花筐~花がたみ

気ままに各地を歩きながら撮った写真をメインにして・・・


日本の原風景を見ることができるという
京都府のかやぶきの里、美山を歩いてきた。

それは、9月12-14日の神奈川県の相模原・湯河原・小田原行と
20日の神戸・垂水ヨットクルーズとの間のことで
美山行からそろそろ4週間になる。

美山は国の重要伝統的建造物保存地区に指定されていて
雪景色のかやぶき屋根群を撮ろうと大勢の人が訪れる場所だ。

この日はスタート地点の美山町自然文化村河鹿荘からかやぶきの里まで歩き
ぐるりと回って河鹿荘へ戻るという、およそ5kmのコースになった。

ゴール後には河鹿荘でひとっ風呂・・・。


美山の一回目は秋の草花とかやぶき屋根とを撮った写真を~

140917美山02002



140917美山02047



140917美山02105



140917美山02106



140917美山02108

(撮影 2014年09月17日(水))

<続く>

スポンサーサイト
ご無沙汰してました!
S-Fの風さん、こんばんは。
かやぶき屋根とコスモス&すすき等々~素晴らしいですね。
暫し魅入っていました。
長らくのご無沙汰で失礼しました。
野暮用も漸く一段落で、ボチボチながら再開をと思っています。
宜しくお願いたします。 (^o^)/
[ 2014/10/13 20:23 ] [ 編集 ]
美山
こんばんは
台風の被害はありませんでしたか。
美山には行きたいと思いながらいまだに行けてません。
機会を狙っています。
[ 2014/10/13 20:51 ] [ 編集 ]
今晩は
重要伝統的建造物保存地区に指定されているだけあって
美山は本当に日本の原風景が見られる本能に美しい所ですね!
[ 2014/10/13 21:02 ] [ 編集 ]
No title
こんばんは (^o^)/
ここはブログを始めてから知ったところです。
とても素敵なところのようで、私もいつかは・・・、と思っています。
茅葺き屋根の民家にコスモスやススキ、彼岸花・・・、やはり『絵』になります。
まさに『日本のふる里』と言っても過言ではありませんね。
[ 2014/10/13 22:37 ] [ 編集 ]
imaipo
秋いっぱいの写真ばかりですね
良い雰囲気の景色ですね、
[ 2014/10/14 08:10 ] [ 編集 ]
おはようございます
いや~、いい写真ですね。
茅葺きをバックにコスモスそしてヒガンバナ
なかなかお目にかかれない光景です
[ 2014/10/14 08:14 ] [ 編集 ]
素晴らしい写真ですね
ここは、友人が写メールを送ってくれたので
知りました。
その写真をブログに掲載していますが、風さまの
素晴らしい写真で、ここを再認識しました。
撮り方でこんなに違うものかと・・・
[ 2014/10/14 08:46 ] [ 編集 ]
美山
お出かけがずっと続いていましたね。
あちこちいいところに行かれて
羨ましいです!!
美山はとってもいいところですね~。
日本人はもとより、外国人にも人気のある
ところだそうですね。
こんな風景をずっとずっと保存してほしいですね。
[ 2014/10/14 08:57 ] [ 編集 ]
お早うございます
茅葺とススキ素敵な組み合わせの由緒ある家ですね。
梅鉢の家紋は目を惹きました。
[ 2014/10/14 10:28 ] [ 編集 ]
おはようございます♪
茅葺きの苔の色が良いですねぇ~
もう茅を葺く人も減ったとか、一軒の家の茅を葺くのに、
村人総出で協力し合うと言う、番組を見た事が有ります。
いつまでも残して欲しい、日本の風景ですね。
[ 2014/10/14 10:43 ] [ 編集 ]
美山
まさに、日本の原風景ですね。
素晴らしいです。
京都府にもこんな風景があるのですね。
そういえば、日本海から、三重県境まで京都府なのですから、
当たり前でしょうね。

台風はいかがでしたか?
mcnjは、寝ていて、知らない内に通り過ぎてしまいました。
[ 2014/10/14 11:09 ] [ 編集 ]
落ち着く風景
Saas-Feeの風さん こんにちは~。
かやぶき屋根の風情は、日本の原風景ですね、気持ちが安らぎます。
今の冷暖房に向かない造りですので、住むには現在の家屋の方が好きですが(笑)。
[ 2014/10/14 11:59 ] [ 編集 ]
こんばんは
美山のかやぶきの里は子供のころ見た風景です
リタイアしてから2回ほど嫁さんと行ったことが
ありますよ
[ 2014/10/14 20:00 ] [ 編集 ]
No title
今は何所に行ってもコスモスがきれいです。
今日は一日雨でしたが明日は何とか山寺に行きたいです。
[ 2014/10/14 20:10 ] [ 編集 ]
こんばんは~
茅葺屋根にススキ・コスモス・彼岸花と日本の風景に
ぴったりですね。
こんな素晴らしい所が日本にも残っているのですね。
[ 2014/10/14 20:22 ] [ 編集 ]
懐かしいかやぶきの里
美山は「国の重要伝統的建造物保存地区」に指定されているんですか。
コスモスやススキと茅葺屋根がよくマッチしていますね。
こういう写真を撮らせると、風さんの右に出る者はいない、と思われるほど、情緒豊かですよ。
massanも、2008年1月に、まさに“雪の美山”を撮ってきました。
この時は大雪で、雪に埋もれた茅葺の里でした。
真っ白な世界に、地蔵さんの赤いよだれ掛けとポストと残り柿が印象に残っています。
[ 2014/10/14 20:53 ] [ 編集 ]
No title
美山というのですか。こんな風景が残っているんですね。藁ぶき屋根に家紋がついているのがすごい。草深い景色に残る格式を感じました。
[ 2014/10/14 21:02 ] [ 編集 ]
おはようございます
この辺り、いいですねぇ~~、雰囲気あって、
近くに1000年杉の森があるんですね、糸を吊るすとゆらゆらゆらゆら、揺れるんですよぉ~~~。。。怖!
[ 2014/10/15 08:08 ] [ 編集 ]
お早う御座います~
体調が良くなったようで、
行動範囲が広くなってきましたね。
京都美山はTVで見るしか知りません。
[ 2014/10/15 11:05 ] [ 編集 ]
No title
Saas-Feeの風さん、こんにちは~♪
京都にもこんなに静かな里が残っていたのですね。
日本の原風景を見るようで癒されます。
茅葺屋根に家紋がついているのは初めて見ました。
コスモスや、ススキ、彼岸花ともマッチして
とても綺麗ですね。お写真もとても素敵です。
住んでいる方は維持管理が大変だと思いますが。
いつまでも残して欲しい日本の風景ですね。
[ 2014/10/15 11:28 ] [ 編集 ]
Σ ☆まっくんの館さんへ
ご無沙汰しております。
ときどき読み逃げしています。
無理なさらずにブログを愉しんでください。
お身体をお大事に・・・。
[ 2014/10/16 08:56 ] [ 編集 ]
Σ 大連三世さんへ
台風の眼に入りました。
しばらく風雨がやんで静かになりましたよ。
ひと晩じゅう、うるさくてなかなか寝付けなかったですが
被害はまったく無し・・・。
[ 2014/10/16 08:58 ] [ 編集 ]
Σ ktempleさんへ
テレビの旅番組や写真で見ていただけで
一度も訪ねたことが無かったのです。
機会が作れて好かったです。
[ 2014/10/16 09:00 ] [ 編集 ]
Σ 慕辺未行さんへ
交通の便が悪いので車じゃないと自由度がありませんね。
ツアーには多く設定があるようです。
この日もバスツアーの皆さんが次第に増えてきました。
単独行の若い人が多かったですよ。
[ 2014/10/16 09:03 ] [ 編集 ]
Σ Imaipoさんへ
冬景色が素晴らしいようですが
そんな時期にはアクセスしがたくて
敬遠してます。
[ 2014/10/16 09:04 ] [ 編集 ]
Σ ヒューマンさんへ
季節感たっぷりでしょう?
ハハハ、自画自賛です。
[ 2014/10/16 09:05 ] [ 編集 ]
Σ matsubaraさんへ
いえいえ、褒めすぎです。
秋の感じを出したくて
わざと秋の草花をかやぶき屋根の前に取り込みました。
そうしてみると季節感はありますね。
[ 2014/10/16 09:07 ] [ 編集 ]
Σ やっこさんへ
9月は毎週のように出かけていて
いささか疲れ気味でした。
ゴルフの翌日のハイキングをキャンセルしたほど・・・。
そうして好かったですよ。
それまで蓄積していた疲労がゴルフでどっと出てきて
その翌日は何もする元気が無く、ぐったりしてました。
[ 2014/10/16 09:11 ] [ 編集 ]
Σ Golfunさんへ
京都の大原で、かつてはかやぶきだったろうなと思わせる屋根の
側面に家紋がありました。
そういう習慣があったのでしょうね。
[ 2014/10/16 09:13 ] [ 編集 ]
Σ ベルさんへ
大変でしょうね、茅葺屋根を葺き替える作業は。
茅(萱)も少なくなっているのでしょう。
この集落へ至るまでに、何軒もの、かつては茅葺きだった屋根が
茅を使わなくなっている家がありました。
茅葺をやめてしまったのでしょう。
[ 2014/10/16 09:17 ] [ 編集 ]
Σ mcnjさんへ
20時半ごろに眼に入ったのでしょうか、風雨がやみましたね。
いつの間にか、また激しい音がし始めていて
ひと晩じゅう寝付けなかったですよ。
でも気付くと朝でしたから、眠り込んでいたのです。
特に被害は無かったですよ。
[ 2014/10/16 09:20 ] [ 編集 ]
Σ 筑前の国良裕さんへ
観光客には好いものですが、生活なさっている皆さんには
苦労が多いことでしょう。
維持管理についてはもちろんですが
庭先まで観光客がやってきますしね。
[ 2014/10/16 09:22 ] [ 編集 ]
Σ 熊取のおっちゃんへ
さすがにあちこちへ車で行くおっちゃんです。
ここは車じゃないとアクセスに苦労しますよね。
[ 2014/10/16 09:23 ] [ 編集 ]
Σ 三面相さんへ
署名がありませんがURLから三面相さんと判りました。
旅先からのコメントをありがとうございます。
いつごろご帰宅ですかねえ。
[ 2014/10/16 09:25 ] [ 編集 ]
Σ 蓮の花さんへ
ここはカメラを持った人たちが行き交っていますよ。
それほどに写真に撮りたいと思うところなんでしょうね。
雪景色が素晴らしいのですが、そんな時期にはアクセスが難しくてね。
[ 2014/10/16 09:27 ] [ 編集 ]
Σ massanさんへ
それは褒めすぎです。
アングルさえ決めれ、ざっくりと撮ることのできる写真です。
お地蔵さんも赤い丸ポストも撮っていますよ。
そのうちにアップしますね。
雪景色を見たいなあ~。
[ 2014/10/16 09:30 ] [ 編集 ]
Σ agewisdomさんへ
茅葺屋根の家紋、京都の大原でも、
かつては茅葺きだったと思われる屋根に家紋がありました。
そういう習慣があったのでしょうね。

ここは山の奥深い場所なので、雪が降ると辿り着く手段に困ります。
雪景色を見たいのですがねえ。
[ 2014/10/16 09:33 ] [ 編集 ]
Σ いかちゃんへ
パワースポット?
面白そうだけど、その話は聞いていませんねえ。

勝ったねっ、今日も勝てっ!
[ 2014/10/16 09:35 ] [ 編集 ]
Σ ma_kunさんへ
おやおや、あちこちにお出かけなのに、ここは未だでしたか。
いいところなので、一度是非・・・。
9月は出歩きすぎましたよ~。
疲れが残る毎日でした。
[ 2014/10/16 09:37 ] [ 編集 ]
Σ hiroさんへ
ここは京都市内じゃなくて京都府の南丹市と云うところにあります。
山深い里で、交通の便が悪いためバスツアーかマイカーで訪ねることになります。
そんな立地なので雪が降ると、余計にアクセスが悪くなるようです。
でもそんな時には、雪景色が素晴らしくて写真愛好家たちが押し寄せていますよ。

茅葺の屋根の家紋は、京都の大原の里でも見られます。
そちらは、今は茅葺きではありませんが、
かつては茅葺きだったと思われる屋根ですけどね。

茅葺屋根だけ撮るよりも季節感を持たせるよう
、秋の草花を画面に取り込んでみました。

住んでいる皆さんにはご苦労が多いことでしょう。
維持管理のことはもちろんですが、
観光客が庭先まで、軒先までやって来ますからね。
[ 2014/10/16 09:45 ] [ 編集 ]
No title
かやぶき屋根。コスモス。すすき。これぞ日本の秋という画像ですね
おまけに、彼岸花まで・。。。
素敵な画像が並びました。さすがです

以前、寂光院を訪れたおりにも、このような景色を見たような気がして、調べてみましたが、美山地区と寂光院は近くではありませんね。
思い違いかな。。。

ここ行ってみたいです。
[ 2014/10/16 19:14 ] [ 編集 ]
Σ のんきさんへ
ただ茅葺屋根の家だけを撮るよりも
季節感を取り入れて撮った方が好いだろうと思いました。
ちょうど秋の花々が咲いていたのでね(^^♪

美山は京都市内ではなくて南丹市内です。
JRだと山陰線園部駅からバスです。
自動車だと京都縦貫道の園部ICで下りて府道19号ですね。
京都市内からかなり遠いですよ。
[ 2014/10/20 10:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Saas-Feeの風

Author:Saas-Feeの風
ニックネームは
スイスの村名に因みます


マッターホルン
(撮影 2006年07月12日)

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

応援のクリック↑をお願いします
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR