単身赴任時代に入り色チャレンジしましたが、今は
爪を隠して(?)ほとんどやってないですけどね。
[ 2014/09/05 16:56 ] [ 編集 ]
こんばんは
本格的な料理ですね 料理は好きですが
ネットを見て作る程度ですよ 
[ 2014/09/05 21:37 ] [ 編集 ]
No title
美味しそうな芙蓉蟹が出来上がりましたねー(^O^)今度挑戦して見ますね!レシピありがとうございます♪
[ 2014/09/05 21:56 ] [ 編集 ]
No title
こんばんは (^o^)/
料理教室で学ばれたことを早速実践しているのがスゴイですね。
それに美味しそう・・・(・_・)イイナァ
私にはとても作れません (>_<)!
ですから、スーパーで売ってる『かに玉の素』を使って作ります (^_^;;ヘヘッ!
[ 2014/09/05 22:47 ] [ 編集 ]
Σ めいママさんへ
おやあ、通勤電車の中でしたか、それともお休みの日でしたか?
ご要望により、ご馳走しますよ。
一緒に作りましょう。
“芙蓉蟹パーティー”かな(^^♪
“餃子パーティー”もあるから連チャンですね(^^)/
[ 2014/09/07 09:44 ] [ 編集 ]
Σ ヒューマンさんへ
ハハハ、三日坊主ねえ~~。
Saas-Feeの風は長いですよ~。
長いだけです。
技が一向に上達しなくてね(^^ゞ
[ 2014/09/07 09:47 ] [ 編集 ]
Σ Imaipoさんへ
メンバーが減ってきています。
Imaipoさん、ご一緒にいかがですか(^^♪
[ 2014/09/07 09:48 ] [ 編集 ]
Σ 三面相さんへ
復習しないと忘れてしまいますからね。
なかなか二度目の復習までできなくて
二度目実行までに数週間を要しています。
[ 2014/09/07 09:50 ] [ 編集 ]
Σ Golfunさんへ
5年の単身赴任中に自炊生活、大変だったことでしょう。
最近では惣菜が並ぶスーパーがたくさんありますから
それを買って、ご飯だけ炊けば何とかなりますけどねえ。
[ 2014/09/07 09:52 ] [ 編集 ]
Σ ベルさんへ
毎日のようにキッチンで何かを作る女性の皆さんとは異なり
趣味の世界のことなのでねえ~。
気が向けば作るし、向かなければ作らなくて好いのですよ。
風の神は「毎日頼みます」なんて云いますけどね。
芙蓉蟹は難しくないと感じましたので
これからできるだけ作ってみるつもりです。
[ 2014/09/07 09:57 ] [ 編集 ]
Σ ma_kunさんへ
山歩き料理ってのはありませんか(^^♪
山男は料理が上手なように思いますけどね。
[ 2014/09/07 09:58 ] [ 編集 ]
Σ IKUKOさんへ
詳しく書いていませんが
女性はこれまでの経験で内容をすぐに理解なさると思います。
アレンジしながら、上手にお作りになることでしょう。
[ 2014/09/07 10:01 ] [ 編集 ]
Σ やっこさんへ
喜ぶというよりも「一週間に何日か、
一日でも好いので作って」と云われています。
海外ドラマを見ていると、
妻のベッドまで夫が朝食を持ってくるシーンを見かけますが
「あのようなことを一度で好いから体験したい」ってね(^^ゞ
[ 2014/09/07 10:05 ] [ 編集 ]
Σ 蓮の花さんへ
それがなかなか上達しないのですよ。
応用がきかないのですよね~。
レシピ見ながらじゃないと作れないし・・・。
毎日のようにキッチンに立たないと
実となる経験を積めないのでしょう。
[ 2014/09/07 10:08 ] [ 編集 ]
Σ NANAさんへ
料理教室のメンバーは何度も復習しているそうで
ご家族から感謝されているとのこと。
Saas-Feeの風は見習わないとなと思います。
子どもたちが帰省した時に、
たま~にちょっと作る程度なのでねえ。
[ 2014/09/07 10:13 ] [ 編集 ]
Σ ktempleさんへ
子どもたち一家がやってくると作る料理がだいたい決まってきました。
もっと習った料理を作らないと次第に忘れてしまいますよね。
“芙蓉蟹”はこれから何度も作ることにします。
酸っぱいのが苦手なので、今回習った“芙蓉蟹”レシピにて。
[ 2014/09/07 10:17 ] [ 編集 ]
Σ matsubaraさんへ
長年の積み重ねからの主婦の知恵と云う財産をお持ちですから
手際よく料理を作っておられますよね。
Saas-Feeの風は教わったことを忠実に(ちょっと違うかな)
実行するだけ。
応用がまったくききません。
[ 2014/09/07 10:20 ] [ 編集 ]
Σ 大連三世さんへ
ハハハ、Saas-Feeの風には隠せる爪が無いのですよ~(^^ゞ
風の神からは「隠さずに出してね」と云われていますが、
無いものは出せないのです。
[ 2014/09/07 10:23 ] [ 編集 ]
Σ 熊取のおっちゃんへ
COOKPADでしたっけか。
それを見て作るなんて凄いです。
Saas-Feeの風は調理を実際に見ないと理解できないのですよ(^^ゞ」
[ 2014/09/07 10:26 ] [ 編集 ]
Σ PUさんへ
作ってくださいね~(^^♪
出来たら写真を見せてください。
[ 2014/09/07 10:28 ] [ 編集 ]
Σ 慕辺未行さんへ
そんなに手間はかかりませんよ。
めんどくさがりのSaas-Feeの風でも機嫌好く復習できました。
なんだか癖になりそうな“酸っぱくないかに玉”です。
一家が集まった時に“芙蓉蟹パーティー”をすることに・・・。
[ 2014/09/07 10:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


マッターホルン
(撮影 2006年07月12日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR